RSS

記事一覧

インディーゲーム制作・販売で生き抜く実践知識をまとめた『インディーゲーム サバイバルガイド』を2021年11月17日に発売。ゲーム開発者が執筆し、パブリッシャーPLAYISMが全編を監修

インディーゲーム・サバイバルガイド (Amazon 2,948円)
unnamed (2)
技術評論社は、インディーゲームを販売して生きていくために必要な、ゲームの作り方以外を解説した書籍『インディーゲーム サバイバルガイド』を2021年11月17日に発売する。
本書は、PC / スマートフォン / コンシューマーゲーム機向けにゲームを作る個人・小規模チームが、収益を得て活動を維持していくためのノウハウをまとめたサバイバルガイドブック。
ゲームを完成させる、ゲームを知ってもらう、ゲームを配信する、ゲーム開発を継続するという4つのテーマについての知見を集約した書籍で、ゲームの「完成」に必要な要件や、プレスリリースの配信、展示会への出展、パブリッシャーとの契約など、
インディーゲーム開発者みずからがが執筆し、インディーゲームパブリッシャーPLAYISMが全編を監修した実践的な書籍であることを売りとしている。

『インディーゲームサバイバルガイド』発表。制作技術・ゲームデザイン以外の必要な知識を網羅した「作って売って生きる」ための本

book_thumb00
技術評論社は、インディーゲームを販売して生きていくために必要な、ゲームの作り方以外を解説した書籍『インディーゲーム サバイバルガイド』を発表した。
本書はインディーゲーム開発で生計を立てたい開発者向けの書籍で、ゲーム制作に当たって広報、事務作業、販売に必要な手続き、完成までに必要な作業をまとめたもの。
執筆はゲーム開発者であり、Steam から家庭用ゲーム機までリリース経験を持つ一條 貴彰さん、監修はインディーパブリッシャー PLAYISM が行う。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント