RSS

記事一覧

Apple、AndroidからアプリごとiOSへ引っ越す移行ツールを発表。

mobiusuff_rrr - 1
AppleがAndroidに対して直接的で強烈な一手を放った。
iOS 9でAndroid移行アプリを用意する。そして、このアプリがあればワイヤレスで簡単にAndroidからiOSへの引っ越しが完了するという。

連絡帳、メッセージ履歴、写真、ウェブのブックマーク、メールアカウント、カレンダーのデータ、壁紙、DRMのない音楽ファイルと電子書籍をワイヤレスで移行できる。
ここまでならばまだ驚かないが、この移行ツールはアプリライブラリまで修復してくれる。
OSの支配者ならではの強力なものになっているようだ。

Apple、新たに3つのゲーム用APIを発表。動画共有機能追加で既存サービスとの競合も?

wwdc_r - 1
iOS系の技術系イベント、WWDC2015で新たに3つのゲーム向けのAPIが登場した。
1つめは「GameplayKit」。これはキャラクターの移動経路を探す機能など、AIの作成を助ける機能を持つ。
2つめは「Model I/O」。これはゲーム内のモデルにライティングするリソースになるらしい。
そして、最後に「ReplayKit」。これはゲームのプレイ動画を記録し、共有するためのAPIらしい。
どうやら、最後の1つはEveryPlayやニコニコSDK、その他の動画共有サービスに真っ向から対抗するサービスになりそうだ。

Apple、性的なボイスを取り締まり開始。「イヤラシイ視線を感じます」もNGか。

AppStoreにアプリを出すには、Appleの審査を通らなければならない。
この審査は性的な表現に対して厳しいことで有名だが、実は1つの穴があった。
実は性的な映像は通さないが、性的な連想をするボイスは取り締まりがゆるかったのだ。

だが、そんなことはもう昔の話となりそうだ。
Appleは性的な連想をするボイスも取り締まり対象とすることにしたらしい。

App Storeランキングを不正操作したアプリが制裁を受ける。Appleやる気を見せる。

denwa1
中華系のブースト広告(報酬によってアプリランキングを操作する広告手法)を使用したアプリが制裁を受けていることがアップトーキョーの記事で判明した。
ランキングを操作していたアプリは、ランキング圏外に飛ばされたり、アプリを削除される制裁を受けているようだ。

もしかしたら、Appleはランキングの正常化を目指しているのかもしれない。

無料アプリに激震! Appleがウォール広告やアイコン広告をリジェクトし始める。

block_1
無料アプリの多くは、他のアプリをダウンロードさせる「広告表示」でお金を稼いでいる。
しかし、その広告の一部がAppleのアプリ規約2.25「AppStoreと似たようなアプリのプロモーションを行い、ユーザーを混乱させた場合はリジェクト」を理由に完全に排除されているらしい。

リジェクトの理由となっているのは、無料アプリの多くに採用されている「ウォール広告」と「アイコン広告」。
これらを利用できる広告ネットワークを利用していると、次々とアプリから排除されているようだ。

iPhoneがWii Uのように使える!? Appleが新しいゲームパッドの特許を取得。

con1
Appleが新たなゲームパッドやアクセサリーの特許取得したことを海外サイトappleinsiderが伝えた。
この機器はタッチスクリーン付きの機器をはめ込んで使うもので、モニターや他の機器とワイヤレス通信する機能がついている。

察するに、iPhoneをコントローラーにはめ込んだ上でゲーム画面をモニター出力できる機器のようだ。
Apple TV対応ゲームのように、手元にはめ込んだ iPhone でミニマップを、TV画面にゲーム画面を出力できればWii Uとほぼ同様のゲーム機になるのではないだろうか。

Apple 2014年のベストiPhoneゲームを発表。最優秀ゲームはThrees!

38
Apple が2014年のベストゲームを発表した。
先日もGoogle選出の2014年最も注目されたゲームアプリ30本を紹介したが、Appleの選出は「独自性」「芸術性」「iOSの独自機能を使ったゲーム」が選ばれる傾向にあり、Googleが「今年売れたゲーム」ならば、Appleは「今年発売された中で俺が好きなゲーム」という性格の選出になる。

それでは、選出された iPhone ゲームを見ていこう。
なお、2013年のベストゲームはこちらをどうぞ→Apple Best 2013

「Appleは有料アプリが売れないことにいらだっている」Polygonのインタビュー記事より

v4
Polygonの記事 によって明かされたところによると「Appleは有料アプリが売れないことに苛立ちを感じ」ており、iOSに移植中のゲーム『The Banner Saga』の Stoic に高価格帯でリリースすることをアドバイスしているようだ。

『The Banner Saga』は美しいアニメーションとストーリー性、作り込まれたゲームの内容が評価されている戦術シミュレーションで、iOS版は今夏発売予定となっている。
(ゲームの紹介はこちら:The Banner Saga - プレイヤーの選択でストーリーと難易度が変わる戦術シミュレーション、今夏リリース。

iPhone/iPadゲーム値上げ情報 Chillingoのゲームが値上げ、Appleレート改定の影響が出始める

34
円安が続き、Appleレート(Appleが定めるUS$と他の通貨の交換レート)が改定されると噂が流れ続けていたが、先日meet i [ミートアイ]の記事で、開発者が1$=100円のレートと、1$=85円のレートの2つを選べる状態になっていることが判明した。
つまり、開発者が100円と設定しなければアプリの最低価格は85円のまま。
好きなレートを開発者が選べるということだ。
前回のAppleレート変更の際、様々なトラブルがあったのが今回の処置の原因だろう。
なんだかんだでこれまでゲームへの影響は見られなかったが、ついにChillingoの『Bridgy Jones™』が100円へ値上げを行った。

Apple WWDC2013にて iOS7のゲームコントローラー対応することが確認される

mac01
本日行われたAppleの開発者向けイベントWWDC2013にて、iOS7がついにお披露目。
Touch Arcadeの記事によると、最後に「サードパーティー製ゲームコントローラー」がサポートされることについて少しだけ触れたとのこと。
度々噂に上っていたiOS用ゲームコントローラーがついに現実のものとなる日が来たようだ。

家庭用ゲームをベタ移植し、iPhone / iPadからテレビに出力し(もしくはiPadを固定して)、コントローラーでプレイする。
そんな時代がやってくるのかもしれない。

追記:
こちらの記事にiOS用ゲームコントローラーのイメージ図追加

画像引用元:Verge

【ゲーム機の世界が変わる…!】Apple 公式ゲームコントローラーを4月発表か?

Pocket Gamerの記事によると、匿名の複数の開発者よりAppleが公式のゲームコントローラーをまもなく発表する予定である事と判明したとのこと。
AppleはGDC2013(ゲームのイベント)で偽の会社名義で会議室を借り、その中で開発者向けにジョイパッドの計画を説明したとのこと。

このコントローラーに関する詳細は4月に開催されるプレスイベントで発表されるものと予想している。
個人的に言えば、4月発表という噂の信憑性はかなり高いように思える。
mc5

先に『モダンコンバット5』画像が公開、実物は4月Appleの新製品デモで公開という情報がゲームロフトのフランス支社から漏れており、その情報と時期が合致するからだ。
また、ゲームロフトのゲームはスマコンと呼ばれるゲームコントローラーにすでに対応しており、コントローラーのデモをするにはうってつけのメーカーだ。

4月、もしかしたら、ソニーやマイクロソフトを巻き込んで、ゲームハード戦争を終わらせる事件がおきるかもしれない。

追記:
Apple系の噂に強いThe LoopのJim Dalrympleにてこの噂は否定されており、コントローラーはないという見方が強くなってきている。なんにせよ、4月を待つしかなさそうだ。

iOS6.1では128GBのデバイスがサポートか?プロパティに128GBの追加が発見される

igb
9to5Macの記事によると、iOSの次期バージョンiOS 6.1のbeta 5にて128GBがサポートされている内部数値が見つかり、スクリーンショットがアップされたとのこと。
もしかしたら、次世代のiPhoneやiPadでは128GBモデルが出てくるのかもしれない。
これでゲームアプリをいれる容量が足りない問題とはサヨナラかというと、実はそうではない。
現在2GBまでにアプリのサイズが制限されているが、これでより大きなサイズのアプリもリリースが許可されるようになる可能性がある。
より美麗なグラフィック、より規模の大きいゲームが可能になるわけだ。

ゲーマーと容量の戦いはつきないが、よりすごいゲームが出るなら嬉しい悩みかもしれない。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント