RSS

記事一覧

7月7日の新作ゲーム感想30本、Supercell子会社による、公式音源で遊ぶ音ゲー『Beatstar』が「インフェルノ」や「うっせぇわ」などを加えて日本正式リリース

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Beatstar:公式音源で遊ぶ音ゲー (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

洋楽を中心に、邦楽も含めて正式許諾を受けたさまざまな楽曲で遊べるリズムゲーム。
楽曲はプレイを通じて解放されていくほか、個別購入、ガチャなどで手に入れることも可能。
3レーンで、上から落ちてくるノーツをタップするゲームとなっており、システムとしては簡単に見える。
日本で主流のゲームと比べるとシンプルかつ演出、オプションも控えめで物足りないが、譜面は曲に合っていてまあ楽しめる。
Supercell子会社のゲームだけあって選曲がワールドワイドかつ、曲はガチャで手に入るのでわりと洋楽ばかり遊ぶことになるのが難点。

7月4日の新作ゲーム感想30本、カレシのスマホを暴いて浮気の証拠を探す病み系謎解きゲーム『マヂヤミ彼女』、8年ぶりの新作登場

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
謎解き脱出ゲーム:マヂヤミ彼女Ⅱ (App Store 無料 iPhone向け / GooglePlay 開発中)

有名バンドメンバーの彼女となり、全国ツアーする彼氏の浮気の証拠を探す謎解きアドベンチャー。
TwitterのようなSNSで囮アカウントを作りつつ利用して情報を集め、LINE系のSNSで人と会話して情報を集め、彼氏の携帯電話の情報を手に入れようと画策し……。
かなり現代型の謎解きゲームになっている。

6月14日の新作ゲーム感想13本、日本の法律を元にリアルな刑事事件を裁き、プレイヤーが量刑まで判断する裁判ゲーム『新米裁判官 拓馬のリーガル・ジャーナル』登場

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
新米裁判官 拓馬のリーガル・ジャーナル (App Store 無料)

現実の司法用語を説明しつつ、実際にありえそうな事件を体験するアドベンチャー。
リアリティがある事件に対して、実際にプレイヤーが量刑を判断し、判決を下していくのが重く、悩ましくも貴重な体験。
また、他のプレイヤーが出した判決と自分の判決を比べ、世間の判断と自分の違いを比べられるのお面白い。


6月11日の新作ゲーム感想19本、2本指でスクーターを乗り回し、あらゆる場所でトリックを決めるスポーツアクション『Touchgrind Scooter』がIllusion Labsからリリース

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Touchgrind Scooter (App Store 無料)

2本の指を前輪・後輪の操作に割り当て、動きの組み合わせてスクーターを操り、さまざまな場所でトリックを決めるアクションゲーム。
操作の理屈はわかりやすいが、極めるには難しく、上手くコースを走れると気持ちいい。
トリックを連続で決めるとめきめきとスコアが上昇していき、スコアアタックを始めると脳汁が出る面白さが。
でも難しい。

6月8日の新作ゲーム感想40本、音にあわせて柱を回すリズムゲーム『Spin Rhythm』のスマホ版がPCより操作性が良くて面白い

6月8日の新作と言いつつ、5月20日当たりから6月に入るまでの新作まとめです。

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Spin Rhythm (App Store 無料 / GooglePlay 無料 / Steam 1,999円)

音楽に合わせて円柱を回転させ、奥からせまってくるマーカーの色と、円柱外周の色を合わせるリズムアクション。
スマホ画面にあった画面構成で、結構トリップ感がある演出、音に合わせて置かれているマーカーとの一体感があってかなり良い。
ステージクリア型で、ミスするたびにHPが減っていき、ゴール前にHPが0になるとゲーム終了。
操作性がスマホにマッチしていることもあわせて、PC版より良いかもしれないぐらい面白い。

5月17日の新作ゲーム感想18本、クレイアニメで動く謎解きアドベンチャー『The Sense Point』がリリース


※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
The Sense Point (App Store 体験無料)

手作りのクレイアニメで描写されるポイントクリックアドベンチャー。 小型ドローンと人間を使い分けて動かし、パズルを解いて先へ進むものとなっている。 ビジュアルは印象的で、見ているだけで結構満足感がある。 現在は1章のみ配信で、だんだんアップデート予定とのこと。

5月14日の新作スマホゲー感想33本。カイロソフト新作、キャンプ場経営の『森林キャンプが丘』が安定の面白さ

やっと、5月13日までの新作をプレイし追えました……!

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
森林キャンプが丘 (App Store 730円 / GooglePlay 730円)

キャンプ場を経営し、さまざまな設備を整えて理想のキャンプ場を作り上げる経営ゲーム。
ベンチや植物、出店や虫取り場所など、さまざまな設備の相性を考えて設置し、キャンプ場の魅力を最大にするお馴染みのカイロ系経営ゲームとなっている。
安定の楽しさ。

5月10日の新作スマホゲー感想29本。兵士をくっつけて部隊を大きくする戦術RPG『マージタクティクス』がお手軽&駆け引きを両立していて楽しい

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
マージタクティクス(マジタク) (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

時間と共にたまるコインでユニットを召喚し、ドラッグで自在に配置を変更し、画面上からやってくる敵を迎撃するリアルタイム戦術ゲーム。
ユニットはオートで戦うが、種類、配置などを正しく選択しないと苦戦する。
さらに同じユニットを重ねると強くなり、体力も回復するため重ねるタイミング次第でかなり難易度が変化し、戦術性も高め。
操作感も良く、日本語対応もユーモアや冗談がわかるレベルで翻訳されている。おすすめ。

4月19日の新作スマホゲー感想32本。内政重視、ヴァイキングのリアルタイム戦術ゲーム『Northgard』がPC版の約1/3、ゲーム機版の約1/7の価格でリリース

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Northgard (App Store 980円 / Steam 3,090円)

バイキングになって集落を作り、資源を集めて人を増やし、軍隊を作って土地を侵略していくリアルタイム戦術ゲーム。
食料がシビアなため、類似のゲームよりも資源と内政要素が重視される。
モバイル向けに操作が最適化され、軍事ユニットが楽に移動できるのは良いところ。
セトラーズなどが好きならこれも楽しめるはず。
日本語対応していないが、とにかく安いし、画面の表示サイズ設定もあってちゃんと遊べる(2倍にすれば画面が小さくてもそれなり)のが良い。

3月29日の新作スマホゲー感想24本。ギリギリ限界を攻めるミニゲーム30連打『ビビッタ―』がむやみやたらに面白い

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
ビビッター (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

プレイヤーのビビり度を判定するミニゲーム集。
ギリギリのタイミング、力加減が要求されるミニゲームが30以上収録されており、どれも独特の演出やパロディが入っていて面白い。
友達と対戦してみたがとても盛り上がった。これはお勧めするしかない。

3月21日の新作スマホゲー感想27本。Rusty Lake物語の外伝が1アプリに集結した『Cube Escape Collection』が無料アプリとしてリリース

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Cube Escape Collection (App Store 無料 / GooglePlay 無料 / Steam 520円)

猟奇的かつ不思議な世界観から人気を誇る Rusty Lake シリーズの物語を綴る謎解きゲーム Cube Escape 9作品をまとめたゲーム。
初期作品は日本語に対応していなかったが、今作はすべて日本語に対応。
気になる場所をタッチで調べ、アイテムを集めて使用し、ときにヒントから謎解きを行うゲーム。 下手な有料ゲームをしのぐボリュームで、ヒント機能も完備。

3月12日の新作スマホゲー感想19本。すべての兵士が異なる動きで戦う中世合戦シミュレーション『Ancestors Legacy: Vikings』がiOSに登場。Android版も開発中

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Ancestors Legacy: Vikings (App Store 無料 / Android 開発中 / Steam 3,600円)

すべての兵士が異なる動きをする、リアルな合戦の様子を描くリアルタイム戦術ゲーム。
タップで部隊を選択し、移動場所や攻撃相手、作戦などを指示するポイントクリック操作を採用しており、大きな画面(iPadなど)であれば充分遊べる。
現在は1人用のキャンペーンで、Steam版におけるヴァイキングの戦いのキャンペーンのみを収録(今後アップデートされる模様)。
iPadであれば戦術ゲームとしても観賞用としても楽しめる。 iPhoneだと操作、兵士の動きを楽しむ、両面で結構キツい。

3月5日の新作スマホゲー感想19本。 現実であり得る状況で生き抜く震災都市サバイバル『サバイバーズ・ギルト』が面白い

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
サバイバーズ・ギルト (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

震度7の巨大地震が発生し、エレベーターに閉じ込められた状態から、手持ちのモノを利用して救助が来るまで生き延びるサバイバルゲーム。
場面が固定されている窮屈な作りだが、状況のリアリティがあり、1シーンだけ切り取った絶体絶命都市(ただしプレイヤーはモブ)と言った緊張感がある。おすすめ。

魔法盛りだくさんなアーチャー伝説系『魔法使いの旅』が毎プレイ異なる魔法が戦えて楽しい、ほか3月1日の新作スマホゲー感想17本

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
魔法使いの旅:ファイティングマスター (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

バーチャルスティックで移動し、足を止めている間だけ攻撃を行う『アーチャー伝説』系シューティング。
ステージを進むとさまざまな魔法がランダムに手に入り、それを取捨選択して覚えていくとオリジナルの魔法使いができあがるのが良い。
また、特別な効果を持つ装備もランダムで手に入り、装備にあわせて魔法をビルドしていくのが楽しい。

好きと嫌いを使い分けて他人を動かす好悪パズル『About Love and Hate 2』登場、ほか2月26日の新作スマホゲー感想18本

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
About Love and Hate 2 (App Store 370円 / Steam 1,010円)

人に語りかけて引き寄せるLoveと、人を傷つけて遠ざけるHateの2人を動かし、ゴールへ移動する3Dパズルゲーム。
プレイヤーはLoveとHateを自由に操作し、1歩ずつ歩かせ、どちらか1人がゴールにたどりつければステージクリアとなる。
LoveもHateも段差は1段ずつしか上れないので、上手に人を動かして頭の上に乗って段差を乗り越えていく順序のパズル。
雰囲気も良いし、パズルもちゃんと順を追って難易度が上がるので楽しめる。

2月20日の新作スマホゲー感想後編(24本)。夢のハンバーガーを創作して売るカイロソフト新作『創作ハンバーガー堂』リリースなど

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

しばらくサボっていたので、新作一覧を1月後半分からまとめて。
昨日の分もあわせてよろしくお願いします。

注目のゲーム
創作ハンバーガー堂 (App Store 730円 / GooglePlay 730円)

具材を集めて新ハンバーガーを創作し、販売するチェーン店経営ゲーム。
販売して、投資して新しい技術やメニューを開発して、店員を雇って拡張して店舗を増やして、どんどん拡大路線で経営できるのが楽しい。 具材の相性が良いと味や人気の高いハンバーガーを作れるので、現実に存在するバーガーを想像してメニューを作るといいかも。

1月23日の新作スマホゲー21本感想。何度も書くけどシミュレーションRPG『Rivengard』がとにかくハマるのでやってみて欲しい

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Rivengard (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』の洋ゲーと言った感じのターン制シミュレーションRPG。
ユニットを育成し、戦場で戦わせるゲームではあるが、1回のバトルが1~2分で終わる快適なプレイ感がまず良い。
次に各キャラクターや地形の能力が尖っていて、短いながら1手間違えると負ける詰将棋のような施術性の深さも楽しめる。
育成と腕前のバランスも良く、とてもおすすめ。

1月16日の新作スマホゲー18本感想。YANKAIシリーズ新作神秘のダイアモンドを完成させるパズル『YANKAI'S DIAMOND』が発売

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
YANKAI'S DIAMOND (App Store 370円 / GooglePlay 340円 / itch.io )

頂点に色がついたダイアモンドをスワイプでひっくり返し、隣り合うすべてのダイアモンドの頂点の色が同じとなるように並べ替えるパズルゲーム。
ダイアモンドを移動させることはできず、左右上下に頂点の色を反転させられるのみ。
落ち着いた音楽の中で、美しい演出を楽しみながら遊べる。難易度は比較的低め。

1月9日の新作スマホゲー14本感想。東方二次創作RPG『東方地風陰』、新年の抱負をゲーム化した『しないことリスト』など

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
東方地風陰 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

東方二次創作のバトルRPG。
20枚のスペルで1つのデッキを作り、毎ターンスペルカードを引いて4枚中1枚使って戦っていくターン制バトル。
覚醒レベルの上がるカードを使うと大技を使えるようになるが、覚醒することを優先すると戦術が偏っていくあたりが駆け引きになりそう。
ゲームとしては普通にバトルRPGとして楽しめる。

1月5日の新作スマホゲー22本感想。和クトゥルフ奇譚『クトゥルフ神話異聞録シリーズ1』iOS/Androidに登場。お手軽にクトゥルフ摂取したい方におすすめ

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
クトゥルフ神話異聞録シリーズ1 (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

『クトゥルフ神話』をモチーフとした、マルチエンド型のアドベンチャーゲーム。
テキスト中心のノベル系だが、選択肢・調べたことに応じて14のエンディングに分岐。
雰囲気は良くできていて、読み物として楽しめる。
一定の区切りで広告を見ることで無料で遊べるが、広告削除して楽しむことも可能。

9月17日の新作スマホゲー9本感想。音楽からモンスターを作って育成する『モンスターファーム2』が古いゲームなのに妙に後を引く楽しさ

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
モンスターファーム2 (App Store 2,820円 / GooglePlay 2,820円 / Nintendo Switch)

1999年にテクモが発売したプレイステーション向けの同名タイトルに改善を加えて配信したもの。
プレイヤーは音楽からモンスターを作り出し、そのブリーダーとなって育成して大陸最強のブリーダーを目指すことになる。 音楽CDを使ってモンスターを生み出すRPG……のスマホ版。
スマホではCDを読み込めないので、CDデータベースから検索して音楽を指定する。 もともと人気の高いゲームだったが、50もの改善を行って配信。
ゲーム自体は古いが、遊んでみるとモンスターの動きが個性的で、種類も多くて楽しめる。

9月15日の新作スマホゲー14本感想。ランダムマップ生成なゼルダの伝説系『Songbringer』がiOSに登場。しかも、価格はSteam版の1/4。

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Songbringer (App Store 無料 / Steam)

ディスクシステム時代の『ゼルダの伝説』をリスペクトしたゲーム。
惑星に不時着したときに目覚めさせてしまった悪魔を倒すため、見知らぬ土地を冒険し、ダンジョンを制覇していくアクションRPG。
バーチャルスティックと攻撃、複数のアクションボタンを使い分ける操作はやや忙しいか。
細かいドット絵に、朝昼夕の時間に応じてエフェクトがかかって変化する環境など、見た目は素晴らしい。
また、惑星の環境はランダム生成されるので、繰り返しのプレイも可能な模様。

9月9日の新作スマホゲー7本感想。もはや禅。夕日を背に一心不乱にカップインを狙うゴルフ『Golf Odyssey』ハマる

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Golf Odyssey (App Store 無料)
引っ張り操作でボールをショットするゴルフゲーム。
2打以内にボールをカップインできなければ最初から(もしくは広告を見てやり直し)。
雰囲気が良いのと、適度に難しいのとで全20コースを制覇してみたくなる。

9月8日の新作スマホゲー7本感想。クレイアニメのような映像と、環境音の作り込み。SFサスペンスミステリー『Trüberbrook』がスマホに登場

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Trüberbrook (App Store 610円 / GooglePlay 600円 / Steam 3,090円)
1960年の冷戦中。ドイツの村を舞台としたSFサスペンスミステリー。
ゲームとしては気になる場所をタッチして調べ、アイテムを集めて障害を取り除いていくポイントクリックアドベンチャー。
クレイアニメのようなグラフィックが特徴で、映像面の完成度は申し分ない。
また、音に関しても環境を感じる良い作りで、雰囲気は最高。
App Storeでは動かないというレビューが多いが、iOS13.6のiPad Proでは動作を確認できた。

9月5日の新作スマホゲー6本感想。ネットの歴史がまた1ページ……歴史的Flashゲーム『Wonderputt』がiOS/Android向けに復刻される

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Wonderputt (App Store GameClub / GooglePlay GameClub)

スリング操作でボールを飛ばしてカップに入れるゴルフゲーム。
ゲーム自体は普通のパターゴルフだが、カップに入れた時にステージがピタゴラスイッチのように動いたり、変形する演出が秀逸。
Web上でデザイン会社が作った「遊べる広告」として話題になった歴史的ゲームの復刻で、知っておくことにネットの歴史を知るという意味もある。

9月4日の新作スマホゲー6本感想。TRPG風の語り口で進むデッキビルド・ローグライト『Mythic the Abyss』発売。リリースセールで370円のところ120円

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Mythic the Abyss (App Store 120円 / GooglePlay 120円)

毎ターン、デッキからカードを引いてスタミナを消費して使用し、敵と戦っていくローグライトバトルゲーム。
敵に勝てればカードが手に入り、そのカードを取捨選択することでデッキを強化していくスレイザスパイア系。というか、ゲームシステムはほぼそのまま、しかしバランスはやや違う感じ。
動作や演出がちょっと重いのが気になるが、ゲーム自体は楽しい。
リリースセールで370円のところ120円で購入可能。

9月3日の新作スマホゲー12本感想。職業を極めてダンジョンを攻略するローグライク『だんじょんあどべんちゃーさん』がついに登場

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
だんじょんあどべんちゃーさん (GooglePlay 無料)

職業を切り替え、さまざまなスキルを駆使してダンジョン攻略に挑むローグライク。
空腹度、らんだむダンジョン、ランダムアイテムの本格ローグライクで、もちろん、死んだら最初からやり直し。
解放した職業やダンジョンは残るので、難関ダンジョンに対して職業を選んで攻略していくゲームとなっている。
操作がやや大変だけど楽しい。

8月28日の新作スマホゲー19本感想。希望なき土地を探索する『The Last Campfire』の空気感が最高、デッキビルドRPG『クルミットの物語』もおすすめ

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
The Last Campfire (App Store Apple Arcade / Steam)

スマホ初期の良質アドベンチャーとして人気を誇った『Lostwinds』開発スタッフが、『No Man’s Sky』で知られるHello Gamesに合流して制作されたゲーム。
暗い森や古代遺跡などが存在する不思議な世界で、心を失った人々を希望の灯で照らして救い出していくアドベンチャーゲームとなっている。
行きたい場所、調べたい場所をタッチするだけのポイントクリック型の操作で、暗く神秘的な世界を探検できる良い雰囲気ゲー。

8月24日の新作スマホゲー11本感想。かわいい怪獣が失敗の許されない地獄の縄跳びを体験する『Lemme HUP!』が好きだ。

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Lemme HUP! (App Store 無料 / GooglePlay)

かわいい怪獣がのどかな音楽のなか、かわいい鳴き声を上げながら人魂をジャンプで避けるだけのゲーム。
1回でもミスすればステージの最初からなのに、100回連続で(不規則に動きが変わる)人魂を避けなければいけない。 地獄。
でも、意外にステージに変化があるし、何よりかわいいので良し。

8月23日の新作スマホゲー16本感想。ファイナルファイト系+ローグライトな『Otherworld Legends』が無料なのにすごく遊べる

※価格は記事執筆時のものなのでDL時にストアで確認してください。

注目のゲーム
Otherworld Legends (App Store 無料 / GooglePlay 無料)

ランダム生成のダンジョンに挑み、攻撃とスキルを使い分けて敵を倒すアクションゲーム。
『ファイナルファイト』のようなベルトスクロール系アクションのようなプレイと、ダンジョン冒険中に手に入るランダムスキルを組み合わせて戦う要素が上手くミックスされていて面白い。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント