RSS

記事一覧

Apple、新型iPad Pro発表。A12Z Bionicチップを搭載し、カメラはトリプルカメラになって旧モデルより安価に

2020-03-18_21h36_57
Appleは3月18日本日、iPad Pro の新モデルを発表した。
新モデルは11インチと12.9インチの2種類。
8コアのグラフィックチップを持つA12Z Bionicチップを搭載して性能は大幅にパワーアップ(具体的な数値は言及ナシ)。
背面に超広角カメラがついてカメラ性能がアップ。iPad Proだけで写真撮影、4K動画撮影、そして編集までをこなせる。
さらに最大5m先から反射した光を計測する3D認識用のLiDARスキャナを搭載し、より高度なAR処理を行えるようにもなる。

オンラインで遊べる本格マーダーミステリーアプリ『独り身ユニオン』、3月20日にβテスター募集実施。第1回β好評のため予定よりシナリオを拡張してのテストに

01
複数のプレイヤーが、別々のミステリ小説の登場人物を演じながらルールに従って会話し、殺人事件の犯人を探すアナログゲーム『マーダーミステリー』。
これをオンラインで遊ぶ本格アプリ『独り身ユニオン 裏切りのシンデレラ(新)』のβテスター募集が3月20日21時より行われる。

Supercell、『ヘイデイ』シリーズ新作の『Hay Day Pop』を海外で先行配信開始。今度は『ホームスケイプ』発展形の農園パズルゲームに

01
あの『ヘイデイ』にシリーズ作品がやってくる。
3月17日本日、Supercellは『Hay Day Pop』をオーストラリア、ニュージーランド、フィンランドの3カ国に向けて配信開始した。
本作は農園経営ゲームの大ヒット作となった『ヘイデイ』のシリーズ作品で、カラータイルをタッチしてけすパズルステージを攻略し、その報酬で農園を広げていくパズル&農園づくりゲームとなる。
類似ゲームではマッチパズルしつつ建物を作り直す『ホームスケイプ』が有名だが、本作はシステム面においても、見た目においてもその発展系として作られている。

100万DL突破の『ALTER EGO』スピンオフゲーム『ALTER EGO COMPLEX』、6月に有料アプリとしてiOS/Android向けに配信予定と発表

SpinoffTeaser
2020年3月16日本日、自分探しタップゲーム『ALTER EGO』が100万DLを突破したことと同時に、スピンオフアプリ『ALTER EGO COMPLEX』がiOS/Android向けに6月リリース予定となることが発表された。
『ALTER EGO COMPLEX』は夢をテーマにした『ALTER EGO』のスピンオフアプリで、エスのキャラクターデザインを担当いとう階さんの描き下ろしスチルイラストも多数用意。
いとう階さんと言えば、『ガールズアンドパンツァー』にハマっていて『ALTER EGO』グッズが新規に作れない状態に陥っていたようだが、無事にその時期は過ぎたようだ。

人よ、ゴリラになれ! ゴリラと人間が戯れる微笑ましい対戦ゲーム(人間は触れられたら即死)『ゴリラ・オンライン』iOS/Androidでリリース

ゴリラ・オンライン (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
03
人よ、ゴリラになれ!
人間とゴリラが仲良く鬼ごっこする非対称対戦ゲーム『ゴリラ・オンライン(旧名・ゴリラ!ゴリラ!ゴリラ!)』が長いテスト期間を経てついにiOS/Android向けにリリースされた。
非対称対戦ゲームとは、『Dead by Daylight』や『Identity V(第五人格)』など、プレイヤーが異なる能力を持つキャラクターを操作して争うゲームのこと。本日発表された『鬼滅の刃』のゲームもそれだ。
圧倒的な力を持つゴリラになり、非力な人間と追いかけっこしよう。ただし、4回に1回は強制的に人間役になるので要注意だ!

鬼殺隊vs人喰い鬼の非対称対戦ゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』2020年スマホでリリース予定。PS4向け『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』も同時発表

01
アニプレックスより、人気漫画『鬼滅の刃』を原作としたスマホゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』が2020年にリリースされることが発表された。
本作は鬼殺隊vs人喰い鬼の戦いを描いた非対称対戦型サバイバルアクション。鬼は鬼殺隊を、鬼殺隊は鬼の殲滅を目的とするマルチプレイゲームになる。
非対称対戦ゲームとは対戦するプレイヤー同士が異なる条件を課されて戦うゲームで、スマホでは『Identity V(第五人格)』が有名。
多くは強力な少数の鬼と非力で数が多いグループの対戦になるが、『
鬼滅の刃』では柱と呼ばれる戦士も鬼同様に強力な力を持っているので、どのように表現されるのか興味深いところだ。

バンドリズムゲーム『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』iOS/Androidでサービス開始。開発は『がるメタる!』のナウプロダクションで質の高い音ゲーの仕上がり

SHOW BY ROCK!! Fes A Live (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
ss2
スクウェア・エニックスは、バンドがテーマのキャラクタープロジェクト『SHOW BY ROCK!!』のリズムゲーム『SHOW BY ROCK!! Fes A Live』のサービスをiOS/Androidで開始した。
開発は『がるメタる!』でリズムゲームに定評のあるナウプロダクションで、リズムゲーム部分はソツのないつくり。体力〇倍消費、細かいタイミングなどの調節もでき、安心して遊べる。
また、物語としてもバンドメンバーと協力してゴーストタウンと化した街を復興し、伝説のロックフェス開催を目指すゲームオリジナルストーリーが楽しめるものとなっている。

世界最大級のゲームショウE3が新型コロナの影響で開催中止。Ubisoftはオンライン発表を検討中と発表

01
3月11日、米国で6月9日~11日かけて行われる予定だった世界最大規模のゲームショウElectronic Entertainment Expo(E3)の開催が中止されることが発表された。

2月には台北ゲームショウ、3月には開発者向けイベントGDCが、そして昨日は日本国内のインディーゲームイベントBitSummitが5月開催の見送りを発表して話題になったが、新型コロナ収束まで大きなゲームイベントが開催されることはなさそうだ。

新型コロナ感染拡大を考慮し、インディーゲームイベント『BitSummit The 8th Bit』5月9日・10日の開催を見送り。イベントは開催中止、または延期予定。

01
インディーゲームの祭典『BitSummit The 8th Bit』が本来予定していた2020年5月9日・10日の開催予定を見送り、中止もしくは延期することを発表した。
2020年2月27日段階ではイベント実施の方針を表明していたが、収束の見通しが立っていないため見送りの方針になったようだ。
ゲームイベントへの出展、コミケへの出展などがインディーゲームを下支えしている面もあり、こういったイベント中止はゲームに与える被害もある(たとえば、インディー開発者にとってイベントは一般プレイヤーが開発中作品を遊ぶ様子が見られる貴重なテストプレイの機会でもある)。
はやくコロナの猛威が収まってくれることを願うのみだ。

関連リンク:
BitSummit公式

『クマムシさん惑星 宇宙最強ゆるキャラ伝説』iOS/Android向けにリリース。

クマムシさん惑星 宇宙最強ゆるキャラ伝説 (itunes 無料 / GooglePlay 無料)91
Ars Edutainmentより、宇宙空間でも生存可能な生物、クマムシを研究して地球を救うゲーム『クマムシさん惑星 宇宙最強ゆるキャラ伝説』がiOS/Android向けに配信された。
クマムシは南極からヒマラヤ山脈まで世界中に生息しており、乾眠時は宇宙空間でも生存可能でありつつ、ひっくり返ると自力では起きられないという欠陥も持ち合わせるユニークな実在ミクロアニマル。
路上のコケなどからこれを採取、増やして研究し、その秘密を解き明かすのがゲームの目的となる。

『Fallout』シリーズの新オンラインゲーム『Fallout Shelter Online』発表。シェルターを管理して英雄を仲間にし、他のプレイヤーと競え。

2020-03-10_20h11_29
核で荒廃した世界を扱うSFゲーム『Fallout』シリーズに新たなるオンラインゲームがやってくる。
GaeaMobileとBethesdaは、荒廃した世界に生きるシェルター『Fallout Shelter』をベースにした新作『Fallout Shelter Online』の事前登録を開始した。
『Fallout Shelter』では単にシェルターを管理するだけだったが、今回はシェルターを管理するだけでなく、新しいストーリーとプレイヤー同士で戦う要素などが盛り込まれた進化版になるようだ。

VRゲーム『パンツァードラグーン Voyage Record(仮題)』2020年度の発売予定! 初代『パンツァードラグーン』から『AZEL』まで3作を追体験するVRドラマティックシューティング

20200310_panzerdragoonvoyagerecord_dragon
株式会社ワイルドマンより、株式会社セガゲームスよりライセンスを受けたVR新作ゲーム『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』を、VRヘッドセット専用ソフトウェアとして発売することを発表した。
内容はセガサターンで発売された 『パンツァードラグーン』、 『パンツァードラグーンツヴァイ』、 『AZEL -パンツァードラグーンRPG-』の3作品に登場したエピソードを追体験するVRドラマティックシューティングで、2020年度に6900円(税別)で発売予定。
すでに発表されている『パンツァードラグーン リメイク』とは別の作品になる。

iOS向け定額ゲームサービス『Playond』開始からわずか3カ月強で終了。現在、サービス内の60以上のゲームが無料で開放中

01
2019年11月に正式サービスを開始したiOS向けの定額ゲームサービス『Playond』がサービス終了となった。
多くの日本のプレイヤーは存在も知らないかもしれないが、このサービスは欧米の有料ゲームプレイヤーの間で話題となった定額サービスで、サービス開始時には『Clashland』や『Morphite』、『Jydge』、日本のインディーゲームでは『Missileman』など、一定以上の知名度を持ち、マニアに支持が厚いゲームが60以上も並んび……なんとお値段月額120円(早期割引価格)。
かなりお得なサービスではあった。

『チェインクロニクル』第4部、製作決定。続報は7周年にて。第3部最終章のPVも同時に公開

追記:アプリは新規ではなく、アップデートで提供予定とのこと。
01
第3部最終章『白き未来、白き運命』のPVが公開された『チェインクロニクル』が、第4部の制作に取り掛かることを発表した。
『チェインクロニクル』は2013年7月に登場したRPGで、当時は「ストーリーはいらない」と言われていたスマホRPGの世界にストーリーの必要性を見せつけ、その後『Fate / Grand Order』などにも強い影響を与えた作品。
インタビューなどでは「(第3部の)次は新しいアプリにしないと難しい」というようなことを語っていたが……どのような形態で第4部がどのような形態で提供されるのか、非常に興味深い。

エヴァの無料ミニゲーム『ペンペン南極大冒険』配信開始。疑似3Dのスピード感がクセになるハイスピードアクション

Collage_Fotor
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の公式アプリ『EVA-EXTRA』にて、葛城ミサトの同居人“ペンペン”が主役の無料ゲーム『ペンペン南極大冒険』がリリースされた。
本作は『けっきょく南極大冒険』ベースにしたコナミ公認の作品で、原作の主人公を変えただけでなくエヴァネタも盛り込まれたハイスピードランゲーム。
2Dで疑似的に3Dの表現を行っているため、独特のスピード感があり、遊んでみるとなかなかハマる。

夢のなかで異形と対峙する『クトゥルフと夢の階段TRPG』iOS/Androidで配信開始。『群馬ファンタジーTRPG』作者の最新作と書いてあるーーッ!

クトゥルフと夢の階段TRPG (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
03
地球の秘境を扱った『群馬ファンタジーTRPG』の作者が、長い沈黙を破って新たなゲーム『クトゥルフと夢の階段TRPG』をiOS/Android向けにリリースした。

プレイヤーは夢の世界に囚われ、降りるたびにランダムな異空間につながる階段を降り、夢の世界の奥深くへと向かっていく。
雰囲気は完全にホラーだが、そこは前作と同じくネタが随所に盛り込まれていて楽しめる。
さらに、カードを入手してデッキを強化して異形の魔物と戦うデッキビルドRPGの要素も取り入れており、ゲームシステム面でもパワーアップしている。

神社を造って参拝客を迎える『箱庭神社』iOS/Android向けにリリース。箱庭を作りつつ参拝客の導線も意識する経営&簡易タワーディフェンス

箱庭神社 - JINJA (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
ss1
KaguraTechより、神社のある庭をデザインして参拝客を迎え、悪霊を払う箱庭ゲーム『箱庭神社』がiOS/Android向けにリリースされた。
このゲームは神社づくりと簡易なタワーディフェンスを融合させた作品。
箱庭に建物を配置すると参拝客が神社までやってきて、参拝経路にある茶屋で金を払い、お堂でお祈りし、プレイヤーは“お金”と“祈り”が得られる。
悪霊と戦うときは参拝客と同じ道を悪霊が通り、今度は神聖な建物が悪霊にダメージを与える。そして、悪霊を倒すと新しい建物が手に入る……という仕組みになっている。

黄昏の世界を旅するメトロイドヴァニア『Dandara: Trials of Fear』iOS/Android/Steamなどで提供開始。アップデート記念で約60%オフのセール中

Dandara (itunes 720円→250円 / GooglePlay 660円→250円 / Steam 2,410円→1,117円)
01
文明の黄昏を迎えて閉じた世界をさまよい、解放するゲーム『Dandara』がアップデートし、『Dandara: Trials of Fear』の提供が開始された。
本作は“メトロイドヴァニア”と呼ばれるアクションアドベンチャーの一種で、黄昏を迎えた世界を自由に飛び回り、好きな経路をたどって冒険していくゲームとなっている。
『Dandara: Trials of Fear』では、既存のゲーム内容に加えて新しい3つのエリア、シークレットエンディング、新しい特殊能力と音楽が加わる(エリアが旧作と同じ広さであれば、1.5倍以上のボリュームになるはずだ)。
それだけの追加をして、価格は据え置き……どころか、全ハードで約60%オフとなるセールを開始している。

『CHAOS RINGS III』アップデートでiOS13に対応。『ワイルドアームズ』や『メギド72』で知られるメディアビジョンが開発した買い切りスマホRPG

CHAOS RINGS Ⅲ (itunes 2,820円 / GooglePlay 2,820円)
CHAOS RINGS Ⅲ
スクウェア・エニックスのスマホ向け買い切りRPG『CHAOS RINGS Ⅲ』がアップデートし、iOS13に対応した。
本作は『ワイルドアームズ』や『メギド72』で知られるメディアビジョンが開発した買い切りスマホ向けRPGで、2014年の作品ながらテンポの良いバトル、後半に向けて加速度的に盛り上がる王道のストーリーはいまだに楽しめるスマホでも指折りのJRPGの1つ。
初期は基本無料として開発されていたため、カードと合成のシステムがわかりづらいという欠点はあるが、その欠点以上に面白い。
スマホ・買い切りで面白いRPGを探していたら、この機会にどうぞ。

『ユグドラ・ユニオン』Nintendo Switch版発売。スマホ版に裏ワザ機能を加え、価格はスマホ版よりお安く提供

ユグドラ・ユニオン YGGDRA UNION (itunes 1,840円 / GooglePlay 1.840円/ Switch 1,980円)
swich_icon3
昨年スマホに移植されて話題となった『ユグドラ・ユニオン』が、なんとNintendo Switchに移植され、ダウンロード販売が開始となった。
本作は亡国の王女となって軍を率い、祖国を滅ぼした帝国戦うシミュレーションRPG。
2006年3月23日にゲームボーイアドバンス用ゲームソフトとして発売され、のちに PSP に移植された同名作品のパワーアップ版……であるスマホ版にさらに追加要素を加えたものとなる。

極悪アニマル中隊出動! 亀戦車と動物が戦うインフレ・ミリタリー・シューター『ウォータートル 2(War Tortoise 2)』リリース。Foursaken Media最新作

ウォータートル 2 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss3
砲塔を装備したカメに乗り、戦場で戦うシューティング・インフレゲーム『War Tortoise』の続編、『ウォータートル 2(War Tortoise 2)』がついにiOS/Android向けにリリースされた。
このゲームはプレイヤーが射撃の照準をつけて敵を撃ちつつ、さまざまな補助兵器を購入し、ネズミやウサギの兵士を雇い、敵を倒し続けるインフレ・ミリタリー・シューターゲーム。
敵を倒すほどに装備が強化され、ド派手な戦場演出が楽しめるようになる超豪華版の『クッキークリッカー』系ゲームだ。

未開の星の地図を作るサバイバルゲーム『INŌ(イノー)』VER.2提供開始。新シナリオでは仲間を選択する要素も

02
未知の惑星を歩いて惑星地図を作る未開惑星探検アドベンチャーゲーム『INŌ(イノー)』。
そのシナリオを追加する大規模アップデート『INŌ VER.2』が iOS / Android向けにアップデートでリリースされた。
加シナリオでは、宇宙飛行士学校の卒業試験を控えた4人組が宇宙で遭難し、不時着した惑星でのサバイバルが描かれる。
追加シナリオは490円。アプリ内購入で新たに買う必要があるが、VER.1のシナリオは引き続き無料。
また、永続の便利アイテム(有料アイテム)はVER.1、VER.2どちらのシナリオでも共通で使える。

『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』iOS/Android向けにリリース。コントローラー対応、追加課金なしの買い切り

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 (itunes 370円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 370円)
ss1
『メトロイドヴァニア』と呼ばれる探索アクションアドベンチャーの語源ともなった『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲(キャッスルヴァニア)』がiOS/Androidでリリースされた。
本作は1997年3月20日にプレイステーションで発売された作品の移植となり、主人公のアルカードを操作して広大な悪魔城を探索し、敵と戦い、アイテムを得て成長していくゲーム。
自由な順番でマップを攻略できるため、いまでもタイムアタックなどが盛んな人気作だ。
スマホ版はコントローラーにも対応しており、万全を期した移植の模様。

6月27日公開の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公式アプリが大アップデート。コナミ公認ゲーム『ペンペン南極大冒険』も近日無料提供予定

ss2
2007年から『:序』『:破』『:Q』と3作が公開されてきた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。
その最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が2020年6月27日(土)に公開されようとしているなか、公式アプリ『EVA-EXTRA』がさきがけて大型アップデートを実施した。

Gearbox、宇宙戦術ゲーム『Homeworld Mobile』のβテスター募集開始。美しい3Dグラフィックで描かれるゲーム内動画も公開


『ボーダーランズ』などで知られる Gearbox が開発する宇宙戦術ゲーム『Homeworld』シリーズのスマホ新作『Homeworld Mobile』のゲーム動画が公開され、βテスターの募集が開始された。
本シリーズはリッチな3Dグラフィックによる戦闘演出を特徴としており、スマホ版もその特徴を受け継いだ作品になる模様。
ゲーム内容は依然として謎に包まれているが、この見た目でゲームを遊びたいというプレイヤーは多いことだろう。

文字をくっつけて世界中の言葉を作るパズル『Sticky Terms』iOSに登場。『ベーコン』や『Song of Bloom』のKami Box最新作

Sticky Terms (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
01
『Becon The Game』や『Song of Bloom』など、印象的な作品を次々送り出すKami Boxより、またもや新作『Sticky Terms』がiOS向けにリリースされた。
今度の作品は、文字の欠片を動かして、くっつけて、どこかの国の言葉を作り出すワードパズル。
くっつけ感が気持ち良くて、意外に楽しい。

『ドラゴンズクラウン』、『D&D』の系譜に連なるアクションRPG『マギア : カルマサーガ』iOS/Androidでサービス開始。美麗2Dで描かれるファンタジー世界を見よ

マギア : カルマサーガ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
FullSizeRender
superacidより、美麗2Dグラフィックで名をはせた『ドラゴンズクラウン』に多大な影響を受けたと思われる2Dスラッシュアクションゲーム『マギア : カルマサーガ』がリリースされた。
日本語対応がちょっと悪くてストアの説明文が微妙……たとえば、声優PRで実名を出さずに「テレビアニメなどの主演級声優を多数起用」とか。
しかし、やってみるとそこらの量産ゲームよりはるかに素晴らしい2Dグラフィックとアクションの手ごたえがあったので、特別にちょっと紹介したい。

俺が考えた最強の武器で戦う対戦アクション『Forge and Fight!』3月6日に日本向けαテストプレイヤー募集実施

01
火炎放射器もフレイルも、なんでもくっつけて1つにして、最強の武器を作り出せ。
無軌道な足し算で作られた武器は、物理演算で動いて敵プレイヤーを襲うだろう。
そんな「俺の考えた最強の武器製作アクション」、『Forge and Fight!』のαテストが3月13日(金)22:00~3月14日(土)22:00まで実施される。
そして、それに先駆けて3月6日(金)21時より、日本向けのαテスター募集説明会がゲームキャストのDiscord(ゲーマーが集まる掲示板)で行われる。
本作を開発しているFlamebait Gamesは、過去作『パスパルトゥー:アーティストの描いた夢』が日本でもヒットしており、今作でも日本のテスターの意見をゲームに反映したいとのこと。

Cygames、コロナ対策として『シャドウバース』全ローテーションカードを完全無料で使用できるイベント開催。リアルイベント中止でも楽しめるよう3月はオンライン大会も拡充検討

y
Cygamesは、『Shadowverse(シャドウバース)』内で3月16日までの期間限定で、ローテーションモードで使用できる全テンポラリーカードを3枚配布した。
テンポラリーカードとは、期間限定で使用できるカードのこと。
ローテーションとは大会などで多く使用されるモードで、大会ルールで最新カードがすべて利用できる状態になるわけだ。
このイベントは『シャドウバース』関連イベントやES大会の自粛を受けて(つまり、コロナの影響で)ユーザーがよりゲームを楽しめるようにと企画されたもの。
同時に3月のオンライン大会の拡充を現在検討していることも発表しており、3月は家で『シャドウバース』を遊ぶ、というのも選択肢になりそうだ。

『ファイナルファンタジーIII』がSteamに登場し、スマホ版もPC版とほぼ同等にアップグレード。さらに50%オフのセール開始

FINAL FANTASY III (itunes 860円 / GooglePlay 860円 / Steam 990円)
FINAL FANTASY III for iPad (itunes 980円 iPad専用)
ss4
スクウェア・エニックスの人気作、『ファイナルファンタジーIII』のリメイク版がSteam向けに配信され、iOS/Android版もそれに合わせてほぼ同等の機能になるアップデートが実施された。
今回のアップデートで
・iPhone XやiPad Proなどの画面サイズ対応
・オープニングムービー追加
・ギャラリーモード追加
・ゲーム中すべてのBGMが聴けるモード

・2倍速たたかうオートバトル追加

などを追加。大幅に遊びやすくなって、50%オフの記念セールを実施している。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント