RSS

記事一覧

絶対に触るなよ! 世界破壊装置をいじり倒す『Please, Don't Touch Anything』レビュー

pdti - 4
好奇心猫をも殺す。だが、人間は気になったら謎を解明せずにはいられない。
『Please, Don't Touch Anything』(頼むから、何も触るなよ!)は、そんな人間の好奇心を試すゲームだ。

目の前には、「触ってくれ!」と言わんばかりに目立つ、赤ボタンとレバー付き謎の装置。
そして、周囲には誰も居ない。おさわりタイムの始まりだ。

「トイレ行ってくる。あんた、ちょっとの間ここに居てくれ!」
「何も触るなよ!」
pdti - 3

そして、プレイヤーの前には、赤いボタンとレバーがついた装置が。
「押すなよ、押すなよ!」状態である。だから、押す。ポチ。
pdti - 4

すると、装置の下部にスイッチが出現。
pdti - 5
▲なにげに、ドット絵のアニメーションがキレイでビビる。

スイッチも右に入れてみたが、なにも起きない。
うーん、もう1回ボタンを押すか。
pdti - 6

すると、装置の左上でカウントダウンが始まる。
ボタンを押すが、もう反応しない。俺は、何をやってしまったんだ……。
pdti - 7

あ、街が爆発した。
これは、世界を破壊する装置だったのか!?
pdti - 8

しかし、ご安心を。画面下の「RESTART」レバーを下ろせばすべて元通り。
何度でも、この装置をいじり倒すことができる。
pdtirr - 1

このように、装置をいじって反応を見て、さまざまな結末を体験するのが『Please, Don't Touch Anything』というゲームの概要だ。
一見ジョークゲームに見えるが、プレイして見ると中身はしっかり謎解きゲーム。
最初に紹介した結末は簡単に誰でもたどり着けるが、以降の謎は本格的になっていく。

プレイヤーは、創意工夫の限りを尽くして画面に触れまくり、この部屋の謎を解き、装置の謎を解き明かさなければならない。
pdti - 9

そして、いじり倒した末にはちょっとしたストーリーも見えてくる。
正直、価格のわりに地味に見えるので多くの方にはお勧めしない。

だが、このゲームのコンセプトを聞いて挑戦したくなるインディーゲーム好きならば、試して損はない。
人間、触ってはいけないものには触れたくなる。
存分に世界破壊装置をいじり倒し、好奇心を満足させて欲しい。

評価:3.0(面白い)

おすすめポイント
興味をそそられるコンセプト
ドット絵と穏やかな音楽

気になるポイント
パズルはやや歯ごたえがありすぎるかも

課金
なし

(バージョン1.0、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
Please, Don't Touch Anything (itunes 600円 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1.
    • 2015年10月26日 11:36
    • 元がsteamだったせいか画面デザインがスマホ向きではないなと感じたのと、思ってたよりもバカなことができないのが、ちと残念な気もしました
      正直、攻略サイト見ないとわからない製作者の自己満足みたいないくつかの仕掛けは嫌いではないんですけどね
    • 2.  
    • 2015年10月26日 13:22
    • 気軽に試すには高いな
    • 3. 管理人
    • 2015年10月26日 22:35
    • まあ、高いと思う方には向いていないですね。インディーゲーム好きで、コンセプトだけでOKな方向けかもしれません。
      PC向けになっているという指摘は、その通り。ただ、タッチでも十分遊べますが。
      3Dタッチ対応なら、もっとそれらしくなったのかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント