RSS

記事一覧

パズルRPG『勇者ヤマダくん』お安くなってSteam版リリース。Switch版も併せて値下げに

01
2016年から2018年末まで、スマートフォン向けに配信されていた『勇者ヤマダくん』をバランス調整し、買い切り・追加課金なしで作り直した新版の『勇者ヤマダくん』がSteamにて販売開始となった。
価格は1,980円。これに合わせて2,800円だったNintendo Switch版も価格が引き下げられている。

Nintendo Switch版『勇者ヤマダくん』レビュー。アイテム課金の呪いから解放され、面白さが引き出された意外な1作

yamada-3
2016年から2018年末まで、スマートフォン向けに配信されていた基本無料・アイテム課金型のパズルRPG『勇者ヤマダくん』。
このNintendo Switch版を遊んで、今さらクリアしてしまった。
Switch版は有料・追加課金なしのゲームとしてバランスを変更した結果、面白さのポテンシャルが引き出されている。
明らかに、スマホ版より面白い。
よって、ここで初めてレビュー記事を書いてお勧めしておく。

昨年12月に告別式が行われた『勇者ヤマダくん』、Nintendo Switchで復活。新作カジュアルゲームも公式発表

01
ゲームの運営が終了し、2018年12月20日に告別式が行われた『勇者ヤマダくん』が、Nintendo Switch にて復活することが Onion Games より発表された。
オンラインゲームはいつか終了するものだが、最後に大きなイベントが行えなくとも“お別れ会”を実施するのはいいことだな、と思ってみていたのだが……。
思った以上に復活が早い。まあ、ゲームキャラクターだし、そんなものか。

期待通りに面白い。『勇者ヤマダくん』ついにリリース!

勇者ヤマダくん (itunes 無料 )
screen1136x1136
『Moon』や『王様物語』などのスタッフの手によるパズルRPG、『勇者ヤマダくん』がついにリリースされた。
本作は、一筆書きパズルにバトル要素を足して、戦術性を付加したパズルゲーム。
TGS2015などのテストプレイが面白かったので期待していたが、やはり良く出来ている様子。
序盤はあまり出し惜しみ感がなく、今のところ期待通りに楽しめている。よかった。
iPhone 6s PlusなどのPlus機種ではドット絵がぼやけてしまう模様。できれば、それ以外の機種で遊ぶか、iPadで遊ぶと良さそうだ。

なお、本作は基本無料だが、960円で体力が無限になる「実質買い切り」制度となっている。売り切り時代からのファンのかたも、安心して遊べそうだ。

レトロだけど新しい珍ゲー『勇者ヤマダくん』1月15日配信決定! 3本のゲーム解説PVも公開。

yamada03
『Moon』や『王様物語』などのスタッフの手によるパズルRPG、『勇者ヤマダくん』のリリース日がついに1月15日に決定した。
TGS2015でダントツに面白かった、と紹介しつつずっと延期していた本作。
まずは、リリース前にPVで味わってみて欲しい。

『勇者ヤマダくん』は1月上旬リリース決定。『Million Onion Hotel』については、ノーコメント

yamada_4
『王様物語』や『Moon』などの制作スタッフによる新作『勇者ヤマダくん』。
その公式飲み会が2015年12月23日に行われ、ゲームのリリースが来年2016年の1月上旬になることが明かされた。
長らく開発していたタイトルだが、ようやく正式リリース予定が定まり、ファンも一安心といったところか。

『勇者ヤマダくん』、今度こそ近日配信の模様。ミニサントラやキャラ図鑑がもらえるキャンペーン開始

oniongames - 1
Wiiの名作『王様物語』や、PSのカルト人気作『UFO』や『Moon』などのスタッフが結集したOnion Gamesの新作『勇者ヤマダくん』。
夏頃から「近日配信」と言われていたが、ついに「本当に近日」と告知され、記念キャンペーンが発表された。
配信日までにOnion Gamesのメールマガジン「のぞきみクラブ」に登録すると、デジタルデータ「勇者ヤマダの発売日記念福袋スペシャル4点セット」が届く。

『王様物語』や『Moon』スタッフ新作。スマホ向けパズルRPG『勇者ヤマダくん』の動画公開

yamadakun - 2
Onion Gamesの新作スマホRPG『勇者ヤマダくん』の動画が公開された。
本作は大手ゲーム会社に勤務するサラリーマン「ヤマダくん(36歳)」を主人公としたRPG。
夜な夜な趣味のゲーム作りに勤しむ彼は、自分の妄想RPG世界で勇者として冒険する。
と同時に、マンションに住む女子高生「マリアちゃん(18歳)」とのピュアラブストーリーも展開される。

なんとも奇妙な話しだが、『Moon』でお馴染みの木村祥朗さんがディレクター、倉島一幸さんがドット絵を担当と聞けば、その奇妙さも納得だ。
PS時代のヒットメーカーはどんなゲームをつくるのか。注目の1作である。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント