RSS

記事一覧

映画を観るかのように始まって終わる弾幕シューティング『アカとブルー』レビュー

akato02
「俺たちは、プレイヤーを、タノシマス!」
そんな標語を掲げ、弾幕シューティング老舗から独立したプロデューサーKMRさんが立ち上げたタノシマス社の処女作が『アカとブルー』である。
本作はシンプルな作りながら、入門者をジャンクな物量の楽しさと物語でクリアまで導き、リスクとリターンが複雑に絡まり合った奥深いボムシステムで稼ぎに誘導する良作である。

『アカとブルー』配信開始。スマホのために作られた、本気の弾幕シューティング

アカとブルー (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
怒涛の物量と弾幕、派手な演出で攻める弾幕シューティング『アカとブルー』がついに配信開始となった。
本作は、過去に人気シューティングを手掛けたこともある木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕シューティング。
ゲーム機版を求められたとき「スマホのために作られたので、移植は(簡単には)できない」と解答していたほど、スマホ向けにきっちり作られている本作。
体験版の時点でえらく楽しかったが、どこまで品質をあげているか楽しみだ。

超物量シューティング『アカとブルー』完成。超面白そうなので、とりあえず動画を見よう

a2b_top
怒涛の物量と弾幕、派手な演出で攻める弾幕シューティング『アカとブルー』の完成がTwitterにて報告され、推奨端末などが発表された。
過去人気シューティングを手掛けたこともある木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕シューティング。
イベントに出展されていたテスト版をプレイする限りでは、とにかく撃って破壊して、超大量のアイテムを取るのが楽しくて、派手な弾幕があるけど意外にクリアできる……そんな不思議に面白いゲームで、ゲームキャストでも何度も記事にして完成を待っていた。
それが、ついに遊べるのだ!

『アカとブルー』高速道路と地下鉄で戦う最新動画公開。相変わらず圧倒的物量…!

a2b_top
怒涛の物量で攻めてくる弾幕シューティング『アカとブルー』の最新動画が公開された。
本作は、人気シューティングを手掛けたKRMさんこと、木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕シューティング。
弾幕シューティングであると同時に、敵を次々と倒して爆発させる爽快感、画面を埋め尽くすスコアアイテムの怒涛の物量が気持さで注目されている作品である。
まずは論より証拠。動画を見てその面白さを確認してもらいたい。

『アカとブルー』の新動画、唐突に公開。人気シューティングを手掛けてきたKMRさんによる期待の1作

WS000040
壊して楽しい弾幕シューティングとして、KMRさんが制作する弾幕シューティングとして、2つの意味で注目を浴びている『アカとブルー』の開発中動画がついに公開された。
これは「音沙汰もないまま1月が終わるのもアレなので…」と、Twitterで公開されたもの。
未調整版という断りはあるものの、これは楽しそうなゲームだ。

手触り、爆発、物量、すべて圧倒的! 弾幕シューティング『アカとブルー』はすごく良かった #デジゲー博

akaao_6
デジゲー博2016で展示されていたスマホゲームの中で、ひときわ輝きを放っていたゲームがある。
それは過去に人気スマホシューティングを手掛けたKRMさんこと、木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕シューティング『アカとブルー』である。
個人的に言わせてもらうと、スマホでの弾幕シューティングジャンルは『怒首領蜂大復活』が1つの基準を打ち立て、2010年当たりから(HD化はあったが)進化が止まっているように感じていた。
が、『アカとブルー』はその上を行く可能性を久々に感じさせるシューティングでだった。

「クチコミで広げて、ハードルを上げてください!」 KMRさんの縦シュー『アカとブルー』画面公開

akatobulue_4
過去にスマホの人気シューティングを手掛けたKRMさんこと、木村 浩之さんが率いる「タノシマス」の新作縦スクロールシューティング『アカとブルー』。
本作は、2015年末以降情報が途絶えており、一部では開発存続も危ぶまれていたが、先日「rebooted(再起)」というメッセージとともに最新のスクリーンショットが公開された。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント