RSS

記事一覧

Steam、スマホ版『クロノ・トリガー』に3月11日アップデート告知。オートバトル速度1.5倍、おまけモード追加など大幅パワーアップ

クロノ・トリガー (アップグレード版) (App Store 1,220円 / GooglePlay 1,220円 / Steam 1,980円)
chorono-5
スクウェアエニックスは、『クロノ・トリガー』のiOS / Android / Steam版を3月11日にアップデートし、機能追加する予定であることを発表し、その紹介動画を公開した。
『クロノ・トリガー』は、1995年にスーパーファミコン向けに発売されたRPGで、時を超えてさまざまな時代の人物が友情を育み、世界の破滅の原因を探り、滅びの未来を回避する物語が展開されるゲーム。
『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さん、鳥山明さん、さらに『ファイナルファンタジー』の坂口博信さんが参加した上でスクウェアが開発する“ドリームプロジェクト”として当時話題になった。
が、移植版である本作は2018年、移植の出来の悪さにPCでは返品騒ぎが起きる状況で、そこから1年かけてアップデートして遊べるようになり、今回2022年満を持して満足度アップのアップデートの配信となる。
クリアしたから「楽しかった」と断言する。新しいスマホ版『クロノトリガー(アップデート版)』レビュー

クリアしたから「楽しかった」と断言する。新しいスマホ版『クロノトリガー(アップデート版)』レビュー

chorono-5
『クロノ・トリガー』の移植は、クソ移植である。
しかし、原作が素晴らしいからギリギリ遊べる。2011年に出た『クロノ・トリガー』の評価だ。
レビュー クロノ・トリガー
それから5年を経てアップデートした『クロノ・トリガー(アップデート版)』は、ついに楽しく原作に近いものを遊べるまでに進化した。
スマホ版をPCに移植したことで評判を下げてしまっている(関連記事)が、断言しよう。スマホ版の『クロノ・トリガー』は良い。

みんな、スマホで新しい『クロノ・トリガー』を遊ぼう。PC版より、スマホ版は快適だ

cno-1
アップデートした『クロノ・トリガー(アップデート版)』のグラフィックに欠陥があることに関して思った以上に反響があったため、自らPCとスマホ、タブレット試してみてPC版できになったこと、そして「スマホ版の出来が一番いい」と気づいたので皆さんにお伝えしたい。
また、今回の『クロノ・トリガー』の大きな欠点は、ビジュアル面にあったわけだが、なぜオリジナル版で良い(とマニアなファンが思っている)のに、スクエニが手を加えたのかというところもちょこっと書いておきたい。

操作などを大幅改善した『クロノ・トリガー(アップデート版)』配信開始。ただし、グラフィックに欠陥あり

576x768bb
スマホ版の『クロノ・トリガー』がPC版発売と同時にアップデートされ、コントローラーやクラウドセーブ、オートセーブに対応し、グラフィックとサウンドも一新された。
新しいアプリ名も、『クロノ・トリガー (アップグレード版)』と気合い満点。
確かに便利になっているし、見るべき点も多いアップデートではあるのだが……現時点ではグラフィックに欠陥を抱えていることも書かねばならない。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント