RSS

記事一覧

デッキビルドカードゲームの面白さを1人用に再構築。『DeckDeDungeon』レビュー。

deckrr2
『ドミニオン』のようなデッキビルド系カードゲームのシステムを消化し、1人用のカードRPGとして再構築したゲームが登場した。
少しずつデッキを強化する楽しさ、ほどよいランダム性で毎回展開が変わる楽しさ、思い通りのデッキが作りきれないジレンマ。

『DeckDeDungeon』には、デッキビルド系ゲームの面白さがぎっちり詰まっている。
見た目こそフリー素材を使ったRPGだが、ゲーマーなら見逃せない1作だ。

このゲームは、モンスターと戦いながらダンジョンの奥深くを目指すカードRPGだ。
モンスターとの戦いはターン制のカードバトル。
毎ターンプレイヤーのデッキから手札が7枚になるようにカードが補充され、その中から好きな枚数を自由に使って戦える。
使ったカードは捨てられるが、すべてのカードを使い切ると再び戻ってくる。
altorrrrrrrr2

プレイヤーの基本行動は、アタック(物理攻撃)、マジック(魔法攻撃)、ヒール(HP回復)、ガード(ダメージ軽減)の4種類。
これらの行動は白い「アクションカード」を使って行う。
deckrr1

だが、アクションカードを使っても、水色の「スキルカード」で強化しなければ攻撃力は1、回復力も1。
ほとんど役に立たない。
例えば、アタックを単体で使用しても敵に1ダメージしか与えられないが、スキルを使えば簡単に10ダメージ以上(後半はもっと)を与えられる。
altorrrrrrrr1

そして敵を倒すとランダムに6枚のカードを落とし、その中から1枚取得してデッキを強化できる。
deck1

なお、スキルカードは単体で使っても効果がないので、スキルカードばかり増やすと手札がスキルカードだけになり、まったく戦えなくなってしまう。
ゲームの初期は、アクションとスキルのバランスをとりながら遊ぶことになるだろう。
そして、延々とバトルを繰り返し、デッキを強化し、ダンジョンにもぐり続けるのだ。
deckrr3

これだけではシンプルなゲームだが、使いこなしが難しい上級者向けのカードも用意されている。
例えば、1枚で強力なスキルカードを超える能力を持つ黄色の「イベントカード」。
しかし、イベントカードは自動で使われるので引いても手札に残しておけない。
そのため、ボスとのバトルに備えて強力な手札を揃える戦術には向かず、運要素が強くなってしまう。
deckr3
▲マジックとヒールを3倍にするイベントカードが手札にあるけど、アクションがない!でも手札に撮っておけない。

続いて手札に入れておくと効果を発揮する緑の「手札用装備カード」。
これは安定した効果を発揮するが、手札の入れ替えが少なくなるのでデッキの爆発力は落ちる。
deckr4
▲手札装備アイテムは強力だが、持ち続けるのがまた難しい。

デッキに入れておくだけでスキルカードに似た(少し弱めの)効果を発揮するが、カードとして使っても効果がない灰色の「装備カード」もある。
装備カードの効果はすべて累積するので、大量にデッキに入っているとスキルカードがなくてもアクションカードだけで戦える。
しかし、装備カードばかりが手札にきてしまうと……何もできずに敵にタコ殴りにされてしまう。

超強力な効果を持つが1回使うとデッキからなくなる紫の「消耗品カード」は、爆発力があるものの安定性には欠ける。
さらに、「デッキからいらないカードを削除する」とか「手札を入れ替える」とかの効果のカードもあるが、やはり手札に存在するとデッキの戦闘力自体は落ちてしまう。

どのアクションを重視して、どのように手札を調整してデッキを組むのか。
プレイヤーの数だけ答えはある。
そして、デッキ作りの力及ばず倒れてしまうと墓が建てられ、金貨が手に入る。
deckr5

金貨を支払うと、次回以降のプレイで特殊な職業を選んだり最初から強力なアイテムを持ってスタートすることもできる。
ただし、永続的なパワーアップは販売されていないし、職業を変えてもプレイスタイルが変わるだけで極端に強くはならない。
アイテム持ち込み禁止の上級ダンジョンも用意されていて「やり続ければ勝てる」ゲームではない。
deckr2

魔法だけで押し切るデッキ、防御力を極限まで高めて生き延びるデッキなどのアクションの方向性から、装備だらけの重装備(スキルなし!)デッキやイベントカードだらけの運任せ(でも爆発力大!)デッキまで何でもあり。
カードがランダムドロップなので、「ああ、あのカードを入れたくないのにとるしかなかった!」とか「マジック重視なのにアタックの良いカードが多い」など、毎回ジレンマに満ちた冒険を楽しめる。
また、「イベントカードのランダム性を○○というカードで克服するコンボを見つけた!」などと、カードの新しい組み合わせを見つけたときなどは脳汁が出るほど興奮する。

合成などで強力なカードを作る「貯める面白さ」ではなく、プレイヤー自身がカードを連携するコンボを見つけてゲームに習熟していく「上達の楽しさ」を丁寧に作っており、遊ぶほどに深みが出て楽しくなる。
「ゲーム好きなら1度は試して欲しい」と断言しよう。

なお、本作はUnityで作られておりWeb版も公開されている。
スマホを持っていない方でも、ぜひブラウザで遊んで欲しい。

最終評価:4.0(すごく面白い)

おすすめポイント
さまざまなプレイスタイルで遊べる
プレイヤーの腕と工夫が試される広い戦術性

課金:
なし

(バージョン1.3、ゲームキャストトシ)

アプリリンク:
【デッキ構築型RPG】DeckDeDungeon (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

コメント一覧

    • 1. なし
    • 2015年04月16日 16:43
    • これは時間泥棒っぷりがやばいな
    • 2. チャペル
    • 2015年04月16日 23:49
    • ドミニオンでもそうだけど廃棄は安定して爆発できるからリサイクル持ち込み必須だな
      ただ状態異常が厳しすぎる気がする
      大体死亡原因が状態異常だし
      種類が多いから対策してても目当てのカード引けなくて事故ってしまう
    • 3.
    • 2015年04月17日 05:40
    • 面白い、面白いんだけど
      不思議のダンジョン系みたいにアイテムを持ち帰ったり出来れば良いなあ
      貧乏性なので金貨をなかなか使えないw
    • 4. 初回は
    • 2015年04月17日 09:37
    • 初回は面白いが固定して蓄積されるものがないので繰り返しプレイに誘導されなかった

      あと深く潜ると一撃で即死しないかな?
      中盤からHPとヒールの意味がよくわからない。やり込んだらわかったのかもしれないが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント