RSS

記事一覧

Hoplite レビュー - 移動を間違えても死、キャラ育成を間違えても死。詰め将棋のような戦術ゲーム。

Hoplite (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
ss3
Hopliteは、モンスターを倒し、ダンジョンの奥へ進んでいくカジュアル戦術ゲームだ。
主人公とモンスターが交互に動くターン性を採用しており、1手1手、詰め将棋のように先を読んで動く戦術性がある。

序盤こそ簡単だが、後半になると難易度は跳ね上がる。
そこで、1フロアに1回だけ主人公にさまざまな能力を与えて強化するか、回復を行える。
長期的な視点で「このフロアでは回復するか、後半を乗り切る力を与えるため強化するか」を選択し、短期的には詰め将棋のようにフロアを攻略する2つの面白さが味わえるゲームだ。

ゲームがスタートすると六角形のマップにランダムでモンスターが配置され、プレイヤーの手番となる。
移動したいマスをタッチして主人公が移動するか、スキルを使用するとフロアにいるモンスターすべてが行動し、再びプレイヤーの手番になる。
これを繰り返し、階段までたどりつくと次のフロアに進める。
hoplite49

主人公は移動後に隣接しているモンスター全員を攻撃し、攻撃されたモンスターは1撃ですべて消え去る。
しかし、ほとんどのモンスターは主人公より射程が長く、直接攻撃で挑むと、倒す前に攻撃を受けてしまう。
主人公が攻撃を受けると画面下部のハートが1減少し、すべてのハートがなくなるとゲームオーバーだ。
hoplite47

そこで、癖のある3つのスキルを使いこなす必要がある。
槍アイコンをタッチすると、槍を投げて2マス離れた敵を攻撃できる。
しかし、槍は1本しかないため、投げた場所まで移動して拾うまで再び投げることはできない。
hoplite7

盾アイコンはモンスターを攻撃せず、吹き飛ばすだけのスキルだ。
隣接する敵を溶岩に落としたり、隣接する爆弾を押し返して敵にぶつけたりと、直接攻撃力はないが使い方次第でピンチを切り抜けられる。
1回使用すると数ターンのクールタイムが経過しないと再び使用できない。
hoplite26

ブーツアイコンをタッチするとジャンプし、1ターンで2歩移動できる。
使用にはエネルギーが必要で、エネルギー階段を下りると全快するほか、敵に隣接するとで少し回復する。
hoplite37
▲画面×印の下が残りエネルギー。

どのスキルも万能ではなく、下手に使うと簡単に追い詰められてしまう。
この不自由さが一手ごとに緊張感を与えてプレイをスリルあるものにしている。

しかし、ダンジョンを降りて行けばモンスターの数は増え、ちょっとやそっとでは勝てなくなる。
そこで、1フロアに1つ必ずある神殿のマスがあり、神殿のマスに移動するとハートの最大数を増やしたり、スキルの効果を強化するなど3つの効果から1つを選んで主人公を強化できる。
強化には槍の射程が伸ばしたり、盾で吹き飛ばす範囲や距離を広げるなどさまざまなものがあり、どれもとても効果的だ。
hoplite5

例えば盾は通常1マスしか爆弾を吹き飛ばせないので、強化していなければこの状態で跳ね返しても一人しか敵を巻き込めない。
hoplite60

が、強化していればこの通り2マス先に飛ばしてまとめて敵を処理したりできる。
hoplite61

さらに、ハートの最大値を減らす代わりに手に入る超強力な能力もある。
1ターン無敵になれたり、ジャンプ距離を2倍にするなど強力な能力が身につくが、ハートの最大値を減らすことは1手間違えた瞬間にゲームオーバーになる危険性を増やすことでもある。
hoplite68
▲最大4マス先まで移動できる!

見た目はシンプルでいまいちに見えるが、実際にはプレイする度に配置が変化するシンプルな詰め将棋が楽しい。
さらに、長いダンジョンの攻略を見据え、どのように主人公を成長させるのか悩む長期的な育成要素も味わえる。

シンプルだが、かなり楽しめるので詰め将棋系のパズルやカジュアル戦術ゲームが好きなら試してみる価値はある。

最終評価:2.5(価格通りに楽しめる)

おすすめポイント
幅広い攻略が可能なスキルシステム
適度な難易度

気になるポイント
iPhoneだと画面が小さく、タッチミスしやすい

(バージョン2.2.2、GCドラゴン)

アプリリンク:
Hoplite (itunes 200円 iPhone/iPad対応)

動画:

  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント