RSS

記事一覧

三国志オタクが三国時代にワープして無双するラノベ系戦術ゲーム『三国志噺』、月面をスケボーで走る『Moon Surfing』 - 5月4日まで試した新作感想

たくさんのゲームを少し遊んで、ざーっと紹介するコーナー。
5月4日までに遊んだゲーム一覧。『三国志噺』のストーリーの斬新さに度肝を抜かれたわ。

注目のゲーム
三国志噺 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
三国志時代にワープしたしたさえない三国志オタクサラリーマンが、三国志知識をもとに手柄を立てて褒美に街を手に入れ、領主となって勢力を広げていく戦略ゲーム。
とにかく怒涛のラノベチック(海外製なのに異世界転生とかチート能力とか出てくる)展開とメタネタ満載の物語から目を離せない。
たぶんGame of War系なのだが、序盤はストーリーベースで進むため完全に1人用。なお、序盤のプレイでは信長が影も形も出てこない。これ、本当に出るのか。

古典的ガンシュー『Major Mayhem 2』が素直に楽しい作り、アルファベットを物体として扱うパズル『supertype』が楽しいなど - 4月28日まで試した新作

4月28日までに触った新作の感想。
PCゲーのスピンオフ『Paladins Strike』が突然登場している。

注目のゲーム
Major Mayhem 2 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
コマンド部隊の腕利きとして、ゲリラに制圧された地域を1人で開放するアクションシューティング。
撃ちたい場所をタッチするとその位置を撃ち、それ以外のときは壁の中に隠れる『タイムクライシス』的なゲームプレイで、素直に楽しめるアーケード作品。
おすすめ。

もはや定番『大逆転裁判2』、OPが神がかった可愛さの『ぷちぐるラブライブ!』など4月25日の新作感想

4月25日までに触った新作の感想。
『大逆転裁判2』は文句なしのおすすめ。ほかは有名IPもの2作が注目。

注目のゲーム
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb

明治時代の倫敦(ロンドン)を舞台に、成歩堂龍一の先祖である成歩堂龍ノ介が弁護士を目指す物語完結編。相手の論証のムジュンを見つけて暴く論理トリックと面白い演出は今作も健在で、序盤から楽しめる。
大逆転裁判―成歩堂龍ノ介の冒險―』の続編なので、前編から遊んで欲しい。2018年5月6日(日)まではセール価格となり、Android版は1980円、iOS版は第1話が無料でシナリオセットが1,800円で購入できる。


『サカつく』が普通に面白い。気持ち悪い動きが楽しい『メタセコイア』など注目5作 - 4月23日までに遊んだ新作感想

『Metasequire - メタセコイア -』は動きが面白い。
あと、『サカつく』はプレイしてみたがパワプロに近い面白さ(ちゃんと育成している感じがする)を感じた。最近のセガ、クオリティ上がってきている。

注目のゲーム
Metasequire - メタセコイア - (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
水滴をドラッグし、同じ色の水滴とくっつけていくアクションゲーム。
シンプルな内容ではあるが、水滴がぬるぬると気持ち悪いぐらいに動き、他の水滴を吸収していく様子が見ていて面白い。
動きの面白さをみるため、iPadで遊びたいゲーム。

ヘキサドライブの『【終末放送】世界を救う枠』王道のバトルRPGしてて面白い、ほか注目作品6作 - 4月22日までに遊んだ新作感想

『【終末放送】世界を救う枠』がイロモノに見えてかなり面白い。

注目のゲーム
【終末放送】世界を救う枠 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
世界を救う勇者の戦いを放送し、視聴者数とコメントを稼ぐRPG。
勇者達は戦いで勝たないといけないが、視聴者数が少ないと金が貯まらないのでバトルで意味のない「意味深なセリフ」を吐いたり、「効果が弱いけど派手な技」で人気を集めたりしなければならない。
設定もユニークながら、視聴者稼ぎと実際のバトルのバランスをとるRPGとして結構楽しめそう。




共闘が楽しいのでやって欲しい『コトダマン』、素晴らしいアニメーション美『オドマール』など注目作品9作 - 4月19日までに遊んだ新作感想

コトダマン意外にも楽しかった。見た目で敬遠せず、プレイの価値はあり。
あとは『オドマール』と『The Mooseman』も良い。Sdoricaは序盤微妙だが、長くやると楽しくなると聞くのでもっと遊ぶ予定。

注目のゲーム
コトダマン ‐ 共闘ことばRPG (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
本作は文字の精霊“コトダマン”が持つひらがな一文字を組み合わせて単語を作り、できた単語の力で敵を攻撃するRPG。作った単語の数や長さで戦況が変化するワードパズル系となっている。
ワードパズルが楽しいという基本もあるのだが、とにかくプレイしやすく作られているのがよい。
また、1人用はテンポが遅く感じるが、共闘で仲間と言葉を考えながら戦うとちょうど良いテンポ。
楽しい。

妖怪ローグライク『妖シ幻想郷』、猫癒やしゲー『ふみふみ武士スペシャル』など気になる作品12作 - 4月18日までに遊んだ新作感想

最近ローグライクの発表、リリースが多いが、何かあったのだろうか……?
なんにせよ、面白そうなモノが多くて良い週

注目のゲーム
妖シ幻想郷 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
『幻獣物語2』のメーカーによる、和風ローグライク。
妖怪を選んで育て、単身でダンジョンに乗り込む仕組みとなっている。ドラゴンファングはお供を育てたが、本作はお供をそのまま育ててダンジョンに乗り込む感じ。
やや操作性に難はあるが、雰囲気は良い。

警察から逃げグラフィティを描く『Vandals』、正しくファミコン風RPG『へびのゆうしゃ』など気になる新作8つ - 4月13日までに遊んだ新作感想

『Touchgrind BMX 2』おもしれぇ!あと、『Animal Pet Farm Craft』の糞ゲー感とディストピア感やばかった。

注目のゲーム
Vandals (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
警察の目をかいくぐってグラフィティを描き、ゴールまで逃げ切るターン制のパズルボードゲーム。
『Hitman GO』など、GOシリーズに似たアプリだがギミックを使ったポリス誘導が重要になっている。
海外では結構扱いが良いので、気になっているゲーム。

薄暗い廃船をロウソクを灯して進むアドベンチャー『Candleman』、チェインソーですべて破壊するランゲー『WAYNESAW』など気になる作品4作 - 3月28日までに遊んだ新作感想

注目のゲーム
Candleman (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

生命を持ったろうそく、キャンドルぼうやとなって船の中を探索するアクションアドベンチャー。
薄暗い船底は視認性が悪いが、ろうそくをともすことで周囲は見渡せる。
しかし、ろうそくを灯すとキャンドルぼうやが溶けて最後にはいなくなってしまう。
ジャンプとバーチャルスティックだけなので操作は簡単。
ステージもシンプルで、ろうそくの明かりで照らされるステージを楽しむ系ゲームになっている。
なお、リリースセールで33%オフ。Steam、XBox版などとプレイ内容は同じとのことだが、7章以降はアップデートでの追加とされている。

しり(Siri)にこだわったダジャレ物語『ねぇAI、本当のことを教えて』、ガチャではなく好きなキャラを6000円で買うソシャゲRPG『キングスレイド』など - 3月25日までに遊んだ新作感想

ねぇAIの絵を描いている人が好き。
まったくゲームではないけども『歳時記+』はすごくいい。

気になったら
ねぇAI (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
スマホの中にいるAIとなり、使用者の質問に答えてストーリーを進める絵本風ゲーム。
Q「顔見知り程度の関係ってなんていうんだっけ?」→A「しりあい」
というように、要所要所で回答に“しり”がつくクイズが入る。
iOSの音声アシスタント、Siriと“しり”をかけたダジャレクイズゲームとなっている。

『百人勇者』作者の新作『シュートラテジー』、FFタクティクスリスペクト感のある『Chrono Clash』など良さげな作品多数 - 3月24日までにプレイした新作感想

本日は豊作。面白いモノか、気になったら試していいものしかない。

気になったら
シュートラテジー (itunes 120円 )
392x696bb
『百人勇者』などの吉田浩太郎さんによる新作。
シューティングとタワーディフェンス、そして育成を融合した作品。
敵を倒してお金を稼ぎ、オートショットを放つキャラクターを配置して短いステージを攻略するゲーム。
主人公とキャラクターをドラッグ操作で動かすことができ、シューティングゲームのようにも遊べる。面白そうに感じたが、序盤はやや地味かな。

パタポン風の見た目のチマチマバトルゲー『UGA-CHA』が微妙にハマる、『ときめきアイドル』や『23/7』なども登場 - 3月20日までに遊んだ新作感想

『ときめきアイドル』が中の上、『刀使ノ巫女』が中の下、『23/7』が下の中という感じ。

気になったら
UGA-CHA (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
パタポン風のグラフィックが光るインフレゲーム。
ひたすら戦っている様子を眺めつつ、金がたまるたびにガチャを引いてユニットを追加するか、ユニットを強化するかで軍団を成長させ、先に進んでいく。
動いている様子のチマチマ感が楽しくて続けてしまうのだが……ガチャが渋く、レアガチャを回さないとかなり進みが遅い。日本の悪い文化が輸入されてしまった…。

個性的世界観の『究極の選択の勇者の伝説』、動物王国で戦うボドゲ『Armello』など - 3月19日までに遊んだ新作感想

先週出たソシャゲが未だに遊べないため、23/7やFFEXは次の感想で…

気になったら
究極の選択の勇者の伝説-脱出ゲーム (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
勇者になって「究極の選択」を繰り返し、魔王を退治するアドベンチャーゲーム。
理不尽系の二択を選択し、はちゃめちゃな展開を楽しむ脱出ゲームとなっている。
ときどき「あ、この仕掛けは良いな」とか「こうくるか」という展開はあるが、あと一歩はっちゃけきれていない印象。
光るものはある気がするが、惜しい。

横山P新作『ウィムジカルウォー』面白かった、死神の手助けをして人を殺す『Death Coming』も良い移植 - 3月16日までに遊んだ新作感想

『Death Coming』はPCで好評だったものの移植。良い。
『ウィムジカルウォー』はひいき目なしに面白くできてるが、あとはプレイヤーが確保できるかどうかかな。

注目のゲーム
ウィムジカル ウォー(Whimsical War) (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
552x414bb
横画面対戦の『クラッシュロワイヤル』系ゲーム。
時間と共に貯まる魔力を利用してカードからユニットを召喚し、敵の拠点を攻めるゲームとなっている。
オリジナル要素としてマップを塗る要素があり、味方ユニットが移動したあとが自軍の色で塗られて陣地になり、陣地からユニットを出撃させられる仕組みになっている。
クラロワのようで結構違う。面白い。

対戦サッカー『Score! Match』、主観視点音ゲー『polytone』などリリース - 3月10日の一言新作紹介

最近プレイした新作を紹介するコーナー。
スクエニは、FFとかの名を冠していなくても力を入れたゲームを出してくれ……。

注目のゲーム
Score! Match (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
スワイプでパスコース・シュートコースを決めるだけで試合が進むサッカーゲーム。
最初から面白い一人用ゲームだったが、システムを改造して対人戦ができるようになった。
ただ、今回は対人戦だけなのがネックだが、シリーズファンなのでとりあえずやってみるつもり。

村作りサバイバル『The Bonfire:Forsaken Lands』、STG+インフレの『uVu』など通好みの作品たくさん - 3月8日の一言新作紹介

最近プレイした新作をずらりと。
人を選びつつもハマる人はハマる作品が今日は多め。

結構良かったゲーム
The Bonfire: Forsaken Lands (itunes 480円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
『A Dark Room』をビジュアル化したようなリアルタイムシミュレーション。
資材を集めて村を作り、村人に様々な役割を割り振って村の技術力を上げ、鉄や鋼の装備を作って最終的に新しい土地へ行くサバイバルゲームとなっている。
結構楽しめそう。


手間暇かけたアクション『魔法少女クリティカル』みんなやるべし、絵のセンスを問う絵描きゲー『Art Club Challenge』 - 3月6日までにやった新作

復活の新作。無理なく、やったゲームを書いていく所存。

おすすめゲーム
魔法少女クリティカル (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
cri-4
古典的な横スクロールアクションながら、その面白さをスマホ向けにきっちり翻訳し、今でも楽しめるように仕立て直した良作。
とくに足場ごとに視点が切り替わり、必要な情報がすべてわかるようになっている細かい調整は涙が出るほど手間がかかっているのがわかる。
スマホで、普通にアクションが楽しめるように細部まで配慮を施しているので、ぜひ遊んでみて欲しい。
紹介記事:魔法少女(物理)アクション『魔法少女クリティカル』レビュー。横スクロールアクションの古典的面白さを、スマホに翻訳した秀作

光の粒子が踊る『FROST』や地獄の裁判官になるゲームなど、10月第4週に遊んで良かったスマホゲーまとめ。

10月第4週に遊んだゲームのまとめ。
『グラフィティスマッシュ』の出来の良さが目立ったが、プレイしていて「もうガチャを機関にしたゲームは辛いな」と感じてしまったのも事実。
ただ、ソシャゲ全体に2015年頃から始まった単なるアレンジや見た目を変えて出すゲームラッシュが終わり、新しい内容を出す方に進化しているのは感じる。

グラフィティスマッシュ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
mon06
『スプラトゥーン』のような塗り合いによる陣取り合戦と、『モンスト』のような引っ張りバトルを融合したゲーム。
キャラクターの移動後がインクで塗られ、塗っている面積が広いほど有利になる要素が追加されている。
対戦では塗り面積を意識した勝負が繰り広げられる。
全体的に「演出が良くなってより良くなったモンスト」感はあるのだが、強くなった先があまり見えないのが気になる。
紹介記事:塗りつぶし陣取り+引っ張りバトル『グラフィティスマッシュ』。流行り物を掛け合わせたら…そこに面白い対戦ゲームがあった

10月第3週に遊んで良かったスマホゲーまとめ。『Million Onion Hotel』、『CLICKPOCALYPSE II』が止まらないよ!

10月第3週に遊んだゲームのまとめ。
『Million Onion Hotel』と『CLICKPOCALYPSEII』はほんと楽しい。
そのうえで『ライオンハート: ダークムーン』やら『Night of the Full Moon』、『Warhammer Quest 2』などの良作がわんさかあり、うれしい悲鳴が止まらない。
久々に新作一覧を出したが、見たかんじ気になったものだけピックアップしている。

Million Onion Hotel (itunes 480円 iPhone/iPad対応)
million
ピース博士のホテルで起きる不思議な事件を描いたパズルアクションゲーム。
5×5のマスに登場する敵を倒して赤く染めていき、ビンゴのように赤いマスで列を揃えるシンプルなパズルなのだが……フィーバータイムに謎の中毒性があり、突き抜けて楽しい。
ゲーム機的な作りのパズルが好きなら迷わずおすすめ。
紹介:奇妙で、理解不能で、愛しいパズル『Million Onion Hotel』レビュー

コーエーの曹操伝リメイクがおまけにつく『三國志曹操伝 ONLINE』、スカイロック続編『Skyover』などリリース - 9月3日の新作&感想


新作ゲーム

三國志曹操伝 ONLINE (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
コーエー×ネクソンの三国志ゲーム。
三国志のキャラクターを育ててターン制の戦術ゲームで戦うGame of War。
曹操の人生を追体験できることが売りで、ゲーム内でコーエーの曹操伝リメイクをソロで遊べるというおまけも。
まだプレイできていないが、これはおまけがメインでは…?

くまんた作者新作『クマVSマから始まる生物図鑑』、8月の音ゲー4作(スクメロ、うたプリ、レジェンヌ、エムステ)など - 9月1日の新作&乾燥

くまんた作者さんのゲームは相変わらず楽しい。
あと、音ゲーが1週間で4作出ていた。そのタイミングに巨大イベントを重ねるサイゲームスの「音ゲーは俺だけでいい感」もすごい。


新作ゲーム

クマVSマから始まる生物図鑑 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
『くまんた』作者の最新作。
クマが、マッポやマガモなど、まから始まる生物と戦うタイミングアクション。
時間とともにチャージされるジャンプや飛行、体当たりなどのコマンドをタイミングよく使用し、敵を裁くゲームとなっている。
アクションとして楽しめるだけでなく、倒した敵が仲間になるなど成長要素も多く、へんてこなストーリーも力が入っていて楽しい。

8月第4週のベストゲームと良作まとめ。ストレスと戦うダンジョンRPG『Darkest Dungeon』が骨太、『Cat Bird!』がかわいい&楽しい

8月第4週のベストゲームは、クトゥルフ神話をモチーフとした敵たちと戦い、冒険者のストレスを管理する『Darkest Dungeon: Tablet Edition』は管理系のRPGが好きならかなりハマる。
また、アクション『Cat Bird!』は手軽、楽しい、かわいいと3拍子揃っていた。

今週のベスト

Darkest Dungeon: Tablet Edition (itunes 600円 iPad専用 Steam)
sc552x414
そんな冒険者のストレスを管理し、ダンジョンを攻略するシミュレーションRPG。
パーティーを組んで普通にダンジョンを探索するゲーム……なのだが、冒険者達はダンジョンを進むたびにストレスをため、被害妄想や鬱に冒されていく。
冒険から帰れば、戦場帰りの兵士のように後遺症に悩むのでケアしなければならない。
激しい難易度と、成長でそれを超えることが楽しい。おすすめ。

『境界線上のホライゾン』作者の作品を横断する『OO-FORMATION 王と八人の仲間達』リリース - 新作8月28日の新作&感想

新作ゲーム
OO-FORMATION 王と八人の仲間達 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
『境界線上のホライゾン』の原作者・川上稔さんとイラストレーター・さとやすさんによる携帯ゲーム『Obstacle Overture mobile』のスマホ版。
9枚のカードの相乗効果を考えて配置し、オートバトルで敵部隊を倒す戦術カードゲーム。
小説『境界線上のホライゾン』世界と重なる書下ろしストーリーもあるらしい。
それなりの戦術性はありそうだが、カードの相乗効果を把握するのが大変でゲームを始めること自体が難しそう。チュートリアルが、もう少し親切なら…。

ステルス&銃撃のアクション『Death Point』、Fateスピンオフ『プリズマイリヤ アラーム』などリリース - 8月26日の新作ゲーム&乾燥

本日一番気になるのは『Death Point』。
単に面白さで言うと『Darkest Dungeon: Tablet Edition』、『Cat Bird!』あたりはかなり良い。
また、スクエニ新作や有名アニメのアプリなども多数出ている。

新作ゲーム
Death Point (itunes 720円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
見下ろし視点のシューティングアクションアドベンチャー。
単に銃撃戦を行うだけでなく、背後から近づいて敵を倒したり死体を動かして発見を遅らせるステルス要素、アイテムを奪ってステージを進む攻略要素などが存在しており、かなり楽しめそう。
『Space Machial』系のゲームに見えるので、結構やりこみたい。

8月第3週のベストゲームと良作。『アカとブルー』が出色の出来、『キャットクエスト』も緩くて良かった

シューティング祭りのを制したのは『アカとブルー』。
そして、次点は『キャットクエスト』。今ハマっているのは『War Wings』

先週のベスト
アカとブルー (itunes 960円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
akato02
スマホのために作られた弾幕シューティング。
かなり弾が多く、分類としてはシューティングを楽しめる人向け(普通のゲームで3面で死ぬ程度の腕前ならOK)。
独自のボムシステムが初心者にはバリアとして、上級者にはスコアアタック要素として機能していて楽しめる。
また、熱いオヤジと真面目少女の掛け合いがストーリーとして楽しい
紹介記事:映画を観るかのように始まって終わる弾幕シューティング『アカとブルー』レビュー

『War Wings』が戦闘機版World of Tanksって感じでハマる、エンジンの力を生かすレース『DATA WING』も良し - 8月19日の新作ゲーム&感想

『War Wings』ハマる。これはかなり面白い。

新作ゲーム情報
War Wings (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
機関銃時代の世界の戦闘機を操縦し、対戦する空戦ゲーム。
操作は簡単だがチームを組んでの空戦は楽しく、グラフィックや演出もいい感じでかなり楽しめる。
World of Tanksの戦闘機版といった感じ。かなり遊べそう。

ヘキサドライブの『魔法パスワード1111』が可愛い&お手軽で楽しい、『セレンシアサーガ:ドラゴンネスト』リリース - 8月16日の新作ゲーム&感想

『魔法パスワード1111』、課金課金してない作りも含めて良し。
あとは『Aqueducts: prevent drought!』がオーソドックスなパズルながら美しさもあって楽しめそうだった。

新作ゲーム情報
魔法パスワード1111 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
可愛い魔法使いキャラクター達が、魔法を駆使してモンスターを倒すお手軽RPG。
限られたMPで魔法をやりくりして効率よくステージを攻略するゲームとなっている。
戦術性は低めだがサクサク進むし、演出も可愛いので続きそう。

ハイクオリティなポケモン系RPG『ネクソモン』、キッチン用品が歩く『 Silly Walks』などリリース - 8月12日の新作ゲーム情報&感想

風邪のため少し遅れてしまったが、今日と明日に分けて半分ずつ紹介していく。
思ったよりソーシャルゲームが出ていたので、今プレイ中。

新作ゲーム
Nexomon (itunes 360円 iPhone/iPad対応)
sc552x414
ポケモンライクなRPG。
全世界を震撼させたネクソモンの王者に立ち向かうべく、主人公がネクソモンを育ててて旅をしながら力を蓄えるストーリー。
グラフィックもバトルの空気もいいのだが、十字キーが少し使いづらい。なんとなく遊べエルが、日本語対応なし。

自作ゲームを遊べるアプリ『ゲーマガ』のクオリティが意外に高い、『キンプリ』にハマりそうなど - 8月8日の新作ゲーム情報

ニコニコの系譜の自作ゲームを遊べる『ゲーマガ』、意外にも粒ぞろいでいい。
あとは『Strike Team Hydra』とか、『キンプリ』のアプリとか。

新作ゲーム
ゲーマガ (itunes 無料 / GooglePlay)
screen696x696

8月第1週のベストゲームと良作。ロケット発射ゲー『Space Frontier』が止まらなかった。プランクトン育成ゲーや、武器屋経営ゲームも

自分でも意外だが、ロケット発射のタイミングゲーム『Space Frontier』がシンプルなのにやめられなかった。面白い。
その他、ハクスラRPG『ネクロマンサーストーリー』、プランクトンを飼う『Plankton』、『歌マクロス』など注目作も十分。

先週のベスト
Space Frontier (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
タイミング良くロケットを切り離していくだけのタイミングアクションゲーム。
タイミングが良いほどロケットが高く飛んでいく。演出が良いだけでなく、高く飛ぶほどに航空の美しい風景が見られてハマる。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント