RSS

記事一覧

ハトと人の恋愛乙女ゲー。今さら真面目に語る『はーとふる彼氏』レビュー

hatoful
文字通り「人類には早すぎるゲーム」として、2011年4月1日、日本中のニュースサイトを賑わせたゲームがある。
ハトしかいない学園に人間の女子が入学し、ハトたちと対等な立場でふれあい、恋愛する乙女ゲー『はーとふる彼氏』である。
エイプリルフールのジョークと思われていた本作は、いつの間にか製品化され、家庭用版が登場し、最後にはdevolver digitalをバックに世界で販売されてしまった。
世界に受け入れられた(?)馬鹿ゲーとはどんなものなのか、これまで機会がなく外からムーブメントを見ているだけだったのだが、スマホ版を出たので真面目に語るために今さらプレイしてみた。

ここには日本中、いや、世界中から優秀なハトが集まる「聖ピジョネイション学園」。
主人公は、そんな学校に入学を許された唯一の人間。まさに、ハトのハーレム。男子校に1人だけ紛れ込んだ女子とか、そんな夢のシチュエーション。
hatoful-2

彼は、幼なじみの「華原涼太」……うん、ハトだ。
ハトの恋愛ゲームとは知っていたが、予想以上に普通のハト画像に驚くばかり。というか、このハーレム本当にうらやましくない。
hatoful-3

登場時だけ擬人化イラストが出る配慮もあるが、キャラ紹介が終わると、以降の画像はハト画像しか表示されない。本当に硬派なハトゲーである。
hatoful-4
▲気合い入ったイラストだが、1回の使い捨て。

そして、そのまま様々なハトが登場し、主人公と交流を深め、普通の乙女ゲームのようにゲームは展開していく。
なぜハトと人間が普通に話せるのか、そもそも交換留学生とはなんなのか。脳の片隅にそんな疑問も浮かぶが……気になって…気になっ……。

ハトの不良。
hatoful-6

メイド喫茶。
hatoful-8

気になって仕方なくなる前に、すべての正常な思考を、絵面のインパクトが吹っ飛ばす。
そこにもって、随所に仕込まれたネタ群がプレイヤーを追い打ち。
hatoful-7
▲選択肢、「プリンは滅びぬ、何度でも蘇るさ!」、「失われし大地との絆を結び、遂に……」。ああ、うん。

主人公は鳥とデートしつつ「私、焼き鳥食べたいなー」と言い放ち……。
hatoful-10
▲鳥さんはどん引きです。

七夕になれば、「乱世を制する名軍師になりたい」とか、「力で全てを破壊する覇王になりたい」とかお願う。
おまえ、乙女じゃなかったのか。
hatoful-5

ふー。
しばらく遊ぶと、脳みそが良い具合にシェイクされ、初期化される。が、それこそが『はーとふる彼氏』の狙い。こそくなまでの孔明の罠だった。
後半になると突如にシナリオが真面目になり、ゲームがプレイヤーに牙をむく。
頭ゆるゆるなプレイヤーは、前半との落差にちょっとしたことでも「ええ話やなぁ……」と感動してしまう。
hatoful-9
▲「種族が違う、寿命が違うのも当たり前なんだ」

ずるい。
だが、まだそれも『はーとふる彼氏』の筋書きの半ば。
勢いでエンディングをコンプリートしていくと、今度は少しずつ『はーとふる彼氏』の世界の秘密が明らかにされていき、異常な世界になれたプレイヤーも正常な思考を取り戻す。

なぜ、ハトと人が話せるのか。なぜ、主人公はこの学校にきたのか。

チラチラと秘密が明らかにされ、プレイヤーは「あ、そういえば俺はこのあたりが気になっていたんだよ!」と思いだすのだ。
それと時を同じくして、プレイヤーは気づく。エンディングを見続けているうちに、不穏な選択肢が増えていることに。
hatohuru
▲一応、上記は選択肢の例であり、ネタバレではない。

おそるおそるその選択肢を選ぶと、裏ルートがオープンされ、これまで登場したハトたちが一気に物語をたたみこみ……強烈なカタルシスとともにゲームが終わった。
hatohuru-2

裏ルートは、単品でも楽しい。が、先に見たハトたちの性格や秘密が行動に強く関わっており、それを知っていると裏ルートのハトたちの姿がより深くプレイヤーに刺さる構造になっている。
それまでお馬鹿なゲームと思って楽しんでいたものは、すべて最後にプレイヤーの心を揺さぶるための伏線だったのである。

何気なく伏線を張り、それを後半で一気に回収する。しかも、退屈になりがちな伏線部分も馬鹿ゲーのノリで楽しませてしまう。
イロモノだと思って触ると思わぬ楽しさがある。見た目はハトでも、堅実で王道なエンターテイメント。
それが、『はーとふる彼氏』の真の姿。これなら、世界で発売されたのも納得できる。

アプリ自体の完成度は粗く、オートセーブがない(アプリを中断して戻ってくるとだいぶ前まで戻されることが……)、バックログ機能がないなどの気になる点はあるが、それ以上に楽しめるはずだ。
このゲームが気になっていたEVERY BIRDY(みんな)は、今さらでもぜひ遊んでみて欲しい。

評価:6(面白い)

おすすめポイント
馬鹿と思いきや楽しいストーリー
面白い英語翻訳

気になるポイント
ネタ好きに寄せているので、オタクカルチャーが受け入れられないとキツい
オートセーブなし、バックログなし

課金
なし

(バージョン1.1、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
はーとふる彼氏 (itunes 600円 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1. ぽ
    • 2016年06月08日 01:01
    • トゥルーエンド終了までの総プレイ時間は何時間くらいでしょうか?
    • 2. 管理人
    • 2016年06月08日 01:24
    • ▼ぽさん
      読む速度にもよると思いますが、スキップを駆使すると10時間は切るかと。
      裏ルートまでは4時間程度で、全エンディング制覇しての後日談付き裏ルートは10時間を切るぐらい。
    • 3. ぽ
    • 2016年06月08日 01:57
    • おお、ありがとうございます。
      結構なボリュームですね。
    • 4. ゆきんこ
    • 2016年06月08日 07:31
    • こんにちは!
      前から強烈なインパクトで気になっていた鳩ゲー、レビューありがとうございます。思ってた以上に楽しめそうですね☆参考になりましたー( ´ ▽ ` )ノ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント