RSS

記事一覧

高速で動き、狙い澄ました一撃を放つシューティング『Missile man』 #デジゲー博

missileman_3
2016年11月13日(日)に行われたインディーゲーム展示会「デジゲー博」にて、イカすシューティングが展示されていた。
弾幕シューティングが多いスマホゲームの中において、敵を狙い撃つことに重点を置いたシューティング『Missileman』ある。
開発は1組の夫婦が行っており、夫がプログラムを、妻がアートを担当している。
そのためか、ゲーム部分はハードでありながら、デザインはどこかホッとするかわいらしさがあり、不思議な空気感を持っていた。

本作の主人公は、高速ミサイルに乗って空を飛ぶ男(?)。このビジュアルがゲームシステムにうまく取り入れられており、ビジュアルを活かしたゲームとなっている。
missile_1

ミサイルで狙い撃つ「縦シューティング」と、ミサイルで高速移動して障害物を避ける「避けゲー」を組み合わせているのだ。
ステージには外壁があり、プレイヤーはそれを避けながら進む。これがなかなかスリルがあって楽しい。
missileman_4

「シューティング要素」は、もちろんミサイルを発射して敵を撃つものだ。画面を2本指でタッチするとミサイルが発射され、目の前の敵を攻撃できる。
ミサイルは1度発射すると、一定時間は発射できないので、1発1発を狙いすまして撃つゲームとなっている。
missileman_1

連続して敵を倒すとコンボが成立し、コンボ数が増えるほどに経験値が増え、そして、ステージ終了後に経験値を使用して自機をパワーアップさせる要素もある。
missileman_5

展示段階でも単に狙い撃つシューティングとして面白そうだったのだが、プレイしてみるとパワーアップで自機の能力がダイナミックに変わることが目を引いた。
耐久力を上げるようなオーソドックスなものはもちろん、ミサイル連打、コンボが5回続くとレールガンを放つなど、ゲームのプレイ感覚が変わるほど強力なものが用意されている。


もともと狙って撃つゲームという設計にはなっているが、ダイナミックなパワーアップが楽しく、狙えるようになるほど楽しい仕組みが印象的であった。
障害物を避けて、コンボを重ねて、一気にパワーアップして、またコンボを重ねて……完成品は間違いなく楽しいゲームになるだろう。
リリースは、2016年中。現在のところ、有料ゲームで240円程度を考えているとのこと。
同じくデジゲー博に展示されていた『アカとブルー』と合わせて、期待して待ちたいシューティングだ。
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント