RSS

記事一覧

GREE100%子会社のポケラボ『シノアリス』が、課金系バグがあるはずなのに「直った」と宣言して運営を続けている話をさせてください

jpg large
GREEの子会社であるポケラボの『シノアリス』が、課金アイテムに関する大変なバグを公表しないままゲームのサービスを続けている。
そのバグとはガチャを引いたときに課金アイテムの魔晶石だけが消費され、アイテムが入手できないというものである。しかも、公式には「魔晶石のバグは修正され、正常にガチャができる」と宣言したうえでである。
当たり前だが「お金を払っても機能しない」というのはアイテム課金式ゲームにおいて重大なことであり、すぐにでも課金を停止して修正するべき事態だ。

『シノアリス』は、プレイヤーのために魔晶石消失バグの存在を明かすべきではないかという記事を書いた時点で、何かしらの情報が届いて発表してくれるように願っていたし、メーカーに問い合わせが行っているはずなのだが、6月15日の18時時点で公式の告知が何もないので改めて書きたい。

兵どもの夢の跡…ネイティブの消えた GREEブース - TGS2013 その7

tgs (1)
昨年のGREEといえば、リッチゲームへの移行の様相を見せていた
オンラインアクションRPG、アクアリウム、海外と提携した有名IPもの…10タイトル以上のネイティブアプリが展示されていた。
が、自分の記憶が正しければリリースされたのは『ともだちドックス』、『Wacky Motors』、『MONPLA SMASH』だけで、それも泣かず飛ばずで今年の2013年8月に全て終了している。

そして、今年のGREEブースは…ネイティブのリッチゲームはほぼ全滅であった。

Greeとヤフーの提携「オークションとは一線を画す」はゲームメーカーである資格を放棄したも同然

yuo_ygree_01
先日、ヤフーとグリーの提携のニュースが業界を駆け抜けた。
ヤフーモバゲーを展開しているのに、まさかの展開である。
ところが、そのニュースにはさらに驚くべき1文が載っていた。
宮坂社長は、今回の提携について「オークションとは一線を画す」としており、Yahoo!オークションでのRMTの扱いに変化はないという。

RMT(リアルマネートレード、ゲーム内データを現金で販売する行為)について言及なし?
馬鹿が…っ!
そこが、ゲーム業界にとって一番重要なところだろうが!

TGS2012 リッチゲームへの移行が見られたGREEブース

今回、簡易バトルやカードと合成だけのカードゲームは扱わない…そう思って各スマホブースを取材していたが、以外にも Gree ブースで多くのゲームを試すこととなった。
gree7
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント