RSS

記事一覧

ドリコム、『ミコノート はれときどきけがれ』をiOS/Android向けにサービス開始。巫女とのひとつ屋根の下で暮らすRPG

ミコノート はれときどきけがれ (App Store 無料 / GooglePlay 無料)
552x414bb
ドリコムは、巫女との不思議な共同生活を描く『ミコノート はれときどきけがれ』のサービスをApp Store / Google Play 向けに開始した。
本作は、記憶を失って保護された主人公が、少女(巫女)たちとひとつ屋根の下で暮らす物語RPG。
巫女と暮らす日常、そしてノロイと呼ばれる敵と戦う非日常の両方が描かれ、それが交差する。
もともとは2019年2月に巫女たちとの暮らしを楽しむゲームとしてディライトワークス(現ラセングル)と韓国MADORCA Inc.共同開発でリリース予定だったが、2020年に提供が解消され、今回ドリコムからのリリースとなった。

ディライトワークスと共同制作を解消した『ミコノート』、ドリコムとのタッグで今冬リリースを発表。事前登録も本日10月8日より開始

FBJQL2iVkAAXYId
日常ファンタジーゲーム『ミコノート』の今冬リリースが発表され、事前登録が開始された。
本作は2019年2月に“巫女とひとつ屋根の下”というコンセプトのもと、3Dで描かれた巫女たちとの暮らしを楽しむゲームとして発表されていたもの。
もともとはディライトワークスがプロデュースし、韓国の開発会社MADORCA Inc.との共同開発されていたが2020年10月に提携解消、開発会社が独自に開発を続けることが発表されていた。
ディライトワークス、『ミコノート』に関する提携を解除を発表。ゲームプロジェクトは開発元が継続の見込み
現在公式サイトを確認すると、MADORCA Inc. と共にドリコムのロゴが掲示されており、パートナーを変更してのリリースになったようだ。

ディライトワークス、巫女とひとつ屋根の下で暮らすゲーム『ミコノート』に関する提携を解除を発表。ゲームプロジェクトは開発元が継続の見込み

04
ディライトワークスは、『ミコノート』に関する提携の解除を本日10月16日に発表した。
これはディライトワークスの社内制作部門 MIRACLE POSITIVE STUDIOS(ミラクルポジティブスタジオ)がプロデュースし、韓国の開発会社MADORCA Inc.とともに開発していたもの。

ミラクルポジティブスタジオはアジアを中心とした海外のゲーム会社やクリエイターとタッグを組み、パートナーが開発したゲームを日本国内で配信するスタジオ。
『ミコノート』は、同スタジオ初のタイトルとして2019年2月に、“巫女とひとつ屋根の下”というコンセプトのもと、3Dで描かれた巫女たちとの暮らしを楽しむゲームとして発表されていたが、その後何も音沙汰のないまま2020年10月に至っていた。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント