RSS

記事一覧

Humble Bundleにてゲーム製作ツール『GameMakerStudio』とゲームのソースコードが$1で買える開発者向けセール開始。『Undertale』にも使用されたツール

WS000000

大量の(主にPC向け)ゲームを安く購入できるHumble Bundleのサイトで、通常$150のゲーム開発ツール"Game Maker Studio"とゲーム、さらにそのソースコードを$1から購入できる開発者向けのセールが開始されている。

これを買えば開発ツールと参考となるプログラムが一気に手に入り、ゲーム開発のスタートダッシュが決められるわけだ。

$1からとは言え、侮ってはいけない。"Game Maker: Studio"は2Dゲーム製作に特化した開発ツールで、スマホゲームの『Downwell』、PCでは『Undertale』などで採用されている有名ツールである。

Humble Bundleの販売形式は特徴的で、購入者は自由に支払い額を選択でき、額に応じて3段階の特典が得られるようになっている。
今回は、$1以上、購入者の平均額以上、$15以上でそれぞれ特典が変化する。
今回は$1で基本となるPC開発ツール、$15でスマホ開発ツールがついてくるので、スマホゲームサイトであるゲームキャストとしては$15版を推しておきたい。

$1以上払った場合
開発ツール:GameMaker Studio Pro
ゲーム本体:『Cook』『Serve』『Delicious』『Uncanny Valley『Ink Shep Hard』 『Angry Chicken: Egg』、『Madness!』
ソースコード:『Extreme Burger Defense』『Freeway Mutant』『Ink Shep Hard』、『Madness!』

購入者の平均額以上払った場合:
開発ツール:HTML5 Module(ブラウザでゲームプレイを可能とする)
ゲーム本体:『Home』『Solstice』『Galactic Missile Defense』
ソースコード:『Galactic Missile Defense』、『Cook』、『Serve』、『Delicious; Ink』『Uncanny Valley』『10 Second Ninja X』

$15以上を払った場合:
開発ツール:Android, iOS, Windows UWP Modules(スマホ、XBoxなどWindows共通プラットフォーム対応)
ゲーム本体:『Flap Rocket』
ソースコード:『Flap Rocket』『Home』『Solstice』

Game Maker Studioにはすでに後続の"Game Maker Studio 2"が発売されており、2017年7月から段階的にサポートが打ち切られて行く予定だ。

しかし、Game Maker Studio所有者は8月末までGame Maker Studio 2の大幅な割引も受けられるという。これから初めてGame Maker Studioに入門する方がディスカウント目当ての購入を検討する方向が良いのだろう。

GameMaker StudioのHunbleBundleはこちらから購入できる。
Humble GameMaker Rebundle (pay what you want and help charity)

2017.08.02 9:30訂正
サポート打ち切りの文と、URL追記
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント