RSS

記事一覧

アプリが高速化する iOS12 リリース。ただしゲームプレイヤーのアップデートは様子見した方がよさそう。『Ingress』では障害発生、『FGO』はまだ正式対応せず

WS000006

2018年9月18日(日本時間)、ついにiOS12がリリースされた。
今回の目玉はなんと言っても AR Kit の強化とアプリ動作スピードの高速化、Facetime32人同時通話などか。
例年、「iOSが軽くなりました」と言いつつ、実際には重くなっている……というのが Apple のアップデートの真実だが、今回に関してはベンチマーク上でも早いことが確認されており、実際に iOS12 にしてみたところ、速度の向上を体感できている。

ただし、『FGO』など多くのゲームがiOS12対応を告知して折らず、『Ingress』などは公式でデータが消える不具合をアナウンスしている状態でもあり、公式にiOS12に対応していないアプリを利用している場合、アップデートはまだおすすめできない。
安易にアップデートせず、少し様子を見てのアップデートしておこう。私はもちろん、すぐアップデートしてレポート予定だ。

Appleが見せたゲームの未来。Apple Keynoteで紹介されたゲームアプリ3つと見所まとめ

WS000026
Apple の Keynote は、いつだって(大抵)新しいゲームと共にやってくる。
新しい iPhone には、新しいゲーム。これが常識。
この記事では、Keynote で紹介された3本のゲームアプリとその見所を紹介していく。
なお、iPhoneに関しては下記の記事で。

Apple、iPhone XSシリーズ3機種発表。気になる場所をゲーマー視点で見てみる

apple-9
2018年9月13日に行われた Apple のカンファレンスで、今回は3種類の iPhone が発表された。
画面が最も大きな iPhone Xs Max(ジョブズが泣きそうなほど名前がダサい)、iPhone Xs、iPhone XRの3機種。
iPhone Xs と Max は9月14日から予約開始(カラー3色)、9月21日発売、XRは10月19日から予約開始(カラー6色)で10月26日発売となる。
ここからは、ゲーマー目線でこれらの機種の差と、気になったところを紹介する。

Appleの「ギャンブル関連アプリ削除」が世界中に広がる。一部アプリは復活したが麻雀系などは厳しい模様


8月9日は、多くのゲーム開発者にとって悪夢のような1日だった。
Apple が突然に規約を変更し、ギャンブルをシミュレートしたアプリを予告なく、一斉に削除し始めたのだ。
そして、その騒動は日本で終わるかと思いきや、10年以上配信されている『Blackjack 21』を含む多くのアプリが削除され、世界的に開発者が騒ぎ出す状況になっている。

Apple、政府の要請により個人によるギャンブルアプリをApp Storeより追放。無関係のアプリは異議申し立てで復活可能の模様


検索広告を導入したり、アフィリエイト終了を発表したりと動きの多い App Store に、さらなる混乱がもたらされている。
8月9日朝方より、App Store でギャンブル要素があるアプリのうち、個人開発の物を中心にアプリ一斉削除が行われたのだ。
これはカジノ・カードカテゴリにあるもの(特にスロットや麻雀、競馬など現実の賭博と結びつきが強いもの)、レーティングでギャンブルとあるものなど、多くのゲームアプリに影響を及ぼしているようだ。
(当初、ガチャなどと書いておりましたが、情報を集めた結果、レーティングや見た目の方が重要だったようなので訂正いたしました)

Appleがゲームアプリのアフィリエイトを終了することの影響について

WS000017
Apple より、「新しい iOS と macOS の App Store の開始により、Appの見つけやすさが一段と向上しました」という理由で、2018年10月1日からゲームアプリなどの紹介のアフィリエイトが打ち切られることが発表された事に関する影響についてお知らせします。

Apple、iPhone Xの性能をPRする動画『Unleash』公開。ゲーム『Vainglory』からインスパイア

Appleは、iPhone X に搭載されているチップセット  A11 Bionic chip の性能をPRするイメージ動画『Unleash』を公開した。
この動画にはゲームアプリ『Vainglory』が使用されており、樹の怪物“トレント”や、巨大獣“クラーケン”などが現実世界に登場する様子が描かれる。
先ほど、App Storeに『Fate』シナリオライター奈須きのこさんの独占インタビュー掲載のニュースをお届けしたが、今後はこれまで以上に人気の……Appleと縁の深いゲームをプッシュしていくのかもしれない。

フォートナイトを検索するとPUBGが表示されるApp Storeは狂っている。Appleが導入予定の広告機能について、EPIC創立者がコメント

Dic-dniWAAAuOvL
App Store は今でもゲームが見つけづらいのに、さらにひどくなるかもしれない。
Apple が新たに実施しようとしている App Store の新しい広告連動検索が、プレイヤーにも、ゲーム会社にも悲惨な状況を生み出そうとしていることを、『Infinity Blade』などで名をはせた EPIC の創立者 Tim Sweeneyさんが提示し、「狂ったサイクルだ」 と語っている。

見えてきたiOS版『Steam Link』リリースの道。Apple、リモートデスクトップに関する審査規約を追加

st-1
Appleが新しいアプリのレビュー規約を更新し、リモートデスクトップアプリに関する条項を追加したことが明らかになった。
おそらく、SteamのPCゲームをスマホで遊べるアプリ、『Steam Link』リジェクト時の騒動を受けての追加になるのだろう。
今回の変更により、『Steam Link』のようなアプリを App Store に出すための明確な基準が見えてきた形となる。

Apple、AR Kit 2発表。複数人数でARオブジェクトを共有し、ゲームも可能に

WS000029
Appleの技術者向け発表会 WWDC 2018 において、AR機能を強化する ARKit 2 が発表された。

ARKit2 は、物体や位置情報の検出機能、トラッキングが強化され、ピクサーと共に開発した新しい 3D / ARオブジェクト形式である“USDZ”も発表。

USDZは、Safari やメッセージアプリなど他のアプリから利用可能で、Adobeクリエイティブクラウドなどが対応するとのこと。

しかし、ARKit 2 で最も気になるのは同じ AR を複数の端末で共有することもできるし、現実世界に ARオブジェクトに配置して場所を記憶しておける“Persistent AR”もサポートされる。

Apple、Valve と会話して『Steam Link』配信に協力しているとコメント。現状の問題点について指摘も

st-2
Steam向けのPCゲームがスマホ上ですべてプレイできる(※入力デバイスによる限界はある)として脚光を浴びたものの、Appleが「ビジネスの競合」のために却下した『Steam Link』。
iOSゲーマーとしてはとても残念な事件だったが、これに関して Appleの上級副社長のフィル・シラー氏がコメントを行った。
Apple は App Store 利用者に良いゲームを届けたいと思っており、Valve のゲームやサービスが iOS や Apple TV で楽しめることは良いことだとしている。だが、『Steam Link』アプリは、アプリのガイドラインに触れていてこのままでは出せないというのが現状だという。

Apple、教育向けの発表会で新iPad発表。値段は据え置きで性能を向上

WS000006
2018年3月28日0時、Appleは教育者向けの発表会で新しいiPadを公開し、販売の開始を伝えた。
今回のiPad(2018)は、前年から販売しているiPadの価格を据え置いたまま、性能を司るコアをA9チップからA10 Fusionチップへ変更し、Apple Pencilに対応したもの。
カメラなどの性能の変更はない。
今回は教育目的でiPadを利用するPRのために発表されたと思われるが、安価で性能の上がったiPadが出ればボードゲームアプリなどをプレイするときにも便利なのは自明だ。

『モンスト』や『パズドラ』もついに詳細確率を発表。Appleの規約変更の影響

WS000086
長い間確率表記を拒んできた『パズドラ』と『モンスト』が、レアガチャの確率表記を発表した。
これは、2017年末にAppleは規約でガチャの確率表記を義務づけに対応するためのもの。
Apple、ガチャ・ルートボックスに確率表示を規約で義務づけ。世界的なガチャ=賭博議論に配慮か
いかに日本で売り上げている会社であっても(むしろ、iPhoneシェアの高い日本だからか)、Appleのお達しには勝てなかった。

Apple、ガチャ・ルートボックスに確率表示を規約で義務づけ。世界的なガチャ=賭博議論に配慮か

Appleが開発者規約を改訂し、海外で言うところのルートボックス、日本で言うところのガチャの確率表記を義務づけるルールを作っていたことが判明した。
該当部分は、ガイドライン3-1-1のアプリ内購入について。
Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.
(アプリ内購入でLoot Boxやその他の仮想アイテムをランダム提供するアプリは、購入前にそれぞれのタイプのアイテム入手率を開示しなければいけない)
このtype of itemがレアリティ別確率なのか、個別当選率なのか、その解釈はわからないが、欧米がガチャの賭博性について議論し、『Starwars Battle front II』からルートボックスを撤回させた影響がもう出始めていると言うことだろう。
【訂正】ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』などのルートボックス(ガチャ)がギャンブルにあたるか確認中、欧州全域で規制を求める

人気カートゥーン調ゲーム『Cuphead』に偽のiOS版が登場し、Appleが被害者全員に返金を実施

8CBB3FBD-2A34-4F76-ADC0-5D89E761A8B4
App Storeの誕生時から、しばしば「有名なゲームを騙る偽物」の問題が取りざたされてきたが、Appleが偽アプリの被害者に自動的に返金を行ったことが話題になっている。
事の発端は12月19日、レトロカートゥーンのテイストで人気を博した『Cuphead』にiOS版が登場した……という情報が欧米のゲームサイトで報じられたことに始まる。
このニュースが本当なら嬉しいことだが、情報サイトが報じた『Cuphead』のアプリは偽物だったのだ。

Appleがアプリ「予約」機能を開放。予約したアプリは配信日に自動ダウンロードされる強力な事前登録

yoyaku
もはや、事前登録は業者だけのものではなくなった。
2017年12月11日(米国時間)、AppleのApp Storeも事前登録機能をすべての開発者に開放したのだ。
2017年1月にAppleが任天堂『スーパーマリオラン』だけに事前登録機能を開放して話題になったが、この機能が強化されたうえ、誰でも使えるようになったのだ。
予約中からApp Storeの検索にかかるだけでなく、配信日には自動でアプリがダウンロードされるようになったのだ。

Apple、2017年9月12日にイベントを告知。新しいiPhoneの他にも発表がある模様

WS000044
毎年9月の恒例行事、Appleが新しいiPhoneを発表する時期がやってきた。
Appleは2017年9月12日(火)の10時(日本時間で9月13日水曜日の2時)にSteve Jobs Theaterでイベントを開催することを発表した。
今回は3色リンゴのロゴが示されており、3つの事柄が発表されると予想されている。
例年通りであれば新しいiPhoneが発表されるが、残り2つは……Apple TVとApple Watchだろうか?
iOS11のAR KITなどの新機能のお披露目もかねて新しいゲームが発表される可能性もある。
今年も、Keynoteからは目が離せなさそうだ。
イベントの様子は公式ページで配信されるので、リアルタイムで見たい方は下記からどうぞ。
Apple Events - Keynote September 2017 - Apple

Apple、iOS11で古いアプリ(32bit)起動しなくなることを開発者に通知。ユーザーが32bitアプリの見分け方は?

ios01
Apple Developerにて、次期OSのiOS11では32bitアプリが完全に動かなくなることが告知された。
以前より、Apple、iOS11は32bitサポート打ち切りかと言われていたが、それが現実になったようだ。
32bitアプリとは、簡単に言えば古いアプリである。
具体的には、2015年3月以前にリリースされたアプリはすべて動かなくなる可能性を秘めている。
※訂正:さまざまな例外が指摘されたので日付で見る方法は不確定であることを明記した。

iOS11に画面録画機能搭載。ゲーム録画が簡単にできる待望の機能

iOS-11-Screen-Recording-300x534
TouchArcadeの記事にて、iOS11に画面録画機能が追加されたことが明かされた。
使い方は簡単。コントロールセンターからマイクのON/OFFも選択して録画を開始するだけ。
これでゲームの動画を誰でも簡単に投稿できるようになるだろう。
Androidには早くからこの機能が備わっており、これはiOSユーザーからすると羨ましいものの1つであった。それが、ようやく解消される。
ただ、β版はいろいろと問題を抱えているようなので、リリースまでに成城になることを期待帯。
iOS11に変わったら、iPhoneから次々動画のTweetが投稿されるようになる……かもしれない。

iOS11からは、「レビューしてください」スパム禁止。Apple公式のAPIからのレビューのみに統一

simulator-screen-shot-25-jan-2017-12-47-41-2
ゲームをプレイしていると、突然やってくる「レビューしてください」のお願い。
1度ならいいが、頻繁にウィンドウが出てうんざりしているプレイヤーも多いことだろう。
しかし、iOS11導入後はその面倒もなくなるかもしれない。
Appleはアプリレビューのガイドラインを更新し、レビュー依頼スパムに対応することを9to5Macが伝えている。


Apple Design Award 2017発表。ゲームはMashroom11やSeveredなど5作品が受賞

WS000043
Appleがすぐれたデザインのアプリを表彰する「Apple Design Award 2017」が発表された。
この賞の選定にはApple独自の基準があり、特に優れたデザイン性やApple新機能を使用したことが重視される傾向がある。
毎回、アート系のゲームが表彰されるのだが……今回表彰されたゲーム5作品はアートもゲームも申し分ないほど優れている。ぜひ、全て遊んでみて欲しい。

iOS11の新生App Storeでは不正ランキング操作が一掃され、Appleがゲーム攻略メディアまで取り込む

ios11_03
Appleは日本のApp Storeにはびこる不正ランキング操作を一掃し、なおかつゲーム紹介や作者インタビュー、ゲームは攻略のメディア機能まで取り込む。
先日、Appleの開発者向けカンファレンスWWDCで明かされた「iOS11の新しいApp Store」に衝撃を受けた関係者は多いだろう。

Apple、iOS11では32bitアプリサポート打ち切り。2015年以前のアプリはすべて使えない可能性

32-bit-Apps-iOS-11
Apple、iOS11で32bitサポート打ち切るという噂は現実になった。
Appleの発表会WWDCの後で配信されたiOS11の開発者向けβテスト版で、32bitアプリがダウンロードできないことが発見されたのだ。
TouchArcadeの記事の画像では、32bitアプリが「このアプリはiOS11をサポートしていない」としてダウンロードできないことが確認できる。

App Storeで32bitアプリの検索が一時的にできなくなる。古いアプリは終わりか

Iios-10-3-beta-1-32-bit-app-alert

Appleの発表会WWDCを前にして、App Storeから32bitアプリが検索できなくなる(直接リンクは可能)という事件が発生した。
これは単にApp Storeのテストとも考えられるが、Apple、iOS11で32bitサポート打ち切るという噂もあり、そう言った流れの一環かもしれない。

Apple、アプリのアフィリエイト料率を7%から2.5%に変更。Touch Arcadeは支援を募る記事を掲載

kokoro_pokkari_ana_man
Appleは、アプリのアフィリエイト料率を7%から2.5%に下げることを発表した。
今まで、ゲーム紹介サイトからのリンクを通じてアプリ購入したとき(もしくは、DLして24時間以内に課金したとき)に、金額の7%が紹介サイトに入っていた。この収益が35%になってしまうわけだ。
なお、音楽や映画などの料率は2.5%のままとなる。2016年11月から日本で適用された条件と同じ。 こういった変更は、ゲームをレビューして情報を与える紹介サイトの運営に大きな影響を与える。

Apple、iOS11は32bitサポート打ち切りか。ハードごと64bit専用に大幅進化する可能性も

Iios-10-3-beta-1-32-bit-app-alert
次のiPhoneではお気に入りのアプリの多くが動かなくなるかもしれない。
9to5Macの記事によると、開発者のSteven Troughton-Smithさんが「2017年秋にリリース予定のiOS 11で32bitアプリに対応しない」と伝えたという。
つまり、次のiPhoneでは古いゲームなどは動かなくなるわけだ。
ただ、iOS10でiPhone 4sのサポートが打ち切られた事を考えると、iOS11でiPhone5が切り捨てられるのは目に見えていた。
また、これは悪い話だけではない。今回は次世代ハードは32bit回路を積まずその分に性能が向上するかもしれないことも示唆しており、次世代からiOS機器に大きな変革がある可能性を示している。

iPhoneはPCに。Apple、スマホをPC化する周辺機器の特許出願

WS000133
「スマホは持っているのに、PCは持っていない若者がいる」。そんな状況は過去のものになるかもしれない。
AppleがiPhoneやiPadをノートPCのように扱う周辺機器の特許を出願していることが明らかになったのだ。
AppleがMac OSとiOSの統合を進めていることからこういった機器は近いうちに出てくると予想されていたが、いよいよその時がくるようだ。

すべてのガチャはマイルに通ず…ANA、iOSの課金をマイルに変えるサービス発表

gif
航空会社ANAは、iOSのアプリ課金や有料アプリの購入時にマイル(優待ポイント)が付与されるシステムを発表した。
これは専用サービスに登録し、課金やアプリの購入前に登録すると200円分の課金に付き1ポイントのマイルが貯まるというもの。
簡単に言えば、課金の0.5%がマイルとして貯まる仕組みだ。

Apple、廉価版のiPad発表。A9チップ搭載で価格は4万円から

hero_large
AppleがApple Storeサイトを更新し、突如として新型の9.7インチiPadを発表した。
新しいiPadはA9チップを搭載。iPad Proに使用されるA9Xチップよりも性能では劣るものの、iPad Air 2とほぼ同等の性能を持っていると推測される。
また、重さは469g、厚さ7.5mmとなっており、こちらはiPad Air 2ではなくiPad Airと同じサイズ感になっている。
価格は32GBモデルが37,800円、128GBモデルが48,800円(いずれも税抜き)。
税込みだと40,000円程度からで、iPadシリーズとしては安い。ボードゲームアプリなどを遊ぶマシンとしてキープするならいいかもしれない。

関連リンク:
9.7インチiPad - Apple(日本)

米Apple「インディーゲームの12日間」開催。名作から見逃しがちな良作まで44作品のリストまとめ

WS000214
米国Appleにより、、3月9日から3月20日まで「インディーゲームを祝う12日間」イベントが行われている。
すでに、USのApp Storeはインディーゲーム一色で、「革新的なゲーム」や「素晴らしいサウンド」など5部門で多くのゲームが表彰されている。
また、この期間に偉大なインディーゲームが次々リリースされる。すでに『Kingdom : The New Lands』や『Mushroom 11』がリリースされたが、まだまだ素晴らしいゲームが出るという。

今回、日本のApp Storeではインディーイベントが行われていないので、今回のイベントで米国Appleが特別に表彰しているインディーゲームをまとめてみた。
印象的なゲームが多いので、気になったらぜひ遊んで欲しい。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント