RSS

記事一覧

『Threes!』作者によるRPG『Guildlings』がiOSでリリース! 11月9日のApple Arcade新作感想6作まとめ

11月9日のApple Arcade新作感想。
ついにApple Arcadeも100作の大台に乗り、ゲーム自体も面白いものが揃っている。毎週この品質できたら、嬉しい。

注目
『Threes!』作者の最新作。
近代的な技術と魔法が存在するファンタジー世界を舞台に、若者たちによるギルド“Guildings”のリーダーとなって世界を旅するRPG。
ポイントクリックで移動し、物体を調べる見おろしフィールドはかなり作りこまれていて見た目に賑やか。
戦闘ではスマホのバッテリーをチャージしつつ魔法で感情を制御する(どこか暖かい感じがある)独特の空気を感じる。
かなり手触りが良く、日本語訳もいい感じ。遊んでみる価値がありそう。

11月8日のApple Arcade新作感想。ブラック企業の社員を体験するアドベンチャー『The Mosaic』など9作品

11月8日のApple Arcade新作感想。
おすすめは2作で、ブラック企業で社会の歯車として働く様子を描く『The Mosaic』の世界観が秀逸。
釣り竿の(というには電子的だけど)水中を冒険する『Monomals』はアクションの動きも、おまけの作曲モードも良い。

注目

10月23日のApple Arcade新作感想。無限にループする回廊を、重力を操って移動する『Mainfold Garden』の世界観が圧倒的

01
Apple Arcade10月11日、18日に追加された新作の感想。
無限にループする回廊を、重力を操りながら移動する『Mainfold Garden』、かの名作『インサイド』をほうふつとさせる『Stela』、カーマゲドン開発元によるバトルカーアクション『ShockRods』など9作。

10月7日のApple Arcade新作感想。Hitpointの『NIGHTMARE FARM』、Amanita Design『Pigrims』など4作

aacrrf-1
Apple Arcade10月の新作は、Amanita Design『Pigrims』、『旅かえる』、『ねこあつめ』でヒットを飛ばした日本メーカーHitpointの『NIGHTMARE FARM』まで個性豊か。
すべて日本語に対応しているので、安心してプレイして欲しい。

9月10日の新作スマホゲー19本感想。スマホでもやっぱり楽しいホラーゲーム『返校Detention』、意欲的だがバグだらけ『崩落のCARNEADES』など

本日の一押しは『返校Detention』。やってみたらスマホに操作性が合っていてよかった。
あとはカードゲーム『ゼノンザード』に期待。そして復活したケイブシューティングも一応新作扱いで紹介している(しかもセール中)なので見て欲しい。

注目
返校Detention (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)
ss3
1960年代の台湾における政治的弾圧をテーマに作られた学園ホラーアドベンチャー。
台湾文化や史実をもとに作り出した物語、ほの暗い映像美が評価されたPC向けゲームだが、もともとポイントクリック型の横スクロールアドベンチャーだったため、スマホでも全く問題なく遊べる。
PC版より価格がだいぶ安くてお得。


9月8日の新作スマホゲー18本感想。宇宙人が人間の街を壊して連れ去るブロック崩し『BREAK N TAKE』が味わい深い

本日の一押しは『BREAK N TAKE 』。
課金レースゲームからマシン性能課金を排除して遊びやすくした『Gravity Rider Zero』、マリオを意識した感じの見た目だけどゲームは別物『ノム・プラント 』などが結構好き。

注目
BREAK N TAKE (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss1
画面上からボールを落とし、人間の家を破壊するブロック崩しゲーム。
左右のスライド操作でUFOの位置を調節し、反射して戻ってきたボールを跳ね返して家を破壊していく。
ブロック崩しにUFOが人をさらう要素を加えていることが特徴で、家を壊すと人間が登場し、そこにUFOを重ねることで吸い込んで連れ去ると初めて得点になる。
ブロック崩しだけなら簡単だが、人間も連れ去るとUFOの動きが複雑になって難しくも面白い。

9月3日の新作スマホゲー16本感想。魔物を仲間にできる『魔想のウィアートル』が王道RPGしていて楽しそう

本日の一押しは『RPG 魔想のウィアートル』。ケムコ・Hitpointのノウハウを感じる(序盤は)ゲームで、王道のRPGが楽しめそう。
可愛いゲームなら『ペンギンの島』や『インベントウ』、激しいアクションなら『Trail Boss BMX』と『RANK RUNNER』がある。

注目
RPG 魔想のウィアートル (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
ケムコとHitpointによる新作RPG。
記憶を失った少年が魔女の啓示により旅立ち、魔物を仲間にしながら冒険するシステムとなっている。
Hitpoint製RPGの快適なところ、ドット絵の良いところが上手く出ていて、第一印象はかなり良い。
安心して遊べそうなRPG。

8月24日の新作スマホゲー15本感想。理想の戦艦を作って動かす非擬人化戦艦ゲーム『艦つく』が燃える。艦船ゲーム好きはやるべし

注目のゲーム
艦つく - Warship Craft - (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
艦船擬人化ではなく、自分だけのオリジナル戦艦をデザインして戦う戦艦制作ゲーム。
戦いの方も舵を取って艦船を操作し、照準を合わせ(もちろん予測射撃しないといけない)て戦うやや本格3D戦艦シミュレーションと言った形になっており、とにかく渋い。
擬人化などは一切ないつくりが逆に心地よい。
技術力を上げ、理想の戦艦に近づいていく「ミニチュア戦艦組み立て」の感覚を楽しめる。しばらく遊びそう。

8月19日の新作スマホゲー16本感想。ハムスターが拳で世界を救うアクション『ハムスターダム』、柴犬戦隊ゲーム『シバフォース』など

注目
消しゴム落とし バトルロイヤル (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

広い机の中で、自分の消しゴムを飛ばし、他のプレイヤーの消しゴムを押し出す消しゴムバトルゲーム。
消しゴムや学習机などのモデリングが良くて、見るだけでワクワクする面白さがある。
なおかつ、一定時間に1回しか消しゴムをはじけないルールにより、「いつ、誰より先に動くか」という駆け引きも面白い(究極まで突き詰めると問題は発生しそうだが、パーティーゲームとしては良い)。
おすすめ

8月15日の新作スマホゲー9本感想。『Journey』がひたすら良い、hapさん新作『ホーム乱太郎』が自分に久々にヒットなど

『Journey』はそろそろクリアしそうだけども、移植度も操作性もばっちりすぎて、超おすすめ。
それ以外にもhapさん新作『ホーム乱太郎』、雰囲気抜群のパズルゲーム『Finding..』、シンプルだが奥深い戦術ゲーム『アンクラウン』など、掘り出し物たくさん。

注目
Journey (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
ss3
どこまでも広がる砂の世界の“旅ビト”となり、美しくもはかない文明の跡を見て歩くアクションアドベンチャー。『風ノ旅ビト』のなで親しまれた家庭用ゲームの移植。
美しい風景と演出、文字や言葉を使わずにストーリーを想像させる作りが世界中で称賛されたアドベンチャーで、巨大な砂漠をひたすらに進むだけで心が洗われていく。
また、ときおり他のプレイヤーが操作する“旅ビト”が登場し、一緒にプレイすることもでき、無言で同じ目標に向かっていく姿を見るのも楽しい。
ザ・雰囲気ゲー。移植度・操作性は全く問題なしでおすすめ。

8月6日の新作スマホゲー18本感想。RPG『Battle Chasers: Nightwar』がひたすら楽しい。『キャンディフィジクス』や『ペイントアウト!』など小粒なパズルの良作も

RPG『Battle Chasers: Nightwar』がだいぶ面白くてやめられない。これ、1,200円だけどそれ以上の価値を感じる。
『ペイントアウト!』や『キャンディフィジクス』などパズルの良作もいくつか出ているので要チェック。

おすすめゲーム
Battle Chasers: Nightwar (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
Steamでも人気のバトル主体RPG。
通常攻撃(あてるたびに技を使用するのに必要なエネルギーが増える)を当て、要所でエネルギーを消費していく管理要素、ダンジョンに潜って宝を掘るトレジャーハント要素があり、普通に遊んでバトルするだけで楽しい。
スマホだと文字が小さいが、面白さで言えばかなりのもの。RPGを探しているならおすすめ。

7月30日の新作スマホゲー感想。『Hyper Light Drifter』やロボットに乗って戦うバトロワ『機動都市X:スーパーメカシティ』など14本

半月ぶりの新作一覧なので少し古いゲームもあるけど、新作まとめ。
『Hyper Light Drifter』、『Sky 星を紡ぐ子どもたち』、『機動都市X:スーパーメカシティ』など、結構いい感じのゲーム盛りだくさん。

おすすめゲーム
Hyper Light Drifter (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
hy-2
『ゼルダの伝説』のような探索要素と、小気味よく手ごたえのあるバトルを味わえるアクションアドベンチャー。
荒廃しつつも美しい独自の世界観、音声を使わずイラストだけで語られる物語がプレイヤーの想像力を掻き立てる。
さらに、最初から好きな場所に行って自由に隠しアイテムを探せて、好きな順番でボスを攻略できる自由度とバランス調整もなされており、完成度は非常に高い。リリースセール中で960円のところ600円で、超おすすめ。

7月15日の新作スマホゲー感想。歩けるだけでえらいアクション『ウォークマスター』、Deemoの影響を感じるピアノリズムゲー『StarryWay』など16本

復活の新作ゲーム一覧第3回。
今日の一推しは『ウォークマスター』と『StarryWay』。
前者は竹馬で歩くちょいムズアクションとして、後者はピアノの音が美しい音ゲーとして、どちらも良い。

おすすめゲーム
ウォークマスター(Walk Master) (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
画面をドラッグして、左右の足を交互に動かし、竹馬で歩くアクションゲーム。
歩くだけなら簡単だが、目の前には坂とか、穴とか、たくさんの障害物がある。
足を開きすぎてこけてもだめだし、何かにぶつかってもゲーム終了。ただ、ちょいムズ程度の難易度でシンプルで何度も簡単に繰り返せるからストレスないし楽しい。
動物の動きも可愛くて良い。

7月11日の新作スマホゲー感想。地獄を軽快に走る『Death Hall』がハマる、リスクとリターンのパズル『Nine Dots』など13本

復活の新作ゲーム一覧第2回。
今日の一推しは『Death Hall』。難易度高めだけど、軽快に遊べてゲーム好き向けのアクション。
Google Indie Festival受賞者wakenさんの『Nine Dots - Math Puzzle -』、英語ができるならデッキビルドRPG『Spellsword Cards: Origins』も捨てがたい。

おすすめゲーム
Death Hall (itunes 360円 iPhone/iPad対応)

左右移動とジャンプで地獄を走り抜けるアクションゲーム。
ステージはトラップだらけだが、ライフが残っている限り何度ミスしてもすぐ復帰でき、ライフも敵を踏みつけて倒すとすぐ回復するので「難しいけど、なんだかライフを回復させながら進める」絶妙なバランス。
操作性もゲームの雰囲気も良く、これはかなり良作アクションと思える。

7月8日の新作スマホゲー感想。簡易ゼルダ系ゲーム『Minit』から、冒険者が仲間を犠牲に進むパズル『Total Party Kill』まで

復活の新作ゲーム一覧。
とりあえず、7月にはいってから8日までに触ったものをずらりと。面白いゲーム多い。

おすすめゲーム
Void Tyrant (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

3人の勇者から1人を選び、銀河の冒険に繰り出すカードバトルRPG。
トランプゲームの『ブラックジャック』の要領で、攻撃側と防御側が最高値に達するかパンクするかまでカードを引きあうバトルシステムが特徴的。
さらに、毎ターンカードを引いてブラックジャック風バトルに介入でき、そのカードに関しては冒険しながら自分が手に入れたカードがランダムに配布されるデッキビルド要素が加えられている。
結構ハマりそう。

奇妙なネコを操る『ネコノイア』、スマホの名門作『Rolando』の新作など、4月5日の新作ゲーム12本紹介

本日から新作一覧を再開。
また、皆さんよろしく。

注目のゲーム
Neconoia (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
スライド操作で空飛ぶ猫を自由に移動させ、後ろから迫ってくる壁から逃げ続けるアクションゲーム。
猫は敵を射程圏内にとらえると自動で攻撃を開始し、一定数の敵を破壊すると次のステージへの道が開かれ、進化していく成長ゲーのようだ。
独特の空気感と、へんてこな字幕演出が良い。

1月20日の新作13本紹介。遺跡脱出ゲームの定番『Legacy 3 - The Hidden Relic』登場、1人でコツコツ遊べるサバイバルゲーム『Ares Virus』もよさげ


※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目
Legacy 3 - The Hidden Relic (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
遺跡の謎に挑む脱出ゲーム3作目。
全編3Dグラフィックでマップが作られていて臨場感があるだけでなく、ボリュームや謎の納得度もそれなりにある。
今作もまた序盤はいい感じだった。

1月18日の新作16本紹介。『ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ』が好き、光のパズル『Cosmo-s』『BLASK』登場など


※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目
ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ultrr-1
ウルトラ怪獣がチームを組んで戦うバトルゲーム。
昔のまま着ぐるみ感のある怪獣、ちょっとヤバい目をした怪獣、これがいい感じに3Dで再現されている。ウルトラ世代はもう、試して損なしの映像である。
ゲームとしては平たんなマップで戦うターン制ゲームなので、結構力押し。でも、怪獣が再現率高いのでワクワクする。

1月16日の新作11本紹介。インフレゲーム『タップ!キャプテンスター』、『箱庭諸島』アプリ版など


※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

気になる
タップ!キャプテンスター (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
『Star one』のリニューアル作品。
画面連打でビームを放って敵を攻撃し、倒して得たエネルギーで主人公や仲間を強化し、また敵を倒して詰まったら転生して強くなって再スタート。
ランダムドロップアイテムや、集会ごとに少しルートが変化する要素があるが、特徴的な組み合わせシステムがなくなり、より『タップタイタン』に近づいた感じ。
十分にタップゲームとして遊べるが、告の入れ方などが海外っぽく、前作の方が日本向けで楽しめたような気もする。

1月12日の新作10本紹介。DOOORS新作『脱出ゲーム Lost DOOORS』、PS時代のカルトゲーム外伝『バロックシンドローム』登場


※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目のゲーム
脱出ゲーム Lost DOOORS (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay))
576x768bb
人気脱出ゲーム『DOOORS』の新作。
今回は遺跡を冒険する。脱出に必要でないものも含めていろいろとギミックが凝っていて、相変わらず安定して楽しめる。

1月10日の新作14本紹介。狭い戦場で勇者を指揮するリアルタイム・タクティカルRPG『キング・クラッシャー』、ひたすら避ける『DUNKYPUNG』など

注目のゲーム
キング・クラッシャー (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

3×3マスの中に3人の勇者を配置し、スライド操作で動かして敵の攻撃を避けつつ戦うリアルタイム・タクティカルRPG。
勇者の攻撃をとるか、被ダメージをとるか考える部分もあり、敵の攻撃パターンの豊富さもあり、序盤は結構楽しい。かなり掘り出し物では。

1月9日の新作6本紹介。ローグライクハック&スラッシュ『The Greedy Cave 2』、生態系を作って人類を拡散させるSLG『グレートジャーニー -人類拡散-』など

Androidのみだが、『グレートジャーニー -人類拡散- 生態系観察ゲーム』はテーマ、内容ともに興味深い。アップデートで良くなっていくのが楽しみ。

※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目のゲーム
The Greedy Cave 2: Time Gate (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
ランダム生成のダンジョンを冒険し、宝を集めるローグライクRPG。
ただ、プレイしている感触はディアブロ系のハック&スラッシュがブレンドされており、体力の及ぶ限り敵を倒して装備を集め、強くなる要素も強い。
オンライン・ギルド要素はあるが、1人でも十分楽しめるそう。

1月8日の新作10本紹介。発想力を試すアクション『That Level Again 4』、ピンボールRPG『ピンボールバトラーズ』などインディーゲームが元気

『That Level Again 4』は長く続くシリーズだが、Andoridで人気のため知らなかった。面白いのでシリーズ通してやりたくなってしまった。
あと、『ピンボールバトラーズ』も思ったより遊べる。

※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目のゲーム
That Level Again 4 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
左右移動とジャンプボタンでゴールを目指す、1画面のアクションパズルゲーム。
ステージ攻略のヒントに対してさまざまな解釈で挑み、クリア方法を探るのが楽しい。
アクション能力より、発想力が試されるゲーム。面白い。

1月7日の新作8本紹介。AIと迎える正月を描くノベル『西暦2236年の秘書』がコミカルで良し、正統派ディアブロ系ハクスラ『Arcane Quest Legends』が意外な面白さ

AIと迎えた新年を描く『西暦2236年の秘書』は、触りを読んだ感じ結構楽しめそう。
ガチゲームなら『Arcane Quest Legends』で。これはかなり良いと思う。

※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目のゲーム
西暦2236年の秘書 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
秘書AIと、ちょっとパッとしない主人公の正月を描くビジュアルノベル。
軽快に、コミカルな会話がやりとりされるため、気軽にスラスラ読み進められる。
結構良さそう。

1月4日の新作15本紹介。中国絵が動く『Ink,Mountains and Mystery』の技術が素晴らしい、『ねこはほんとかわいい』が順当にかわいいなど

1月4日の新作

※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。

注目のゲーム
Ink,Mountains and Mystery (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
uturrr-1
独自の3Dエンジンを使い、中国絵画のような世界を描くポイントクリック型のアドベンチャーゲーム。
その風景の美しさは、見ているだけで驚きの連続。
浮世絵などを見ている外国の方が「すごい!」などと言っている感情に近いのかもしれない。
なんにせよ、高性能の端末を持っていれば一見の価値あり。

12月20日の新作15本紹介。政情不安定地域シミュレーター『Rebel Inc.』、モンスター擬人化イケメンゲーム『でみめん』など

12月20日の新作。『レミングス』の公式新作『Lemmings』がカジュアルレミングスって感じで良い。

※アプリ価格は執筆時のものなので購入前に確認してください。また、AD表記のゲームはアフィリエイトリンクを使用しています(新作でもあります)

注目のゲーム
Lemmings (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
ひたすら前に進み続ける小人、レミングスに命令を出してゴールまで導く『レミングス』公式パズルゲーム。
指示を出されないレミングスは直進し続け、障害物に当たったり、崖から落ちて死んでしまう。
正しい命令を使い、リアルタイムで動くレミングスの動きを制御し続けるのは(ステージが進むと)大変。
また、スマホ版はスタミナ式を採用しており、スタミナを1消費するたびに命令を1回出せる。つまり、最短命令でステージをクリアし続けるゲームとなっている。
とりあえず、序盤はシンプルだが先に進めば楽しくなりそう。

12月18日の新作17本紹介。美しい遺跡探索脱出ゲーム『Faraway 4』、コミカルアドベンチャー『CHUCHEL』など

1ヶ月ぶり12月18日の新作一覧。
これから数日、毎日抜け落ちた1ヶ月分も含めて新作リストで出して行くのでお楽しみに。

注目のゲーム
Faraway 4 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
ローポリで美しく仕上げられた遺跡を冒険する『Farawy』シリーズ4作目。
今度の舞台は武器庫で、また美しい風景をずっと見ながら簡単な脱出ゲームを楽しめる。
マンネリだが、それがいい。

11月20日の新作16本紹介。コリン・シールの児童小説『少年と海』映像化が見事、宇宙で遭難した飛行士が学び、星に適応するサバイバルゲー『SYMMETRY GO』も良作の予感

11月20日の新作一覧。
『リバーシクエスト2』は、古き良きRPGを探している方に。
『Storm Boy』は雰囲気ゲーとして、『SYMMETRY GO』はサバイバルゲー好きの方におすすめ。

注目のゲーム
Storm Boy (itunes 360円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
コリン・シールの児童小説『少年と海(Storm Boy)』のゲーム版。
原作は静かな海辺に父と2人で住む少年の生活、そして自然と少年の触れあいを描いた作品で、3Dで描かれる自然の様子は圧巻。
「キャラクターを操作できるノベルアドベンチャー」といった感じで英語を読むのは必須。ただし、辞書を引く覚悟があれば中学レベルの英語で遊べる。

11月16日の新作20本紹介。ゴルフをパズルした『ゴルフ・ピークス』が新鮮、スパイだった両親の秘密を探る実体験アドベンチャー『Cosmic Top Secret』など

11月16日の新作一覧。
『ゴルフ・ピークス』はアイデア賞。英語が分かればスパイだった両親の秘密を暴く『Cosmic Top Secret』が良い。
その他、シューティング『Black Paradox』やら、落ちものパズルやら、面白いゲーム盛りだくさん。

注目のゲーム
ゴルフ・ピークス (itunes 360円 iPhone/iPad対応)
552x414bb

ショットの種類と強さが示されたカードを消費し、限られた手札でホールを攻略する「パズル・ゴルフゲーム」。
地形と限られた手札を見比べ、ショット方向を決めてカップインまで持っていくプレイは、完全にパズルのゲーム性ながらゴルフという題材と合致していて自然に楽しめる。
ありそうでなかった感じが良い。

11月12日の新作22本紹介。聖戦クロニクルの系譜『RPG フォーレジェリア』は久々のケムコヒット、ガラケーの戦術SLG『テンミリオンZERO』まさかの現代に復活

11月12日の新作一覧。
『フォーレジェリア』はケムコRPG久々の当たり。おすすめ。
カジュアルゲームだが『Flip the World!』と『らっこうかべ』は結構好き。懐かしのSLG『テンミリオンZERO』は戦術ゲーム好きに。

注目のゲーム
RPG フォーレジェリア (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
ケムコ×Hitpoint のRPG。
ドット絵がかなりきっちり描かれており、ゲームのストーリーもなかなかいい感じ。
『聖戦クロニクル』の系譜に連なるRPGなっており、物語にも共通点が見られるが、このゲームから入っても全く問題なく遊べる。
バトルもSP(ターンでたまるリソース)の使い分けがボス戦で重要になって手ごたえがあるし、アニメーションもいいし、最大3倍速で遊べてテンポも良い。
かなりよさげ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント