RSS

記事一覧

『アビス・ホライズン』係争、MorningTec Japan側は『艦これAC』側の和解協議を了承し、ゲームは開発元が運営していると説明。運営は開発元に移譲されたが、ゲーム内で説明はなし

ab-2
『艦これアーケード(艦これAC)』等に係る権利保全を目的として、スマホゲーム『アビス・ホライズン』の日本国内配信差し止めを求めた裁判について、 MorningTec Japan 株式会社からの詳細の説明が掲載された。
以前の記事はMorningTec Japan が『アビス・ホライズン』運営・配信を停止し、アプリは別会社がサービス中とお伝えしたが、現在の運営は開発会社の煜颜が行っている状態だという。
また、株式会社セガ・インタラクティブと株式会社C2プレパラートは、MorningTec Japan 株式会社に和解を提案していたため、協議を了承していたとのこと。

『艦これAC』と『アビス・ホライズン』の裁判はMorningTec Japanが運営・配信撤退で決着。ただし、アプリは別会社が依然サービス中

ab-2
『艦これアーケード(艦これAC)』等に係る権利保全を目的として、スマホゲーム『アビス・ホライズン』の日本国内配信差し止めを求め、東京地裁にて係争中だったが、これは運営・配信の MorningTec Japan 株式会社の撤退で決着を見るようだ。
2019年1月11日、株式会社セガ・インタラクティブと株式会社C2プレパラートは、MorningTec Japan株式会社に対して、2018年12月19日に東京地方裁判所にて行われた審尋期日において、MorningTec Japan 株式会社が2018年12月31日をもって『アビス・ホライズン』の配信/運営から撤退すると法廷で告知したとのこと。
原告側は、撤退したことが確認でき次第、申立てを取り下げる予定だという。

セガ『アビス・ホライズン』に対する配信など差止の仮処分命令申立てを発表。アビス・ホライズン側は「著作権侵害の事実はない」と反論

ab-2

株式会社セガ・インタラクティブと株式会社C2プレパラートは、『艦これアーケード』等に係る権利保全を目的として、2018年7月11日に MorningTec Japan株式会社に対して、スマホゲーム『アビス・ホライズン』の日本国内での配信等の差止めを求める仮処分命令申立てを東京地方裁判所に行ったことを発表した。

発表によれば、MorningTec Japan株式会社が、スマートフォンゲームアプリ『アビス・ホライズン』を配信等する行為は、『艦これアーケード』の映像に係る表現等に関して、著作権の侵害に該当し、不正競争防止法違反にも該当するとのこと。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント