RSS

記事一覧

『マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝』サービス開始。新しい魔法少女の物語が始まる

マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
大ヒットアニメ『魔法少女まどかマギカ』のスピンオフ、『マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝』の配信がついに開始となった。
本作は原作スタッフ「まどか」制作陣による物語となっており、新しい魔法少女いろはによる新しい物語が展開される。
虚淵玄さんはスタッフに記されていないが、そこは『まどマギ』。上手いこと作ってくれていると信じたい。
なにより、延期を重ねて公式サイトのアプリ紹介漫画のネタがなくなっていたが、これでようやくネタ切れから解放されるのがめでたい。

ゲームロフト、『Dungeon Hunter Champions』を海外でテスト配信開始。今回はアクションRPG+5vs5のMOBA

dun02
ハック&スラッシュRPG『ダンジョンハンターシリーズ』が、ついにMOBAライクなゲームになるようだ。
ゲームロフトは5対5のMOBA風バトルで対戦できるRPG『Dungeon Hunter Champions』をフィリピンにて先行配信開始した。
ゲームロフトのMOBAといえば『ヒーローズ オブ オーダー&カオス』がすでに存在しているが、こちらはアクションRPGという基本を大事にしており、1人用でモンスターをなぎ倒し、装備をあさったり、強化素材を手に入れるモードが用意されている。
そして、育てたチャンピオンを対戦に持っていくPvP付きRPG形式になっているようだ。

Aimingの新作『CARAVAN STORIES』事前登録が数時間で150万人を突破。同時公開のPVは5000再生を越える勢い

jpg large
皆さんは、AmingはMMORPG『CARAVAN STORIES』をご存じだろうか。
私は1時間前まで知らなかったが、Amingは本作の事前登録が開始数時間で150万人を突破したことを発表し、国内最速事前登録150万人突破キャンペーンを開始した。
本作はグラフィックが美しく、最新のスマホMMORPGとして注目すべき点はある。
また、『剣と魔法のログレス』のAimingの新作であるから、そういった意味でも注目されているのだろう。

サバイバルゲーム『The Wild』は生きていた。新スタジオを作り開発再開を報告

11054851_1032891150074223_1471120263458338379_n
1人向けの『DayZ』を目指すオープンワールドサバイバルゲーム『The Wild』についに進展があった。
『The Wild』の開発者はPlayerground Design Studiosというスタジオを作り、『The Wild』の開発フェーズに入ったことを報告した。
2度にわたるβテストを行い、動画を公開し、2016年4月16日のThe Wild公式Facebookを最後に情報がなかったが……今度こそ、本当に安定した開発が行われるのだろうか。

HTML5のMMORPG『Mad World』の動画公開。Mac、Windows、スマホで同じように動く

19452801_1869001350016523_2860303825709666382_o
韓国のJandisoftは、HTML5……つまり、ブラウザで動く本格MMORPG『Mad World』の動画を公開した。
薄汚くも筋の通った世界観は(海外で)一定の支持を得られそうだし、何より全てのプラットフォームで大勢のキャラクターが同時に動いている様子は圧巻でもある。

8月末で終わる『ワールドチェイン』がなぜか今最高に面白いので終わる前に遊んで欲しい

world-2
2017年8月31日にサービス終了予定の『ワールドチェイン』が面白い。いや、ストーリーいいし、バトルも良いし、ほんと良い。
で、そんな『ワールドチェイン』のストーリーが完結し、8月31日のサービス終了を前に買い切りゲームのようにスラスラ遊べるバランスになって楽しめる大盤振る舞いをしている。
今、サービス終了前の大盤振る舞いをしているので、「○○(好きなゲーム名を入れてください)のメンテ空けを待っている」とか「マギアレコードの開始を待っている」とか「とりあえず暇つぶししたい」とか、そんな皆さんに是非やっていただきたい。

これ。ワールドチェイン (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

『トンネルズ&トロールズ』ソロプレイを遊べる『Tunnels & Trolls Adventures』海外で配信開始

tt01
MetaArcadeは、TRPG『トンネルズ&トロールズ』(T&T)のゲームアプリ、『Tunnels & Trolls Adventures』を海外でリリースした。
本作はT&Tの1人プレイ用ゲームブック、ソロアドベンチャーを収録しており、『デストラップ』や『バッファローキャッスル』など往年の人気作が収録されたゲームブックアプリになっている。
MetaArcadeは、アプリで遊ぶだけでなく新しいストーリーを作って配信できるものになる予定だが、既報の通りまずは遊べるだけのアプリとして登場した。
(『トンネルズ&トロールズ』がスマホで蘇る。8月17日『Tunnels & Trolls Adventures』登場)

『セブンズストーリー』配信開始。一部で熱狂的ファンを生んだ作品の完全リニューアル作品

seventh01
WithEntertainmentは、新作RPG『セブンスストーリー』のスマホ版配信を開始した。
本作はもともとMobageでリリースされていた戦術シミュレーションで、その見た目からマスにうけなかったものの、一部の熱狂的ファンから「ストーリーが良い」「バラバラに存在する要素が進めるとかみ合ってよくなる」などと高い評価を得ていた。
その評価から、ゲーム終了後にCygamesが「小規模ながら優れたゲームを制作してきており、弊社の持つグラフィック力と組み合わせることで、よりよいゲーム制作のための相 乗効果が大いに期待できるため」買収し、リニューアルリリースされる運びとなった。
果たしてコアなファンの愛を一身に受けたゲームはどれほどの物なのか。サービス開始は13時からとなっているので、今のうちのDLをどうぞ。

セブンズストーリー (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

エイティング『蒼穹紅蓮隊』の商標を出願。美しい背景バックにロックオンで進むシューティング

WS000327
アカとブルー』、『Danmaku Unlimited 3』など、シューティングゲームで賑わうスマホゲーム界に、また新たなニュースが舞い込んできた。
1996年にアーケードに登場したシューティング『蒼穹紅蓮隊』の商標をエイティングが出願したというのだ。
商標番号照会(詳細表示)|J-PlatPat
区分は9(業務用テレビゲーム機用プログラムほか)、41(インターネット・携帯電話による通信を用いて行うゲームの提供ほか)。

キムヒョンテ氏描く女の子がLIVE2Dで動きまくる『ディスティニーチャイルド』事前登録開始。

ds
PCゲーム「Blade & Soul」のアートディレクターを務めた人気イラストレーター、キム・ヒョンテさんがディレクターとキャラクターデザインを手掛けるスマートフォンゲーム、『ディスティニーチャイルド』の事前登録が本日より開始となった。
本作は、悪魔の軍勢を作って戦い、魔王の後継者を目指すRPG。
何と言ってもキム・ヒョンテさんのデザインした女の子がLIVE 2Dで動きまくることで、なんとゲームに登場する300のキャラクターはすべて動くとか。
また、そのセクシーさも売りで、先行してリリースされた韓国では、全年齢版と成人向けにアプリが分けられていた。そのあたり、日本ではどうなるのだろうか。

美しい映像の『黒い砂漠モバイル』の動画公開。PCの人気MMOがスマホへ

WS000019
PCで人気のMMORPG『黒い砂漠』のスマホ版、『黒い砂漠モバイル』の動画が公開された。
PC版も美しいグラフィックが話題となったが、スマホ版もまたスマホの中で群を抜いて美しいグラフィックを誇る。
まずは、動画を確認してみて欲しい。

紙と鉛筆がなくてもTRPGできる『D&D Beyond』ウェブ版始動。キャラクター作成&管理がスマホで可能

beyond
テーブルトークRPG(TRPG)『ダンジョンズ&ドラゴンズ第5版』のサポートサイト『D&D Beyond』がついに一般公開となった。
TRPGはドラクエなど現代コンピューターRPGの元祖になったゲームだが、プレイに紙と鉛筆、かさばるルールブックなどが必要で、プレイの障害になっていた。
『D&D Beyond』は、そう言った面倒を全てなくしてくれるサイトだ。

『たけしの挑戦状』配信開始。後の映画監督ビートたけしが関わった伝説のクソゲー

たけしの挑戦状 (itunes 840円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
タイトーはスマホ版『たけしの挑戦状』の配信を開始した。
本作は1986年にファミコンで発売されたアクションアドベンチャーで、当時のゲーム機の性能などを考えずにビートたけしさんが要望を入れ込み、結果として多くのプレイヤーがクリアできず、伝説のクソゲーなどと呼ばれるようになってしまった作品である。

ゲームのリリース時は単に芸人ビートたけしさんのゲームであったが、今になってみると映画監督ビートたけしさんが全面協力して作ったゲームなわけで……いろいろと価値も上がっているような気もする。
とにかく、伝説をその目出みたいならレッツトライだ。

『弾幕月曜日』Android対応。鮮やかな弾幕と、STG初心者でも遊べる成長モードを合わせもつ弾幕シューティング

bullet01
月曜日に遊ぶシューティングと言えばこれ。iOSのみの提供だった『弾幕月曜日』のAndroid版がついに登場した!
本作は全50ステージの構成となっており、少しずつ自機も敵も強くなるのでいきなり無茶な弾幕と遭遇することはない。少しずつ上達しながら遊べる入門者向け弾幕シューティングとなっている。
もちろん、後半や最高難易度のHEAVENは上級者でも歯ごたえ抜群。スタイリッシュで見やすい画面構成のおかげで、スマホの画面でも十分に避けを楽しめることだろう。

『たけしの挑戦状』スマホ版、8月15日発売&グッズ公開。このTシャツは欲しい…

006
タイトーはスマホ版『たけしの挑戦状』を8月15日に840円で配信することを発表した。
スマホ版は16:9のワイド画面に対応するほか、新成田空港から新ステージ“あめりか”に旅立ったり、ゲーム内独自言語の“ひんたぼ語検定”を遊べたりと、追加要素盛りだくさんの内容となる。

ついに、再びゲーム化…! 『けものフレンズぱびりおん』と『けものフレンズあらーむ』予告サイト公開

WS000012
ソーシャルゲーム版が終了してから人気が出てしまったアニメ『けものフレンズ』。
その完全新作ゲーム『けものフレンズぱびりおん』と、アラームアプリ『けものフレンズあらーむ』の予告サイトが公開された。
アラームについては撮りおろしボイスと占いなどの遊び要素が入ったものとなるが、ゲームの内容は不明。
どちらも2017年配信予定だが、おそらくアラームアプリが先に出るのだろう。
アラームについては、8月16日のニコ生で情報が発表されるそうなので、楽しみなふれんずの皆さんは放送をチェックだ。

関連リンク:
アニメ「けものフレンズ」 ニコニコ生放送
けものフレンズアプリ予告サイト

失った言葉を取り戻すRPG『LOST WORD QUEST』、クラウドファンディングで資金調達中

c467c620187a82629080cf489e1fae45888650c5
UNICORN GAMESは、奪われた言葉を取り戻して村で起きた事件の真相に迫るRPG『LOST WORD QUEST』開発のため、クラウドファンディングサイトReadyforで資金調達を行っている。
本作は
「シナリオ重視のミステリーなゲーム」で、ほとんど言葉が理解できない状態から冒険を開始し、ダンジョンで言葉を見つけるたびに村人と会話ができるようになり、最後には隠された真実にたどり着く仕組みになっているという。
作者の芝野昌弘さんは、
14歳のとき『METAL GEAR SOLID』に強い感銘を受けてオリジナルゲームを志し、ソーシャルゲーム開発を7年経験した後に独立。
UNICORN GAMESを立ち上げて夢であったオリジナルゲームの開発に乗り出したとのこと。

大自然の中を鳥になって羽ばたく『Fugl』9月14日にPCでリリース。スマホ版はあとから

600x338
ボクセルで表現された自然の中を飛び回るゲーム、『Fugl』のSteam版リリース日が2017年9月14日になることが発表された。
本作は風景を楽しむゲーム『Melodive』の作者、johan gjestlandさんの新作。
目的やミッションはなく、ただ鳥になって自由に飛び回るゲームとされている。
用意された10種類のエリアを飛ぶだけでなく、エディタを駆使して自分だけの世界を作ることもできるという。

西尾維新デジタルプロジェクト『物語シリーズぷくぷく』事前登録開始。ツムツム系パズルの模様

WS000011
物語シリーズ初のスマホゲームとなる『物語シリーズぷくぷく』のCM動画が公開され、事前登録が始まった。
本作は西尾維新さんの小説を原作とするパズルゲームで、原作キャラクター達をあしらった玉を指でなぞって消すパズルゲーム。
基本は『LINE ディズニーツムツム』に似ているように見える。が、シンプルなパズルゲームは一要素足すだけで別ゲーになることもある。
玉がぷくぷくと膨らむ要素や、玉が中央に吸い付く要素がどれほどゲームに変化を与えるのかも注目か。

Gamevice、任天堂のSwitchをコントローラーの特許侵害で賠償と販売停止を求めて提訴

gallery-11
Engadgetの記事によると、スマホ向けのゲームコントローラーを展開するGameviceが、Nintendo Switchのコンセプトとデザインが同社のwikipad(上画像)に酷似しており、特許を侵害しているとして任天堂を訴えたという。
wikipadはAndroid向けのコントローラーで、タブレットを着脱できる「フレキシブルな着脱機構」を備えており、その構想はSwitchのJoy conと近すぎるという。

カナダ製弾幕シューティング『Danmaku Unlimited 3』PCからスマホへ堂々の凱旋。「日本の皆さんに楽しんでもらいたい」

Danmaku Unlimited 3 (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Steam)
Doragon Entertainmentは、Steamで配信中の弾幕シューティング
『DANMAKU UNLIMITED 3』がついにスマホでリリースされた。
本作はカナダ製ながら、斑鳩や怒首領蜂、東方シリーズなどの影響を受けて作られており、プレイ感覚は日本のシューティングに近い。
「3作目はゲーム機のような」弾幕シューティングを目指してPCでリリースされたが、今回はPC版の全要素を入れた完全移植の買いきりとしてスマホに帰ってきたのだ。

スマホ最強を目指せッッ『グラップラー刃牙 Ultimate Championship』開幕

グラップラー刃牙 Ultimate Championship (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
グラップラー刃牙を元にした格闘ゲーム『グラップラー刃牙 Ultimate Championship』がついにッ!
バンダイナムコから登場した。
本作は好きなキャラクターを選び、ガチャから技を手に入れて装備して戦う格闘ゲームらしい。
色々と不安はあるが、面白ければ問題なしまずは、試して見るつもりだ。

『アカとブルー』配信開始。スマホのために作られた、本気の弾幕シューティング

アカとブルー (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
怒涛の物量と弾幕、派手な演出で攻める弾幕シューティング『アカとブルー』がついに配信開始となった。
本作は、過去に人気シューティングを手掛けたこともある木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕シューティング。
ゲーム機版を求められたとき「スマホのために作られたので、移植は(簡単には)できない」と解答していたほど、スマホ向けにきっちり作られている本作。
体験版の時点でえらく楽しかったが、どこまで品質をあげているか楽しみだ。

ネコ勇者が気ままに戦うファンタジーRPG『キャットクエスト』リリースだニャー。

キャットクエスト (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / Steam)
sc552x414
広い世界を、ネコ勇者が自由に歩いて冒険するオープンワールド2DRPG『キャットクエスト』がiOSとSteamで配信開始となった。
本作はドラゴン、魔法、そしてたくさんのニャンコが存在するファンタジー世界で、悪魔「ドラコス」を倒して誘拐された妹を救うために戦うRPG。
TGS2016などで展示されて話題となったので覚えている方も多いのではないだろうか。
ネコ世界を気ままに歩いてドラゴンを倒すんだにゃー。オープンワールドRPG『キャットクエスト』
可愛いRPGを探しているなら、これがちょうど良さそうだ。

『カウンターストライク オンライン』主要スタッフによるスマホ向け戦術FPS『Combat Squad』海外でリリース

screen520x924
Unreal Engine 4で開発されたスマホ向け戦術FPS『Combat Squad』海外で正式リリースされ、注目を集めている。
本作の注目点は2つ。
PCで人気を誇るFPS『カウンターストライク オンライン』の主要開発スタッフが集まって設立されたという触れ込みのA-33 Studioの作品であるということ。
もう1つはAIを交えた対戦ゲームであること。5人のチームで対戦するが、そのうち4人はAIが操作し、プレイヤーは任意のタイミングで操作キャラクターを切り替えられる。AIへの指示とFPSのテクニック両方が試される新しいゲームになっていることである。

DOTA2のカードゲーム『Artifact』発表。Valve初のスマホゲーになるか!?



PCゲームプラットフォーム『Steam』で有名なValveから、世界で人気を誇るMOBA『Dota 2』のカードゲーム『Artifact』の2018年リリース予定が発表された。
『Dota 2』は『League of Legends』に並ぶ人気を誇り、e-Sportsの代表格でもある。プレイヤーに大会記念アイテムを発売し、その売り上げが賞金となる仕組みを導入しており、大会の賞金が高額になることでも有名である。
ゲーム内容について詳細は明かされていないが、すでにTwitterが開設されており、質問を受け付けている。『Dota 2』ファンの方はフォローしておくとよいだろう。
Hearthstone』など、PCで流行ったカードゲームはモバイルで出る流れができている中で、本作もモバイルに登場することが予想される。
もしかしたら、『Artifact』がValve初のスマホゲームになるかもしれない。

タイトー『レイクライシス』配信開始。2017年9月10日まで特別価格で提供中

RAYCRISIS (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
タイトーはレイシリーズ最後の1作、『レイクライシス』の配信を開始した。
本作は1998年にアーケードで登場した縦スクロールシューティングの移植。過去の家庭用版の移植と異なり、ボス前のロードなどは存在しないとのこと。
さらにコントローラーに対応し、ゲームモードとしては原作と同じ構成のモードと、スマホに合わせて修正されたリミックスモードの2つを収録し、アレンジ音源とCDのみに収録されていた楽曲Med-Rayも収録された豪華版移植になっている。
往年のファンの方は、ぜひこの機会に購入を。



KindleでSBクリエイティブ50%還元セール実施中。『ダンまち』、『数学ガール』、技術書など

sb
AmazonのKindleストアで、SBクリエイティブの本を買うとAmazonポイントで半額分補填されるセールが2017年8月10日まで開催されている。
GA文庫の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』から、『数学ガール』のような本、技術書まで多くの本がセールになっているので、この機会にどうぞ。

SBクリエイティブ還元セールの一覧はこちら(Amazon)
※本記事のリンクを通じてKindle本を購入するとゲームキャストの運営資金になるアフィリエイトを使用しております

PR - 韓国1国で世界1の売上をたたき出した怪物『リネージュ2:レボリューション』8月23日サービス開始。事前登録はまだ継続中

l2rmain2
ネットマーブルは『リネージュ2:レボリューション』の日本リリースが8月23日の12時になることを明かした。
本作は、PCの人気MMORPG『リネージュ2』の派生作品であり、超スマホ級のグラフィックと30vs30の大規模合戦バトルを特徴とするMMORPGとなっている。
すでに韓国では熱狂的に受け入れられており、韓国1国の売上でモンストとクラロワを越えたことで世界的に話題となった。
基本的にはオートのRPG(しかし、超グラフィックがきれい)のようなのだが、どうしてここまで人気になったのか非常に気になるところだ。
まだ事前登録は実施しているので、気になる方は今のうちにどうぞ。

iOS版事前登録 / Android版事前登録
※本リンクはスマホからメールアドレス登録でゲームキャストの運営費になるアフィリエイトを使用しております

人面魚を彼氏にする乙女ゲーム開発中。開発元「どの魚を彼氏にしたいか教えて欲しい」

Image-from-Tweetbot
Wayward Souls』でヒットを飛ばし、『Death Road to Canada』で連続してヒットを飛ばしたRocketcat Gamesの新作は……魚と触れあい、彼氏にする恋愛ゲーム……つまり、人面魚と恋する乙女ゲームになるらしい。
この作品の存在が明かされたときは開発者KepaさんのTwitter上の冗談とも考えられていたが、Touch Arcadeが確認を取ったところ、本当に魚をボーイフレンドにするゲームが開発中であることが判明した。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント