RSS

記事一覧

『アズールレーン』TVアニメ化発表。シリーズ構成はニトロプラスの鋼屋ジンさん。ComicRexでの漫画連載予定も発表

WS000000
艦船を擬人化した少女が戦うスマホゲーム『アズールレーン』1周年イベントにて、アズールレーンのTVアニメ化が発表された。
監督は『きんいろモザイク』や『グリザイアの果実』の天衝さん、シリーズ構成は『機神咆吼デモンベイン』や『仮面ライダー鎧武/ガイム』に参加した鋼屋ジンさんが担当するとのこと。
また、アニメーション制作は天衝さんが新設立した「バイブリーアニメーションスタジオ」が担当するという。
先日のPS4番『アズールレーン クロスウェーブ』の発表、月刊ComicREXでの『アズールレーン Queen's Orders』連載予定発表と合わせ、1周年に合わせて強烈なメディアミックスを仕掛けてきた格好になる。

お色気美少女ゲーム『アズールレーン』と地獄の戦場アニメ『装甲騎兵ボトムズ』とのコラボ決定。世界観の溝を埋める方法がわからない…

WS000000
本日行われた『アズールレーン』公式生放送#3にて、『装甲騎兵ボトムズ』
『装甲騎兵ボトムズ』は、1983年4月1日から1984年3月23日まで放映されたロボットアニメで、地獄のような戦争の中でアーマードトルーパーと呼ばれるマシンに乗って戦う殺伐としたリアル系の作品である。
お色気美少女キャラクターがメインの『アズールレーン』とどうコラボするのか……まったく想像も付かない。

『アズールレーン』などが採用する中国の“間接ガチャ”仕組み。日本産ゲームが悪で、海外産ゲームは優しいは本当か?

asaIMG_2231
『アズールレーン』のヒット以降、「日本のゲームの課金はだめだ」的な意見をネットでよく見る。
その中でも、「日本のゲームはガチャに頼っているから駄目だ」という話が多く、『アズールレーン』をはじめとする中国・韓国の基本無料ゲーム(以下、中国産ゲーム)の基本にガチャ課金の仕組み用いられていることを無視していることが多い。
ただ、私が見る限り『アズールレーン』はとりわけ優しい神のようなゲームであり、これ1つを指して「日本はダメ」というのに違和感がある。また「アズレンはガチャを重視していない」という言い方にも違和感がある。

そこで、今回は『アズールレーン』など中国産ゲームの用いている間接ガチャの仕組みについて説明しつつ、「日本は終わっている」わけではないと説明したい。
なお、本記事では知名度があるために『アズールレーン』の画像を多く利用するが、というか『アズールレーン』はほんとに優しい。

中国の日本風ゲーム『アズールレーン』のヒットが持つ意味

asIMG_1099
今、艦船を擬人化したゲーム『アズールレーン』のヒットが日本で話題になっている。
これは非常に象徴的なことで、私はこれを日本ソーシャルゲーム界の変化が本格的に始まることの象徴だと思っていて、今後を占う大きな変化だと思っている。
なので『アズールレーン』のヒットが持つ意味について自分の考えを書いていきたい。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント