RSS

記事一覧

『NieR:Automata』などを開発したプラチナゲームズ、中国テンセントと資本提携を発表。基盤を強化してパブリッシング事業へ展開

01
2020年1月7日、プラチナゲームズはテンセント・ホールディングス社(Tencent Holdings Limited)からの出資を受け入れ、資本提携を行ったことを発表した。
プラチナゲームズは、スクエニの大ヒット作『NieR:Automata』や、任天堂からNintendo Switch向けにリリースされた『ASTRAL CHAIN』などの開発を行ってきた実績のあるゲーム会社。スマホにおいては、DeNAと組んで『World of Demons』を開発している。

今回の出資受け入れによって経営基盤を強化し、今後はゲーム開発のみならず自社タイトルのパブリッシング事業にも取り組むとのこと。
また、資本提携後も自主性に変化はなく、従来の経営陣を中心に経営を行うとされている。

中国テンセントが『ポケモン』新作制作を発表。開発は『PUBG』や『Call of Duty』を任されたTimi Studio

315313
中国テンセントは、株式会社ポケモンと共同で『ポケットモンスター』シリーズの新作を開発することを発表した。
なお、新作について具体的な発表はなく、プラットフォームも判明していない。
日本でテンセントと言えばスマホゲームだが、中国国内でのNintendo Switch販売に関してテンセントと任天堂が共同で取り組むことを発表しており、Switch向けの新作になる可能性も考えられる。

中国テンセント、ゲーマーの信用度を点数付けして管理するシステム発表。不良ゲーマーは人気作を遊べなくなるかも

WS000011
中国テンセントは、自社ゲームをプレイするプレイヤーの信用度を点数付けする“信用スコア”の運用を発表した。
これは特定の行動に基づいてプレイヤーに点数をつけ、好ましいプレイヤーか、そうでないプレイヤー化を判別するプログラム。
毎日健全にプレイして実名登録し、不正を行わず、不正を通報するプレイヤーは信用スコアが上昇する。
逆にチートを利用したり、チャットで暴言を吐くプレイヤーはスコアが下がって不利益を受ける仕組みになるようだ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント