RSS

記事一覧

TENGAMI レビュー - 純和風!飛び出す絵本をめくって進むアドベンチャー。

tengami10
TENGAMI は和風テイストの立体絵本風をゲームで再現し、発売前からさまざまな賞にノミネートされたアドベンチャーだ。
海外ゲームで「和風」というと、中国っぽい雰囲気のものが多いが、このゲームのアートは日本人が担当しており、本当の意味で和風。

2時間弱でゲームを終えた今、芸術品を鑑賞した満足感を味わっている。
ということで、本日は TENGAMI を紹介したい。

TENGAMI - 和風立体絵本の中を冒険するアドベンチャー、リリース日は2月20日と発表。

ten02
和風の立体絵本のような世界を冒険するアドベンチャー、TENGAMI の2月20日リリースが発表された。
価格は$4.99(日本のitunesで500円)の買い切りアプリとなる。

ゲームは海外で制作されているが、デザインを担当しているのは日本人。
和紙テイストを取り入れた、純和風の飛び出す絵本の世界が注目されている作品だ。
ページをめくるように次の仕掛けや建物などが出てくる演出は必見。

雰囲気ゲーが好きなら間違いなくチェックするべき作品だ。
 
関連リンク:
TENGAMI - 和風の立体絵本の中を冒険するアドベンチャー、新動画公開
飛び出す絵本で和風の世界を表現したアドベンチャー『TENGAMI』のGDC動画が公開
TENGAMI - 和紙で作られた和風立体絵本アドベンチャーをプレイしてきた ゲーキャスのTGS2013 その1
Nyamyam公式

TENGAMI - 和風の立体絵本の中を冒険するアドベンチャー、新動画公開


和風の立体絵本を舞台に、物語をすすめるアドベンチャー TENGAMI の新動画が公開された。
GDCで動画が公開されてからすでに半年以上。
リリースが2014年の早い時期とも発表され、やっと我々の手に届きそうな気配だ。

TENGAMI - 和紙で作られた和風立体絵本アドベンチャーをプレイしてきた ゲーキャスのTGS2013 その1

ten01
さて、もう会期が終わってしまっていたがゲーキャスからみたTGS2013の内容を記事にしていきたい。
トップバッターは『TENGAMI』。
飛び出す絵本で和風の世界を表現したアドベンチャーが開発中と以前お伝えしたが、TGS2013ではプレイできる状態で展示されていた。

飛び出す絵本で和風の世界を表現したアドベンチャー『TENGAMI』のGDC動画が公開

ten04
元レア社のスタッフが独立して起こしたメーカー、Nyamyam開発している『TENGAMI』をご存知だろうか。
飛び出す絵本で、日本の物語をベースにした内容のアドベンチャーが展開されるということで、そのビジュアルが話題を呼んだ作品だ。
2012年に発表されたものの、リリースが2013年ということでしばらく話題がなかった本作だが、GDC2013での動画がPocket Gamerの記事で公開されていたのでおさらいも兼ねて紹介したい。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント