RSS

記事一覧

中国発のトラップアクション…『Magic Guard』に刻命館を懐かしむ:iPhoneゲーマーな日々72

tg4
『刻命館』というプレイステーションのゲームをご存知だろうか。
邪悪な存在となった主人公を討伐にくる勇者たちを、トラップを仕掛けて捕獲・殺害していく一風変わったゲームだ。

トラップの配置して戦う独自のバトルシステムが斬新だっただけでなく、ダークなストーリーと行動によって変わるマルチエンドも味わい深かった。
かなり好きだったのだが、2005年に発売された『影牢II -Dark illusion-』以来、シリーズが途絶えており、個人的には復活してほしいゲームの1つだ。

で、そんな話をしたのはトラップアクションゲーム『Magic Guard』をプレイしたら、それを思い出したからだ。

『Fish Out Of Water!』の海に癒される:iPhoneゲーマーな日々71

fish1
川に向けて平べったい石を投げ、石が何回水を切って跳ねるか試す“水切り”。
その要領で魚を投げ、遠くまで飛ばすのが本日紹介する『Fish Out Of Water!』。
ものすごく面白いゲームというわけではないし、テクニックが超重要なゲーマー向けというものでもない。
でも、カラフルで可愛いさかなたち、水と跳ねる音の気持ちよさで、プレイしているとなんだか嬉しくなるゲームだ。

『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』の出来の良さにびびる:iPhoneゲーマーな日々70

love5
女子高“音ノ木坂学院”を統廃合から救うため、学院の生徒がアイドルとなって知名度を上げ、入学者を増やしていく…。
そんな設定で美少女キャラクターたちが活躍する様子をアニメなどマルチメディアで展開するのが“ラブライブ!“。
そして、そのiOS版ソーシャルゲームが『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』。
開発がKLabということで「どうせブラウザのポチポチゲーだろう」と思っていたのだが、蓋を開けてみて驚いた。

なんだこのクオリティの高さは!?
ということで、本日紹介するのはこのゲームだ。

『パズドラチャレンジ』が上手くできずに「ゲーキャスしょぼ!」と言われたでござる:iPhoneゲーマーな日々69

「トシさん、パズドラチャレンジやってます?」
pd

きっかけは友人のパズドラーMからのメッセージであった。
いつの間にか、パズドライベント、ジャパンカップで使用される、チャレンジアプリがリリースされていた。
全員が同じ条件でゲームし、得点を競い合うという落としきりゲームっぽい内容のアプリ。
ほー、こんなものが。
もうパズドラは社会現象だなー。

Block Fortress 戦記外伝1:ゲーキャスのオリジナル要塞公開!白い悪魔を見よ!

bf1
『Mine Craft』のようにブロックを積み重ね、作った要塞が敵を迎撃するという“おもちゃで作った基地が実際に動き出す”ような体験ができるタワーディフェンス+FPSの『Block Fortress』。
今回、アップデートで自慢の要塞を他人の要塞を見ることができるようになった。
ということで、今回はこの機能の紹介。

俺とゲームブックと男の約束:iPhoneゲーマーな日々68

59
本でRPGをプレイするゲーム、ゲームブック。
自分はゲームブック大好き人間で、『iグレイルクエストI・II』や『展覧会の絵』などの有名ゲームブックアプリの紹介をサイト内でしてきた。
が、それは2012年11月…楽しみにしていたiグレイルクエストシリーズの続編が…『おすすめアプリiグレイルクエストIII - 人気・流行アプリ(値引き・セール・レビュー・ランキング)』という名前でリリースされていたのだ…!

他のゲームブックのアプリも軒並みそんな名前に…。
ゲームブックを買って懐かしい気分に浸りたかったのに、買う前から興ざめだ!

個人で100本のゲームをAppStoreに出している開発者がいるらしい。:iPhoneゲーマーな日々67

bp
なんと、日本には個人でAppStoreに100本のゲームを送り出した男がいる。
その名は…もう言わないでもわかっている読者の方もいるだろう。
『ぐんまのやぼう』のRuckyGames。

そんな彼の、記念すべき通算100作目は『バハムート&ポーカー』…。
ん?
バハムートってドラゴンだから、それを置き換えるとドラゴンポー(以下自主規制)。
とりあえず、彼の100作目を今日は紹介したい。

『FINAL FANTASY V』!お前のリメイク…よかったぜ!:iPhoneゲーマーな日々66

ff1
ついにiOSオリジナルのリメイク作品『ファイナルファンタジーV』が発売!

様々なジョブ(職業)に変身し、成長させることでキャラクターが独自の“アビリティ”を覚え、ジョブが変わってもその“アビリティ”を使っていけるというのがこのゲーム最大の特徴。
アビリティの使い方次第で戦闘スタイルが劇的に変わり、バトルの自由度が非常に高い。

そのため超低レベルクリアなどが流行ったゲーマー好きのするRPGで、個人的にも評価の高い1作だ。

とは言え、FF1と2、そしてレジェンズのリメイクはいまいちだったので、2Dのリメイクにはだいぶ懐疑的な部分があった。
だが、実際にプレイしてみると…おお、今回はかなり良く出来てるじゃないか!
ということで今回はその話である。

『ボツネタ通りのキミとボク』に1990年代後半の懐かしさを感じる:iPhoneゲーマーな日々65

botsu
本日は自分が応援しているアプリサークル超水道から、新しいノベルアプリ『ボツネタ通りの君と僕』がリリースされたので紹介したい。
最初に言っておくと、今まで超水道のアプリをやっていた中で間違いなく最高の作品に仕上がっている(もちろんストーリーの好みはあると思うけども)ので、紹介を読み終えたら即座にDLしていただきたい。

あ、ありのまま今起こったことを話すぜ!『コリコリにゃんこ』を落としたと思ったらクリアしていた…。:iPhoneゲーマーな日々64

ある日、新作をチェックしているといかにもイマイチそうなアイコンを発見した。
しかも、起動してみると広告バナーに同じゲームの広告。
アホだ。
kori5

お、おい…これは…。
完全にあのクソゲー(経緯はこちらをどうぞ)『上原の冒険』の使い回し!
タイトルは「コリコリにゃんこ」。
なんだ、コリコリにゃんこって?
説明文を見てみると…。

猫カリカリを集めながらネコ仲間に会いに行こう!

…なら『コリコリにゃんこ』じゃなくて『カリカリにゃんこ』だろーが!
ということで『上原の冒険』の傷がいえないうちに出会ったので第一印象最悪でお送りする本日のゲームは『コリコリにゃんこ』である。

『上原の冒険』の殺意に挫折する:iPhoneゲーマーな日々63

uehara1
自分が「クリアしよう」と思ってプレイし、投げ出した横スクロールアクションゲームが2つある。
1つが『スーパーマリオブラザーズ2』。
もう1つが今日紹介する『上原の冒険』だ。

『Ridiculous Fishing』釣ったら撃つ。それが本場の釣り。:iPhoneゲーマーな日々62

turi1
本日は一風変わった釣りゲー『Ridiculous Fishing - A Tale of Redemption』を紹介したい。
一見、おじいさんが釣りをするだけのゲームに見えるが、そこはやはり海外製。
銃と釣りが融合した新しいスタイルを提唱する、新機軸ゲームである。

世界がっ…変わるッ!君は反復横跳びの向こう側を見たことがあるか:iPhoneゲーマーな日々61

han3

日課の新作ゲームチェック中、久々に気になる無料ゲーが発掘された。

「私の名前は横飛はんこ!何よりも反復横跳びが大好き!

今日こそたどり着いてみせる!反復横跳びの向こう側へ!

アホか!
と突っ込みながらも試したのだが、まさかこれが約30分に渡る戦いの始まりとは思いもよらなかったのだった…!

iPhoneのタスク切り・再起動で本当に動作が軽くなるのか?MOBILE CPUBENCHで検証してみた:iPhoneゲーマーな日々60

ebisu12
iPhoneを使っていると「重いゲームをプレイする前には再起動しよう!」「他のアプリのタスクを切ってから起動しよう!」という勧めをよく見る。

これ、実際のところどの程度の効果があるのだろうか?
長年の疑問を晴らすべく、『MOBILE GPUMARK』(スマホの性能を測るソフト)で、通常時・タスク切り時、最起動時のスマホの速度を測ってみることにした。

やぁ、みんな!突然だけど、初音ミクって知っているかい?:iPhoneゲーマーな日々59

miku
ドミノ・ピザと初音ミクがコラボした!
ということで早速公式ページを見に行くと、ドミノ・ピザ社長自ら

「やぁ、みんな!突然だけど、初音ミクって知っているかい?」

と語りかけてきた。
偉そうな外人(実際エライんだけど)が「初音ミク!」と日本語でしゃべるこのマッドビデオ感。

大手メーカーによる正気を疑うゲームがAppStoreにあるらしいと聞いて。:iPhoneゲーマーな日々58

Bigfishといえば探しものアドベンチャーをひたすら出し続ける大手メーカー。
多作であたりも外れもあるが、探しものアドベンチャーか、ヒットゲームのぱく…フォロー系アプリしか出さない堅実にゲームメーカーでもある。
ところが、そのBigfighに「正気を疑うようなゲームがある」という情報を聞きつけてAppStoreを見に行った。
『MEGAPLEX MADNESS 2』…時間管理ゲームの2作目…これのどこがおかしいのか。
mm1

……ん?

ゲームキャスト公認おっぱい少年“たけお君”が成長して帰ってきたぞ!:iPhoneゲーマーな日々57

back6
ゲームキャスト公認のおっぱい少年たけお君(経緯は前作の『うんてい』の記事とコメント欄を見てほしい)が、昭和な雰囲気の競技に挑戦するアプリを制作する“昭和ゲームス”の2作目『壁あて』。
思春期のたけお君(しつこいようだが前回の記事参照のこと)を応援するゲームキャストとしては、見過ごせないということで早速プレイしてみた。

飛べ!裏返れ!そして死ね!『BackFlip Madness』が難しすぎて逆にハマる件:iPhoneゲーマーな日々56

ゲームをやっていて「おい、このクソゲーがっ!」思いつつもひたすらプレイし続けてしまう瞬間がある。
なんというか、ゲームをやるというよりもむちゃくちゃな難易度をどうにかしてやる…そう、攻略本のないファミコンのゲームを力でねじ伏せるまでやめられない感じ
そんな異空間へプレイヤーを引きずり込すごいむクソゲー(一応褒め言葉)が今日紹介する『Backflip Maddness』だ。
back1
▲なんか、タイトル画面からしてアレ。

『森川空のルール・再』が豪華なのに泥臭くて暖かい。:iPhoneゲーマーな日々55

kuuru4
AppStoreにノベルアプリは大量にあるけども、最もAppStoreドリーム的なものを体現している開発者はどこか?
と言われると大学生サークル“超水道”だと思う。
元々はコミックマーケットでノベルをリリースしていたが、AppStoreで同じ物をリリースしたところダウンロード数が一気に伸び、出版社にアプリが見初められて本でデビュー。
大儲け…までは行っていないようだが、AppStoreからデビューというのは他に聞かない。
で、そんな超水道のデビュー作『森川空のルール』が、今回リニューアルしてリリースされたので紹介したい。

2月22日(にゃにゃにゃーん)の日なので犬派の俺がネコゲー5つ紹介する:iPhoneゲーマーな日々54

本日は2月22日、にゃにゃにゃーんの日。
ということで、犬派の俺がiPhoneで遊べるネコアプリから個人的に気に入っているものを紹介しよう。
なんで犬派が紹介するかって?
1月11日(わんわんわん!)に犬ゲーム特集しようとしたら、あまりなかったので…orz

にゃんこ宅配
無料
ss2
にゃんこを9マスの段ボールに詰めて飼い主さんに発送する、カンタンなお仕事。
ひたすらドラッグでにゃんこを詰めるシンプルアプリだけど、結構面白いしカワイイ。
それにしても飼い主の元に発送するのはいいとして、ベルトコンベアで流れていった猫の末路は…何気に黒いアプリかも。
チロルチョコを箱詰めするアプリがあるけど、こちらのが元祖。

スマホもここまで来たか…本格オンラインRPG『イザナギオンライン』が世代違いのクオリティを見せている件:iPhoneゲーマーな日々53

iza13
新作のMMORPG(多人数プレイ型オンラインRPG)のアルファテスト(正式サービス前のテスト段階)が始まったということで、ちらっと新作リストをつくるためにプレイしてみたのだが…。
なんだよ、このクオリティは!
アンリアルエンジン(グラフィックに定評のあるゲーム制作ツール)で、しかも多人数が動くRPGがiPhoneでプレイできてしまうのか!
時代はまた進化したな…ということで今回は『イザナギオンライン』を紹介したい。

もう不人気なんて言わせない!『ヒーローズオブオーダー&カオス』がアップデートしたぞ!:iPhoneゲーマーな日々52

hoc3
やった、『ヒーローズオブオーダー&カオス』の対戦が面白くて寝られないでも紹介したハマりゲー、『ヒーローズオブオーダー&カオス』がアップデート!
正直、いまいち人気なく見えたのでアップデートとか来ないと思っていた。
中国に対して新サーバーができたってことは人が多すぎるぐらい人気はあったんだ…本当に良かった…。
なお、中国サーバーではキャラクターアンロック含めて1からプレイし直しなので注意。

映画ダイ・ハード公式ゲームが意外に面白くて驚いた:iPhoneゲーマーな日々51

diehard9
モスクワの薄汚れた街をぶっ放しながら放射能で荒廃したチェルノブイリへ向かい、どう考えても勝ち目のない状況を物ともせず、世界を放射能テロから救うのだ!

ということで、今回紹介するのは映画「ダイ・ハード ラスト・デイ」と『Temple Run』を合体させたコンセプトのゲーム。
相変わらず、USは放射能を軽く扱うよなぁ…というのは置いといて、コレがなかなか悪くない出来だったので紹介したい。

2つのHeroが俺を殺す30分のドラマ!『ヒーローズオブオーダー&カオス』の対戦が面白くて寝られない:iPhoneゲーマーな日々50

昨日、2つのヒーローゲームが面白すぎて、ハマりすぎて自分の体調がヤバイと書いた。
1つは『Heroes and Castle』のアップデートであり、もう1つが今日紹介する『ヒーローズオブオーダー&カオス』(以下、HOC)。
これのオンライン対戦が面白すぎるのだ。
hoc (1)

2つのHeroが俺を殺す『Heroes and Castle』で悪の限りをつくすのが楽しい件:iPhoneゲーマーな日々49

大袈裟に言うと、自分は今、大変まずい状態にいる。
眠れないのだ。
なぜって、ゲームをやっていたら朝になっていたから。
アップデートでモンスター軍団を率いて戦えるようになった『Heroes and Castles』がえらく面白い。
hac06
▲的で強かったネクロマンサー大量召喚ができるぜ!

彼氏に貢いでつなぎ止めろ!『マイセレブライフ』に男性の地位向上を見る:iPhoneゲーマーな日々48

一昨日ぐらいに新作をチェックしていたところまたまたビビッと来るものが…。
それは『マイセレブライフ』。
あまり3Dゲームを出さないCom2usが3Dバリバリのゲームを出すとは!
純粋な興味でプレイしてみた。
my12
▲着せ替えゲーばかり紹介しているけど変態じゃない…と思う。

人類は滅びたんだよ!という世界を体験できるゲーム『Kairo』の雰囲気で満足する ΩΩΩ<ナンダッテー:iPhoneゲーマーな日々47

kairo16
突然だが、自分は「人類が滅亡した後の世界」好きである。
始まりは“風の谷のナウシカ”。
人類が腐海に飲み込まれ、緩やかに滅びに向かっている世界で、なぜか腐海の底がきれいだったというシーンがある。
人が絶対にいないはずの場所はなんだか特別に思え、「ああ、なんか見てみたいなぁ!」と強烈に思ったのだった。

次は“天空の城ラピュタ”。
天空の城はまさに文明が滅びた後の存在で、人がいる気配が全くない場所。
「自分や人間がいなくなった建物ってどうなるんだろう、それを見てみたい」とワクワクした。
人類文明が滅亡したり世界が終わる小説を読みあさる6歳児の誕生である。

そして月日は流れて32歳の冬。
少年はジブリの影響で「人類文明が滅亡したあと」の世界観が味わえるゲームを漁っているオッサンに育っていた。
ということで、今回は人類が滅亡した空気を味わえるパズルアドベンチャー『Kairo』を紹介する。

『ぷにぷにパニック』を褒める前にこのゲームをやってみろ!?ゲーキャスへの挑戦状!:iPhoneゲーマーな日々46

落ちゲー『ぷにぷにパニック』がiPhoneの落ちゲー決定版とも言えるぐらい面白い!
ぷるっぷるに震えるスライムが爆発していくのはたまらない爽快感、これがiPhoneでぷよぷよにとってかわる新たな定番!
そんな事を言っていた時、一人の男が Twitter で異を唱えた。
08

控えめな言い方をしているがこれは間違い無くアレだ。
開発者のプライドを賭けた「俺のが先に落ち物ゲームを出していたし、良い物作ってるぜ!」という言外の抗議と受け取った!
ここは受けて立たなきゃ男がすたる。
ということで、今回はゲームキャスト vs まかべひろし氏の回である。

Temple Run系ばかりプレイし続けている男が勧める最高の5本はコレだ!:iPhoneゲーマーな日々45

むろん…と言うか…言うまでもなく…ワシはやっておるっ…!
おそらく読者の誰よりも…やっておる…!
“Temple Run系”ゲームを…!
単純パクリ系…ちょっと工夫系…さまざまなゲームをやっておる…!
最近では3Dばかりプレイするのはどうかと思い…2D系にも手を出した…そんなワシが…『Temple Run 2』発売にあわせて、最も気に入っている“Temple Run系”ゲームをここに紹介しようではないかっ…!

とカイジ風に始めてみたが、冗談ではなく自分は誰よりもこの系統をプレイしていると思う。
本日は前回から引き続き“Temple Run系”の話。

この系統の進化は凄まじく、『Temple Run 2』リリースよりも前に『Temple Run 2』より面白いと思えるものが大量に出てしまい、出た瞬間から『Temple Run 2』は時代遅れになってしまっていると自分は考える。
tr
▲時代遅れ

そこで、今回は至高の“Temple Run系”ゲームを5つ、ここに紹介したい。

『Temple Run 2』を巡る探求〜失われた面白さを求めて〜:iPhoneゲーマーな日々

tr
自分ことゲームキャストトシはTmeple Run系ゲームマニア。
本家は言うに及ばず、パチモノ系ゲームを特集すること2回、そして記事に出ている数の3倍はTemple Run系ゲームをプレイしている。
当然『Temple Run 2』もリリース日にプレイし、そのときの感想は…「なんだよ、このつまんない続編は!」であった。
なぜ、こうなったのか。
これは、『Temple Run 2』をレビューするまでの記録である。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント