RSS

記事一覧

式神の城 iOS レビュー - テンポ良く短時間で遊べる良作シューティング。

ss1
『式神の城』は、個性的なキャラクターを操作し、怪奇殺人事件の黒幕を追う縦スクロールシューティングだ。

このゲームが出た2001年当時、開発のアルファ・システムは脂が乗りに乗っていた。
『俺の屍を超えていけ』、『高機動幻想ガンパレードマーチ(以下、ガンパマ)』で立て続けにスマッシュヒットを飛ばしており、『式神の城』も当然話題に上ったし、ゲーマーに期待された。

自分の周囲では「家庭用ゲームのメーカーなんか」という者もいた(当時はまだ、家庭用ゲームよりもゲームセンターのゲームの方が豪華だった)が、実際に遊んでみるとそれらのゲーマーたちも納得する良作で、発売後に彼らもかなりハマっていたのを憶えている。

本作は、そんなシューティングを iOS に移植したものだ。

このゲームは、当時のシューティングの中でキャラクターを強烈に押し出した作品だった。
多く会話シーンが挿入され、キャラクターや世界観を強く押し出し、ストーリー性が強く見て取れた。
また、カルト的人気を誇っていたガンパマと共通の世界観を持っていることで話題になり、シューティングなのにキャラクターにもファンがついていた。
sikigami04

だが、このゲームは単なるキャラクターゲームではない。
土台のしっかりしたシステムとステージ構成の上に作られた、面白いシューティングゲームでもあった。

このゲームは、2つの攻撃方法と、特殊攻撃(ボム)を使い分けて戦う縦スクロールシューティングだ。
iOS版の移動操作は相対タッチ方式に修正されており、指の置き場もあって快適。
基本のショットはオートで、スマホのシューティングゲームのお約束に則った操作系になっている。
sikigami_r2

画面上の【式神攻撃】を押しっぱなしにすると、式神攻撃を出せる。
式神攻撃で敵を倒すと得点アイテムのコインが大量に出て、自動で主人公に吸い込まれて回収されるので、得点を稼ぐなら式神攻撃で敵を倒すことが必須となる。
なお、オリジナルでは式神攻撃中に自機の移動速度が遅くなっていたが、iOS版は相対移動なので移動速度はそのままだ。
sikigami_r1

この式神攻撃の特性は、キャラクターごとにはっきり違う。
自動追尾攻撃、近距離だけを攻撃する剣、狙った範囲を爆撃する火砲など、どのキャラを使ってもプレイ感が違うし、ステージの攻略方法も変わった。
見た目は違うが、結局使って見れば同じ、ということはない。
sikigami10
▲コインはとるたびにスコアが増加して最大で1つ10,000点の高得点アイテムになる。

そして、もう1つ自分を虜にしたのがスコアの倍率システムだ。
このゲームでは、主人公が敵弾や敵に近いほど手に入るスコアが増し、至近距離に敵弾がある状態では8倍のスコアが手に入る。
sikikami
▲敵が近いとキャラクターの中心が光り出す

倍率が高いときに式神攻撃で敵を倒すと、コインの出る量も倍々に増え、8倍状態で敵を倒したときなど画面中コインの海。
「どさーっ!」とコインを回収し得点が一気に増える様子がたまらなく快感だったのだ。
sikigami_rr1

得点倍率が最大のときに通常ショットを打つと、通常ショットが赤くなって大幅に威力が増える仕組みもある。
ハイテンション時はショットが貫通になるキャラクターもいるので、得点重視の式神の使い分けが重要となる。
sikigami_r3

そのシステムをもって挑むステージもとても面白い。
各ステージの雑魚パートには異なる仕掛けが用意されて、1〜2分でテンポ良く終わる。
sikigami07

ステージを締めくくるボスも先に行くほど攻撃パターンが豊富になり、毎回異なった仕掛けで楽しめる。
耐久力も高すぎず、「いつまで撃てば終わるんだ!」と飽き飽きすることもない。
sikigami09

次々と新しい仕掛けが出て、雑魚・ボス・雑魚とテンポ良く短時間に濃く遊べる。
そして、キャラクターをかえれば攻略方法が変わり、何度も楽しめる。
『式神の城』は、最高のシューティングとは行かなくても、面白くて爽快で、楽しいシューティングであることに疑いはない。

ゲームはベタながらそのまま移植してあり、アーケードと家庭用でそれなりにプレイした自分の目でもそんなに差は見られない。
移動が相対タッチになったのでバランスの変化はあるが、テンポの良いシューティングとして楽しめる。
シューティング好きか、『式神の城』ファンなら600円で買う価値は十分あるだろう。

ただ、iOS版はやや移植が粗いことも書いておきたい。
画面の縮尺が選べず、ボタン配置も右利き用と左利き用の2種類しかない。
ゲームに集中していると式神攻撃ボタンから指がずれやすいので、「画面上ならどこを押しても式神攻撃」とか、「好きな位置にボタンを移動できる」などのオプションが欲しかったところだ。
操作が煩雑ではないキャラクターで遊ぶには問題ないが、頻繁に式神攻撃ボタンを押すキャラクターでは不満が残る。
これは、今後のアップデートに期待したい。

いっそのこと、全画面対応にしてコントローラーにも対応してくれたら、2倍の値段でも買うのだが…(アドオンでもいい)。

評価:3.0(面白い)

おすすめポイント
爽快でテンポの良いシューティング
キャラクターは選ぶが、懐かしのゲームが手元で遊べる

気になるポイント
ベタ移植なので画面が粗く見える
ボタン配置が使いづらい

課金
なし

(バージョン1.0、GCドラゴン)

アプリリンク:
式神の城 iOS (itunes 600円 iPhone/iPad対応)

コメント一覧

    • 1. Iphene6設定変更で表示治りました
    • 2014年10月04日 08:06
    • すいません、設定で表示の拡大をしてると位置がずれていたので標準に戻して正常に動作しました
    • 2.
    • 2014年10月04日 09:10
    • ガンパレをガンパマって略する人、初めて見たよ(笑)
    • 3.
    • 2014年10月04日 12:18
    • ガンパマw
    • 4. 3
    • 2014年10月04日 13:37
    • 高機動幻想も間違えてます…
    • 5.
    • 2014年10月04日 13:45
    • スーパーファミコンをスパコンって訳すタイプの人に違いない。
    • 6. パマん
    • 2014年10月04日 17:01
    • ガンパマの突っ込まれにワラタ

      Inferno 2をもっと詳しく知りたいぜよ
    • 7. 名無し
    • 2014年10月04日 23:24
    • 物凄い違和感を覚えたのが自分だけじゃなかった事に安堵w 略すならガンパレ、でしたよね当時。
    • 8. GCドラゴン
    • 2014年10月04日 23:40
    • 当時、電撃で特集されていたのを見ていた奴らは「ガンパレ」と言っていたんですけども、アンチ電撃だったので「ガンパマ」でした。
      ファイファンぐらいには市民権があると思っていましたが、やっぱり超少数派だったのね。。。
    • 9.  
    • 2014年10月06日 12:02
    • ガンパマって初めて聞いたわwww
    • 10. ><
    • 2014年10月06日 13:29
    • ガンパマに1票!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント