RSS

記事一覧

気がつくと朝の魔物『Sid Meier's Civilization® VI』iPad版リリース。ゲーム機化が進むiOS端末

552x414bb
iPadを持っているプレイヤーに、嬉しい不意打ちがやってきた。
戦略ゲーム最高峰の1つと言われる『シヴィライゼーション』シリーズ最新作、『Sid Meier's Civilization® VI』がiPadでリリースされたのだ。
ルーズベルトなどの歴史的な指導者になって文明を導き、技術や文化を磨きつつ、ときに戦争をして世界一の文明を目指す戦略ゲーム。単に戦力を増強するだけでなく、文化や経済を拡大することでも勝利できるプレイ幅の広さが愛されるメガ級戦略ゲームシリーズの最新作。
プレイしていて「気づけば朝」になる熱中度は世界が保証済みである。最初の60ターンは無料なので、まずはプレイして中身を確認して欲しい。

Apple、ガチャ・ルートボックスに確率表示を規約で義務づけ。世界的なガチャ=賭博議論に配慮か

Appleが開発者規約を改訂し、海外で言うところのルートボックス、日本で言うところのガチャの確率表記を義務づけるルールを作っていたことが判明した。
該当部分は、ガイドライン3-1-1のアプリ内購入について。
Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.
(アプリ内購入でLoot Boxやその他の仮想アイテムをランダム提供するアプリは、購入前にそれぞれのタイプのアイテム入手率を開示しなければいけない)
このtype of itemがレアリティ別確率なのか、個別当選率なのか、その解釈はわからないが、欧米がガチャの賭博性について議論し、『Starwars Battle front II』からルートボックスを撤回させた影響がもう出始めていると言うことだろう。
【訂正】ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』などのルートボックス(ガチャ)がギャンブルにあたるか確認中、欧州全域で規制を求める

シリーズ人気No1『信長の野望・武将風雲録』配信開始。リリース記念で3日間だけセール中

信長の野望・武将風雲録 (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
戦術、技法、文化を駆使して、全国制覇を狙う戦国シミュレーション、『信長の野望・武将風雲録』がスマホに登場した。
本作は「あなたの好きな信長の野望を教えてください” アンケート」で1位になった3DS『信長の野望・武将風雲録』の移植版で、グラフィックや操作性を向上させ、さらに自動セーブやネットワーク接続を活用した新機能を追加しているとのこと。
もちろん、一度落とせば追加課金などの必要はない。
なお、本来の価格は1,900円のところ、12月24日までは1,200円で購入できるとのこと。気になる方は今のうちにどうぞ。

『Kingdom New lands』に恐怖の新ステージ登場。骸骨の島に上陸して王国を打ち建てよ

kingdomr_4
孤島に上陸して民を集め、魔物と戦いながら要塞を建築して王国を築くファンタジーSLG『Kingdom:New Lands』がアップデートし、新たなステージの“Skull Island”が追加された。
Skull Islandは過去最高の難易度になるが、同時にチャレンジするほど楽しい内容になっているとのこと。
予告動画もきっちり公開され、気合の入りぶりがうかがえる。

人気カートゥーン調ゲーム『Cuphead』に偽のiOS版が登場し、Appleが被害者全員に返金を実施

8CBB3FBD-2A34-4F76-ADC0-5D89E761A8B4
App Storeの誕生時から、しばしば「有名なゲームを騙る偽物」の問題が取りざたされてきたが、Appleが偽アプリの被害者に自動的に返金を行ったことが話題になっている。
事の発端は12月19日、レトロカートゥーンのテイストで人気を博した『Cuphead』にiOS版が登場した……という情報が欧米のゲームサイトで報じられたことに始まる。
このニュースが本当なら嬉しいことだが、情報サイトが報じた『Cuphead』のアプリは偽物だったのだ。

今度は対戦メイン『モダンコンバット Versus』リリース。カヤックのパブリッシュで大会も支援

モダンコンバット Versus (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
スマホの人気FPSシリーズといればこれ。『モダンコンバット』の最新作『モダンコンバット Versus』が海外から遅れること数ヶ月、やっと日本にもやってきた。
今回は対戦をメインとしており、4vs4のチーム戦でe-Sportsとして戦うとされている。
日本では開発したゲームロフトではなく、カヤックがパブリッシュを担当しており、Lobiコミュニティを通じて大会なども支援していくようだ。
とりあえず、1人用モードも用意されているのでまずは試してみると良いだろう。

ポータルと橋建設ゲームのコラボ。『Bridge Constructor Portal』リリース

Bridge Constructor Portal (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / Steam)
552x414bb
ワープホールを作り出し、謎だらけの会社の中を探索するパズルゲーム『Portal』の公式なライセンス作品『Bridge Constructor Portal』が配信開始となった。
本作は決められた資材で橋を建築して車両を支える建築物理ゲームがベースとなっており、そこにPortalの世界観によるギミックとストーリーが融合したコラボ作品。
元よりゲーム内容がよいものを、いい感じに合成したゲームはかなり面白そうに見える。
ゲームキャストでも早々にプレイしてレビューしていきたい。

ゲームキャストの放送が『妖怪惑星クラリス』公式実況動画として配信開始されました

前略

故郷に住むみなさん、お元気ですか。
寒気が迫る年末のスマホゲームの戦場は本当に厳しく、2017年末も様々なゲームがサービス長期に渡って延期するゲームがあったり、バグでキャラをBANするゲームが出たり、そもそも面白いゲームがなかったりで、生きた心地もしませんでした。
しかし、こんな戦場でも良いことはあります。
2週間ぐらい前から暇つぶしに始めたゲーム実況が実を結び、ゲームキャストは妖怪惑星クラリス戦線に転身することになり、『妖怪惑星クラリス』公式Youtubeで実況動画が配信されることになりました。
(いきなり妖怪惑星クラリスって言っても、わからないですよね。よくわかる『妖怪惑星クラリス』の歴史も同封しておきます)

人間の屑ADV『償いの時計』作者の新作『しあわせのあおいとり』予告動画公開

sia
クズの人生を描いたアドベンチャーゲーム『償いの時計』の作者の新作、『しあわせのあおいとり』事前登録が始まった。
本作は夢の世界で奇妙な鳥頭の生き物と出会い、出口のない森から脱出するアドベンチャーとされている。
いわゆる脱出ゲームの一種になると思われるが、『償いの時計』には強烈な仕掛けがあっただけに単なる脱出ゲームにはなっていないだろう。

PCのMOBAに並ぶ奥深さを獲得。『Vainglory』の5対5モードメディア体験会レポート

vaingloryr
「モバイルゲーマーにも、PCやコンソールと変わらないゲームが与えられるべきだと思っている」
という言葉と共に、2015年に『Vainglory』はローンチされた。
それからおよそ2年半。ついに『Vainglory』の目標地点でもあった5v5がメディアに向けて公開され、プレイできたので感想をお届けしたい。

ボクセルのパズルRPGを作って遊べるゲーム『ブロッククエスト・メーカー』2018年発売

bqbul01
1億総RPG制作者時代……なんて昔も言った記憶があるが、今回こそ本当に誰でもスマホでRPGが作れる時代が来るかもしれない。
ボクセルパズルRPG『ダンジョンに立つ墓標』などでコアファンを獲得しているワンダーランド・カザキリから、ボクセル世界のパズルRPGを自作できる『ブロッククエスト・メーカー』が発表された。
ワンダーランド・カザキリはウェブデザイン会社で、取締役2人が趣味で自らゲームを作り、会社名義で販売するというインディーメーカー。本業が成り立っての趣味なので、こだわり抜かれたゲームが出ることが特徴だ。

スクエニ『バトル オブ ブレイド』配信開始(してました)。4vs4の対戦ゲーム

バトル オブ ブレイド (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
筆者が腹痛で倒れていた12月15日、スクウェア・エニックスから4vs4のMOBAゲーム『バトル オブ ブレイド』がリリースされていた。
本作はスクエニ往年の名作に登場する武器を使って、4vs4で戦う対戦ゲーム。
期待してはいたのだが、延期を重ねていたので気づくのが遅れてしまった(言い訳)。
かなり気になっていたゲームなので、時間があれば本日24時ごろから配信しつつ紹介する予定だ。
配信URLはこちら→Mirrativ Gamecast

『バファリン オブ プリズム』配信開始。バファリンからプリズムスタァを召喚するリアル課金アプリ

003
解熱・鎮痛剤でおなじみの『バファリン』を展開するライオンから、劇場版『キングオブプリズム』のコラボアプリ、『バファリン オブ プリズム』がリリースされた。
(何という言葉の強さよ…)
本作はAR技術を利用したアプリで、バファリンにかざすと作中のプリズムスタァがプレイヤーを応援し、癒してくれるアプリになっている。
KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE』のファンの方はどうぞ。

水彩絵本の世界を冒険するパズル『Gorogoa』の配信開始

552x414bb
水彩画タッチで描かれた紙片を並べ、ときに重ねて組み合わせ、ときに並べて1つのページにまとめてストーリーを進める仕掛け絵本のようなパズルアドベンチャー『Gorogoa』がiOSとSteamで配信開始された。
本のパズルというと『FRAMED』を思い浮かべる方もいるかもしれないが、本作はより仕掛け絵本のようなギミックが強く作られている別作品である。

『Oddworld: New 'n' Tasty』iOS/Android版リリース。往年の名作『エイブ・ア・ゴーゴー』のリメイク作品

520x293bb
往年の名作と言われる『Abe's Oddysee(エイブ・ア・ゴーゴー)』のリメイク、『Oddworld: New 'n' Tasty』にiOS版が登場した。
本作は2014年に登場したSteam版の移植で、食肉加工の工場ラプチャーファームからの脱出を描く横スクロールアクションだ。
ラプチャーファームで働くエイブは、そこで精算される人気栄養スナックの恐ろしい秘密を知ってしまう。なんとそのスナックの原料には、エイブたちマドカン族そのものだったのだ……!
仲間を連れて、エイブの大脱走が始まる。

『LIMBO』作者の最新作『INSIDE』iOSでリリース。何かから逃げる男の物語

552x414bb
LIMBO』のPlaydead最新作、『INSIDE』がApp Storeにてリリースされた。
本作は男が何かから隠れながら道を進む(逃げる?)様子を描き、その先にある物を見るアクションパズル。
すでに世界中で多くの賞を受けており、『LIMBO』が気に入ったのであればこの作品もまたプレイすべき、そういった作品である。
リリース予定日は12月15日となっていたが、予約機能で提供されるゲームは少し早く遊べるようになるのかもしれない。
いずれにせよ体験するだけなら無料(完全版が840円)なので、試して気に入ったなら勝ってみて欲しい。

アプリリンク:
INSIDE game (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応)

5社統一e-Sports団体、ストV、モンストなどのプロライセンスを発行し、闘会議2018で賞金付き大会実施を発表

WS000068
2017年9月、CESAとJOGA、さらにe-Sports団体のJeSPA、e‐sports促進機構、日本eスポーツ連盟を統合した新設のe-Sports団体が作られることが発表されていたが、その統合が2018年春に行われ、団体からプロライセンスを発行する最初の大会を2018年2月の闘会議で行うことが発表された。

『きららファンタジア』ついにサービス再開。今こそNEW GAME!開始のとき

きららファンタジア (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
配信以来メンテナンスを実施していた『きららファンタジア』が、ついに遊べるようになったようだ。
本作は『まんがタイムきらら』の人気キャラクターたちが同じ世界に集合するRPGとしてマニアを中心に話題になったが、リリース直後から長いメンテナンスに入って再開時期は未定だった。
今度こそ、上手くサービスが続くことを願いたい。

『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』半額セール開始。さらにサンタ衣装も付属

レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 (itunes 1,900円→960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
rayton06
レイトン教授シリーズの最新作、『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀 』が初となるセールを開始した。
セール価格は気前よく1,900円の定価から半額の960円へ。
しかも、ウィンターセールを記念してゲーム内で使用できるサンタ衣装も同時にプレゼントを開始している。この価格なら結構お手頃なので気になっていた方はこの機会にどうぞ。
紹介記事:『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』レビュー

あの名作がiOSに。スクウェア・エニックス『ライフ イズ ストレンジ』リリース

ライフ イズ ストレンジ (itunes 360円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
名作アドベンチャー『ライフ イズ ストレンジ』のiOS版が予約情報の通り配信となった。
本作はマックスという少女が時間を巻き戻す能力を手に入れ、過去に失踪した同級生を探していくうちに暗い事件に巻き込まれるアドベンチャーゲームだ。
過去を変えることで本当に人は救われるのか、より悲惨な出来事が起きるのではないか?
そんなことに悩むつらいストーリーを伴うが、それとともに強い絆を感じることもできる物語はやる価値がある。

物語は全5章からなっており、現在は最初の360円で1章を、追加購入で3章までが遊べる。エピソード4から5は2018年上旬リリース予定で、シーズンパスで全章を購入すれば10%引きで購入可能だ。

元祖2.5次元アクション、スマホに登場。『FEZ』のiOS版リリース

552x414bb
3Dのステージをぐるぐる回して視点を切り替え、奥行きを消して2Dステージのように遊ぶ「錯視系ゲーム」普及の原点ともいえる『FEZ』が、『FEZ Pocket Edition』という名前でApp Storeに登場した。
2012年に斬新なアイデアが評価されて多くのサイトで絶賛され、数えきれないほどの賞を受賞し、同時にファンとの間に様々な問題を起こした思い出深い作品が、5年越しでiOSに登場したのだ。

『Bridge Constructor Portal』のiOS版予約開始。リリースは12月20日

Bridge Constructor Portal (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
ワープホールを作り出し、謎だらけの会社の中を探索するパズルゲーム『Portal』の公式なライセンス作品『Bridge Constructor Portal』がApp Storeで予約を開始した。
本作は決められた資材で橋を建築して車両を支える建築物理ゲームがベースとなっており、そこにPortalの世界観によるギミックとストーリーが融合している期待作。
PCゲーマーなら見逃せない1作である。

『妖怪惑星クラリス』、Appleの審査をすり抜けてiOS版配信開始。これこそiPhoneユーザーへのクリスマスプレゼント!

576x768bb
先鋭的すぎるシステム、圧倒的に足りない説明、そして奇妙な世界観……『妖怪惑星クラリス』のiOS版がAppleの審査を無事通過してしまい、App Storeに登場した。
まさか、このゲームが審査に通るとは……!
(参考:よくわかる『妖怪惑星クラリス』の歴史。珍ポンデリング、情報漏洩などの起源
これは、よい子にしていたiOSユーザーにサンタさんが恵んでくれたクリスマスプレゼントか。

Appleがアプリ「予約」機能を開放。予約したアプリは配信日に自動ダウンロードされる強力な事前登録

yoyaku
もはや、事前登録は業者だけのものではなくなった。
2017年12月11日(米国時間)、AppleのApp Storeも事前登録機能をすべての開発者に開放したのだ。
2017年1月にAppleが任天堂『スーパーマリオラン』だけに事前登録機能を開放して話題になったが、この機能が強化されたうえ、誰でも使えるようになったのだ。
予約中からApp Storeの検索にかかるだけでなく、配信日には自動でアプリがダウンロードされるようになったのだ。

鋼鉄のカブト虫になり、すべてを貫く音ゲー『Thumper』1月28日iOSに登場

ss1
光と音と振動のリズムゲーム『Thumper』が2018年1月28日にiOSで登場することが明かされ、App Storeでの予約が開始された。価格は600円。
本作はすでにPSVRなどで配信されて好評を博しているインディーゲームで、鋼鉄のカブト虫となってレールを進み、音波を反射して敵にダメージを与えていくリズムゲームだ。
光と音のやり取りを繰り返す面白さ、レールの上を走るスピード感が好評を博し、すでに多くの賞を受賞している……というか、私自身すでにプレイしたがかなり面白かった。

スクエニ『ライフ イズ ストレンジ』iOS版を12月14日配信。事前予約も開始

ライフ イズ ストレンジ (itunes 予約 iPhone/iPad対応)
552x414bb
まさか、あの名作がiOSにやってくるとは。
スクウェア・エニックスは『ライフ イズ ストレンジ』のiOS版の予約を開始し、12月14日にリリースすることを発表した。
マックスという少女が時間を巻き戻す能力を手に入れ、過去に失踪した同級生を探していくうちに暗い事件に巻き込まれるアドベンチャーゲームだ。
過去を変えることで本当に人は救われるのか、より悲惨な出来事が起きるのではないか?
そんなことに悩むつらいストーリーを伴うが、それとともに強い絆を感じることもできる物語は世界各国で絶賛されている。
これは、やるしかない。

『ワールド オブ  オブ ファイナルファンタジー メリメロ』サービス開始。

ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ (itunes 基本無料 iPhone/iPad Googleplay)
576x768bb
歴代FFキャラクターがかわいい姿で登場する家庭用RPG『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界を体験するゲーム『ワールド オブ  オブ ファイナルファンタジー メリメロ』がサービス開始となった。
FFに登場した歴代の召喚獣やモンスターを、仲間にし、育成して遊べるオートバトルRPGだが、見た目がここまでキャッチーだとちょっと気になる。
とりあえず、年末のゲームは軒並みひどいバグやサーバー落ちだらけなので、まともに動いてくれることを願ってダウンロードだ(ひどいものが多すぎてハードルが下がっている)

iOS版『INSIDE』のApp Store予約開始。『LIMBO』制作者の最新作

INSIDE game (itunes 予約 iPhone/iPad対応)
552x414bb
LIMBO』のPlaydead最新作、『INSIDE』がApp Storeでの予約を開始した。
本作は男が何かから隠れながら道を進む様子を描き、その先にある物を見せるアクションパズルだ。
すでに世界中で多くの賞を受けており、『LIMBO』が気に入ったのであればこの作品もまたプレイすべき、そういった作品である。
リリース予定日は12月15日となっている。

「もはや、スマホ開発はゲーム機より難しい」、スマホインディーの星Simogo、スマホから撤退

360x480bb
iOSの代表的なインディーゲームメーカーが、スマホゲームからの撤退を宣言して話題となっている。
そのインディーゲームメーカーとはSimogo。『Beat Sneak Bandit』や『Bumpy Road』、『Year Walk』なの名前は聞いたことがあるだろう。
スマホゲームに可能性を見いだして会社を設立し、実際にそこで身を立てたメーカーの引退宣言は、海外のインディー開発者の間で大きな話題を呼んでいる。

かわいいFF『ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ』、iOS版配信開始。

ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
576x768bb
12月12日のサービス開始に育成型ゲーム『ワールド オブ  オブ ファイナルファンタジー メリメロ』(以下、メリメロ)のiOS版が配信された。
本作は歴代FFキャラクターがかわいい姿で登場する家庭用RPG『ワールド オブ ファイナルファンタジー』の世界をスマホで体験するゲームで、FFに登場した歴代の召喚獣やモンスターを、仲間にし、育成して遊べるオートバトルRPGとなっている。
ストーリーは完全新作なので、原作を遊んだプレイヤーも楽しく遊べそうだ。
とりあえず、サーバーメンテから1週間以上遊べないようなことがないことを祈りつつ配信を待ちたい。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント