RSS

記事一覧

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』、iOS版配信開始。リリース開始セールで800円OFF

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP (itunes 1,600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
576x768bb
スマホ版『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』が配信開始となった。
本作はモンスターを仲間にして牧場に預け、配合して次々仲間を増やして冒険を進めるRPG。
3DS版のリメイク移植となり、『ドラクエ11』などのモンスターが追加され、スマホ向けの操作、オート戦闘、一定時間事にダンジョンを自動踏破する“らくらく冒険”、新規エリアなどが追加されている。
なお、定価は2,400円だが、11月13日までは配信開始記念セールで1,600円で購入できる。原作ファンの方は、早めに購入しておくといいだろう。

スマホ版『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』発表。明日11月7日より配信開始!

DrUgVXqV4AEooBg
様々なモンスターを仲間にしながら冒険するRPG『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズ20周年を記念したニコ生放送において、11月7日に『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』がスマホにて配信になることが明かされた。
本作は3DSで発売された『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』をリメイクしたもので、『ドラクエ11』や『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』からのモンスターも登場し、650以上の仲間モンスターが登場するという。
定価は2,400円だが、配信後1週間は1,600円。
これだけのモンスターが登場すると、配合(モンスター牧場でモンスターを配合し、新しいモンスターを作ってゲームを進める)も無限に続きそう。
シリーズファンの方なら、明日はこのゲームで決まりだ。

アプリリンク:
ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP (itunes 1,600円 iPhone/iPad対応)

世界1位のスマホMOBA『王者栄耀』こと『伝説対決-Arena of Valor-』事前登録開始。DeNAと提携してテンセントがサービス

552x414bb
プレイヤー登録数2億突破。iOSアプリでの世界売上げNo1。
中国、そして世界で最も人気のスマホMOBA、『王者栄耀』こと『Arena of Valor』がついに日本に上陸する。
DeNAと中国テンセントが提携し、日本向けに『伝説対決-Arena of Valor-』の事前登録が開始を発表したのだ。
DeNAの担当は日本国内での運営支援、マーケティング、テキスト翻訳ディレクションなどで、ゲーム自体はテンセントが担当するようだ。

関西同人ゲーム制作者交流会、『12月29日ラジオ会館でゲーム展示即売会』出展サークル募集中。コミケ帰りに行けるゲーム展示会

007
関西同人ゲーム製作者交流会は、2018年12月29日(土)に『12月29日ラジオ会館でゲーム展示即売会』を開催することを発表し、出展サークルの募集を開始した。
この展示即売会は約40サークルのゲーム開発者が、秋葉原駅から1分の秋葉原ラジオ会館でゲームを展示・頒布するイベント。
12月30日にはコミックマーケット95にて同人ソフトの頒布が行われるが、それに先駆けてコミケ1日目から秋葉原による参加者、秋葉を訪れるゲーム好きに同人・インディーゲームを届けられるイベントとなる。

『ポケモンGO』の原点がリニューアル。nianticより『Ingress Prime』配信開始!

ingress-prime
『ポケモンGO』の元になったnianticのゲーム、『Ingress』のリニューアル版『Ingress Prime』がついに配信開始となった。
『Ingress』は青と緑の2陣営に分かれ、現実のマップを移動し、スマホをかざして“ポータル”を見つけ、占領するという位置連動型ゲーム。
これを記念して、『ポケモンGO』でも3色の『Ingress』Tシャツが無料で配布されている。

東京藝大生が2年描き貯めたアニメをアプリ化した『here AND there』。次回作公開に向けた宣伝で無料公開中 #デジゲー博

tenkyurr-1
あの東京藝術大学に、「もし、藝大にゲーム学科ができたら?」というコンセプトの元、行われた“東京藝術大学ゲーム学科(仮)「第0年次」展”。
その作品の1つ、小光さんの『here AND there』がデジゲー博に展示されており、その内容は「藝大生が普通にゲームを作るようになったら、スマホゲーム界の驚異になる」とも思えるものだった。
絵が上手いし、世界観も伝わるし、ビジュアル重視系のアプリが一気に供給されるかもしれない……そんな感覚があった。

上がりすぎたスマホ性能を全力で無駄遣い。超リアルな『アルミホイルをまるめてきれいな球体にするゲーム』登場 #デジゲー博

tenkyur-9
「そんなにスマホの性能を上げてどうするの?」
そりゃ、リアリティを追求したゲームを作るのさ!
クロンとゼリー』たつのるさんがデジゲー博2018で展示していた作品は、盛大なスマホ性能の無駄遣いゲー『アルミホイルをまるめてきれいな球体にするゲーム(※正式名不明)』だった。
驚くほどリアルなアルミホイルを描画し、それを丸めるてツルツルになるまで仕上げるだけ。
それだけ書くと面白そうに聞こえないが、遊んでみると「リアルすぎて楽しい」ゲームに仕上がっていた。

あなたは、彼女を終わりにできるか。絵を仕上げられぬ者を呪う少女画をめぐるホラーゲーム『まつろぱれっと』。 #デジゲー博

DrHVDl0U8AAoIRY
「絵に命を吹き込む」なんてよく使われる言葉だが、デジゲー博2018に展示されていた『まつろぱれっと』は、命を持つ絵を終わらせるゲームだ。
赤い瞳で見るものを魅了する“未完の少女絵”。あなたもそれに魅せられた画家の1人である。
未完の少女絵は、その余白に絵を描き足し、自らを完成させ吏うことを求める。
失敗した者は呪い殺され、あなたの目の前には過去に殺された画家たちの記録だけが残っている。
さて、あなたは、彼女を終わらせることができるだろうか。

生かすか、見捨てるか。世代交代を重ねながら塔の頂点を目指すRPG『太陽がまた輝くために』紹介。重すぎる選択のダークファンタジー:デジゲー博

WS000009
世界から太陽は消えた。お前は、すべての犠牲を払ってでも再び光を取り戻さねばならない。
同人・インディーゲーム展示会、デジゲー博2018で展示されたRPG『太陽がまた輝くために』は、最高に心を揺さぶるダークファンタジーだ。
ランダム生成の塔のフロアを攻略しつつ、

AppleがiOS向けコントローラー仕様を拡張し、L3/R3ボタン対応。海外では新製品が登場して即売り切れに

masic-1
iOS向けのゲームコントローラーは微妙な存在だ。
あれば確かに便利。とくにゲーム機やPCから移植された作品を遊ぶときは快適になるが、外出先で使うのは難しい。
一部のマニア(ゲームキャストも!)の間では支持されるものの、普及しきれていない。
コントローラーを推奨していた Apple TV も目に見えて死につつあり、コントローラー普及の機会もはなくなったと思われていた……だが、Apple はコントローラーを終わらせていなかった。
iOS12.1 より L3 / R3(スティック押し込み)に対応し、Rotor Riot から対応製品が発売されたのだ!

運営4年半、サービス終了から1年半。『ロード・トゥ・ドラゴン』6周年のミニ動画をディレクターが公開

WS000024
惜しまれつつも2017年4月24日にサービスを終了した『ロード・トゥ・ドラゴン(ロードラ)』。
その6周年を祝った動画を、宮内(元)ディレクターが Twitter で公開して話題になっている。
通常、終わってしまったゲームの○周年に何かが出ることはあまりないが、『ロードラ』に関しては終了後もスタッフが稀にネタを投下することが続いている。

スマホ向けマリオカートの次はゼルダ? 任天堂が『ゼルダの伝説 大地の汽笛』と思われる商標をスマホ向けを含む区分で出願

zelda
任天堂は『マリオカート ツアー』をスマホ向けにリリースすることを発表しているが、次のタイトルは
ゼルダの伝説 大地の汽笛』スマホ版になるかもしれない。
海外サイトdestructoidが、任天堂が10月30日に“SPRIT TRACKS”の商標登録の出願を行い、その登録区分に”ダウンロード可能なスマートフォン用プログラム”があることを伝えている。
ゼルダの伝説 大地の汽笛』の海外名は『The Legend of Zelda: Spirit Tracks』。つまり、このゲームがスマホに移植される可能性がある……と言うわけだ。

『ディアブロ』のスマホ版『ディアブロ イモータル』予約受付開始。Neteaseと共同開発のハック&スラッシュMMORPG

01
ついに、あの『ディアブロ』がスマホにやってくる。
Blizzard Entertainment と NetEase 共同開発のMMORPG『ディアブロ イモータル』が予約受付を開始した。
本作は『ディアブロ II ロード オブ デストラクション』後、『ディアブロ III』が始まるまでを描く正式なシリーズ作品。
悪魔“スカーン”がサンクチュアリに攻め込み、ディアブロを復活させようと試みる物語が語られる。

多くのセガ系ゲームを手掛けた開発会社アスペクト倒産。『突破 Xinobi Championship』公式Twitterで突然のアナウンス

WS000005
11月1日、株式会社アスペクトの破産手続きが始まったことが『突破 Xinobi Championship』公式Twitterにて明かされた。
アスペクトは1991年に設立された老舗のゲーム開発会社だが、公式サイトを見ても「開発実績、および、開発タイトル名は、各権利やその他の配慮からwebでの公表を控えます。これが、アスペクトのポリシーでもあります。」という一文があるのみで開発実績は示されていなかった。
だが、業界の人ぞ知る、セガ系を中心に多くの家庭用ゲーム、アーケードゲームの開発を行ってきた縁の下の力持ちメーカーである。

カプコンやセガ、SNKなどをオマージュしまくった横スクロールアクション『BlackMoor 2』リリース。どこかで見た技で戦って、装備を集めて世界を救え!

2552x414bb
スマホでもアーケードゲームのような懐かしの横スクロールアクションを遊びたい?
それならば、『BlackMoor 2』しかあるまい。
本作はカプコンやセガの往年の名作アクションゲームを元ネタにしつつ、独自のシステムでまとめ上げた横スクロールアクションゲーム。
『ファイナルファイト』や『ガーディアンヒーローズ』、『ゴールデンアックス』、『サムライスピリッツ』など、少し遊ぶだけで数えきれないほどネタが出てくるレトロアクション好き必携の1本である。

スクエニ、魔法少女が世界の終焉と戦う『ましろウィッチ』サービス開始。まどか☆マギカ感を感じる『乖離性ミリオンアーサー』

ましろウィッチ (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ma-1-2
世界の終焉を阻むために戦いに身を投じる“魔法少女”たちを描いたスクウェア・エニックスの新作、『ましろウィッチ』がついにリリースされた。
本作は、はかなげなイラスト、魔法少女を自作して遊べるキャラクリエイト・着せ替えシステムを特徴とする作品。ゲームとしては、装備をそろえて4人で戦う『乖離性ミリオンアーサー』のようなシステムとなっている。

ゲーム機XBox One Sを超える性能の新しい iPad Pro 発表。ARにも対応した買いごろのゲーム用タブレット

WS000011
10月31日早朝、Apple の発表会にて新しい iPad Pro が発表された。
正直、「ああ、これでいいんだよ!」という感じの変化ばかりで、今回の発表会の製品は非常に良かった。
例によって、その変化と性能を見ていく。

バトル&街作りのRPG『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~』リリース

転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~ (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss1
人気ライトノベル『転生したらスライムだった件』のゲーム版、『転生したらスライムだった件 ~魔国連邦創世記~』がリリースされた。
ゲーム版はオート攻撃+プレイヤーがスキル使用タイミングを決めるバトルに、キャラが増えるほど発展する町作り要素を足した作品。
どうみても低予算ゲーなのだが、画面写真1枚を見ると結構面白そうな可能性も感じるので、ちょっとプレイしてみたい。

こんな楽しい宴を一度で終わらせるんじゃないよ!息子の腹筋を食べ、半裸の男に盛り上がった『メギド72』“~ソロモン王たちの祝宴~”レポート

megidorcrcrc-1
2018年10月28日に行われた『メギド72』初のリアルイベント、“メギド72 banquest~ソロモン王たちの祝宴~”。
10月1日に告知して、10月に募集して、10月に実施するという意味不明な急スケジュールで行われたこのイベントだが、行ってみると驚きの連続で最高のイベントだった。
次回は絶対に応募して、当たったら普通に言った方が良い。ほんと。
※タイトルで分かるとおり、この記事はメギドファン向けです。それ意外の方は見る必要ありません。

ジャンプ連載の裏側を描く超内輪ネタ漫画『バクマン。』全20巻を100時間限定無料公開中。ジャンプPAINT100万DL記念で

WS000001
漫画制作アプリ『ジャンプPAINT』の100万ダウンロード突破を記念して、漫画『バクマン。』全20巻が下記のURLで、100時間限定の無料公開を行っている。

両親がスパイだった作者の体験を描く『Cosmic Top Secret』予告動画公開。両親からトップシークレットを探る旅

stgc-2
デンマークのクリエイター Trine Laier さんは、大人になってから重大な秘密に気づいてしまった。
それは、彼女の両親が冷戦時にデンマークの諜報機関で働いていた……つまり、スパイだったかもしれない、ということだった。
さて、皆さんならここからどうするだろうか。
彼女はなんと両親との音声インタビューを録画して、事実を突き止めようとしたのだ。
そして、2012年に学校の卒業プロジェクトとしてこれを発表し、それをゲーム化したのが『Cosmic Top Secret』だ。

ドワンゴ、『ザナック』や『スペランカー』など往年の名作を遊び、動画とセーブを共有できる新サービス『PicoPico』発表。リリースは2019年初旬予定

1
ドワンゴから、『スペランカー』や『ザナック』などの有名レトロゲームをプレイできる新しいゲームサービスアプリ『PicoPico』が発表された。
本アプリには毎週約3タイトルが追加され、全会員はこれを無料プレイ可能。また、有料会員に登録すると過去に配信された分も含めて全てのゲームが遊び放題となる。
2019年のアプリ提供開始時点ではファミコンの名作レトロゲームがプレイでき、その後も続々と人気タイトルを追加予定とのこと。レトロゲーム復刻のプロジェクトEGGとの提携も発表しており、こちらはかなり期待できそうだ。

マーベルヒーローたちのデッキで戦う対戦バトルゲーム『MARVEL Battle Lines』リリース。

552x414bb
対戦ボードゲーム『MARVEL Battle Lines』がリリースされた。
本作は100体以上のマーベルキャラクターが出演するマーベル公式ゲームで、様々なキャラクター能力を持つカードでデッキを組み、他のプレイヤーと戦うバトル主体のゲームになっている。
ただ、純粋な対戦ゲームではなく、カードのレベルアップ要素もあり、「対戦ボードゲームRPG」といったテイストの作品だ。

魔王になって人間の国を滅ぼせ!タワーディフェンス『キングダムラッシュの復讐』予約受付開始。

552x414bb
全能のウィザード“ヴェズナン”が復活!
全作面白い、鉄板おすすめのタワーディフェンスシリーズ『キングダムラッシュ』最新作、『キングダムラッシュの復讐』が AppStore / GooglePlay での予約受付を開始した。
今回の敵は……なんと、人間。ヴェズナンを再度封印しようとする人間たちを相手に、モンスターを指揮して立ち向かい、世界を征服するのだ。

ローマ教皇に祝福されたゲーム登場。聖人を集めるキリスト教系『ポケモンGO』系ゲーム、『Follow JC Go』

392x696bb
ポケモンではなく、キリスト教の聖人たちに会いに行く。
『ポケモンGO』ライクなゲームが登場してきたが、この『Follow GC GO』が話題となっている。
本作はポケモンを集めるのではなく、聖書に登場する聖人や有名人物と出会い、図鑑に登録する真面目なキリスト教ゲームだ。
開発はフロリダを拠点とするラモン・ペイン財団
一部ではバチカンが関わっているという誤解が広まっているが、作ったのはあくまでキリスト教徒、寄付や私財をなげうって$50,000かけて開発されたという。

『レッドデッドリデンプション2』では、スマホを第2の画面にしてゲーム画面を整理できる。スマホ向けコンパニオンアプリの存在が明らかに

  WS000003
広大な西部の世界を、ガンマンとして生きるゲーム機向けの大作、『レッドデッドリデンプション2』には、スマホとゲーム機を接続し、スマホを第2の画面にして遊ぶコンパニオンアプリが用意されることが明らかにされた。
このアプリはゲームが発売する10月26日に同時に配信開始になるとesquireが伝えている。

児童文学の『少年と海(Storm Boy)』のゲーム動画公開。美しいオーストラリアの自然を描く作品に

SB_Interaction1
コリン・シールの児童小説『少年と海(Storm Boy)』が、11月20日にリリースされることが告知され、予告動画が公開されている。
原作は静かな海辺に父と2人で住む少年の生活、そして自然と少年の触れあいを描いた作品で、1976年には映画化し、世界中にファンがいる作品である。
そのゲーム化とあってか、さすがに映像のクオリティは高い。

農園経営シミュレーション『Stardew Valley』iPhone版リリース。いつでもどこでも無限に農園経営可能に

Stardew Valley (itunes 960円 iPhone/iPad対応)
552x414bb
寂れた農園の後継者となって畑仕事に精を出し、動物を飼い、近所の人々と触れあう農園経営シミュレーション『Stardew Valley』のiOS版が発売開始となった。
農園ライフを始めたらもう止まらない、そして現実世界の生活が止まる中毒性が高いゲームとして知られるが、ついにこれがどこでも遊べるようになってしまったのだ。
しかも、日本語対応で。
とりあえず、私もプレイして早期に感想を書きたい(でも長いゲームだからなぁ)

プレイヤーが世界を作るサンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表。ブロックチェーン技術を用いた初の面白そうなゲーム

03
デンマークの開発会社 So Couch Studios から、画期的なシステムを持つ“サンドボックス”MMORPG『Ember Sword』が発表された。
何が画期的なのかというと、ブロックチェーン技術を用いた経済システムが……おっと、本当に画期的だから、どうか最後まで記事を読んでほしい。
いままで、ブロックチェーンとゲームのかかわり方は不幸だった。ブロックチェーンを使った、現金にも変えられる通貨を採用するからゲームを遊ぶと金が儲かるとか、ゲーム内アイテムを買うと投機になるとか、そんな胡散臭いゲームがあふれていた。しかし、本作は違う。

宇宙規模の戦いを再現するMMORPG『EVE ONLINE』スマホへ。NetEaseと共同で『EVE: Echoes』を2019年にリリース

Keyart_EVE_Echoes_for_EVE_Vegas
超ド級MMORPG『EVE ONLINE(イブ オンライン)』のスマホ版、『EVE: Echoes』が Netease の開発で2019年にリリースされることが明かされた。
『イブ オンライン』とは無数の星系からなる宇宙を舞台に、プレイヤー1人1人が市民として宇宙船を乗って生活するMMORPGである。
戦闘、生産、採掘、商売など、さまざまな生活スタイルはあるが、本作を名高いものにしているのは多数の市民が集まって会社を興し、会社が集まって同盟を組み、政治的な動きをする仕組みだろう。
星系はNPCや運営ではなく同盟によって支配され、国と呼べるものが生まれ、それが機能する。そして、1度同盟同士の戦争が始まると文字通り「生活をかけた」必死の争いになり、一夜にして3,000万円(現実の貨幣換算で!)もの損害が発生することすらある……もはや、もう1つの現実とも呼べるほどの巨大MMORPGが『イブ オンライン』である。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント