RSS

記事一覧

KOF八神庵SNK公認で異世界へ。『THE KING OF FANTASY 八神庵の異世界無双 月を見るたび思い出せ!』予約受付開始

01
令和時代ともなれば、八神庵だって異世界に転生する。
ドラゴンノベルスより、SNK監修の公式ノベル『THE KING OF FANTASY 八神庵の異世界無双 月を見るたび思い出せ!』が2019年7月5日に発売されることが明かされた。
本作は『THE KING OF FIGHTERS(KOF)』の人気キャラクター、八神庵が異世界に転生して無双する物語。
ゴブリンも! ドラゴンも! 女騎士も! すぐ楽にしてやる モンスターども……遊びは終わりだ!

宿敵・草薙京との決戦の果てに――八神庵は異世界に転移していた。その地で出会った女騎士・アルテナをなりゆきで救った庵は彼女の勧めで武芸大会に出場するが、それはエサーガ公国を舞台にした冒険と激闘の始まりに過ぎなかった――。KOFの人気キャラクター・八神庵の紫炎が異世界を焼き尽くす、禁断のファンタジー小説!

きた、いつものアレだ! ゲーキャス因縁のMMORPG『MU:奇蹟の覚醒』が事前登録受付中。過疎サーバーを探して一緒に国を作ろう! [AD]

MU:奇蹟の覚醒 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
PCでリリースされたMMORPG『MU(ミュー)』のスマホ版、『MU:奇蹟の覚醒』の事前登録が始まっている。
このゲーム、公式サイトを見てもゲームシステムがわかる情報は見当たらない。
しかし、Google Playのスクリーンショットを見て……私は運命を感じた。
ゲームキャスト的には因縁のゲームであり、絶対遊ぶ作品なのだ。

ゲーム版ティラミスヒーロー事件!? 中国でクローンゲームが本家の商標を取得し、合法的に本家『Clicker Heroes』をストアから葬り去る

01
クローンゲームを製作する業者が、中国内で『Clicker Heroes』の商標を取得し、商標をたてにApp Storeから本家『Clicker Heroes』を追放するのっとりが発生してしまった。
開発元PlaysaurusのCEO、FragsworthさんがRedditで語ったところによると下記のような事件となる。

・2014年11月23日に『Clicker Heroes』は『点击英雄』という名で中国サービス開始
・2015年2月13日にShenzhen Lingyou Technology Co., Ltd.,が『点击英雄』の商標を取得し、クローンゲームにこの名前をつけた。
・商標侵害を理由にApp Storeに削除要請を行い、Appleは法律に従って削除

という流れになるようだ。

人気爆発中の『Dota オートチェス』スタンドアロン版をValveが独自開発することを宣言。

01
オートで戦うコマを場に出していき、8人のプレイヤーが同じ場で戦うバトルロワイヤルゲーム『オートチェス』。
現在、さまざまな模倣品が世に出ているが、このゲームはValve社のゲームである『Dota 2』をもとにしてDrodo Studioが開発した『Dota Auto Chess』が起源となっている。
そして、ある意味本家ともいえるValveが、Drodo Studioの許諾を得て『Dota Auto Chess』を独立したゲームとして開発していることを発表した。
多くの模倣品と異なり、ValveはDrodo Studioと対話を行っており、お互い独自に『オートチェス』のゲームを作り、お互いにサポートし合うことになっているとのこと。

オープンゲーム機『Ouya』サービス終了。夢は大きかったが、現実は厳しかった

01
Android搭載の据え置きゲーム機Ouyaとのサービスが2019年6月25日をもって終了することがRazerより発表された。
終了後はアカウントサービスも停止し、購入済みのゲームも含めてすべて遊べなくなる。
同社はAndroidセットトップボックスのForge TVも同時に終了しており、この周辺事業から手を引くにあたって打ち切りになったと思われる。

2012年、OUYAは参入が容易でハードウェアのハックOKなゲーム機として発表され、ゲーマー向けにもゲームはすべて無料体験してから金を払って遊べるとアナウンスし、一躍注目を浴びた。
実際、およそ10億円というクラウドファンディングの中でも最大規模の成功をおさめ、2013年6月にサービスされたころはOUYA専用ゲームがいくつか作られ、『Final Fantasy』の移植も発表され、順調な滑り出しに見えたのだが……うまくはいかなかった。

幻想的な音楽と、風景と。幻想アクションRPG『Heroine Anthem Zero』App Storeでリリース

Heroine Anthem Zero (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / Steam)
ss3
弦楽器とピアノをメインとしたノスタルジックな音楽、緻密に描き込まれた背景が魅せるファンタジーの世界。
幻想アクションRPG『Heroine Anthem Zero』がWinking Skywalker Entertainment Limitedよりリリースされた。
本作はSteamやPS4などでも配信された作品の移植版で、先行するレビューなどを見ると賛否両論となっている。そのため、1時間ほどプレイしてみたのだが……アプリ版はかなりお買い得といえそうと感じたので軽く紹介していく。

優良ゲーム20作そろい踏み。Google Play Indie Games Festival 2019優秀作品発表。オンライン投票も実施予定

01
インディーフェス、Google Play Indie Games Festival 2019の優秀作品20作品が発表された。
これは、Googleが主催するインディーゲーム支援イベントで、Google Playにリリースされている、もしくはリリース予定のオリジナルゲームから、プレイヤーの投票で順位が決定するもの。
どのゲームも面白そうなので、今回はiOSのリンクも添えて紹介していく。

世界最大級のeスポーツゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』スマホ版開発中。TencentとRiot Gamesが共同開発

01
ロイターの報道により、スマホ版の『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』が、PC版開発元のRiot Gamesと親会社のTencentによって開発中であると報じられた。
LoLとは2009年に始まったPC向けのMOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ)で、2チーム10人のプレイヤーがキャラクターを操作して戦い、敵側の本陣を攻め落とす戦術要素の高いゲームである。
世界9000万人のプレイヤーがおり、eスポーツタイトルと言えばこれが真っ先に浮かぶ作品でもある。
現在、スマホで人気のMOBAである『モバイルレジェンド』や『伝説対決』などはこれを模倣する形で生まれている伝説的ゲームでもある。
前者は訴訟になり、後者は開発したTencentがRiot Gamesを購入したことで騒動が終わった)

ポケモンの新作スマホゲーム『ポケモンスクランブルSP』GooglePlayで配信開始。iOS版は準備中

ポケモンスクランブルSP 基本無料 (GooglePlay)
91
ポケモンの新しいゲーム『ポケモンスクランブルSP』がスマホにやってきた。
本作は、お気に入りのポケモンとともに未知の島を調査し、敵のポケモンを倒して行く“爽快ぶっ飛ばしアクションゲーム”。
島や海域は2週間で変化し、新しいポケモンや冒険と出会えるという。
なお、現在はGoogle Play版のみが公開されており、iOS版は準備中となっている。
iOS版についてもリリース次第追記する。

カメラをかざすと動きだす絵がインディーゲーム開発者によって試作される。今後、独自機能を追加して絵本の製作予定。

2019-05-22_15h39_10
夢世界放浪アドベンチャー『Strange Telephone』の製作者yutaさんが、スマホをかざすと動き出す絵本の試作動画を公開して話題になっている。
仕組みは単純で、AR機能で絵を読み込み、動くイラストを表示しているだけなのだが……名ともいえない味がある。

熊本県を舞台に銃を撃ちまくる完全無料ガンシューティング『アサルトチェーンガンKM』超アップデート実施。テロリストを撃っているだけで楽しいので遊んで欲しい

as--2
テロリストに占拠された熊本で、銃をぶっ放せ!
ただ撃っていれば楽しいガンシューティング『アサルトチェーンガンKM』がアップデートし、夜の工場地帯で戦う新ステージが追加された。
さらに今回はヒット音を作り直し、振動機能も追加。とくにヒット音の変更が大きく、ゲームの爽快感が一気に上がっている。
1990年代をガンシューで過ごしたゲーマーだけでなく、楽しく銃をぶっ放したいゲーマーに大変おすすめなできるゲームとなった。

『Call of Duty:Mobile』に100人で戦うバトルロワイヤルモードを搭載。6種の職業があり、最大4人チームでの戦いも可

06
テンセントとActivisionが共同で開発するスマホ版『Call of Duty:Mobile』に、新しいバトルロワイヤルモードが搭載されることがCall of Duty®: Mobile』の公式ブログにて明かされた。
バトルロワイヤルモードは、スマホ版専用に新しく作られたものになり、100人のプレイヤーが同時にオープンワールド(過去作のマップの要素を引き継いだ複数のマップがある)に降り立ち、戦場で物資を集めて最後の1人になるまで戦うものだが……既存のゲームとは少し違ったものになるようだ。

ド級MMORPG『EVE ONLINE』のスマホ版、『EVE ECHO』のゲーム内動画公開。中国では事前登録も実施中

Keyart_EVE_Echoes_for_EVE_Vegas
『EVE ONLINE(イブ オンライン)』のスマホ版、『EVE: Echoes』初となるゲームプレイ動画が公開された。
『EVE ONLINE』とは、プレイヤーがSF世界の住人となり生活するだけでなく、政治、戦争まで行える超ド級のMMORPG。
プレイヤーが治める複数の勢力圏があり、普段は交渉によって物事が進むが……いったん戦争がはじまれば、多くのプレイヤーが数カ月ためた資産をつぎ込んで戦い、ときには現実の資産にして数百万、数千万の金が吹き飛ぶ飛ぶという重さが魅力(「Eve Online」の複雑怪奇な世界の魅力(ign Japan))。
もとはPCゲームだが、このスマホ版をNetEaseがCCP Games(原作の開発元)と共同で開発している。


実質、新旧ライダー対決! 『KOF ALLSTAR』、藤岡弘、(覇王丸)と中村優一(草薙京)が戦う実写CM公開

スマホアクションRPG『KOF ALLSTER』が『サムライスピリッツ天草降臨』とのコラボを記念して、なんと実写のCM動画が公開された。
覇王丸を演じるのは藤岡弘、さん。そして草薙京を演じるのは中村優一さん。
藤岡弘、さんは初代仮面ライダー、中村優一さんは『仮面ライダー電王』の仮面ライダーゼロノスなどを演じており、新旧仮面ライダーの演者対決が見られる豪華CMとなっている。

ダンスの動きに燃えろ! コナミのダンスユニット育成ゲーム『ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -』サービス開始

ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! - (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
コナミの新作リズムダンスゲーム『ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -』が5月21日サービス開始になった。
本作は3人のキャラクターによる華麗なダンスを特徴としており、とくにチームの信頼を深めることで派手な演出が見られる“関係性”によるダンスの変化取り入れたことが特徴となっている。
プレイヤーはダンサーを育成する紅鶴学園のコーチ科生徒として、同じ学園で学ぶダンサーを“ダンキラ”のトップダンサーに育て上げることとなる。

すごくかわいい…! サイコロ型の小さな国を作る『ドラゴン×コロニーズ』事前登録開始。LEVEL5と元カプコンの稲船さんの共同作品

hacolony_pc
サイコロ型の小さな国を作ろう。
ついに……!
LEVEL5の新作『ドラゴン×コロニーズ』の新規PVが公開され、事前登録が始まった。
元カプコンの稲船さん率いるcomceptの共同作品として2017年に発表され、そのまま音沙汰がなかったが……心配は無用だった。
出てきたものは当初に公開されたゲームコンセプトそのままで(当時の記事)、すごく面白そうなものになっている。

アプリを見て遊ぶ拡張可能なボードゲームRPG『ダンジョン&ダンゲロス』、ゲームマーケット2019春にて発売

02
ブラウザ上のアプリと連動し、最大4人協力して遊ぶ迷宮探索ボードゲーム『ダンジョン&ダンゲロス』がゲームマーケットにて販売されることが予告され、取り置き予約が始まっている。
本作はダンジョンを生成するためのボードとタイル、キャラクターなどが入った製品を購入し、物語を進行するアプリにアクセスして遊ぶ「物理ボードゲーム+アプリ」のゲームだ。

モンスターを召喚しつつ、自分も戦うオンライン協力対戦アクション『ガンビット』が結構面白いし、意欲的なつくりでハマりかけている [AD]

ガンビット (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ganbitr-
子供向けの玩具を想起するようなかわいい見た目ながら、ゲームは本格派。基本無料ゲームとしてもなかなかに意欲的。
手札からAIで戦うモンスターを召喚して敵を取り囲み、ときに自らも魔法で武装して戦うオンライン対戦アクションゲームが登場した。
アソビズムの新作『ガンビット』である。

恐竜の骨を発掘して、博物館に飾ろう!『ボクと博物館』iOS/Android向けにリリース

ボクと博物館 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2

恐竜の化石を発掘して、ボクだけの博物館に飾ろう!

恐竜博物館を経営ゲーム『僕と博物館』がApp StoreとGoogle Playにリリースされた。
開発は『ハンマーズクエスト』のoridioで、簡単なパズルを解いて恐竜の骨が組みあがっていく様子を楽しむカジュアルな経営ゲームとなっている。

ステージを「塗って作り替える」パズルゲーム『テンピーポーテンカラー』がiOS/Android向けに登場。作りこみ良し、テンポ超良しの逸品

テンピーポーテンカラー (itunes 240円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ten--3
触って気持ちいい、色を変えて気持ちいい。
画面の色を塗り替えてステージの構造を変え、ひたすら直進する“ピーポー”をゴールまで送り届けるパズル『テンピーポーテンカラー』がApp StoreとGoogle Play向けにリリースされた。
色を塗るとなぜステージの構造が変わるかって?
それは、続く説明を見て欲しい。

思い出を紐解き、明かすノスタルジックパズル『The Gardens Between』iOS版ついに登場。記憶の庭の先で見るものとは

The Gardens Between (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
ss1
幼馴染のArinaとFrendtの記憶の世界を歩くノスタルジックパズル『The Gardens Between』がついにiOSでリリースされた。
主人公たちには共にすごした時間と思い出があり、それはゲーム内で美しい庭園として表現される。
子供たちの過去にあるノスタルジックな風景は、多くのプレイヤーの心をわしづかみにすることだろう。
しかも、アートだけでなくゲームとしてもうまく作られているおすすめゲームである。

世界中がマイクラの舞台となるAR+位置ゲー『Minecraft Earth』発表。公式サイトでβテスター募集開始

『Minecraft』が、最先端のARゲームになってやってくる。
Microsoftは、現実世界とボクセルのマイクラ世界を重ねられるARゲーム『Minecraft Earth』を発表し、βテスターの募集を開始した。

メガドライブミニに『幽遊白書 魔強統一戦』が! 収録タイトルさらに10タイトル公開

2019-05-16_21h17_00
メガドライブの発売約30年記念となる、手のひらサイズのゲームマシン『メガドライブミニ』。
その収録タイトルが電撃の配信番組内で新たに10タイトル明かされた。
そして、驚くべきことにその中には『幽遊白書』原作のゲームとして、屈指の名作(かつプレミア)タイトルとされる『幽遊白書 魔強統一戦』まで入っていたのだ。

SteamのPCゲームをスマホで遊べる『Steam Link』がiOSにも登場。アクションでも遅延を感じずに遊べる優秀なアプリ

ss2
Steamで購入したゲームを、スマホやタブレットで遊べる『Steam Link』がとうとう iOS にやってきた。
本アプリはPCでSteamとゲームを実行し、5GHzのwifi や有線でつながっているスマホやタブレットでそれを遊ぶ中継アプリ。
つまり、PCで実行できるならどんなゲームでも遊べるアプリである。

自分探しタップゲーム『ALTER EGO』、5月17日よりテレビCM開始。無料インディーゲームからついに地上波へ

01
カラメルカラムより、自分探しゲーム『ALTER EGO』が45万DLを突破し、5月17日よりTOKYO MXにてTVCMの放送を開始することを発表した。
『ALTER EGO』は、心に刺さる言葉を投げかける回廊を歩き、思索にふける女性“エス”と出会い、彼女とプレイヤーの会話、受け答えによってプレイヤーの精神分析を行うゲーム。
小規模開発の無料ゲームながら、精神を分析する内向的な内容がコアな人々に刺さり、いまもなお支持を拡大しつつある。

終了したソシャゲのヒロインたちを描く『終幕彼女』ゲーム開発中止。物語はノベルとしてリリース予定

endrole_ogp
サービス終了したスマホゲームのヒロインが現世に転生し、ソシャゲを終了に導く存在と戦う3DアニメーションRPG『終幕彼女』の単独開発中止が、アクセルマークの決算発表資料にて明かされた。
2018年11月13日には「総合エンターテイメントプロジェクト」として展開を広げるとしてサービスの開始時期を延期すると発表されていた本作だが、ゲームの開幕を迎えることが困難になっているようだ。

なにかがおかしい…丈夫で元気な飼い主が、犬に振り回されながら散歩するゲーム『PlayDog PlayTag』動画公開。BitSummit7Spiritsで展示予定

01
元気な飼い主が、犬に振り回されながらお散歩するお散歩ゲーム『PlayDog PlayTag』がかなりキてる。
お散歩はいつでも楽しいし、元気な犬と飼い主の様子を見るのも楽しい。
が、このゲームの動画は何かがおかしい……元気で丈夫な飼い主が、犬に振り回されているうちに……街が破壊されているではないか!

ついにスマホ版『ラグナロクオンライン』が日本へ! ガンホー『Ragnarok M:Eternal Love』について5月中に正式アナウンス実施

2019-05-13_23h04_42
長らく海外でサービスされており、日本展開が今かと待たれていた『ラグナロクオンライン』のスマホ版『Ragnarok M: Eternal Love』。
その日本版について、パブリッシャーであるガンホーから5月中に正式アナウンスがあると、決算説明会用の資料で発表している。

自作ロケットを操作して惑星に挑む”クラフト&大気圏突入”ゲーム『Solar Explorer: New Dawn』にiOS版登場。5月20日発売で予約受付開始

自作ロケットで惑星に着地するクラフト&姿勢制御操作のロケットシミュレーター『Solar Explorer: New Dawn』が5月20日、iOSにやってくる。
スマホではロケットの姿勢を制御して着地する『Luner Lander』系ゲームが何作もヒットしているが、これはその超豪華版。
3Dのロケットを設計し、様々な物理シミュレートがなされた惑星を飛び、着地するまでが美しいグラフィックで描かれるのだ。

インディーゲーム展示会『東京電脳特区v1.0』、2019年6月15日開催。開発者が運営し、作品を持ち寄って作る制作者主体の新しいイベント

dent-1
日本のインディーゲーム開発者が、自らのゲームを持ち寄って行うインディーイベント『電脳特区v1.0』が、2019年6月15日(土)に青東京都渋谷区の青山峰で行われることが発表された。
すでに前もって2019年2月にプレイベントが行われていたが、そのときからラインナップは大幅に入れ替えられているとのこと。
東京電脳特区は、東京に個人・小規模ゲーム開発者を集めた特別区域があったら...という設定のもとに作られたゲーム作品を展示イベントです。
クリエイターの、クリエイターによる、クリエイターのための小イベントとなっている(写真は前回の様子)。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント