RSS

記事一覧

ただ、眺める。アラームで遊ぶゲーム、dreepsの楽しみ方を探る。

dreeps (itunes 300円 iPhone/iPad両対応)
dreeps3
アラームをセットするだけで遊べるゲーム、『dreeps』がついにリリースされた。
アラームで遊ぶコンセプトだけでなく、世界観の奥行きを感じるドット絵、チップチューンのサウンドが注目を集め、各所で話題になったこのゲーム。

ただ、「アラームだけで遊べる」コンセプトはあまりにも斬新で、内容がわからずに購入に足踏みする方も多いと思う。
ゲーキャスにもまだわからないことが多いのだが、それでも購入時の参考になるようにゲームの紹介をしていきたい。

アラームで遊ぶ新しいゲーム、dreepsがAppStoreに登場。まってた!

dreeps (itunes 300円)
dreeps1
アラームをセットするだけで遊べるAPG(アラームプレイングゲーム)、『dreeps』がリリースされた。
dreepsをインストールするとiPhoneのなかにもう1つの世界ができあがり、その世界をロボットの主人公が冒険し始める。

プレイヤーが起きているとき、主人公は自動で世界を冒険し続ける。
そして、アラームをセットして寝るとdreepsの主人公もまた眠りにつき、体力を回復する。

ゲームにほとんど介入できず、プレイヤーの生活サイクルに合わせて、もう1つの世界で勝手に冒険が進む、そんな新しいゲームだ。

アラームで遊べる冒険ゲーム、dreepsが1月21日にリリース。極上の環境系ゲーム。

dreeps1
アラームをセットするだけで遊べるARPG(アラームプレイングゲーム)、『dreeps』のリリース日が1月21日に決定した。
dreepsは、現実時間の流れに合わせて主人公が渓谷やダンジョンを冒険し、自動で進むゲームだ。
ゲーム内では現実時間に合わせて時間が流れて冒険が進み、主人公の体力もそれに合わせて減っていく。
プレイヤーが寝る時にアラームをセットすると主人公も眠りにつき、起きたときには体力が回復しているという仕組みになっている。

体力回復のためにアラームをセットするだけで遊べるからARPG。
斬新なシステムと、懐かしさを呼び覚ますドット絵世界と音楽の注目度が高く、ゲームキャストのインタビュー記事を読んでずっと待ちわびていた方も多いのではないだろうか。
ようやく、『dreeps』が遊べるのだ。

「今、忙しくてゲームを楽しめてない人へ」、アラームをセットするだけで遊べるゲーム『dreeps』制作者ミニインタビュー。


アラームをセットするだけで遊べるAPG(Alarm Playing Game)という新しさ、暖かみのあるドット絵で、動画が公開するやいなや大きな話題を巻き起こしている『dreeps』。
ゲームキャストの紹介記事(dreeps - RPGを遊ぶ時間のなくなったあなたへ。)にもアクセスが殺到し、海外からも「いつ出るんだ!」と質問が寄せられている。

で、調べてみてびっくり。
このゲームはなんと日本でたった3人で製作されているインディーズゲームだったのだ。
日本語が通じるなら、聞くのも簡単!
ということで、『dreeps』について制作者の1人平岡久典さんにお聞きした。

dreeps - RPGを遊ぶ時間のなくなったあなたへ。アラームをセットするだけで遊べる新感覚RPGが開発中。

dreeps2
アラームをセットするだけでRPGが楽しめるゲーム、dreeps の動画が公開された。
ジャンルは【アラームプレイングゲーム】で、時計のアラームをセットするだけで遊べる新感覚RPGらしい。

公開された動画では、プレイヤーの日常生活と共に進むゲームの様子が確認できる。
冒険の舞台は高度な文明が発達した世界で、主人公を含めて仲間のロボットたちは人間臭い動きをする不思議な世界のようだ。
音楽はどこか儚げでしっとりした雰囲気で心地よく、グラフィックも量産されている放置系ゲームと比べるとてワンランク上に見える。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント