RSS

記事一覧

ママが隠したゲーム機を探すはずが、あんなことに…脱出ゲーム『ママにゲーム隠された』レビュー

mamani01
ない!ない!なーい!ゲームがなーい!
ママにゲームを隠されたゲーム機はタンスの中?本棚の上?いったいどこなんだっーー!!

『ママにゲーム隠された』は、母親に隠されたゲーム機を探す探し物ゲーム。見た目はどう見ても普通のアドベンチャーなのだが……制作者は『東京デッドボール』、『こんなフリーキックは嫌だ!』など、数々の奇ゲーをリリースしたhap Inc.。
であれば、当然、ただのゲームでは終わらないのだ……!

パズルゲーム界の宝石。発見し、解く喜びを凝縮した『Snakebird』レビュー

snakebird-5
断言するが、『Snakebird』はパズルゲーム界の宝石だ。
ステージは緻密な計算の元に作られており、どのステージをとっても解法は異なる。つまり、マンネリがない。
ルールは分かりやすいが、その裏に隠された意味が膨大にあり、プレイヤーは何度も新しい発見の喜びを得るだろう。
パズルを解く喜びが、ギュッと濃縮されている。ユルい見た目とは裏腹に、緻密なパズルゲームなのである。

悪夢の世界と、希望にすがる少女と、絶望のRPG。『Severed』レビュー

serverdrrrrrrr_1
隻腕の少女が、失われた家族を求めて悪夢のような世界を旅するRPG、『Severed』が、日本語に対応してスマホにに登場した。
少しグロテスクな世界観、不安をかき立てる音楽、絶望を伴う不穏なストーリー(そして、アクションバトルも)はプレイヤーを捕らえて放さない。
すでに海外のPS Vitaで人気を博したゲームだが、もともとスマホ向けに開発されていたゲームなので、操作性も良好。
iOSのゲーマーなら、手を出してみるべきゲームである。

Appleが認めた美しさと、どこまでも遊べる奥深いアクション。『Chameleon Run』レビュー

chr_2
Apple Design Award 2016で表彰されたランゲーム『Chameleon Run』。もともと「良さそうなゲームだなぁ」と思っていたのだが、遊び込んでみてびっくり。
透明感のあるシンプルな世界観、簡単に遊べるのに手強いステージ群、やり込むほどに深いタイムアタック。
デザインも、ゲーム内容も備えたランゲームでも屈指の良作だったので今回紹介したい。

僕らの夢は、現実になった。歩いて探しに行くRPG『ポケモンGO』レビュー

pokego05
「ポケモン、ゲットだぜ!」
という言葉もまだない昔。私は、近所の小学生Aくんに「お兄さん、通信ケーブル持ってるんでしょ、ポケモンやろうよ!」と誘われて『ポケットモンスター赤』を始めた。
そして、Aくんに公園に呼び出されて驚いた。みんな、ゲームボーイで遊んでいるじゃないか。
当時、小学生達は「お外で遊びなさい」と言われて、外にポケモンを持って集まっていたのだ。そして、私の持ってきた通信ケーブルを使って、みんながポケモンの交換を始めた。
当時は他のプレイヤーと一緒にできるRPGが少なかったため、そこには未知の興奮があった。それが、私の『ポケモン』原体験だ。

そして、『ポケモンGO』は、その面白さを大きく進化させた、初めてのポケモンである。ヒットしないはずがない。

スパルタンXとブルース・リーへの愛が詰まったカンフーアクション。『カウンター・オブ・デス』レビュー

counter01
ブルース・リーのカンフー映画や『スパルタンX』に影響を受け、持てる愛を存分に注ぎ込んで作ったレトロ風ゲーム。
それが、『カウンター・オブ・デス』である。
ゲーム自体は上下のボタンを押すだけのシンプルなの作りなのに、豊富でカッコいいアクション、拳を入れるたびに鳴り響く怪鳥音、独特の間の演出でプレイヤーをのめり込ませる。
見た目以上に楽しく、そして愛が詰まった1作だ。

見事なスマホ移植。上達するほど音が気持ちよくなるパズル『LUMINES パズル&ミュージック』レビュー

luminess3
プレイヤーの操作とBGM、効果音がシンクロし、えもいわれぬ高揚感を生み出す「光と音の電飾パズル『Luminess』」。
このゲームが、なんとゲーム機版と遜色ないほどのクオリティでスマホにやってきた。
もともとカジュアルな作りだったのが幸いしてか、操作性はタッチパネルでも十分。音楽と見た目のクオリティは向上し、ファンも納得の素晴らしい作りである。ああ、基本無料にならなくて良かった。

連打するほど珊瑚礁が美しくなる鑑賞系クッキークリッカー『アビスリウム』レビュー

abyess06
ひたすらに数値のインフレを楽しむ『クッキークリッカー』系ゲームに、新しい風が吹いてきた。
本作の楽しみの焦点はなんとインフレ感ではない。
画面を連打するほどにアクアリウムが美しく育ち、その様子を眺めて楽しむ「鑑賞系のインフレゲーム」。
それが、『アビスリウム』である。
画面写真を見て、興味が湧いたなら

なぜ、ベストを尽くしてしまったのか。ドット絵だけに力を入れた奇ゲー『Super MiniPix』:スマホ奇ゲー録

advicer_6
奇ゲーとはッ!
ゲームを遊ぶ面白さより、その奇天烈さを体験することに夢中になる狂気のゲームであるッ!
そんなゲームを紹介する「スマホ奇ゲー録」、久々の作品は横スクロールアクション『Super MiniPix』。
本作はゲームの作り込みが甘いのに、どうでも良いところには手がかかっている、典型的な奇ゲーである。

主役はバットマンの悪役! 悪の力で敵をなぎ倒す爽快アクション『Suicide Squad: Special Ops』レビュー

SuicideSquadrrr-1
ワーナーが、映画を配給するたびに無料のプロモーションゲームを出していることは知られている。が、困ったことにこれらのゲームは、面白くないものばかりで映画に悪影響を与えているのではないかと心配している。

で、刑務所に収容されたヴィラン(悪の超人)を集めて、悪の軍団にぶつける「悪を持って悪を制する」映画『スーサイドスクワッド』にもプロモーションゲームが登場してしまった。
ああ、楽しみにしていた映画なのに……あれ?
グラフィックが良いし、悪党達が縦横無尽に活躍する爽快感が表現されていて、触っていて楽しいじゃないか!
どうしたことか、『Suicide Squad: Special Ops』はかなりイケてるぞ!?

センスの塊。スマホのカジュアルシューティング最高峰『TIME LOCKER』レビュー

timelocker03
センスの塊。シューティングゲーム『TIME LOCKER』は、多くの方に遊んでもらいたい、日本インディーゲームの星だ。
素晴らしいビジュアルと音、気持ちよい操作感、気軽に遊べるのにとやり込める面白さ。
オリジナリティも高く、自分の知るかぎり類似ゲームはない(PCゲーム『SUPERHOT』の影響は多く見られるが、面白さの核は違う)。
『TIME LOCKER』は、ゲームキャストが「スマホのカジュアルシューティング最高峰」と、自信を持ってお勧めする作品である。

安定のリズムゲームを、絵本風の物語とともに楽しむ。『Lanota』レビュー

otoge_4
また、台湾なのか。良質なリズムゲームの産地から、「定番」とも言える品質の新作が登場した。
『Lanota』は、台湾のリズムゲーム好きが集まって作られた「絵本風ロールプレイングリズムゲーム」。
まず、絵本風に示されるストーリーが魅力となっており、絵とストーリーで楽しめる。その上に、ダイナミックな演出と基本に忠実なリズムゲームが加わり、幅広くお勧めできる1作となっている。

中毒性も面白さも進化。アーケードの興奮が蘇る『サイヴァリア・リアセンブル』レビュー

cyberrrr
敵の弾幕に飛び込み「危険を冒すほどにリターンが増える」ことが中毒性を生んだシューティング『サイヴァリア』。
その最新作『サイヴァリア・リアセンブル』が、iOSにやってきた。
スマホゲー、基本無料なのでで不安を感じている諸君も安心して良い。本作は、間違いなくあの『サイヴァリア』である。
そして、プレイに関しては、初心者を切り捨ててマニアである原作ファンを向いている。原作ファンのための作品でもある。さあ、プレイせよ。

25の世界を巡るエレベーター。『Elevator: Isolation』レビュー

ElevatorIsolation-7
突然だが、筆者は不思議な塔を上るRPG、『魔界塔士SAGA』が好きだ。
塔は様々な世界につながっていて、現代、SF世界、平和なディストピアなど、進むたびに異なる世界がパッと出てくる不思議さに、幼い頃魅了されていた。
そして、この『levator: Isolation』も、そんな要素を持つゲームであり、最近のお気に入りだ。
本作は、異次元をつなぐエレベーターに乗って25の世界を巡る、短くて不思議なアドベンチャーである。

ただの「塊」。面白さにかける魂はない『タップマイ塊魂』レビュー

tapmy01
王様が破壊した星空を元に戻すため、王子が地球で塊を転がして大きくし、それを夜空に浮かべ星空を再生させるゲーム『塊魂』。
独特の世界観、どんどん大きくなる塊のインフレ感が人気を呼んだこの作品が、『クッキークリッカー』系ゲーム『タップマイ塊魂』として蘇った!

インフレが楽しかった塊魂のインフレゲーム。さぞ楽しいものになるだろうと期待していたのだが……こんなに期待を外すとは思っていなかった。
このゲームは、「塊」だ。職人の魂はどこかに消えてしまっている。

この「かっこいい」を堪能しろ。宇宙を疾走する高速アクション『Hyperburner』レビュー

ff480_11
アーケードライクな緊張感、快適な操作性、何よりも圧倒的なかっこよさ。
高速艇を操縦して、太陽まで駆け抜ける高速アクション『Hyperburner』は、アーケード系のゲームが好きなら見逃せない。
紹介記事の写真を見て、「かっこいい!」と思ったなら、即座に購入してOK。感性が合えば、絶対に楽しい1作だ。

涙が出るほど、やるせない。無力な大人が読むSF物語『ひとりぼっち惑星』レビュー

hitoribottir_3
あ、あー。この声が、皆さんに聞こえているだろうか。
僕はいま、『ひとりぼっち惑星』というアプリをプレイして、どうにも切ない気持ちになって、この気持ちを人に伝えたくて、記事を書いている。
このゲームは、えげつないほど切なくて、やるせない。大人が読むためのゲームである。

オリジナリティはあるが、面白くなるのはこれから。Cygamesのハースストーン、『シャドウバース』レビュー

shadow-6
日本には、人気のゲームをアレンジし、優れたイラストで見た目を整えて売り出す職人集団がいる。そう、Cygamesだ。
『シャドウバース』はそんな彼らの最新の作品で、世界的に人気の対戦カードゲーム『ハースストーン(Hearthstone)』をアレンジしたゲームである。
どんなものかと、『三国志パズル大戦』を思い出しつつプレイしてみたところ、それなりに差別化されたゲームだったのでここに紹介したい。

マップを自由に歩けるInfinity Bladeを目指して…『Dawnbringer』レビュー

dawnbringer-2
『Subway Surfer』などカジュアルゲームでヒットを飛ばしたKilooから、なんとゲーマー向けにアクションRPGが登場した。その名は『Dawnbringer』。

プレイしてみた感想は「惜しい」の一言。
フィールドを自由に歩ける『Infinity Blade』を基本無料でやろうとかなり頑張っているのだが、肝心な場所のツメが甘く、作業感が出てしまっている。
それでも、日本では見ないタイプの基本無料RPGなので、紹介しておこう。

ゲームの原始的な面白さを濃縮。ファンタジー商店経営『Merchant RPG』レビュー

marchant01
ゲームが発達して様々な装飾がついた現在、逆に基本に立ち返ったシンプルなゲームを遊ぶと「ああ、面白い」と感じることがある。この『Merchant RPG』が、まさにそれだ。

冒険者を雇って素材を集め、加工して売りさばいて儲ける。加工が上達したら強力な武装を作って冒険者に与え、より危険な地域の挑んでまた金を儲ける。
この流れが、驚くほど楽しい。
『アトリエシリーズ』やカイロゲーの根本にある、原始的な経営ゲームの面白さを教えてくれる1作だ。

新たなパズルRPGの王者。戦術と戦略を試すゲーム『Imbroglio』レビュー

im01
脱力感あふれる見た目なのに、いざプレイすると止まらない。時間が右から左に、ものすごい勢いで流れていく。『Imbroglio』は、短時間でさくっと遊べ、プレイのたびに変化があって飽きず、上達するほどに記録が伸びる良作パズルRPGである。
これにプレイ感覚が似ているのは、『Dunreon Raid』だろうか。あれをリアルタイムで遊んでいたときのような面白さを、久々に感じている。
ぜひ、このゲームを皆さんにも遊んで欲しいゲームだ。

ハック&スラッシュRPGとクッキークリッカー系が見事に融合。『Nonstop Knight』レビュー

none06
最初は弱い状態からはじまり、すごい勢いでゲーム内の数値が上昇する「インフレゲーム」。
『クッキークリッカー』に端を発し、『Tap Titan』でいったん極まり、現在は『War Tortoise』のように他ジャンルと組み合わせた発展系まで生まれ、App Storeでもホットなジャンルである。

そこで今、最も注目されているゲームが『ディアブロ』系のハック&スラッシュRPGとインフレを融合した『Nonstop Knight』だ。
リリース4日で200万DL以上を記録した超大物である。

ハトと人の恋愛乙女ゲー。今さら真面目に語る『はーとふる彼氏』レビュー

hatoful
文字通り「人類には早すぎるゲーム」として、2011年4月1日、日本中のニュースサイトを賑わせたゲームがある。
ハトしかいない学園に人間の女子が入学し、ハトたちと対等な立場でふれあい、恋愛する乙女ゲー『はーとふる彼氏』である。
エイプリルフールのジョークと思われていた本作は、いつの間にか製品化され、家庭用版が登場し、最後にはdevolver digitalをバックに世界で販売されてしまった。
世界に受け入れられた(?)馬鹿ゲーとはどんなものなのか、これまで機会がなく外からムーブメントを見ているだけだったのだが、スマホ版を出たので真面目に語るために今さらプレイしてみた。

まさに『白猫』の次のゲーム。時代をとらえたアクションRPG『ドラゴンプロジェクト』レビュー

dragon09
『白猫プロジェクト』に続くプロジェクトシリーズ(猫シリーズではなく、プロジェクトシリーズだったのが驚きである)の最新作『ドラゴンプロジェク(ドラプロ)』。
その見た目と、モンスターを狩って装備を作るというゲーム内容から、コロプラ版の『モンスターハンターエクスプロア(以下、エクスプロア)』と注目されていたが……実際にプレイした感想は、かなり異なった。
ドラプロはモンハンに強く影響を受けているが、それだけじゃない。『白猫』の次を見据えた新作だ。

プレイではなく、アラスカ先住民の世界を見る「体験」。『Never Alone: Ki Edition』レビュー

nevar_1
『Never Alone』は、アラスカの先住民「イヌピアット」の文化を伝えるため、ゲームメーカーとイヌピアットが協力して作ったゲームである。
実際に遊んでみると、そのプレイ感覚は「ゲーム」と言うよりも映画、もしくは遊べる絵本。そんな言葉がぴったり当てはまる。
『Never Alone』はプレイヤーを世界に引き込み、2時間程度のプレイを通じて「イヌピアット」の文化を見る「体験」だった。

究極のアクションRPGは嘘。ただし、宝探しは楽しい。『サムライ・ライジング』レビュー

samurai-7
スクエニによる、和風世界観の「究極の」アクションRPG!
課金に関係なくランダムドロップの強力アイテムを誰でも集められる。ハック&スラッシュの面白さをプレイヤーの手に!
そんな宣伝文句と共に発売されたゲームが『サムライ・ライジング』だ。
実際に遊んでみると、その宣伝文句は、半分正しく、半分不正解であった。

音と動きの一体感で魅せる。Rayark3作目は優等生な音ゲー『VOEZ』レビュー

VOEZ-7
『Deemo』、『Cytus』の2大音ゲーを送り出したRayarkから、3作目の音ゲー『VOEZ』がリリースされた。
本作は、リズムゲームに高校生バンド「VOEZ」の活動を描いた青春ストーリーをのせた「青春系さわやかリズムゲーム」。
相変わらずのRayarkクオリティで、音ゲープレイヤーならチェックするべき1作となっている。

ステンドグラス風のイラストに浸る幻想ジグソー『Mandie Manzano Jigsaw Puzzle Art』レビュー

gizp01
イラストの力だけで、ゲームをダウンロードしてしまった。後悔はしていない。
1枚のイラストを細かなピースに分割し、それを組み合わせて復元する「ジグソーパズル」。
この系統のアプリはシンプルすぎて、普段はゲームキャストで取り上げないが、この『Mandie Manzano Jigsaw Puzzle Art』は例外である。
ステンドグラスを想起させる神秘的なビジュアル。それを見るだけで楽しめるからだ。

スパイvsエージェント。スタイリッシュ脱出ゲーム『Agent A: 偽装のパズル』レビュー

screen640x640
大量の「脱出ゲーム」からお勧めを選ぶとしたら、この『Agent A: 偽装のパズル』は確実に候補に入るだろう。
本作は、普通の脱出ゲームでありながら、動画とスタイリッシュな演出で一歩抜き出たクオリティを誇っている。
無料脱出ゲームに飽きた皆さんも、ぜひこれを試して欲しい。

不満はある。が、それ以上に面白い。スマホラリーゲーム新鋭『Rush Rally 2』レビュー

rr2rr-2
ドライブゲームには、閉鎖されたサーキットを走る「レースゲーム」と、公道を走る「ラリーゲーム」の2つがある。
どちらも好きなのだが、スマホで見ると前者には『Real Racing』などの定番ゲームがあるのに、後者は『Colin McRae Rally』が日本のApp Storeから削除されてから定番と言えるものがなかった。
が、この『Rush Rally 2』の登場により、そんな時代も終わりだ。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント