RSS

記事一覧

なにかがおかしい…丈夫で元気な飼い主が、犬に振り回されながら散歩するゲーム『PlayDog PlayTag』動画公開。BitSummit7Spiritsで展示予定

01
元気な飼い主が、犬に振り回されながらお散歩するお散歩ゲーム『PlayDog PlayTag』がかなりキてる。
お散歩はいつでも楽しいし、元気な犬と飼い主の様子を見るのも楽しい。
が、このゲームの動画は何かがおかしい……元気で丈夫な飼い主が、犬に振り回されているうちに……街が破壊されているではないか!

ついにスマホ版『ラグナロクオンライン』が日本へ! ガンホー『Ragnarok M:Eternal Love』について5月中に正式アナウンス実施

2019-05-13_23h04_42
長らく海外でサービスされており、日本展開が今かと待たれていた『ラグナロクオンライン』のスマホ版『Ragnarok M: Eternal Love』。
その日本版について、パブリッシャーであるガンホーから5月中に正式アナウンスがあると、決算説明会用の資料で発表している。

自作ロケットを操作して惑星に挑む”クラフト&大気圏突入”ゲーム『Solar Explorer: New Dawn』にiOS版登場。5月20日発売で予約受付開始

自作ロケットで惑星に着地するクラフト&姿勢制御操作のロケットシミュレーター『Solar Explorer: New Dawn』が5月20日、iOSにやってくる。
スマホではロケットの姿勢を制御して着地する『Luner Lander』系ゲームが何作もヒットしているが、これはその超豪華版。
3Dのロケットを設計し、様々な物理シミュレートがなされた惑星を飛び、着地するまでが美しいグラフィックで描かれるのだ。

インディーゲーム展示会『東京電脳特区v1.0』、2019年6月15日開催。開発者が運営し、作品を持ち寄って作る制作者主体の新しいイベント

dent-1
日本のインディーゲーム開発者が、自らのゲームを持ち寄って行うインディーイベント『電脳特区v1.0』が、2019年6月15日(土)に青東京都渋谷区の青山峰で行われることが発表された。
すでに前もって2019年2月にプレイベントが行われていたが、そのときからラインナップは大幅に入れ替えられているとのこと。
東京電脳特区は、東京に個人・小規模ゲーム開発者を集めた特別区域があったら...という設定のもとに作られたゲーム作品を展示イベントです。
クリエイターの、クリエイターによる、クリエイターのための小イベントとなっている(写真は前回の様子)。

DeNA、マリオに続いてポケモン獲得。『ポケモン』を活用したスマホゲームを2019年期配信予定と発表

2019-05-10_16h39_20
DeNAが5月10日に発表した事業説明資料のなかで、『ポケモン』を活用したスマートフォン向けのアプリゲームを2019年の期に配信予定であることを明かした。
タイトル内容、リリース時期についての詳細は、今後順次発表されるとのこと。
DeNAが開発会社と協力して作るゲームに関していえば、『メギド72』や『世紀末デイズ』など一定以上の品質が保たれている。
こういった取り組みでは、何かしら面白いものが出てくる可能性もありそう。
夏には『マリオカートツアー』のβテストも控えているし、2019年はDeNAがスマホゲームの注目株になるかもしれない。

米連邦議会上院議員、未成年にガチャとPay to Winゲームの禁止法案提出すると発表。内容は荒唐無稽

2019-05-09_22h38_36
米連邦議会の上院議員ジョシュ・ホーリーさんが、ゲームのルートボックス(ガチャ)、金を払うほどに有利なゲーム設計(Pay to Win)などを未成年向けゲームに対して禁止する法案を提出すると発表し、話題になっている。
これは「近年、ビデオゲーム業界は消費者の衝動的な課金を促進する収益化モデルに依存するようになっている」ため、未成年をこれから守るための法案だという。

世界を救うまで、滅びの100日間を繰り返すRPG『Ending Days』リリース。100ターンで完結する見事なスマホ向けローグライク

Ending Days (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
世界が滅ぶ最初の100日間を繰り返し、世界が救えるまで戦うRPG『Ending Days』がiOS/Android向けにリリースされた。
本作は『Buriedbornes』や『Deck de Dungeon』など、ゲームシステムで遊ばせる硬派RPGでヒットを飛ばすNussy Gameの新作。
2人のキャラクターでパーティを組み、絆を深め合いながら、魔王打倒を目指すローグライクRPGとなっている。
同じ日に7日の物語を繰り返す『永遠の七日』がリリースされたが、こちらは物語ゲームではなく、100日を効率よく使うバトル系RPGなので、ジャンルとしては大きく異なる。

永遠に7日間を繰り返すマルチエンディングRPG『永遠の七日』リリース。

永遠の七日 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
ゲーム期間はたった7日間。プレイヤーの選択で仲良くなるキャラクターや、物語の展開が次々と分岐し、エンディングが変化する物語RPG『永遠の七日』がDeNAよりリリースされた。
本作は中国ネットイースが展開するゲームで、海外版は重厚な物語とアドベンチャーゲームのような分岐に「ゲーム機作品を遊んでいるようだ」と評価された期待作。
ゲームキャストでも過去に中国版のレポートを掲載している。

ローグライクアクション『Dead Cells』スマホ版発表。操作に関する移植の苦労と知見を語る開発記も公開

生と死を繰り返し、自動生成の迷宮を踏破するローグライク・メトロイドヴァニア・アクション『Dead Cells』が、iOS向けに今夏、Androidにはその後からリリースされることが発表された。
パブリッシャーは『Evoland 2』などを手掛けた Playdigious。
アイテムや地形配置がランダムなローグライクと、決まったイベントをこなしていくメトロイドヴァニア、スピーディーなアクションが融合した本作は、インディーゲームとして記録的なヒットを記録した人気作の1つ。
だが、ある程度複雑なアクションをスマホで……となると、操作性が心配になるもの。それに関して1年前から行われた試行錯誤の手記を同時に公開している。

バルカンとロックオンレーザーで戦う古典派3Dシューティング『フライングガール ストライカー』リリース。広告付き無料だが、課金で買い切りアプリ形式で遊ぶことも可能

フライングガール ストライカー (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
X68000、メガドライブなどの時代からのゲーム開発者Taniさんによる3Dシューティングゲーム『フライングガール ストライカー』がApp Store / GooglePlay向けに登場した。
本作はバルカンとロックオンレーザーによる古典派の3Dシューティングとして開発されており、巨大基地や谷間、宇宙など、多くの映画で見られる"お約束”にあふれたバトルを楽しめる。1作となっている。

偽りの楽園から、真の楽園を目指す釣り物語『フィッシングパラダイス』リリース。『くまのレストラン』の後日譚

フィッシング・パラダイス (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1

美しく鮮やかな天国で、ゆったり釣り生活をしてみませんか?

天国で釣りを楽しんで、友達を作って、自分の家を飾って、友達の悩みを解決して生活する物語釣りゲーム『フィッシングパラダイス』がApp Store / Google Play向けに登場した。

本作は死者に最後の晩餐を振る舞う『くまのレストラン』の後日譚となっているが、単品でも楽しめる「釣り+物語」のゲームになっている。

人がいない惑星で、機械が機械の葬式を行う『おわかれのほし』リリース。ひとりぼっち惑星のところにょりさん新作

おわかれのほし (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
『ひとりぼっち惑星』で名をあげたところにょりさんの新作、『おわかれのほし』がついにリリースされた。
ゲームの舞台は、水没しつつあるロボットの村。
村人はほぼ全て死に絶え、その遺体があちこちに転がり、建物は朽ちていくだけの終末の世界だ。
プレイヤーは村最後の生き残りとして、住人の生前の様子を知り、その弔い方を知り、最終的にすべての住人を墓に葬るお別れのゲームとなっている。

陰鬱な話を詰め込んだ読む処方箋『退廃思考』iOS/Android向けにリリース。『妖怪惑星クラリス』メインライター、星野一人さんの無料短編集

02
『妖怪惑星クラリス』メインシナリオライターを務めた星野一人さんによる新作ノベルゲーム『退廃思考』がApp Store / Google Play向けにリリースされた。
本作は陰鬱な短編を100以上収録しており、静かで不気味な音楽の中、ヒロインが物語を次々と語る形で展開する。
本作は「読む処方箋」として作られており、自分は生きる価値がないとか、社会に対する不安とか、胸を締め付ける漠然としたものを物語にして語り、それを読んで言葉にすることで解消する……そういったものになっているという。
スクリーンショットを見る限り、『妖怪惑星』で見られた奇天烈な言語センスも受け継がれており、いろいろな意味でユニークな体験ができそうではある。
ちょっと変わった物語に興味があれば、ぜひダウンロードしてみて欲しい。

アプリリンク:
退廃思考 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

カリブ海の島国を治める国作りゲーム『Tropico』ついにiPhoneに対応。名作『Tropico 3』をベースとした移植版

tropicorcrcg-1
カリブ海に浮かぶ島国の独裁者、エル・プレジデンテ(大統領)として島を発展させる島経営政治ゲーム『トロピコ(Tropico)』がアップデートでついにiPhoneに対応した。
イメージ画像を見るときな臭いが、独裁者の実態は国民のための下働き。
冷戦下で革命の荒らしが吹き荒れるなかで各政治勢力のご機嫌を取り、隣の大国におべっかを使い、さらに国民が不幸になれば革命で倒される……そのプレイ感は少しきな臭い『シムシティ』である。

名作アクション『モンスターワールドII ドラゴンの罠』リメイク版が5月30日にiOS/Androidに移植リリース。予約で30%オフのキャンペーンも実施

01
距離を見切り、パターンを作って戦う王道の横スクロールアクションに、装備品などを探すアドベンチャー要素が融合した往年の名作『モンスターワールドII ドラゴンの罠』。
(日本ではキャラを差し替えた『ビックリマンワールド』という名前でも1作目がヒットしている)
これを手書きアニメーション、オーケストラサウンドで化粧した豪華リメイク版『Wonder Boy: The Dragon's Trap』がスマホにやってくる。
DotEmuは、5月30日に同作をApp Store / Google Play向けに配信することを発表した。移植を手がけるのは、数々のスマホゲームを移植した実績を持つPlaydigiousとなる。

エスと一緒にハヤカワのSFを読める『ALTER EGO2.0』配信開始。青いALTER EGO担々麺もコラボ店で提供開始

03
自分探しゲーム『ALTER EGO』がアップデートし、毎日の挨拶イベント、有料の後日譚、ハヤカワ文庫SFコラボなどの追加シナリオが加えられた。
本作は心に刺さる言葉を投げかける回廊を歩き、思索にふける女性“エス”と出会い、彼女とプレイヤーの会話、受け答えによってプレイヤーの精神分析を行うゲーム。
その内向きな内容がうけ、インディーゲームながら各所でコラボ展開が始まり、今回は作品のカラーである青をメインにしたラーメン店コラボも発表されている。

呪われた血の力で、暗黒の迷宮を踏破せよ。ダークファンタジーRPG『ダークブラッド』配信開始

ダークブラッド (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
魔物の巣窟に頭を悩ませた国王は、呪われた魔王の血を引く不死者を洞窟に放り込み、無限に戦わせることを思いつく。
その不死者こそプレイヤー。
何度でもダンジョンに挑み、死ぬたびに復活して強くなるRPG『ダークブラッド』が、App Store / Google Playに向けてリリースされた。

目覚めたとき、少年は女の子になる。TS+SCPクトゥルフ神話アクションRPG『Witch's Weapon-魔女兵器-』リリース。

Witch's Weapon-魔女兵器- (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
01
朝、目覚めたとき、少年は女の子になる……!
通称「あさおん」と、クトゥルフ神話、SCPのような怪奇を融合したアクションRPG『Witch's Weapon-魔女兵器-』がサービス開始となった。
世界を救うことと引き換えに聖杯に願いを託した主人公は、代償として女の子になり、怪奇事件に巻き込まれることとなるが……!
本作は開発の中国でも「かなり攻めた」物語ゲーム。ただ、アクションバトルに関しては並だが、本作の中国版を知るものによると「シナリオはきっちり面白い」とのこと。
特異な設定に引かれる方は、試してみるといのではないだろうか。

スマホ版『ユグドラユニオン』ディレクター渡辺恵太さん特別インタビュー。なぜ、STINGは今になって有料ゲームを出しまくるのか

TOP素材
2019年になって、カルトノベルゲーム『バロックシンドローム』、ファンタジー戦術ゲーム『ユグドラユニオン』と、立て続けに有料アプリをリリースし始めたゲーム会社STING。
両者ともに現代に合わせた見事な移植だったが、特に『ユグドラユニオン』に関しては、完全版と言っていいほどのリメイクが施されていた。
もしかして、STINGは壮大なゲーム移植計画……もしかしたら、新作なんかも考えているのではないか!?
そう考えたゲームキャストは、STINGにお邪魔してその真相と『ユグドラユニオン』移植の経緯をインタビューすることにした。
そして、幸いなことに今回、両スマホアプリのディレクターである渡辺恵太さんに詳しくお話を伺えたので、皆さんにお届けする。

今夏リリース予定の『マリオカート ツアー』、Android向けにクローズドβテスト実施。公式サイトで5月8日まで受付

2019-04-25_13h37_35
任天堂の看板シリーズ、『マリオカート ツアー』がついにスマホに姿を現す。
夏リリース予定のカートレースゲーム『マリオカート ツアー』の品質向上のため、2019年5月22日~6月5日にかけてクローズドβテストが行われる。
βテストはAndroid端末限定で、公式サイトから申し込みを行える。予定数を超える応募があった場合は抽選が行われ、当選者のみが参加可能。
βテスターの募集は2019年5月8日11時59分まで。最新の任天堂スマホゲームを遊びたいなら、これに応募しておくしかない。

募集サイトはこちら

蒼く鮮やかな天国で釣りを楽しむ『フィッシングパラダイス』予告動画公開。物語&釣りの『くまのレストラン』スピンオフ作品

ss1

美しく鮮やかな天国で、ゆったり釣り生活をしてみませんか?

たびたび不穏なゲームをリリースするDaigoさんより、天国へ行く魂に最後の晩餐を振る舞う『くまのレストラン』の後日譚、『フィッシングパラダイス』の予告動画が公開された。
今回はカジュアルに、明るいゲームになる(本当だろうか?)ようだ。

『聖闘士星矢 ゾディアック ブレイブ』にて、ファミコン版『聖闘士星矢 黄金伝説完結編』を復刻したゲーム内イベント実施! これはずるい…。

saintrr-2
車田正美さんの人気漫画『聖闘士星矢』の基本無料ゲーム『聖闘士星矢 ゾディアック ブレイブ』にて、1988年に発売されたファミコンゲーム『聖闘士星矢 黄金伝説完結編』を復刻し、プレイさせる珍しいイベントが開催されている。
同作内では、現在グランドオープン3周年イベントを行っており、これはその一環となる。

拾って作るクラフトローグライクRPG『アルケミックダンジョンズDX』App Storeに登場。内容はNintendo Switch版そのままのお得品。

AlchemicDungeonsDX (itunes 480円 iPhone/iPad対応)
ss1
『風来のシレン』などに影響を受けて作られた王道のローグライクRPGに、クラフト要素を加えた『アルケミックダンジョンズDX』がApp Storeに登場した。
先にも書いたとおり、本作の特徴はクラフト。
ダンジョン内で得た草を調合して薬にしたり、石に薬をすり込んで魔法の石にしたり、さらには武器や鎧に魔法石を組み合わせて特殊能力を付加したり。
素材がある限り、いつでも、なんでもクラフトできる。
限られた素材を、どこで使うかの計算が楽しい変わり種のローグライクRPGだ。

夢は立派な臓物栽培家! 内臓を育てるポップなクリッカーゲーム『わすれなオルガン』がiOS/Androidに登場

わすれなオルガン (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
見習いのオルガンは、静かな村の外れで師匠のイレーヌと共に暮らしています。 イレーヌのお店は小さいながらも、お客さんで大繁盛。オルガンもお店を手伝っています。 オルガンの仕事は温室でお店の品物を育てること。水をやって、鉢植えで育つのは……内蔵。
そう、立派な臓物栽培家になるために頑張る育成ゲーム『わすれなオルガン』がスマホでリリースされた。

生きるのか、 生かされるのか-5月11日『リボルバーズエイト』大会オールプレイヤーズカップ開催のお知らせ

01
さて、リリースから3カ月。
ずっと遊び続けてしまっている対戦リアルタイム戦術ゲーム『リボルバーズエイト』の大会をちょっと大きめに開催しようと思います。
非公式の大会で、参加条件は一切ありません。ゲームを始めて間もない方でも大丈夫。ぜひご参加ください。

日時は2019/05/11(土) 21:00 より。
Lobi トーナメントの機能を使って行います。

対戦ボードゲーム『ナナカゲ~7つの王国と月影の傭兵団~』事前登録開始。内容は?ガチャはあるの?調べてみました![AD]

02
5月リリースを目指して、モブキャストとneptuneが共同開発中のスマホRPG『ナナカゲ~7つの王国と月影の傭兵団~(ナナカゲ)』が事前登録の受付を開始したようです。
このゲームはPvPを主軸にした対戦型シミュレーションRPGです。
移動や配置、各キャラクターユニットの特性をいかした戦略と戦術、トレーディングカードゲームのような駆け引きが特徴らしいです。
よくわかりませんね。そこで、気になっている人のために調べてみました!

GBA音源で最新ゲームを遊べる!『ユグドラユニオン』にGBA版57曲、イメージ音源21曲パック追加のアップデート実施

TOP素材
ファンタジー戦術ゲーム『ユグドラユニオン』がVer1.1へアップデートし、楽曲パック購入によるアレンジBGM再生機能が追加された。
BGMは2種類。
初代ゲームボーイアドバンス版の曲で遊べる57曲セット(360円)、オリジナルBGMの元になった音源をイメージBGM21曲セット(120円)となる。

中二病な世界観を真面目に演出するRPG『禍つヴァールハイト』サービス開始。

禍つヴァールハイト(まがつ) (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
KLab期待の新作『禍つヴァールハイト(まがつ)』がリリースされた。
人間を覚醒させ、ときに化け物へと変える“光”により滅びを迎える世界ヴァールハイト。

プレイヤーは光によって覚醒した者たちが集う組織“機動兵団”に入団し、ほかのプレイヤーとともに戦うこととなる。

サイバーパンク格闘ゲーム『Metal Revolution』4月25日にβテスト開始。上下段なし、簡単コンボで戦う崩しあいのゲーム

02
リズムゲーム『尼山シャーマン』を開発した Next Studios のPC向けサイバーパンク格闘ゲーム『Metal Revolution』が4月25日、βテストを開始する。
本作の特徴は、複雑な操作を行わなくても戦えるバトルシステム。
複雑な操作なく格闘ゲームを楽しめるように、上下段(しゃがみ状態がない!)の要素をなくし、簡単な入力でコンボが出せるようになっているという。
ゲームとしてはガードを崩す技、前後の回り込みで「崩し合う駆け引き」を楽しめるとか。

課金で後悔しないための『ラストイデア』の”ブースト”と”サブスクリプション確認と停止”に関する説明。そして、運営の表記ミスと思われる部分の紹介

la-2
先日から、『ラストイデア』にむちゃくちゃハマっている。
『ディアブロ』のような様々な特殊能力に合わせて装備を探し、自身を強化していく育成&ハック&スラッシュ要素がとても良くできており、ゲーム機並みにプレイが面白い。
スタミナ制というのが玉に瑕ではあるが、スマホのハック&スラッシュとして(有料ゲームを勘定に入れても)最高峰の1つといえるだろう。
ただ、このゲームは日本的なガチャゲーではないため、メインの課金アイテム“ブースト”がとてもわかりづらくなっているし、説明文が間違っているように見える場所もある。
本来は紹介記事を優先するべきとは思うが、課金周りの後悔はしない方がいいと思うので、すでTwitterでハマりっぷりを見てゲームを遊んでくださっている読者の方向けに書いておく。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント