RSS

記事一覧

昭和の薄暗いゲームセンターを再現。『GodSpeed Arcade Cabinet』レビュー

unnamed
暗いゲームセンターの中で、薄明るく光る筐体にコインを入れ、アーケードシューティングを遊ぶ……『GodSpeed Arcade Cabinet』は、レトロテイストのゲームを提供するだけでなく、ロケーションも含めて昭和時代のゲームセンター体験を提供する。
ゲームセンターにあこがれの最新ゲームがあるのに、大人たちは子供に「行っちゃダメ!」と言う。そんな時代を思い出したければ、ぜひこれを手に取ってみてほしい。

「新しいアーケードゲーム入荷!」
アプリを起動すると、プレイヤーは新作ゲームのポスターが張られた扉を前に立つ。ドアの中からは小さくゲームの音が漏れている。そう、これが懐かしのゲームセンターの扉だ!
中には何があるのだろうか。ワクワクしながらPLAYボタンを押すと扉が開き……。
godspeed03

その先に待つのは、暗いゲームセンターとシューティングゲームの筐体!
asIMG_1351
▲いくら何でも暗すぎるが、西日暮里あたりの場末のゲーセンはこんな場所もあった。

結構いい感じに3Dモデリングされていて、在りし日の立ちプレイ筐体が再現されている。
筐体に近づくにつれて音が大きくなる仕組みもまた憎い。
asIMG_1352

で、プレイ準備が整うとINSERT COINの表示とともにコインが出現する。
このコインを投入するとゲーム本編が始まる。何気ないことだが、やっぱりコインを入れる儀式を再現は必須といっていい。欲を言えば、手でコイン入れるところまでやりたかった。
asIMG_1353

コインを入れると「あなたは、私が信頼できる最後の聖職者なの」というオープニングから始まり……。
godspeed01
▲もう少しドット感があっても良かったかなぁ。

発進シーンへ!走査線と湾曲したモニターの再現がポイント高い。
godspeed02

さげ、肝心のゲーム内容はというと、ボタンで左右に移動するオートショットのシューティングとなっている。
ゲーム画面は3レーンに区切られており、左右ボタンを押すたびに自機が1レーンずつ移動する。
敵は画面上から登場し、倒すとスコアとお金が手に入る。
破壊演出はなかなか気持ちよくできてり、アーケードの手軽な気持ちよさをスマホ上でうまく再現しているといっていい。
godspeed06

ピンチの場合は上ボタンでレーザー、下ボタンで弾を防ぐシールドが使用できるが、こちらは回数制限付き。
操作はシンプルでもゲーム難易度は結構シビアで、それこそアーケードゲームのように不注意で即死する設定になっている。
godspeed05

ステージ間にはショップ画面が挟まり、プレイ中に稼いだ金でバリア効果時間、ショット威力、レーザー射出時間の3項目を強化が可能。プレイの腕が後半の有利不利に影響するつくりとなっている。
asIMG_1391

ゲーム自体は小さなものだが、敵を倒したときの爽快感があって数十分遊び続けられる暇つぶしゲームになっている。
縦画面と横画面療法に対応しており、縦画面で遊んだほうが明らかに快適なのだが、横画面はゲームセンターの空気をより再現してくれる。
そういった配慮がなんともニクいゲームだ。
asIMG_1359

評価はゲーム内容で5点、アーケードの空気が懐かしい世代の私はそこに加点1点で、今回は6点としたい(暗いゲーセン表彰気を過ごしたおっさんなので懐かし点多いのは許して…)。
10月24日現在、本作はリリースセールで半額の120円(Androidは130円)と、まさにほぼワンコイン価格で購入できるお得な筐体として提供されている。
暗いゲームセンターで遊んでいた世代の方は『GodSpeed Arcade Cabinet』で手元にゲームセンターと筐体を持ってみてはいかがだろうか。

評価:6(面白い)

おすすめポイント
レトロアーケードの空気を再現。ボタンプッシュオンまで再現
意外にゲームも楽しめる。

気になるポイント
暗いゲームセンターの思い出がないと普通のカジュアルシューティング

アプリDL:
GodSpeed Arcade Cabinet (itunes 240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

開発:Muki Soft.(ロシア)
レビュー時バージョン:1.0
課金:なし

ライター:ゲームキャスト トシ

動画:

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント