RSS

記事一覧

ベルギーにてガチャが賭博と認定され、ガチャ関連アイテムが販売停止中。『ドッカンバトル』、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットブレイジング』なども

apprrrr-1
ルートボックス(ガチャ)は賭博にあたるというベルギー賭博委員会の見解を受け、ベルギーではスマホゲームも含めてルートボックス関連アイテムに販売停止の波が来ている。
その流れの中でバンダイナムコエンターテインメントは9月20日、ベルギー限定で『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットブレイジング』や『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などでルートボックス関連の有料アイテム販売を停止したようだ。
ただし、無料のガチャつまり、ゲームを進めて手に入る石でのガチャは利用可能となっている。

ベルギーにて『オーバーウォッチ』など換金性のないルートボックス(ガチャ)が賭博認定される。ミネソタ州では成長に悪影響として18歳未満への販売禁止を含む法案提出

gachagacha_ataranai
ランダムにゲーム内アイテムを与えるルートボックス(ガチャ)が賭博か否か、問題要素なのか?
『スターウォーズバトルフロント2』で火がついたこの問題は、諸外国で激しい議論を呼び、様々なスタンスで規制が成立しつつある。

およそ5ヶ月前、ベルギー賭博委員会が『オーバーウォッチ』などのルートボックス(ガチャ)がギャンブルにあたるか確認中とお伝えしたが、ベルギーのKoen Geens法務大臣は2018年4月25日(水)、『Overwatch』や『FIFA 18』、『Counter-Strike: Global Offensive』の3タイトルのルートボックスが賭博に相当すると公表した(公式サイト記事
パブリッシャーが改善しなければ最高で5年の懲役と80万ユーロの罰金を科すと勧告したという。
これまで、ルートボックスについては「換金できるかどうか」で賭博認定されたり、「ゲーム内の有利不利をもたらすかどうか」で擁護されたりしていたが、今回の認定は換金性・ゲームへの有利不利に関係なく賭博と認定される厳しい判定となる。

Apple、ガチャ・ルートボックスに確率表示を規約で義務づけ。世界的なガチャ=賭博議論に配慮か

Appleが開発者規約を改訂し、海外で言うところのルートボックス、日本で言うところのガチャの確率表記を義務づけるルールを作っていたことが判明した。
該当部分は、ガイドライン3-1-1のアプリ内購入について。
Apps offering “loot boxes” or other mechanisms that provide randomized virtual items for purchase must disclose the odds of receiving each type of item to customers prior to purchase.
(アプリ内購入でLoot Boxやその他の仮想アイテムをランダム提供するアプリは、購入前にそれぞれのタイプのアイテム入手率を開示しなければいけない)
このtype of itemがレアリティ別確率なのか、個別当選率なのか、その解釈はわからないが、欧米がガチャの賭博性について議論し、『Starwars Battle front II』からルートボックスを撤回させた影響がもう出始めていると言うことだろう。
【訂正】ベルギー賭博委員会、『オーバーウォッチ』などのルートボックス(ガチャ)がギャンブルにあたるか確認中、欧州全域で規制を求める

消費者委員会で「ガチャの確率表示」「確率操作の問題性」などが注視項目として提出される

gachagacha_ataranai
2016年9月20日、内閣府の消費者委員会本会議にて、「スマホゲームに関する消費者問題についての意見~注視すべき観点(案)」が提出され、その中で消費者がより安心してスマホゲームを利用できる環境の整備のため、「アイテム等の出現率やアイテム等を取得するまでの推定金額については、利用者に適切に情報提供されることが望ましい。」など、5点の注視すべき内容が提出された。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント