RSS

記事一覧

『Tap Titans 2』レビュー - みんなで叩くと楽しい。オンライン要素が入った連打ゲー

tap_7
スマホゲーム、シロッ!
指が折れるまで、指が折れるまで!

こんな表現がしっくりくるぐらい、多くの中毒者を生み出したタップゲームの続編『Tap Titans 2』が登場した。
前作はスマホのタップゲームを完全に定義し、後に続く作品が軒並み『Tap Titans』のシステムを導入したというほどの名作。
そこにオンライン協力要素や対戦要素を足したゲームが『Tap Titans 2』である。
が、プレイしてみると序盤は驚くほど面白くない。その代わり後半は前作より面白い。また味わいの違う作品に仕上がっていた。

『スーパーマリオラン』レビュー - この面白さが任天堂の底力。しかし、スマホ経験の低さが足を引っ張る

mario04
2016年12月16日は、歴史的な日となった。
『スーパーマリオラン』のリリースによって、これまで自社ハードにこだわっていた任天堂のマリオが、ついにスマホにやってきたのだ。
しかも、体験部分は無料で、1,200円払えばすべての要素を遊べる「体験無料」方式。
ゲーム内容は十分すぎるほど面白く、任天堂の名を辱めるものではない。アクション好きなら買っていいのだが……スマホ経験の薄い任天堂ならではの失敗もある惜しいゲームだ。

『Bully: Anniversary Edition』レビュー - こだわり抜かれた学園オープンワールドゲーム

bullyr_6
クライムアクション『Grand Theft Auto』のRock Star Gamesによる、オープンワールドの学園アドベンチャー。それが『Bully: Anniversary Edition』だ。
『Bully』とは、悪ガキのこと。
本作は、方々で悪さをして全寮制の学園ブルワースアカデミーに転校させられたジミーを主人公とした、ワンパク青春ドラマを楽しむゲームである。

いたずらしたり、スクールカースト(学園内の陰湿な階級)に立ち向かったり、いい気になったり、反省したり……ジミーの引き起こすトラブルは、まさに青春ドラマ。
海外の学校を扱っていながら、日本人にも共感できる部分もあり、じっくり遊ぶゲームを探しているならお勧めしたい。

『Dawn of Titans』レビュー - 1,000を超える兵士が戦う迫力のクラクラ系戦術ゲーム

titans-4
『CSR 2』や『Clamsy Ninja』など、独自のゲーム製作ツールで、他のメーカーを寄せ付けないグラフィックを特徴とするNatural Motion。
その新作のグラフィックは、やはりすごかった。『Dawn of Titans』は、なんと巨人と千を越える兵士たちが一斉に戦う迫力の大規模合戦ゲームなのだ。
基本システムとしては、『クラッシュオブクラン』系なのだが、この見た目はやはり圧倒的な魅力だ。

『実写脱出ゲーム 女の子の部屋からの脱出』レビュー - 女子で釣ってきっちり楽しませる。10分で完結するエンターテイメント

josi04
実写撮影された女子の部屋をあさり、脱出する背徳のゲーム『女の子の部屋からの脱出』。
完全にタイトルとモチーフで釣ってる……そんな餌にこの私が……はい、釣られたー!

しかし、これが意外に良くできている。これが女子部屋か……と思ってプレイするとちょっとした仕掛けもあって釣りでは終わらない。
プレイ時間はなんと、短ければ10分。謎の難易度が低く、気持ちよくさっと終わるエンターテイメントだ。

『Entwined™ Challenge』レビュー - 元素のトンネルを精霊が舞う、スピリチュアルな音楽ゲーム

entwined-13
火や水などの元素をイメージした世界を飛ぶ、美しい音楽ゲーム。それがこのこの『Entwined Challenge』だ。
発売元はソニー。プレイステーションのゲームがスマホで出ると話題になっているが、実はソニーは以前からスマホにゲームを出している。

炎のように燃える魚と、静かな水鳥の愛を描いたPS4ゲーム、『Entwined』のスピンオフ作品としてリリースされた本作は、万人が受けるゲームではない。
ただ、ハマる人はハマると思うので、説明を見て気に入ったら手を伸ばしてみて欲しい。

『ぎゅうぎゅうダンジョン2』レビュー - ローグライクと、ボードゲームの面白さを両立。絶妙バランスのパズルRPG

gyugyu
成長しながらダンジョンのモンスターを退治するパズルRPGとして、マニアの評価が高かった『ぎゅうぎゅうダンジョン』。
その作品をさらに洗練したのが、『ぎゅうぎゅうダンジョン2』だ。
シンプルなルールはほぼそのままに、「運の要素が強すぎる」という前作の欠点を解消た結果、前作をはるかに超える面白さを手に入れた。もはや、このゲームはマニアだけのものではない。

見えている要素を計算して動くパズル要素は、ボードゲームのような面白さ。
ランダム生成のダンジョンで、成長しつつモンスターを倒す仕組みはローグライクRPGの面白さ。

どちらの良さも活かされており、「ボードゲームに電子ゲームの面白さを足した」ゲームとなっている。上記のどちらかが気になるなら、ぜひ遊んで欲しい。

『a[Q]ua アキュア アヒルームへようこそ!』レビュー - 風呂場でアヒルのおもちゃと水遊び。童心に返れるパズル

duckar-1
風呂場で水遊びをしているように遊べる、水のパズルに新作が登場した。
『お水のパズル a[Q]ua アキュア アヒルームへようこそ!』だ。
かわいい見た目、触って楽しい水の表現、直感的で分かりやすい操作。さらに、広告は控えめ、スタミナなしの遊び放題でステージ数は総計60。
無料で癒やされるパズルアプリを探しているなら、試す価値はある。

『Ace of Seafood』レビュー - 鮭がレーザーを吐き、蟹が対空砲火で戦う。海産物の王者を決めるシューティング

seatitle-1
サケがレーザーを放ち、蟹が対空射撃で応戦する。ハリセンボンはビグザムのごとく全周囲砲を放ち、イセエビは脱皮した抜け殻を囮にして奇襲をかける……!
今回は、広大な海で縄張り争いを繰り広げ、海産物の王者を決める3Dシューティング『Ace of Seafood』を紹介する。

やっていることは普通の3Dシューティングなのに、操作するキャラクターが海産物なだけで、卑怯なほどのインパクト。1度体験しておくべきネタゲーであり、ダイナミックな戦場に心躍るシューティングでもある。

もじたんレビュー - 丁寧な作りのオーソドックス文字パズル。ユーザー作成問題が自由で楽しい

mojitan01
ずらりと並べられた文字列から、指定された種類の単語を探し出す直感&語彙力のパズル『もじたん』が、楽しい。
ルール自体は他にもあるものだが、さわり心地が良く、カジュアルだけど手を抜かない、丁寧な作り。
プレイヤーが問題を作成でき、簡単にそれにアクセスできる大ボリューム。
自由な発想で作られた問題は、ときに公式問題よりも面白い。オーソドックスながら、良くできたゲームだ。

Replica : a little temporary safety - 他人のスマホを暴いて、犯罪者に仕立て上げる。背徳感と狂気のアドベンチャー

replica01
『Replica : a little temporary safety』は、狂った社会主義国家の国民となり、他人のスマホを調べて犯罪記録を探し出すアドベンチャーゲームだ。
今、あなたは国家保安部に捕まり、犯罪の嫌疑をかけられている。だが、安心していい。
ここに、誰かのスマホがある。

このスマホから「誰か」の情報を暴き、国家反逆の証拠を見つけ、犯罪者に仕立て上げれば良い。無事通報できれば、あなたが愛国者であることが証明され、釈放されるはずだ……。

Dominocityレビュー - ドミノ倒しがパズルゲームに。美しく並べて、美しく倒せ

domino01
長方形のブロックを並べ、列の端の1つだけを倒して連鎖的に全部のブロックを倒していく遊び「ドミノ倒し」。
大量のブロックを使い、シーソーや滑り台などの仕掛けを組み込んだショーとしてテレビ放映されることもあるので、ご存じの方も多いだろう。
そのドミノ倒しをパズルゲームにしたのが『Domino City』である。

『Islands』レビュー - 日常の裏にある世界。45分で終わる異世界トリップアート

islands-1
「自分が見ていない間に、台所で知らない知らない生き物が動いていないだろうか……?」

と、日常的の裏で何か異常が起きている妄想をしたことはないだろうか。『ISLANDS NON-PLACES』は、あなたを人の目が届かない世界に連れて行ってくる異世界トリップゲームである。
制作者は、日常にある光景を切り抜き、独特の色使いと演出で非日常の空間に見せる動画アーティストCarl Burtonさん。
駐車場、バス停、エスカレーターの踊り場。Carl Burtonさんの手にかかれば、すべてが異世界となる。

『F1 2016』レビュー。走る気持ちよさは随一。F1ファンのための最高のスマホゲーム

partyhardrraaar-2
Appleの発表会で「iPhone 7なら、ゲーム機のゲームだってできるんだ」と、紹介されたゲーム『F1 2016』。
先にPCやゲーム機で発売され、現時点で究極のF1レースゲームと評判も高かっただけに、海外を中心に話題となったが、いざ発売されてみると……グラフィックはやはりスマホ並み。
App Storeの説明文を見ると天候の変化があるように見えるが、実際は天候の変化もなし。
だが、レースゲームとしての核、ドライブゲームの面白さは健在で、F1好きなら見逃せないゲームである。

リア充、死すべし。慈悲はない。パリピ暗殺ゲーム『Party Hard GO』レビュー

partyhardrraa-1
時間は午前3時。明日も仕事なのに、寝付けない。それというのも……近所でパーリーピーポーが騒いでいるからだ。
こちらは明日で21連勤、クリスマスに予定もないというのに……ぁぁぁあ!もう!リア充は殺すしかないぜッ!
途中から何か混ざったが、『Party Hard GO』はだいたいそんな感じのゲームである。

パーティー会場に忍び込み、騒音の元をすべてシャットアウト(つまり、皆殺しだ)するスニークアクションであり、猟奇的なゲームなので人は選ぶ。だが、興味深いゲームではある。

落ち物ゲームで、上質なパズル。『TENOSEL+』レビュー

tenose04
スバラシティ』のTamagoLoopから、またまた良作パズルゲームが登場した。落下するブロックを手のひらで受け止めて消すパズルゲーム、『TENOEL+』だ。
本作は、エンドレスアクションパズル『テノセル』のリメイクで、同じ基本システムでパズル方面に大きく舵を切った新作。いわば、『ぷよぷよ』に対する『なぞぷよ』的な作品である。
ただし、そのプレイ感たるや、「このシステムは元々、パズルとして作られたのではないか!?」と思うほどに良くできており、パズル好き必携の1作となっている。

本物の鬱ゲーってこれだ…見た者を鬱にするだけのゲーム『UTU』 - スマホ奇ゲー録

utu
ああ、これが地獄か……ひたすら陰鬱な世界を描写し、プレイヤーの気持ちを沈ませるアプリが登場した。
価格は無料で、広告すらない。つまり、採算度外視に「鬱になーれ☆」という気持ちだけで作られたアプリがこの『UTU』である。
こんなもの、よく作ったな……。

激ムズ系だけど、爽快。低ストレス、高難度アクション『RunGunJumpGun』レビュー

rungunjumpgun-7
極悪な難易度のステージに、何回も挑戦してクリアする激ムズ系ゲーム。チマチマとクリアしていくゲームが多い中にあって、爽快感満点の新星が現れた。
ノリノリのBGMをバックに、反動ガンをぶっ放し、崩壊しつつある宇宙を踏破する激ムズ系アクション『RunGunJumpGun』である。
歯ごたえのあるアクションを求めているなら、これはやっておくべきだ。

クッキークリッカー系ゲームを丁寧に再構築。丁寧な仕事でインフレを遊ばせる『ベストフィーンズ フォーエバー』レビュー

best11
『クッキークリッカー』に代表されるインフレゲームに、またもや新星が登場した。
インフレゲームをスマホで再定義した『TapTitan』、映像に軸を移して遊ばせた『アビスリウム』ときて、いい加減皆さんインフレゲームに飽きているかもしれない。
が、『ベストフィーンズフォーエバー』は、そんなプレイヤーも満足させる素晴らしいインフレゲームだ。

盆栽を育てるように惑星を育てよう。惑星を改造シミュレーター『TerraGenesis』レビュー

terrarrr_1
さあ、皆さん待望のゲームが登場した。この『TerraGenesis』は、長い時間をかけて惑星環境を整え、人間が住める惑星を作る育成ゲームなのだ!

え、惑星を育てたいと思ったことなんてない?
だが、そんなことは関係ない。この記事は「みんな、惑星を育てたい」という前提で書く。あなたもそのつもりで読んで欲しい。

数世紀を生きる謎の男は何者なのか。終盤のトリックが光るアドベンチャー『Rok』レビュー

sc552x414
『Rok』は、超能力を駆使し、謎の男の脱出を助けるアドベンチャーゲームである。
近代なのか原始なのか判断尽きかねる世界観、数世紀を生きる男の不可思議な秘密、そしてローポリのグラフィックを魅力とするゲームなのだが……正直、お勧めではない。
が、個人的に「終盤のトリック」が気に入ったので、ここに紹介しておく。アドベンチャーとか、ナラティブとかが好きなら、試してみていいと思う。

そこはレトロなゲームセンター。SFピンボール『PinOut!』レビュー

pinout02
Smash Hit!』のMediocreから、またもや素晴らしいゲームが登場した。
ピンボール台風に表現された谷を、ひたすら上っていくレトロサイバーアクション『PinOut!』である。
Mediocreお得意の美しいグラフィック、レトロなサウンドがマッチしており、プレイするだけで異世界にトリップできる没入感がある。
こいつは、Mediocre久々のヒットだ。

なんという良い仕事…初代バイオファンに捧ぐ極上ファンゲーム『バカハザ』レビュー

bakahaza01
なぜ、作ってしまったのか。
赤塚不二夫のギャグ漫画『天才バカボン』のスピンオフ、『少年バカボン』のキャラクターが、初代『バイオハザード』の洋館を探索するゲーム『バカハザ』。
バカボンで、8bit風で、バイオハザードで……誰がこの一発ネタを喜ぶものか、と最初は思っていた。

が、プレイしてすぐに気づかされた。このゲーム、尋常ではない。「8bit時代にバイオハザードを作ったらこうなる」を、全力でやってのけたスゴイゲームだ。なお、バカボン要素はまったく必要ない。

3分に濃縮された充実の古典シューティング。『The Bug Butcher』レビュー

bugb_1
左右に移動しつつ上方向に弾を撃つ古典的アーケードシューティングながら、とても完成度が高く、特にゲーム好きに広くお勧めしたいゲームが登場した。
宇宙基地に巣食う虫たちを、銃を片手に殲滅する『The Bug Butcher』だ。
1ステージ3分で完結するスマホに適合した作りながら、3分の中でチマチマ撃つ気持ちよさ、一気に敵を殲滅する気持ちよさなどのメリハリがついており、1プレイはかなり濃い。
特にアーケード世代なら、このゲームを見逃す手はない。

線路を引いて、客を運んで、効率的な路線図に見惚れる。鉄道パズル『Mini Metro』レビュー

minimetror-4
次々と増える運送需要に対して、限られた資材で鉄道網を敷き、運送する「電車パズルゲーム」が『Mini Metro』だ。
線路を引いて電車を走らせるだけのシンプルな内容ながら、電車の経路は無数にあり、機能的に輸送を考えれば奥の深さは無限大。
そしてチャレンジを乗り越え、美しい輸送経路を作り上げると鉄道の機能美に感動すら覚える。
誰にでもお勧めできて、面白い。ここしばらくで一番はまったゲームだ。

世界の作り込みが秀逸。人がいない世界の謎を追う脱出ゲーム『スライドプリンセス』レビュー

slipri
その古城には、1人のプリンセスと1羽のトリしかいなかった。ここはどこで、なぜ誰もいないのか。いつからそうなのか。
その謎に迫るべく、プリンセスは城の脱出を始める……。

『スライドプリンセス』は、丁寧に描き込まれたグラフィックと、それによって作り込まれた世界観を特徴とする脱出ゲームである。
先が気になって止められないストーリー、それを邪魔しない適度な難易度が絶妙に交わっており、脱出ゲームの中でも秀でた作品になっている。

殴って、投げる古典ビートアクションと、簡単すぎない絶妙なバランス。『Dan The Man』レビュー

danthe_8
格闘家のDANが恋人と共に立ち回るゲーム風動画『Dan The Man』。総計再生数1,000万回以上の動画が、『Fruit Ninja』で大ヒットを飛ばしたHalfbrick Studiosによってゲーム化された。
しかも、同ジャンルで言えば『Goblin Sword』ぐらいしか匹敵するものがないほどの完成度で。
殴って、投げる爽快ビートアクション、簡単だけど簡単すぎないバランス、豊富なモードで、大ヒット間違いなし。アクション好きならずとも見逃せない一作だ。

結末がわかるからこそ心を打つ。幼子の死を看取るアドベンチャー『That Dragon, Cancer』レビュー

cancer_5
人間の心を打つのは、驚きの結末が待つストーリーだけだろうか?
いや、違う。あらかじめ結末がわかっているからこそ、心を打つストーリーもある。それが、『That Dragon, Cancer』だ。
日本語に直すと『癌という名のドラゴン』とでも言うべきだろうか。

このゲームは、癌に冒され、幼くして亡くなった子供の一生を描くアドベンチャーである。つまり、結末は死しかあり得ない。
しかし、癌という名の恐るべきドラゴンに立ち向かう親子の様子は、あなたの心を強く動かすはずだ。

プレイヤーの民話物語が、本物の本として出版される。『Burly Men at Sea: 三人の海の男』レビュー

bulrymanrrr-1
漁師3兄弟の大冒険の様子を語り、本を作り上げる民話絵本風のアドベンチャーゲームが登場した。『Burly Men at Sea: 三人の海の男』だ。
次々と不思議な事件に巻きこまれる兄弟の様子を、プレイヤーは語り部の立場で見て、導いていく。そして、10分ほどのプレイで物語が完結し、1冊の本にまとまる。

そして、1つの物語が完成したら、今度は「あのとき、違う選択をしていたらどうなったんだろう」と、新しい物語を見るために旅立つ。

これぞ王道、避けやすい弾幕シューティング。『弾幕月曜日』レビュー

bullet01
『弾幕月曜日』は、『.Decluster』シリーズで世界のシューティングマニアから高い評価を得たMasayuki Itoさんの最新作だ。
鮮やかで美しい弾幕が画面を埋め尽くすが、それでいてなぜかスルスル避けられる王道の弾幕シューティング。
さらに、極めれば.Declusterと同等以上の素晴らしい内容を持ちつつ、シューティング初心者が段階的に上達できる仕組みも導入している意欲作となっている。
ただ、仕組み的に少し失敗している部分もあり、それを避けて遊ぶ必要はあるが。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント