RSS

記事一覧

TGSレポート3:GREEブースに見る迷走

さて、前回はGREEブースで見た違和感について書いたが、今度はGREEそのものについて書いていこうと思う。

あくまで自分の目から見た印象だが、GREEがどこに向かっているのかわからない。
GREEブースでは、GREEのゲームの他にOpenFeint対応のゲーム群が「これもGREEです」と言わんばかりアイコンで表示されていた。
JetpackJoyRide』、『ホームランバトル3D』などのiPhoneでお馴染みのゲームだ。
これがどのように関係するのか。

「OpenFeint対応のゲームは全世界で○○もあるんですよ。
 OpenFeintを買収したので、GREEは世界で最も会員数の多いソーシャルプラットフォームです。」
(○○はすごい数だったが、忘れた)

だが、それに何の意味があるのだろうか。
まったくそこからソーシャルへの導線はないし、それらのゲームをプレイするユーザーとソーシャルのユーザーは別物だ。
そして、色々話を聞いてみても何がすごいのか釈然としない。
OpenFeint対応ゲームが多いのが有利に働くならばGameCenterも最高峰のソーシャルプラットフォームだろう。

・GREEはOpenFeintを買収したばかりなので、これから合体していきます。
・OpenFeintにソーシャルを助ける要素は何も無いですが、今後は何か機能が付くはずです。
・海外はこれからやって行くし、サードパーティーがゲームを出していくと思います。

などなど、いちいち要領を得ない。
対するDeNAは非常に明快にヴィジョンを示し、かつ、結果もだしている。

・ngcoreを開発し、プラットフォーム化
・ngcoreにはソーシャルゲームに必要な機能が含まれているだけでなく、ngcoreを利用してゲーム制作を行うことで1ソースでiOSとAndroidのアプリが作成できる。
・海外に複数の拠点を置き、各地域の文化に応じた分析・顧客対応を行う。

なお、DeNAブースで聞いたこれらの話を、ソーシャルゲーム開発者と共にGREEブースを訪れて聞いたものの、やはり要領を得ない回答であった。
DeNAブースは企業向けで、GREEはそうではないという差はあれど、TGSであった多数のGREEの講演を聞いても「どうやれば日本で稼げるか」「稼げるゲームとは?」という話に終始しており、DeNAのように世界を睨んだ動きは見えない。

そして、ゲームに対してもそれらの姿勢が見える。
GREEは多数のソーシャルゲームアプリを出しているが、それは単に既存のソーシャルゲームと変化のないアプリばかりであった。
少なくとも、スマートフォンの特性は生かしていない。
また、海外実績に関してもめぼしいものはほぼない。

対して、DeNAはすでにngcoreのゲームをアプリとして出しているだけでなく、忍者ロワイヤルというスマートフォンならではのソーシャルゲームをリリースしている。
ソーシャルゲームならではのリッチなインターフェースは新鮮だし、アクション性というのは大きな挑戦といえる。
また、すでに海外ではngmocoのゲームにDeNAのノウハウを注入して売上を3倍にあげた実績がある。
Zyngaの売上を5倍にするというのもあながち嘘には思えない。

GREEの巨大ブースによる出展は、OpenFeintの構造改革がうまく進まず、海外戦略が(Mobageと比べて)足踏みしている状態での単なる示威行為に感じられてしまう。
TGSに最大ブースを出したところで、アピールする層は全く違うというのに。
DeNAはそのあたりをしっかりわかっているように見える。

3ヶ月で時代が変わると言われるスピード感のソーシャルゲームで、GREEはすでに巨体を持て余すようになってしまったのだろうか。

 コメント一覧 (5)

    • 1.  
    • 2011年09月24日 16:05
    • OpenFeintってゲームを起動するたびに出てくるんですけど、消す方法ってないんですかね。 すごい邪魔なんですが、、。
    • 2. トシ
    • 2011年09月24日 17:36
    • ▼?さん
      ありません。
      残念ですね。
      ただ、no thanksを選べば起動しなくなるアプリも多かったような。
    • 3. rnd
    • 2011年09月24日 21:43
    • GREEブースについて、こちらの記事の分析が興味深かったです。
      http://allabout.co.jp/gm/gc/385069/
    • 4. トシ
    • 2011年09月29日 00:28
    • ▼rndさん
      なるほど、良い視点からの記事ですね。
      参考になりました。
      ありがとうございます。
      返事遅れてすみません。
    • 5. 無限堂
    • 2013年04月06日 12:52
    • やはり、グリーには将来へのビジョンがありませんね。
      私もグリーユーザーですが、ここの社長は「儲かるなら、似たような物を大量に作れば良い」と言う様な意味の発言をしており、ゲーム屋の偉いさんが言う言葉ではないと思いました。
      真のゲーム屋なら、儲けと同時に、常に新たな遊びの工夫を追求する顧客の二歩三歩先を見据える姿勢が重要で、傲慢企業コナミですらその姿勢を打ち出している筈です。
      ユーザーの意見に耳を貸そうとせず、不具合にも無責任な運営、似たり寄ったりのカードゲームを乱発し、出現率が怪しい程低いその場かぎりのレアカード、他ユーザーを協力と言う形で巻き込む集金イベントの乱発、一時的に利益を挙げても、ユーザーの飽きからは免れられず、サーバーの強化や、新たな遊びを開発しないとユーザーから見捨てられます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント