RSS

記事一覧

BitSummit、TIF、メガビットに隠されたインディーゲーム7選。これから人気が出そうな作品たち

bit
Tokyo Indie Fest、Bit Summit、メガビットコンベンション。
5月は3つもの大きなインディーゲーム博覧会があった。
この3つのイベントを通じて、面白さのわりにネットで知られていない(しかし、期待できそうな)ゲームをゲームキャストの独断で紹介したい。
もしかしたらメジャーに見えるゲームもあるかもしれないが、「面白さの割に盛り上がりが低い」とゲーキャスが判断したゲームと言うことでご容赦を。

野性味とバランス良く展示されるゲームが魅力。Tokyo Indie Festの感想

tif-4
インディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に1人の客として行った感想は、「良かったな」だった。
Tokyo Indie Festは告知が遅かったこともあり、入ってみるまではイベントに不安があった。
しかし、実際に行ってみると楽しかったので、とりとめもなく感想を書いておく。


【TIF】ブロックレジェンド作者によるキュートなドット絵の寿司屋ゲー『Peko Peko Sushi』

pekopeko-8
キュートなドット絵で人気を誇る『ブロックレジェンド』作者、アルヴィンさんの新作がインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に展示されていた。
その名は『Peko Peko Sushi』。
寿司屋を経営し、客に寿司を食べさせまくるドット絵アクションパズルだ。

【TIF】人の気持ちと行動の間を読む『STAY』。空気を読む日本の文化に対話アドベンチャー

res_IMG_3923
5月13日~14日に開催されたインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に、人の気持ちや行動の間を読み取り、信頼関係を作る独特なアドベンチャーゲームが展示されていた。
スペインの開発者2人組による開発チームAppnormals Teamの『STAY』だ。
PCだけが存在する暗い部屋に閉じ込められた男クィーンと、たまたまチャットがつながったプレイヤーの対話で進むアドベンチャーである。

【TIF】文明の失われた世界で、宇宙葬を執り行う救済の物語『OPUS 魂の架け橋』

opusr_4
高度な文明が失われた世界で救いを求めて宇宙葬を行うアドベンチャー『OPUS 魂の架け橋』を紹介する。
本作は、ヒットインディーゲーム『OPUS 地球計画』の続編。
5月13日~14日に開催されたインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に展示されていたゲームでも、群を抜いて美しい空気感の作品であった。

【TIF】駆り立てるのはゲームへの情熱。 作り手の夢をゲーム化する戦術ゲーム『リバーシクエストII』

riba_2
『リバーシクエストII』は、リバーシ+RPGの良作『リバーシクエスト』の続編であり、その欠点を取り除いて遙かに進化させた注目作だ。
もともと持っていた素晴らしいバトルシステムに加え、スーファミ風の豪華な演出が加わって見事な作品に仕上がっていた。
本作はインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST(TIF)」のモバイルゲームの中でもひときわ輝いていた。
TOKYO INDIE FESTにゲームキャストアワードがあれば、このゲームにあげたい。しかし、そういった賞はないのでこのミニインタビューで代えさせていただく。

【TIF】Tokyo Indie Festのスマホゲーム見所13点。『リバーシクエスト2』はいいぞ…!

5月13日~14日まで秋葉原UDXで開催されているインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」のスマホゲームをまとめた。
これを見れば、見るべきスマホゲームブースがすぐわかる。

『Reversi Quest II』
ScreenShot01
あのリバーシクエストの新作。徹底的にSFC風にこだわった演出と、『タクティクスオウガ』好きと言う作者のこだわりが詰まっている。
また、リバーシクエストで不評だった双六が廃され、面白さも進化。TIFで発表された新作スマホゲーでは随一の「面白そう」オーラ。
TIFゲームキャストアワード(そんなものないけど)あげちゃう。

【TIF】本職のCG作家が送るハイクオリティ豚操りアクション『PIG』。みんな大好き奇ゲー

tifrr_2
お前はブタだ、ブタになるのだ!
木造のブタが走る馬鹿ゲー、児島精作所の『PIG -Running Game-』を紹介する。
これは、5月13日~14日まで秋葉原UDXで開催されているインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に展示されている。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント