RSS

記事一覧

『創世のエル ~英雄の夢の終わりに~』レビュー - お前にクソな世界を救えるか!王道RPGの先にあるもの

sousei-1
我々は、多くの巨悪を倒してきた。竜王、バラモス、エクスデスにガノン……多くの戦いを経て、多くの世界を救ってきた。
しかし、本当に巨悪を倒した後の世界は幸せだったのだろうか?
なぜ、世界を救うべきだったのだろうか?
『創世のエル ~英雄の夢の終わりに~』は勇者が無条件で救ってきたもの……世界と向かい合うRPGである。
RPG未経験者がやるべきゲームではない。しかし、もし君がRPGを解いてきたなら、次にやるべきRPGは『創世のエル』だ。

『創世のエル』はスーパーファミコン時代を思い出す見た目の見下ろし型RPGである。
フィールドはFF方式、かと思えば街や塔の配置はドラクエ方式と、過去の名作のオマージュがふんだんに盛り込まれており、細部までレトロRPGへの愛であふれている。
souseirrrs-2775

バトルはターン制を採用しており、システムについてはRPG経験者なら苦もなく入り込めるだろう。
だが、本作は懐かしのRPGではない。その世界観はまったくもって新しい。
souseirrr-3128

どこからか現れた幻魔王ドラモスが世界に宣戦布告し、幻魔が世界中で人間を襲うようになった。また、同時に謎の死病が流行り始め、その脅威の前に人類は一致団結した。
ただし、ドラモスを倒せるのは勇者ヒイロのみ。世界中が勇者ヒイロを応援している……これが、表のストーリーだ。
sousei-1

だが、これらの国々は組織として勇者を応援しつつ、ドラモスが討伐後の世界で主導権を握るために水面下では争っている。それを見て、国民たちは「勇者が魔王を倒しても、世界は平和にならない」とどこか諦めている……。
王道の美しい英雄物語が進行しているなかで、裏の物語も進行する二重構造のゲームが『創世のエル』なのだ。もちろん、そのギャップに満ちた裏の世界を見るのがプレイヤーの役どころである。
sousei-4

本作をプレイすると、わざとらしい設定に戸惑う。というのも、本作の国々は実在の国をモデルにしており、その描き方があまりにもステレオタイプだからだ。
主人公の出身国は日本をモデルにした国ラポーニャは、弱腰で優柔不断な王が治めており、国民の意見も一致しない。
アメリカをモデルとした国エメリアは、強大な国力を持つが貧富の差は激しい。人権を重視しておりナヂャで虐げられている人々の救済を唱える。
souseir-2697

中国をモデルにした国、ナジャ。絶対的な権力を持つ主席が国内情報を操作し、貧困の責任をラポーニャになすりつけている。
ラポーニャ領土の領有権を主張しており、領土問題でもめている。
souseir-2776

あまりにもどこかで見たような世界。不毛なネット世界の縮図のようだ。そして、それはほぼ正しい。
不毛な議論を交わす人々。保身と野心だけが目的の権力者。権力者の意見に踊らされる人々。抵抗を無駄と死って諦めきった人々。
プレイヤーは文字通りクソみたいな世界を見せつけられることだろう。現実がモデルだからこそ、その酷さはより身近に感じられる。

その混沌の中で、ゲームはプレイヤーに「選ぶこと」を強いる。
ネット上の論説をモデルにしているため「右翼思想ゲーム」と言われたり、福島の写真が出てくるために「反原発ゲーム」とか短絡的に言われることもあるが、決してそう言った思想を選ぶのではない。
実際、意見が鼻につくことはあってもプレイヤーが思想を強制されることはない。
souseir-2259

むしろ、プレイヤーと主人公の同一性こそが本作の重要なポイントである。
本作において、プレイヤーの考え方に関わることはすべて「はい」「いいえ」で選択でき、それが尊重されるのだ。
souseirr-2786
▲その選択は細部にわたり、人間関係のことなども選ぶことになる。

「独裁政治で人を弾圧するのは悪いことだと思うよな?」と聞かれても、プレイヤーは「はい」「いいえ」どちらを選んでもいい。
物語上の展開は変わらないが、「はい」を選べば独裁者と積極的に戦ことになり、「いいえ」を選べば独裁を肯定しつつも人間関係の都合で独裁者と戦う主人公という構図になる。
aaaaa-2264

前半こそ上っ面の混沌とした世界に対する選択だが、後半になるほどに厳しい選択も増えていく。
クソみたいな世界で、クソみたいな選択肢を選ばされ続けるのだ。感謝されていたとしても、プレイヤーの内心はイラついていたりもする。
souseir-2703

こんなクソな世界は、滅んでしまうがいい……!
そう思ったこともあるが、意地の悪いことにこの世界はクソだけじゃない。7割ぐらいはクソだが、2割は普通で、1割は希望もあるのだ。
それを見てどう思うか、それは当然プレイヤーの選択に委ねられ、最終的に決定的な選択をすることになる。
もちろん、最終的に世界を滅ぼすこともできる。

私はと言うと、最後まで世界の閉塞感に参っていた。
まともなことを言っているように見えて危険思想な奴らもいるし、善良でも愚かな人間もいるし、世界に希望がない。
souseir-2827

だが、ゲーム終盤では世界を救う理由ばかり探していた。ただ世界を見捨てることはできなかったのだ。
最終的にはちょっと共感できた人が生きられるようにこの世界を救った。
我がことながら、エンディングを見ながら「自分は思ったよりも善人だったのかも」と笑えてきてしまった。

UIのまずさ(Twitterボタンは押し易すぎる)や、バトルの単調さは気になる物の、本作は夢中になって遊べるRPGだ。
序盤は過ぎるほどの社会風刺でうんざりし、中盤は危うすぎるシナリオの決着をどこに落ち着けるか気になってやめられなくなり、最後に感動で終わらせる。
とても暴力的な描写があり、下品な描写があり、絶望ばかりを描いている本作だが、本作は逆説的に「生きる理由」に目を向けさせ、プレイヤーに選ばせる希望に満ちたゲームであった。
souseirrrsr-2868

クリア後、本作で『女神転生外伝 新約ラストバイブルIII』で使われなかったシナリオを利用したことが示唆されるが、『女神転生』が「カオスとロウ」の生き方を選ぶゲームだったことを考えると、こういった作りにも納得がいく。
一方で『新約ラストバイブル』を知らないと解けない部分があり、その点には不満は残った。
aaaaav-2821
▲新約・ラストバイブルIの前日譚ともとれる。女神転生成分は低いので期待しすぎは禁物。

このゲームは誰もがほめたたえるゲームではない。
ストーリーラインに賛否両論でるだろうし、演出の強烈さに拒否反応を示すプレイヤーもいるだろう。ただ、100人いれば20人の心には強烈に刺さる。
王道RPGを誰もが遊んだことがある現代で、特定の人に刺さる最新のインディーRPGである。
そのとがり具合は無料体験部分(ゲームの半分は体験できる)で見られるので、合わなければやめられる。
王道RPGを幾度となく遊んできたプレイヤーが最大限に楽しめる作りなので、RPGを遊んできたなら試して欲しい。
きっと、先が気になって続けてしまうはずだ。

ただ、もしあなたに世界を救った経験がないなら……先にいくつかの世界を救って出直してくるべきだ。
幸い、現代ではスマホがあれば手元いくつも世界が救える。

評価:9(かなり面白い)

課金について
840円(フルシナリオ)

おすすめポイント
危ういバランスで先が気になるストーリー
主人公=プレイヤーの徹底
迷うことのない親切なナビ
終盤の絶望的で印象的なボスバトル

気になるポイント
Twitterボタンが誤爆する
暴力的な描写、社会風刺が人を選ぶ
平坦で探索しがいのないダンジョン
終盤で新約ラストバイブルを知らないと理解しがたい点かいがある

(バージョン1.0.18、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
創世のエル ~英雄の夢の終わりに~ (itunes 体験無料)

コメント一覧

    • 1. 読者
    • 2017年05月01日 23:36
    • やたらにYES/NOを聞いてくるゲームだと思っていたけど、プレイヤーとの一体感がそこから生まれていたのかもしれないな。
      古いゲームの皮を被った爆弾って感想だったので、レビューにはだいぶ同意です。
    • 2.
    • 2017年05月02日 01:18
    • クソ面白かった。
    • 3. 名無し
    • 2017年05月02日 01:58
    • 面白かったけどプレイヤーとの一体感を大事にしてるのならあのラストはどうなのよ…サッパリ分からんぞ
      メタの描写が鼻につく
      面白かったけどアクが強すぎる
    • 4. 良かった
    • 2017年05月02日 19:15
    • かなり前の紹介を見て始めましたが、自分のベストRPGになりました。
      紹介ありがとうございます。
    • 5.
    • 2017年05月03日 01:10
    • 会社自体このまま倒産しそうな雰囲気なのでガンガン売れてもっと作品を出してほしい、、。
    • 6. ハァーオッパッピー
    • 2017年09月07日 08:45
    • ハァーオッパッピー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント