RSS

記事一覧

やるほどにハマって気付けば朝。都市建設パズル『SubaraCity』レビュー

dokonano_icon - 1 (3)_Fotor_Collage
『SubaraCity』は、『Triple Town』や『Threes!』など海外の有名パズルレベルの中毒性を持つ素晴らしいパズルゲームだ。
開発は『ネコアップDX』などでお馴染みの日本のメーカーTamago Loop。
隣り合う建物を合体させ都市を成長させるパズルは、一見普通の都市建設マッチパズルに見える。

しかし、職人気質のバランス調整とちょっとしたスパイスによって恐ろしい中毒性を生み出している。
寝る前に始めて、気付いたら朝。
そんなタイプのヤバいゲームである。

レベル1の勇者で魔王を討ち取るパズル『ぎゅうぎゅうダンジョン』レビュー。

aaar1
見た目はチープ。
でも遊んで見ると面白い。
『ぎゅうぎゅうダンジョン』は、モンスターがひしめくに入った勇者を導き、効率良くモンスターを倒して成長させ、最終的に魔王を滅ぼすパズルゲームだ。

開発はアナログボードゲームを作っているインディーメーカー「トイハウス」。
アナログゲームのメーカーが作っただけあり、シンプルながらもハマるパズルに仕上がっている。

美しく時が流れる4次元パズル、Under The Sunレビュー。

undersun12
Under The Sunは、縦・横・高さに時間の流れの概念を加えた「4次元パズル」である。
開発者の意図としては「時間の流れを考えるパズル」なのだろうが、3Dマップのパズルゲームの多くは時間とともに状況が変化する。
つまり、やっていることは「普通のパズル」だ。

しかし、時の流れの演出は素晴らしく、プレイしているだけで時の壮大さを感じる雰囲気ゲーまで昇華されていた。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント