RSS

記事一覧

【お知らせ】アイテム課金式ゲームの情報開示度の評価について

コメントその他を勘案し、いったん凍結となりました。
ゲームキャストでは、レビュー時にアイテム課金ゲームの情報表示の誠実さを評価することを計画しております。
ガチャアイテムの情報開示度を点数で表記しようと考えております。情報開示の点数が極端に低い場合、レビューの点数を減らす予定です。
これは、有料ゲームにちょっとした課金ガチャがある場合にも適用されます。

下記のように考えておりますが、何か意見がありましたらコメント欄にて提案・ご指摘ください。

なぜ、ガチャから排出されるキャラクターの性能表記が必要なのか

この記事を書くか書くまいか悩んだのだが、「ゲーム側が情報を開示し、できる限りプレイヤーが保護されるべき」というゲームキャストの姿勢から、この記事を書いておく。

この記事を書くきっかけになったのは、『ファイアーエムブレムヒーローズ(以下、FEヒーローズ)』の敵キャラクターと味方キャラクターに性能差があり、しかもガチャ画面でそれに関する表記がないという情報を得たからだ。
例えば、Aという敵キャラクターが「遠距離反撃」のスキルを持っていたとして、それが強力だからAが欲しいと思ったとする。しかし、Aをガチャで手に入れても性能が異なり「遠距離反撃」は覚えない。そういった誤解がごく一部で起きている。

それに対して「敵が仲間になったときは性能が違って当たり前」とか「育てるのも楽しみの1つだから、明示の必要はない」という反応を返すプレイヤーがいる。だが、この考え方はアイテム課金方式ゲームのプレイヤーをおびやかす危険ものだと思うので、そのことを伝えたい。

シャドウバースプレイヤーの皆さん、2月11日には秋葉原バレンタインカップで遊びませんか?


shadow-6
2017年2月11日(土)14時から、アイ・カフェAKIBA PLACE店にて緩くシャドウバースを遊ぶ会、「バレンタインカップ」をを開催いたします。
これは、ランクの高い「師匠」と低い「弟子」を2人1組でチーム化し、対戦成績を競うイベントです。
今回のテーマは「バレンタイン」。
参加者でチョコレート1つずつ持ち寄り(板チョコでもチロルチョコでもOKです)、対戦成績に応じて取り合える仕組みとなっております。もちろん、公認イベントなのでプロモーションカードなども用意されます。

2017年1月のベストゲーム5選 - 破滅的な中毒性のSTG『Missileman』、ゲーム画面を破いてしまう驚きのパズルなど

今月のゲームも面白かった!
ということで、2017年1月のベスト5を発表しよう。気になるゲームがあれば、ぜひチェックして欲しい。
また、記事の最後にプレゼントのお知らせもあるので、ぜひ最後まで確認を。

1位:破滅的な中毒性。上手くなるほど気持ちよくなるシューティング
missile02
高速スクロールする背景をバックに、1発1発、敵を狙い澄ましてミサイルを撃ち、撃破するシューティング。
敵を撃破すると主人公が成長し、メイン攻撃・援護攻撃・防御の3種類の能力を選んで伸ばせる成長要素を特徴としており、どの能力を伸ばしても強力なスキルが得られるので、毎プレイ何を育てるか悩んでしまうほど成長が楽しい。
自然とプレイが上達するステージ構成も秀逸で、気づくと上達していてゲームにはまってしまっている。
最初から難しいのに、2面以降は地形も凶悪になって「なんだよこれ!」と悪態をついたのも今は良い思い出。
仕事が出来ないぐらい面白くで、アンインストールしたのに翌日気づいたらまたインストールされていた。それぐらい中毒性高い。
このゲームは絶対やって欲しい。
アプリ:Missileman (itunes 360円 iPhone/iPad対応)

2017年1月の人気記事ベスト5-2016年の面白いゲームを一気に振り返る、FGOの課金トラブル問題が注目を集める

hosi01
2017年1月の記事の中でも、人気を博した記事をアクセス順に5つ紹介する。
果たして、みんなが見た記事は面白いゲームのレビューなのか、ソシャゲにもの申す的な記事なのか。
チェックしていない記事があれば、この機会に見て欲しい。

知られざるガチャの仕組み。『ファイアーエムブレムヒーローズ』の天井付きガチャは、特別ではない

WS000037
『ファイアーエムブレムヒーローズ(以下、FEH)』のガチャシステムには、最高レア度のキャラクターが出ずにはずれ続けると一定の回数で天井がやってきて、必ず★5が出る仕組みが搭載されている。
これについて、「もっとはやっても構わんよ」とTwitterで書いたところ思いのほか多くの反応があり、これに対して「さすが任天堂!」などという誤解を含む反応も多くて驚いた。
せっかくガチャの天井が注目されている機会でもあるし、別途ガチャの記事を書くつもりでコツコツと調べておいた裏話と合わせて「天井があるから任天堂だけが良心的」という誤解を解いておきたい。

2月11日、ゆるくシャドウバースを遊ぶ会「バレンタインカップ」を開催します!


shadow-6
2017年2月11日(土)14時から、アイ・カフェAKIBA PLACE店にて「ゆるくシャドウバースを遊ぶ会」こと、ゆるドバ東京第5回を開催いたします。
今回も参加プレイヤーのうちランクの高い方を「師匠」、低い方を「弟子」として割り振り、チームで対戦成績を競うイベントです。
今回のテーマは「バレンタイン」。当日はチョコレートをもってご参加ください(物は板チョコでもチロルチョコでもOKです)。対戦時に各プレイヤーが持ち寄ったチョコを奪い合っていただきます。
戦って、戦って、戦い抜いて!優勝した方は別とカップルとして(男同士でも)讃えられます!
優勝チームは、チョコレート一筋明治の本店「チョコレート100%カフェ」店舗に行かないと手に入らない特別なチョコレートが提供される予定です。最も成績が悪いプレイヤーは、一説にはもっともまずい海外土産と言われるフィンランドの「サルミアッキ」を食べていただきます。拒否はできません。

ゆるくシャドウバースを遊ぶ会、「ゆるドバ・東京」第4を1月14日に秋葉原で行います


shadow-6
皆さん、ドバーは遊んでますね?
昨年末は土日仕事で開催できませんでしたが、今年からシャドウバースをゆるく楽しむ会こと「ゆるドバ」を復活させます!
今回の場所は秋葉原i-cafe。当日はチームを組んで対戦会や、サイコロを振ってランダムなルールで戦う対戦会などを行います。なお、チームは実力を考慮して運営が決定します。
また、対戦会の勝者は同日に愛知で行われている「ゆるドバ@鶴舞」の最強チームとお年玉をかけて争っていただきます。
急な告知ですが、きっと楽しいので参加してください!
本年もゆるドバをよろしくお願いします。

イベントの詳細と予約はこちらから → ゆるドバ第4回

ゲームキャストの2016年のゲームベスト17。これを遊ばずに、何を遊ぶ?

2016年のゲームで、一番面白いゲームはなんだ!?
そんなのは人によって異なる。が、少なくともゲームキャストのベストは出せる。
ということで、ゲームキャストが選ぶ2016年のゲームベスト17をお送りしよう。
選定基準としては「プレイして楽しかった」・「オリジナリティが高い」など。どこかで見たようなゲームは、面白くても端っこにポイ、だ。
なお、『ポケモンGO』だけは2回データが消えた関係でまともにプレイできなかったので選外とした。

17位:リアルな鯉をスマホで育てる My Koi
screen480x480
オリジナルの色・鱗・柄を設定し、ものすごくリアルな鯉を飼って育てられるアプリ。
画像の通り、リアルさは驚くばかり。たくさん育てて魚群を眺めるもよし、大きく育てて眺めるもよし。
癒し系のゲーム。このゲームを紹介したかったので、ベスト17という中途半端な数になってしまった…それぐらい好き。
アプリ:My Koi (itunes 240円 iPhone/iPad対応)

これを知っていれば通!? みんなに知って欲しい2016年のゲームまとめ、マイナーメジャー編

これを知っていれば、ややゲームに詳しいと言える。
もっと人に知られていいと思う2016年のゲーム企画に寄せられたゲームの中でも、マイナーメジャー系のゲーム(※主観で選定)を集めてみた。
ゲーム名にリンクがあるものは詳細紹介記事へ、価格に→があるものは、記事執筆時点でセール中のもの。

Super Cat Tales (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

ss1
ネコが主人公の横スクロールアクションゲーム。Twitterのコメントがすべて。
個人的には、昨年のベスト横スクロールアクションかな。

みんなに知って欲しい2016年のゲームまとめ、その1。やったことなければすぐ遊べ、鉄板ゲーム編

2016年のスマホゲームで、これをチェックしていないのはもったいない!
もっと人に知られていいと思う2016年のゲーム企画に寄せられたゲームの中でも、鉄板と言えるゲームをまず紹介したい。
詳しい紹介記事があるものは、ゲーム名にリンクを貼っておいたので、詳細を見たい方は合わせてどうぞ。

Buriedbornes (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
buriedborn01
ランダム生成の簡易ダンジョンをひたすら進み、装備を探し、キャラクターのスキルを組み立てて立ち回るローグライク風のダンジョンRPG。
どこか懐かしい感覚で何度も遊べるゲームでおすすめ。

【iTunesカードプレゼント】あなたが好きなゲーム、もっと人に知られていいと思う2016年のゲームを教えてください

2016年も沢山のゲームが出ましたね。昨年よりも全体の品質も上がり、満足いくゲームが多い年だったと思います。
しかしながら、全体の質が上がったことで埋もれるゲームが出てきたのもまた事実。
そこで、知られていないorもっと知られていい面白いゲームを知ってもらうため、Twitterをアンケートキャンペーンを実施することとしました。
2017年1月1日に抽選し、参加者の中から3名様にitunesカードかGooglePlayカード3,000円を進呈しますので、ぜひご参加ください。
なお、当選者はDMで連絡を行います。

スーパーマリオランの★1レビューにこじつけて、学生や若いゲーマーが不当にけなされていると思う

 super-mario-run-first-day-hero
「★1レビューがつくのは、任天堂の責任である」という話は、スーパマリオランのレビュー記事で書いた。
これに関して、任天堂には同情の余地はない。2012年に、ソーシャルゲームの出現によって現れた新しい価値観という記事を書いたとき、すでに体験課金を周知せずにリリースすることは問題となっていた。
2012年に問題化した事件を、今さらなぞったのは任天堂の勉強不足である。
DeNAと提携し、スマホのノウハウを教えてもらうのではなかったのだろうか。それとも、DeNAにそんなノウハウはなかったのか。

それを明確に語ったが、ネットにはびこるもう1つの誤解を解いておきたい。
それは、「若いゲーマーは物に対して対価を払う気持ちがない」という誤解だ。

実録、意外と簡単な商標出願方法。特許庁に行けば、弁理士に頼まなくてもやれます

WS000005
当サイトが始まっておよそ7年。まさか、商標の問題で揉める日が来るとは思いもしませんでした。
名前には当然愛着がありますし、長く使えばずっと使いたいもの。また、同じ名前のサービスなどが立ち上がれば、当然混乱を招き、面倒が発生します。
(自分は1日で10通以上のメールが来て、1人で返信するのはだいぶ手間でした)

そういったトラブルを避けたいなら、商標は取っておいた方が無難です。特に、カジュアルゲームなどの開発で一発当てた方は、取った方が良いかと思います。
今回、弁理士に頼まず安く商標出願したので、やり方を共有します。

マトリクス的な世界で銃撃戦を繰り広げる『Neon Chrome』、宇宙海賊戦術SLG『SteamWorld Heist』などお勧め多数 - 11月23日の新作ゲーム

『Neon Chrome』は今回一押し。360度シューティングと、少しずつパワーアップしてく感じがとても良い。
そのほか、お勧めにあるゲームはどれも良いものばかり。セブンリバースはちょっと悲しかった……。

※価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

注目のゲーム

Neon Chrome (itunes 600円 iPhone/iPad対応)
sc552x414
マトリクスのような電脳世界で、様々な能力を身につけつつステージを進み、ハッキングなどのサイバー能力を手に入れていく360度シューティング。
ほぼすべての物が破壊できる作り、ときに派手に立ち回り、時に敵の視界をかいくぐって倒すアクションゲームとして面白い。世界観もいい感じ。

デジゲー博2016のまとめ。サンマを焼くゲームから、超弩級シューティングまで

インディー・同人ゲームの展示・頒布のイベント「デジゲー博2016」。せっかく記事を書いたので、イベントの感想も書いておきたい。
結論から言うと、「最高」って感じだった。
手で七輪をぱたぱたして魚やハマグリを焼くゲームとか、Appleの認証を避けて動くコントローラーとか、アホなものがたくさんあって見ていてとても楽しかった。
dejige_5

宇宙をまたにかける保安官再び!『Space Marshals 2』が相変わらずの面白さ - 8月28日の新作ゲーム

本日はお勧め多め。『Space Marshals 2』が面白いのはもちろん、『Riptide GP: Renegade』、『ポケット戦国』とほかにも良いもの盛りだくさん。
気になったらの項目にも良作がたっぷり。

※価格は記事執筆時のものなので、購入時はAppStoreで改めて確認してください。

注目のゲーム
Space Marshals 2 (itunes 720円 iPhone/iPad対応)
sc552x414
宇宙保安官となって悪党と戦う西部劇風SFスニークアクション『Space Marshals』の続編。
アナログスティックでの移動、引っ張り操作で狙いを定めて射撃とオーソドックスな操作系に加え、敵が油断しているときはスニークモードで背後からゆっくり近づいて暗殺し、撃ち合うときはオフェンスモードで素早く移動するシステムとなっている。
見た目はきれい、マップも結構作り込まれている、日本語も対応で、安定の面白さ。

好きなゲームを応援したければ「これ、おもしれぇ!」とTwitterで叫べば良いという話 - スマホゲーム日記

20140318000059
インターネットは悪意を増幅するとか言われているが、善意も増幅する。
Twitterでゲームの紹介記事をツイートしたり、自分の言葉で面白さを語るだけで、あなたが好きなゲームはヒットするかもしれない。
それを、『セブンズストーリー』というゲームが証明したのだ。

圧倒的なワクワク感! 『電車でGO!!』発表会に呼ばれた私が見たもの、感じたこと

d-3
「電車でGO!! と連動する新作スマホゲームがあるので、きてくださいね」
と、スマホのゲームサイトであるゲーキャスが、アーケードの『電車でGO!!』発表会に呼ばれたのが1週間前。
行ってみたら完全にアーケードゲームの発表会で、少し騙されている感を感じたりもしていた。が、発表会が終わって、筐体に乗り込んでみると……おおお、こいつはすごい!
この感動ッ!書かずにはいられないッ!!(手のひら返し)

ということで、新しい『電車でGO!!』の筐体に乗り込んで感じたことを、ゲーキャスの主観でお伝えする。

『Time Locker』製作者インタビュー。「人間は、好きなものしか作れない」から独立した男

timelocker03
プレイヤーが操作していない間は時間が止まり、ある程度じっくり考えて遊べる独特の間。
上下左右に気持ちよくスライドする操作感とローポリの不思議な世界。
シューティングゲーム、『Time Locker』にいまだハマっている方も多いと思う。ゲーキャスもその1人だ。
こんなゲームを、どんな考えをもってどのように作ったのか。気になったので、今回作者のotsukaさんに直接お話を伺ってみた。

スクエニのApple Watch専用RPG『コスモスリングス』とはいかなるゲームなのか? 実際に遊んでみた

IMG_6816_Fotor_Collage
まさかのApple Watch専用RPGで話題の『COSMOS RINGS(コスモスリングス)』。
どのようにApple WatchでRPGを遊ぶのか気になっている方も多いだろうし、音楽、ストーリー、シナリオなどに『ケイオスリングス』開発スタッフが参加し、シリーズファンとして気になっている方も多いだろう。
そんな方のために、この記事ではゲームの仕組みを紹介しよう。

ガチャがないのは納得して気持ちよく買ってもらいたいから。『ブレイブキャラバン』リリース記念インタビュー

brabe_1
個人的に期待しているゲームとして紹介したら、開発会社に呼び出され、『ブレイブキャラバン』を遊ばされたゲーキャス
なんだかゲームが面白かったので、そのまま勢いでプロデューサーの伴雄斗さん(左)、ディレクターの大廣将之さん(右)にゲームに関する与太話と、課金に関するお話をうかがってきた。

誰が、なぜ遊ぶのか?『ポケモンGO』プレイヤー100人にアンケートを採った結果、ポケモンGOのすごさが見えてきた

itige--2
空前の大ヒットとなっている『ポケモンGO』だが、実際はどんなプレイヤーが遊んでいるのだろうか?
そして、何を面白いと思って遊んでいるのだろうか?

ブームの内側に切り込むため、7月23日から7月24日にかけて上野公園の噴水広場周辺でプレイヤー100人にアンケート(視界に入ったプレイヤーに無作為に聞く)を取ってみた結果……『ポケモンGO』のすごさが改めて分かった。

『ドラゴンクエスト』が出た頃の小学生の話。ドラクエ30周年を記念して

dqdqicona2
ドラクエ30周年、おめでとうございます。
少し遅くなってしまったが、この節目に小学生だった自分とドラクエの出会い、その周囲でドラクエが広がっていった様子を記事にしておきたい。
当時の空気感を、この記事から少しでも感じてもらえれば幸いだ。

「表記ミスで能力が間違ってました」はもうダメ? 景品表示法の改正がソシャゲの得意技を封じるか

ソーシャルゲームに、1つ波がやってくる。
消費者庁が、新しい景品表示法を規則を2016年4月1日に施行することを明らかにし、それに関する資料を公開したからだ。

ネット上などでは『グランブルーファンタジー』などの炎上によって「新しいガチャ規制」がきた、と騒がれているが、それは正しくない。
実は、この改正は元々2015年11月に「食品偽装問題」に対応するために行われたものだからだ。
しかし、だからといってソーシャルゲームは無関係ではない。とばっちりで大きな影響を受けそうなのだ。

検証:2015年に期待度が高かったゲームは、本当に面白かったのか。

2016年、期待のスマホゲーム10選と書いてみたものの、そもそも昨年ゲームキャストが期待していたゲームは面白かったのだろうか?
実は、見当違いなゲームばかりを勧めていたりしないのだろうか?
2015年期待のゲームが、実際どれだけ面白かったのか、今振り返ってみた。

Down Well(日本のインディー期待の星!)
screen568x568
深い井戸を、下に弾を放つ「ガンブーツ」を駆使して下っていく下スクロールアクション。
そもそも世界的に注目が高かったが、実際にリリースされた製品版は、期待以上の面白さだった。
ギリギリのタイミングで下に向かって弾を打ち、浮力を獲得するチキンレースのようなスリル。
まったくカジュアル感のない難しさが、そのスリルを補強していた。

Appleベストに選ばれると、本当にいいことがあるのか?『スバラシティ』で受賞したクワキさんに聞く

applebest_1
先日、2015年版のApple ベストゲーム(iPhoneはこちら / iPadはこちら)が発表された。
こういった賞はさまざまなところで取り上げられているが、実際に受賞した開発者はその恩恵を受けているのだろうか?
受けているとしたら、どのぐらい?

スバラシティ』で受賞したクワキさんが、飲み会の席でたまたま横にいたので聞いてみた。


『Aralon Forge and Flame』序盤の感想。今のところ、結構面白い。

screen640x640
期待度大のオープンワールドRPG、『Aralon: Forge and Flame』だが、このゲームを買う前にプレイについて情報が欲しい方もいるはず。
とは言え、すべての情報が出てから遊ぶのもワクワク感が失われる。
そこで、序盤をプレイした様子を記事に起こしてみた。これで、ゲームの雰囲気を掴んでもらえれば幸いだ。

3D Touchは、スマホゲームの操作性を変えなかった。が、新しいゲームを生むことに成功した

appleaaa - 1
iPhone 6s、iPhone 6s Plusには、画面を押した強さを検知する「3D Touch」機能が搭載されている。
この機能について、リリース前に「スマホゲームの操作性を大きく改善するかもしれない」と紹介した。

実際に、3D Touchが登場して2ヶ月。果たして、この機能はゲームに変化をもたらしたのだろうか。
Appleが3D Touchのサンプルゲームとして紹介した『Warhammer 40,000: Freeblade』がリリースされたことを機会に、振り返ってみたい。

朝日新聞のコラムが萌えアプリ『聞かせて天声人語』としてリリース…これが、意外に良くできていた

tenseijingo - 1
朝日新聞の名物コラム「天声人語」が、萌えアプリ『聞かせて天声人語』としてリリースされた。
お堅い会社が出す萌えアプリは、イラストが古かったり、妙な設定だったりと「どこかおかしい」ことが多いのだが……。

イラストは気合いが入っているし、声優もきっちりしているし、内容も悪くないし。
あれ、意外に出来が良いぞ!?
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント