RSS

記事一覧

ただの面白いだけじゃない。物語を語るパズル『Zenge』レビュー

zeng-9
AppStoreにおいて、良いパズルゲームの条件は単に「楽しい」だけではない。パズルゲームには、付加価値が必要だ。
なんせ、App Storeにはすでに多くのパズルアプリがあって、普通に楽しめるという条件であればいくらでも選べる。
この中で「良いパズル」と言うためには、パズルが楽しいだけでなく付加価値が必要だと思うのだ。
そして、その付加価値を分かりやすく持っているパズルゲームが『Zenge』である。

本作は、ブロックを動かして枠にはめ込むパズルだ。
ゲームを開始すると、画面にブロックとレール、そしてブロックと同じ形の白い枠が表示されている。
zorg_1

ブロックはレールに沿って動かすことができ、レール上の穴の位置まで持ってくると「シュッ!」っとハマり、ブロック上にイラストの断片が表示される。
zorgr_1

レールがつながっていても他のブロックに遮られていると、枠にはめ込むことはできない。
つまり、ブロックを動かす順番や位置を考えるパズルになっている。
zeng-8

上の説明だけを見るとシンプルに見えるが、先に進めば様々なトリックも出現する。
たとえば、だまし絵のトリック。下の画像、一番下のブロックに注目して欲しい。この状態では、レールがつながっていないので、これ以上左には移動できない。
zeng-12

だが、上段のブロックを移動させ、真ん中に移動させるとくっつけると、レールがつながっているような絵面になる。
zeng-13

見た目上つながっていれば、実際につながっていなくてもOK。
レールを通り、右側のブロックは左に移動できるようになる。
zeng-14

その他にも、ブロックを反転させたり、ワープさせる仕組みも登場し、進むほどに工夫の余地が増えて飽きない。
解いてみると「ああ、こうだったのか!」という発見もあり、パズルとして十分楽しい。
もちろん、最初に言ったとおりこれだけでは「どこにでもある良いパズル」で終わってしまう。
だから、これから冒頭で語った付加価値について語ろう。

『Zenge』では、ステージをクリアするたびにイラストが表示される。これが、付加価値だ。
zeng-9

パズルを解くたびに神秘的なイラストが表示され、それはステージをまたがって続く物語となっている。
宇宙を見るこびと。
zeng-10

宇宙を、奇妙な船で旅するこびと。
zeng-11

ゲートを発見し、遠巻きに見るこびと。
zeng-7

彼は何を考え、何のために旅をするのか。
パズルを解くたび、静かな音楽とともに新しいイラストが表示され、ストーリーが少しずつ明かされる。
単にパズルとして楽しいだけでなく、イラストのできも良いし、物語も気になる。
解いた瞬間に「解けた!」という楽しさだけでなく、「先に進めた!」という喜びも加わり、2倍楽しい。
zeng-15
▲宇宙まで続くこの塔はいったい……?

良質なパズルと、物語。静かな音楽の中で、これを楽しめる『Zenge』は、間違いなく付加価値のついた良いパズルゲームである。
「パズルが遊びたい、しかし、普通では嫌」。

そんな方でも楽しめる、高品質以上のゲームなので、ぜひ手にとって遊んでみて欲しい。

評価:8(とても面白い)

おすすめポイント
サクサク解けるが、ときおり頭を悩ませるパズル
神秘的なイラストで語られるストーリー
豊富なギミック

課金
なし

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Zenge (itunes 120円 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1. 読者
    • 2016年04月20日 21:39
    • イラスト点数がすごい多いですね。1ステージ1枚とは豪華。これで120円ですか。海外はすごいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント