RSS

記事一覧

巻き込む爽快感がやみつき 塊魂

塊魂04
タイトル:塊魂モバイル
ディベロッパー:Namco Networks America Inc.
プレイ時Version:1.0.3
ジャンル:ティルトアクション
価格:600円
塊魂モバイルの詳細はこちら(itunes)
体験版塊魂モバイル Liteの詳細はこちら(itunes)

大コスモ星の王子(右下)が、何でもくっつけて巻き込める「塊」を転がして大きな塊を作っていくゲーム。
徐々に大きくなっていく塊が様々なものを巻き込んでいく爽快感と、シュールな世界観を売りにPS2でヒットした。
このゲームは携帯版からの移植だが、iPhone向けに加速度センサー操作が取り入れられている。


どんなゲーム?

何でもくっつけて巻き込める「塊」を転がして大きな塊を作っていくゲーム。
iPhone本体傾けると「塊」がそれに合わせて転がる直感的操作。
「塊」タップでブレーキ、連打でダッシュと基本操作は簡単だが、慣性が働くので意外に動かすのは難しい。
塊魂2
「塊」は触れたものを無差別に巻き込むものの、塊より大きいものは巻き込めないので、小さいものを巻き込んで塊を育て、最後に大きなものを巻き込んでいくパズル的要素がある。
動かしづらい操作と相まって多少イラつく面もあるが、それ以上に「塊」を育てて大きなものを巻き込むご褒美が強い。
最初はペットボトルも巻き込めずに弾かれてイライラしていたのが、そんなものは余裕で巻き込み、タンカーやビルを巻き込みながら果て無く転がっていく爽快感は格別。
操作性の多少の悪さもどちらかというとスパイス的に働いている。
塊魂01
ゲームのステージは5ステージ少ないものの、基本になる「ストーリー」、時間無制限の「エターナル」、時間に追われる「タイムアタック」、ちょうどのサイズの塊をつくる「サイズピッタリチャレンジ」と4つのモードがあり、同じステージでもアイテムの配置が異なっていて2度楽しめる。
また、巻き込んだものを見られるコレクションモードもあり、収集の楽しみも。
塊魂03
やり込み要素もあり、ボリューム的にもそこそこ。
また、王様の会話やゲーム中の演出など、シュールな演出がそこかしこにあり、そこもまた面白い。
塊魂05
操作の難易度とパズル的要素のおかげでそこそこ難易度が高いが、最初のハードルを超えると止められない楽しさがある。
コンシューマー版と比べるとボリューム、オブジェクト数の点で引けを取るが、それでもきっちり塊魂している良作。
塊魂未プレイならば是非。
ルールは単純なのに楽しいアクションゲームに仕上がっている。


トシの評価(5段階)

塊魂リリース時は傾きセンサーの操作性が良くなかった。
もっと言うと、最悪。
当然、レビューは酷評の嵐。
現在でもその名残が残っているが、操作難は解消されているので安心して買って欲しい。
それでもちょっと不自由なのはどちらかというと塊を転がす感を出すための味と受け取っている。
PS2で無名タイトルだったにもかかわらずジワうれした名作の面白さはiPhoneでも健在だ。

2010/11/07追記
記事執筆時は5つだけだったステージがアップデートで6ステージになっている。
これは嬉しい。

総合3.5(かなり面白い)
+巻き込む爽快感
+シュールな演出
+やり込みができる
-操作でストレスを感じすぎることがまれにある
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント