RSS

記事一覧

兵どもの夢の跡…ネイティブの消えた GREEブース - TGS2013 その7

tgs (1)
昨年のGREEといえば、リッチゲームへの移行の様相を見せていた
オンラインアクションRPG、アクアリウム、海外と提携した有名IPもの…10タイトル以上のネイティブアプリが展示されていた。
が、自分の記憶が正しければリリースされたのは『ともだちドックス』、『Wacky Motors』、『MONPLA SMASH』だけで、それも泣かず飛ばずで今年の2013年8月に全て終了している。

そして、今年のGREEブースは…ネイティブのリッチゲームはほぼ全滅であった。

テイルズオブビブリオテカをプレイしてきたよ - ゲーキャスのTGS2013 その6

munnmunn3
さてさて、かなり時間がかかってしまっているが、ようやくTGSレポートのバンナムブースへ。
『テイルズオブファンタジア』と『テイルズオブビブリオテカ』が展示されており、どちらもプレイしたがファンタジアの方はすでにリリースされてしまった。

なので、ここでは先日も記事にした『テイルズオブビブリオテカ』をメインに書いていきたい。

『ディバインゲート』はストーリー+スピード風バトルのパズドラ系、進撃の巨人ともコラボか? - ゲーキャスのTGS2013 その5

gannho1
TGS2013シリーズ、ついにガンホーへ。
『パズドラZ』については、3DSだし、どうせそのうちスマホで出る(最終的に、最もパズドラユーザーがいるスマホに移植される可能性は高いと思っている)だろうしということで一旦置いておく。
気になっているのは当然新作『ディバインゲート』。
今回はイベントステージを見て分かったことをお知らせしたい。

新しいゲームの匂いを感じさせられたファイナルファンタジー アギト - ゲーキャスのTGS2013 その4

vita2
美しいグラフィックと、FFの名を関するオリジナルタイトルがスマホ専用で出ることで話題になった『ファイナルファンタジー アギト』。
豪華さ、ゲーム内容共に単なるポチポチゲーとは異なる様相を見せている、スクウェア・エニックスでも期待のタイトルだ。
TGS2013のトークセッションにてその内容の一部が明かされたので、その内容のレポートをお届けしたい。

出来具合はかなり良し! FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS-月の帰還- - ゲーキャスのTGS2013 その3


先日、スマホ版 FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS-月の帰還-今冬配信予定!と記事を書いたが、TGS2013ではすでにプレイが可能な状態で展示されていたので、プレイした印象を紹介したい。

面白いアイデアのゲームがたくさん!インディーズゲームブースは熱く楽しかった - ゲーキャスのTGS2013 その2

indie6
TGS2013レポートその2はインディーズゲームブース。
先立って紹介した『TENGAMI 』もこの一角に展示されていたが、今回は全体的なところで紹介したい。
時間がなくて全てを見きれなかったのが悔やまれるが、個人的に言えばこのブースは面白そうなアイデアのゲームの宝庫だった。

TENGAMI - 和紙で作られた和風立体絵本アドベンチャーをプレイしてきた ゲーキャスのTGS2013 その1

ten01
さて、もう会期が終わってしまっていたがゲーキャスからみたTGS2013の内容を記事にしていきたい。
トップバッターは『TENGAMI』。
飛び出す絵本で和風の世界を表現したアドベンチャーが開発中と以前お伝えしたが、TGS2013ではプレイできる状態で展示されていた。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント