RSS

記事一覧

レビュー 独特の味・和風TD SHOGUN DEFENSE

shogundefense05
タイトル:SHOGUN DEFENSE
ディベロッパー:TAITO Corporation
プレイ時Version:1.0
ジャンル:タワーディフェンス
価格:350円

和風テイストを全面に押し出したタワーディフェンスゲーム。
画面上のキャラの動き、聖獣乱舞という必殺技、武将のLVUPと部隊・城の強化など他と少し違う要素を盛りこんでおり、独特の味があるタワーディフェンスとなっている。


独自システムの数々
SHOGUN DEFENSEは敵が決まった進路を通ってくる「敵進路固定型」のタワーディフェンス(以降TD)。
プレイヤー側も部隊(=タワー)の配置がステージごとの設置ポイントに限られる。
独自要素がかなり盛り込まれており、グラフィック・システム両面で独自色を出すことに成功している。
特に目立つのは部隊が簡単に死んでは復活すること。
shogundefense06
画面上で敵と味方の軍勢が入り乱れて戦い、敵も味方もちょこちょこ戦っている様は派手ではないものの見ていて面白い。
それ以外では1ステージ3人まで使用でき、部隊を強化してくれる武将の存在。
単純な能力アップから資金を増やしてくれるものまで様々な武将がおり、しかもステージ終了時に成長させることもできる。
shogundefense04
時間と共に貯まるゲージを消費して聖獣乱舞(必殺技)を使用できたり、部隊配置以外にも本陣を強化して迎撃体制を強化することに資金を使用できるなど、「敵進路固定」「部隊設置可能箇所が少なめ」なシステムは窮屈に見えるが、それ以外の箇所でやれることが多くなっている。


制約が生み出すパズル
SHOGUN DEFENSEはタワー「ディフェンス」というジャンル名に反して攻撃重視のゲームである。
攻撃を受けて部隊の人数が減るほどにプレイヤー側の攻撃力が減り、敵を倒せずにジリ貧でやられてしまうので、先制攻撃を加えて正通の敵を大勢で取り囲んで一気に殲滅するのがセオリー。
ここで重要なのが部隊の配置。
部隊は攻撃力が高いが移動して敵に接触しないと戦えない接近戦部隊、防御力が非常に低いが一方的に離れた位置から攻撃できる射撃部隊に別れており、敵の進路を見て接近戦部隊を盾にしつつ射撃部隊が援護できる位置を探らなければならない。
shogundefense03
場合によっては倒される前提で、敵を分断するためだけに使う部隊を用意したりと慣れるほどに取れる戦術は増える。
部隊を配置できる箇所は普通のTDに比べてたしかにが少ないことが、兵士の移動速度や距離をはかって敵との交戦ポイントを計算したり、敵を分断する計算などは自由配置では生まれない悩み。
配置場所が少ない制約がパズルのように配置する楽しさを生み出している。
そ れ以外でもステージ開始時に4種類の聖獣乱舞(必殺技)から1つ、武将から3人を選ぶ初期戦略、部隊を配置するにも、強化するにも金、本陣の攻撃力・防御 力を上げるのも金、武将を呼び出すにも金…さらに、倒れた部隊を緊急で復活(通常は一定時間か敵攻撃を1波凌ぐと復活する)させるのも金と、多岐に渡る資 金の使い道・タイミングの選択などできることはかなり多く、窮屈感はまったくない。
私はタワーディフェンスの面白さの本質は選択肢の中から最適な配置やプレイヤー好みの戦略を実現して戦うパズル的要素だと思っているが、そういう意味ではかなりの楽しめるゲームと言える。


ストイックTDが苦手な人にも
このゲームは全5ステージ×初級・中級・上級・修羅・地獄の難易度5段階で、初級と中級は出てくる敵ユニットが制限されているチュートリアル的な扱いで新設設計。
城を最高までパワーアップさせると最後に巨大ボスが出現し、倒すことで新しい武将が手にはいるコレクション要素、ステージ終了時のスコアが高いほど武将に経験値が入りパワーアップする成長要素があるのもポイント。
shogundefense01
ストイックにハイスコアを目指す以外に「ステージ全クリア・武将全コレクション」という到達点があるのが良いし、ハイスコアを狙う動機として「武将を成長させる」という目的が用意されているのも良い。
難易度上級ぐらいであれば武将のLVを上げればなんとかなる面もあり、TDが苦手でも楽しめるはずだ。
もちろん、地獄難易度はその名の通りの難しさを誇っているのでTD好きでもOK。
shogundefense02
オンラインスコアランキングが存在しない、ボス以外の敵HPが表示されない、時々ユニットの挙動がおかしい(地形などに引っかかる)という難点もあるが、十分楽しめる出来栄え。
ストイックなタワーディフェンスに飽きたらこんな変化球もいいのでは。


トシの評価(5段階)
初見では部隊を配置できる箇所が少ない上に4種類しか部隊が存在しないので窮屈に見えるが、やってみると意外にもやれることが多い。
さすがに難易度が高い状態で極めて行くと選択が限られるものの、取れる選択はかなりある。
不親切な部分や、粗も目に付くが十分楽しいTD。
iPhone3Gでは重すぎて動かない・落ちるという報告が多いため、それ以降の方で普通のTDに飽きた方におすすめ。

総合:3.0(面白い)
+間合いや射程を測って配置するパズル要素
+ユニットがちまちま動いて戦うグラフィック
+武将コレクション&成長要素
+難易度の変更で敵の出現パターンも変わるステージ
-HPゲージがボス以外見えない
-ときどきユニットの挙動がおかしい
-オンラインランキングがない

SHOGUN DEFENSEのDLはこちら(iTunes)
体験版SHOGUN DEFENSE Liteの詳細はこちら(iTunes)

関連記事:
SHOGUN DEFENSE攻略ページ
  • コメント(0)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント