RSS

記事一覧

マップを自由に歩けるInfinity Bladeを目指して…『Dawnbringer』レビュー

dawnbringer-2
『Subway Surfer』などカジュアルゲームでヒットを飛ばしたKilooから、なんとゲーマー向けにアクションRPGが登場した。その名は『Dawnbringer』。

プレイしてみた感想は「惜しい」の一言。
フィールドを自由に歩ける『Infinity Blade』を基本無料でやろうとかなり頑張っているのだが、肝心な場所のツメが甘く、作業感が出てしまっている。
それでも、日本では見ないタイプの基本無料RPGなので、紹介しておこう。

本作は、デーモンの封印を解いた兄を追い、再び封印を施すために戦うRPGだ。
冒頭からきっちりオープニングが流れ、ゲームの印象はなかなか良い。
dawnbringer

基本的にはクエストゲーで、ひたすらデーモンを倒して封印の鎧のパーツを集めることが当面の目的となる。
dawnbringer-5


そして、いざゲームが始まって操作可能になると、フィールドを自由に歩き回れて驚く。
基本無料系のRPGは、バトルだけのものが多い。しかし、『Dawnbringer』は見える場所はだいたい歩けるのだ。
dawnbringer-3

見ての通り、グラフィックもそこそこ良いので散歩も楽しめる。
dawnbringer-4

デーモンのすみかに花の咲く場所があったり、謎の彫像があったりと、観光要素もある。
dawnbringer-14

フィールドには宝箱などが散見され、それらを見つけてはタッチしてアイテムを集めることもできる。
と言っても、装備強化用の素材が手に入るだけなのだが、探索感はあって楽しい。
dawnbringerar

操作も快適で、画面をタッチでオートダッシュと停止を切り替え、ドラッグ操作で移動方向を変えるだけ。
ただ、その観光を邪魔する敵がいる。そう、封印を解かれたデーモンである。
フィールドの至る所に野生のデーモンが闊歩しており、デーモンに近づくと問答無用でバトルが始まる。
dawnbringer-9

バトルは、プレイヤーが指を払った方向に向けてキャラクターが剣を振る剣劇アクション。
「隙を突く」要素はなく、切れば切るほどダメージが与えられる仕組みだ。
dawnbringer-10

デーモンが攻撃してきたら、回避の方法はパリィのみ。
攻撃の方向と反対に指を払い、プレイヤーの剣とデーモンの剣が交差すればデーモンの攻撃を弾ける。
dawnbringer-12

ゲームの序盤を過ぎると、パリィや攻撃に回数に応じて「必殺ゲージ」がたまるようになり、必殺ゲージを最大までためると一定時間的をたこ殴りにできる。
dawnbringer-11

で、バトルに勝利するとデーモンが消えていくらかの経験値や素材などがドロップし、先に進んでいける。

ちなみに、素材は武器防具を強化したり、シャードガチャ(補助アイテム)を引くときに使用する。
『Dawnbringer』では武器防具はドロップせず、素材を集めて基本装備を強化することで強くなっていく。
素材は通常プレイで結構集まるので、「ゲームを進めると自然にパワーアップしてる感」は損なわれていない。ただ、装備の強化完了までは時間がかかり、これを課金で短縮するかは選択式だ。
dawnbringer-6
▲一応、素材も課金で購入はできる。が、アクションが得意なら必要ない

だいたい、これがゲームのすべて。
プレイしていて思うことは、「楽しいんだけど、惜しいなぁ」ということ。

家庭用のRPGは少しずつ成長しつつ、少しずつ強くなる敵と戦う楽しさがある。が、基本無料ではそれが再現しづらい(個人的には、人気タイトルがソシャゲになったときに「違う!」と感じる理由の半分はこれじゃないかと思っている)。
基本無料RPGでは、ガチャで強力な装備が出てまったく苦戦せずに進めてしまったり、急に障害が強くなって進めなくなるバランスの悪さがついて回るからだ。

しかし、『Dawnbringer』はできる限りそれを維持しようと努力しているように感じる。
バトルで負けても体力半分の状態からセーブポイントで復活するだけ(ここでやめたら経験値もなし、がない)だし、スタミナもない。
体力回復のポーションは、1度使ったあとの補充時間を広告視聴でスキップできるが、それをしなくても2分で補充されるので負担を感じない。
dawnbringerar-2

装備強化もそれほど障壁を感じず、6時間ほどのプレイは作業的ではあったが快適だった。

しかし、バトル部分とクエストの単調さがその足を引っ張っている。
バトルはすべてが安っぽい。剣の手応えなどの基本的な触感もそうだし、リスクを取って攻撃を弾いてもリターンが少なめで駆け引きもあまりない。
そのせいで、やたらに「デーモンを倒せ」だらけのクエストがさらに単調になってしまっているのだ。
バトルが改良され、クエストにバリエーションが出ればそれだけでかなり面白くなると思うのだが……残念ではある。
dawnbringer-8
▲デーモンの造形やデーモン世界のデザインとか、結構好き。

ただ、それでも基本無料の割には良いので、韓国・中国系のハック&スラッシュRPGに飽きた方や、少し変わったスマホRPGを探しているなら試す価値はある。

評価:6(面白い)

課金:
時間短縮、装備素材、シャード(補助アイテム)ガチャ。なくても遊べる。

おすすめポイント
フィールドを走り回る楽しさ。
基本無料なのに、快適に遊べる。

気になるポイント
バトルが単調で大味
クエストが作業

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Dawnbringer (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1. 匿名
    • 2016年06月20日 01:31
    • こんなの出てるとは知らなかった
      レビュー見た感じだと行動や戦闘はHornぽいのかな
    • 2. 管理人
    • 2016年06月20日 23:10
    • ▼匿名さん
      Hornの方が面白いかな……。バトルが惜しいので。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント