RSS

記事一覧

『歌マクロス スマホDeカルチャー』の歌姫5人分の動画公開。配信は2017年夏に延期

utamaku
DeNAは『歌マクロス スマホDeカルチャー』のキャラクター動画と同時に配信時期が2017年夏になることを発表した。
本作は、歴代マクロスのヒロインたちが歌って踊るリズムゲーム。
リンミンメイからシェリルノームまで、様々なヒロインが登場するマクロス35周年の記念作品となる。

任天堂、『ゼルダの伝説』のスマホゲーム制作中か。WSJが伝える

00000484_820_461
任天堂がDeNAと組んで『ゼルダの伝説』のスマートフォンゲームを制作中である。そんな情報がWSJの記事として掲載された。
詳細は明かされていないが、『ゼルダの伝説 Breath of the Wild』が大ヒットを記録するなか、本当にゼルダのスマホゲームが出たら(特に海外のプレイヤーが)熱狂的にプレイすることは想像に難くない。
スマホには、スマホのゼルダとも呼ばれる『オーシャンホーン』が存在するが、本家はどのようなゲームを持ってくるのか。
楽しみに続報を待ちたい。

【TIF】文明の失われた世界で、宇宙葬を執り行う救済の物語『OPUS 魂の架け橋』

opusr_4
高度な文明が失われた世界で救いを求めて宇宙葬を行うアドベンチャー『OPUS 魂の架け橋』を紹介する。
本作は、ヒットインディーゲーム『OPUS 地球計画』の続編。
5月13日~14日に開催されたインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に展示されていたゲームでも、群を抜いて美しい空気感の作品であった。

【TIF】駆り立てるのはゲームへの情熱。 作り手の夢をゲーム化する戦術ゲーム『リバーシクエストII』

riba_2
『リバーシクエストII』は、リバーシ+RPGの良作『リバーシクエスト』の続編であり、その欠点を取り除いて遙かに進化させた注目作だ。
もともと持っていた素晴らしいバトルシステムに加え、スーファミ風の豪華な演出が加わって見事な作品に仕上がっていた。
本作はインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST(TIF)」のモバイルゲームの中でもひときわ輝いていた。
TOKYO INDIE FESTにゲームキャストアワードがあれば、このゲームにあげたい。しかし、そういった賞はないのでこのミニインタビューで代えさせていただく。

ところにょりさん、新作『あめのふるほし』発表。雨のなか、機械たちの遺言を集めるゲーム

WS000033
ひとりぼっち惑星』、『からっぽのいえ』のところにょりさんがTwitterで新作を予告した。
タイトルは『あめのふるほし』。
雨の日にだけ動ける機械が、仲間の残骸から遺言を拾い集めながら、ただひたすらに歩き続けるゲームになるという。

【TIF】Tokyo Indie Festのスマホゲーム見所13点。『リバーシクエスト2』はいいぞ…!

5月13日~14日まで秋葉原UDXで開催されているインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」のスマホゲームをまとめた。
これを見れば、見るべきスマホゲームブースがすぐわかる。

『Reversi Quest II』
ScreenShot01
あのリバーシクエストの新作。徹底的にSFC風にこだわった演出と、『タクティクスオウガ』好きと言う作者のこだわりが詰まっている。
また、リバーシクエストで不評だった双六が廃され、面白さも進化。TIFで発表された新作スマホゲーでは随一の「面白そう」オーラ。
TIFゲームキャストアワード(そんなものないけど)あげちゃう。

【TIF】本職のCG作家が送るハイクオリティ豚操りアクション『PIG』。みんな大好き奇ゲー

tifrr_2
お前はブタだ、ブタになるのだ!
木造のブタが走る馬鹿ゲー、児島精作所の『PIG -Running Game-』を紹介する。
これは、5月13日~14日まで秋葉原UDXで開催されているインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」に展示されている。

【TIF】暗室で遊ぶアドベンチャー。水の国の郵便屋となるアドベンチャー『From_.』

20170510144250
5月13日~14日まで秋葉原UDXで開催されているインディーゲーム博覧会「TOKYO INDIE FEST」。
その中でも『From_.』展示ブースは異彩を放っていた。
本作は青と黒だけでのドット絵世界を特徴とするノスタルジックアドベンチャー。
プレイヤーは水に囲まれた「水の国」の郵便屋となり、船で住人に手紙を届けてさまざまな人々を繋いでいく。
その過程でさまざまな事柄や事実関係が明らかにされ、物語になるという。

で、ブースも単なるアドベンチャーの展示……と思いきや、ゲームの世界観を表現するためにブースを染めていたのだ。

イギリスのShedworks、欧風アニメ世界を旅する名もなきゲームの映像公開。吸い込まれるほど強烈な世界観

WS000039
バンドデシネ(フランスのアート漫画)、『メビウス』を連想させる映像がそのまま動く。
イギリスのインディーメーカーShedworksが、非常に印象的なゲームのプロトタイプ映像を公開している。
最初に書いておくが、この映像はプロトタイプのものでゲーム名も対応プラットフォームも決まっていない。
しかし、見るだけで遊びたくなる強烈な吸引力を持っているので紹介したい。

子猫を飼うしかにゃい。Appleが『小さな子猫』を今週アプリとして無料配信中

nekoneko_13

モフモフの子猫と戯れる知育ゲーム『小さな子猫』が、今週の無料ゲームとしてAppleによって無料化された。
本作は「子供向けの教育ゲーム」だが、このネコの可愛さとモフモフ感は最高クラス。
ぜひ、この機会に試してみて欲しい。


アプリリンク:
小さな子猫 (itunes 400円→無料 iPhone/iPad対応)

やりごたえ十分。ローグライク横シュー『Steredenn』がついにiOS登場

600x338
PCやゲーム機で好評を博した『Steredenn』のiOS版がやってきた。
本作はランダム生成されるステージをひたすら進み、やはりランダムに出現するウェポンを取っては付け替えて戦う横スクロールのローグライクシューティング。
ライフ制で敵が固い洋ゲーシューティングなのだが、敵を連鎖的に破壊できたり、強いウェポンが出ると突然楽になったりと爽快なタイミングもあって楽しい。
PC版で遊べなかった方は、こちらをどうぞ。

アプリリンク:
Steredenn (itunes 480円 iPhone/iPad対応 / Steam)

ローポリ世界で記憶を探すアクション『DISTANS』のゲーム動画公開。『Alto's Adventure』のスタッフによるゲーム

DISTANT_gameplay3
美しい雪山を表現した『Alto's Adventure』のスタッフ、Ryan Cashさんとオーストラリアのインディー開発者Slingshot&Satchelが開発する新作『DISTANT』のゲームプレイ動画がついに公開された。
昨年の発表時はゲームジャンルすら明かされていなかったが、今回はローポリのステージを探索する横スクロールのアクションになるようだ。



『To the Moon』リマスター版、スマホでリリース。老人の夢をたどり、願いを叶える優しいアドベンチャー

To the Moon (itunes 600円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay / Playism)
sc552x414
死期を迎える老人の記憶をたどり、夢を叶える優しいアドベンチャー『To the Moon』のリマスター版がリリースされた。
プレイヤーは特別な機械を使って死に際の老人の記憶をたどり、夢の中で体験させ、心安らかに死を迎えさせる特別な仕事人。
今回は月に行く夢を叶えるため、老人の記憶をたどり、人生を体験する。
なぜ、老人は月に行きたかったのか。そこに至る過程で、プレイヤーは「何か」を感じることだろう。
……ただ、惜しむらくは日本語訳が怪しいことか。日本語訳を味わいたければ、Playism版を遊んで欲しい。

開発室Pixel、『ケロブラスター』iOS版の初セール開始。恐ろしく丁寧に作られたアクションゲーム

kero_1
あの『ケロブラスター』』が、リリース以来の初セールを開始した。
本作は『洞窟物語』の開発室Pixelがスマホ向け(PCにも移植されたが)に作ったゲームで、どこかとぼけたカエルがショットを使い分け、黒いモノを倒していくシューティングアクションだ。
プレイして覚えて、上達して乗り越える楽しさが誰でも味わえる「ゲームの基本」を恐ろしく丁寧に作った作品なので、iPhoneを持っていればぜひ試していただきたい。

アプリリンク:
ケロブラスター (itunes 720円→480円)

インディー開発者6人が語る「好きなゲームを作り続ける」、妖怪惑星クラリス5月31日リリースなど - 昨日のゲームニュースまとめ

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明にちなんだ謎を解く理系脱出ゲーム『The House of Da Vinci』、5月リリース
davintir_2

フリゲ魔法少女RPG『ひびかけ色のキセキ』、DCヒーロー大激戦『Injustice 2』などリリース - 新作ゲーム速報5月10日版

【Unite 2017 Tokyo】すべてのUnity開発者に可能性あふれる市場へのドアを。Unityが中国進出をサポート
【Unite 2017 Tokyo】好きなゲームを作り続けるために、僕らは何をすべきか。インディー開発者の仕事術を学べ

日常に潜む非日常を描くショートフィルムADV『ISLANDS: Non-Places』初セール - 5月10日の値下げゲーム

著作権的にヤバすぎたゲーム『妖怪惑星クラリス』、クリーンな体になって5月31日リリース

Qudan、『これは、わたしの空白』を今夏リリース。ローポリの美しいアドベンチャー

【Unite 2017 Tokyo】すべてのUnity開発者に可能性あふれる市場へのドアを。Unityが中国進出をサポート

mop0
2017年5月8日〜9日にかけて東京国際フォーラムにて行われたUnite 2017 Tokyo。
そこでユニティテクノロジーズ・ジャパン合同会社の金田一確さんより、「中国でAndroidアプリを出す!Xiaomiストアでのアプリリリース、収益化のためにできること」というセッションについてレポートをお届けする。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明にちなんだ謎を解く理系脱出ゲーム『The House of Da Vinci』、5月リリース

davintir_2
偉大なる天才レオナルド・ダ・ヴィンチ。その弟子となり、彼の秘密を解き明かすアドベンチャーゲームが『The House of Da Vinci』である。
量産品の多い脱出ゲームだが、本作は『脱出ゲームThe Room』クラスのグラフィック。トップクラスに美しい。
それだけでなく、詳細で歴史的に正しいストーリー、「師から受けた教えをすべて出さなければ、謎は解けない」といという、ダヴィンチの発明に基づいた謎を特徴としている。
理系脱出ゲーム、とでも言うべきだろうか。とても面白そうだ。

ゲーム世界で別の人生を送る『ザ・シムス』新作、『The Sims Mobile』動画公開。Androidは先行配信も

simus02
ゲーム世界で生活し仮想の人生を送るライフシミュレーター『The Sims』。
根強い人気を誇るこのシリーズのスマホ版に、新作がやってくる。その名は『The Sims Mobile』。
過去にスマホでリリースされた『The Sims 3』シリーズ、『The Sims Free』よりもより自由度が高く、より美しいゲームになるようだ。

著作権的にヤバすぎたゲーム『妖怪惑星クラリス』、クリーンな体になって5月31日リリース

WS000208
登場するや瞬く間に話題を集めた『妖怪惑星クラリス』のリリース日が5月31日に決定した。
本作は、奇妙なキャラクターと世界観予約特典が話題になり、そこから怪しげな日本語を操る公式Twitterが「キャラクター名募集キャンペーン」を始め、奇ゲー好きの話題を集めた作品である。
ただ、権利的にマズいことも同時に指摘されており、サービス開始が危ぶまれていた。

中国最大のMOBA、テンセントの『Strike of Kings』が海外進出開始。バットマンなどととコラボも

unnamed
中国最大のゲーム会社テンセントのMOBA『Kings of Glory』が、『Strike of Kings』と名を変えて海外に出ようとしている
本作は『League of Legends』をスマホ向けに直した(マップも同じ!)ような作品。似たライバル作品としては『Heroes of Order and Chaos』が挙げられる。
なお、『League of Legends』を作ったRIOT GAMESはテンセントに買収されているので、おそらく権利的な問題はないのだろう。
過去に少し遊んだことがあるが、本作はLoL系のスマホMOBAで(Vaingloryを除き)最も出来が良いゲームである。

Qudan、『これは、わたしの空白』を今夏リリース。ローポリの美しいアドベンチャー

WS000235
『マルクロの移動』や『TAPES』など、アーティスティックな見た目のゲームを作るQudanの新作『これは、わたしの空白』が2017年夏に公開されることが公開された。
ジャンルはアドベンチャー。ただ、単なる脱出ゲームではないようだ。

FF15とGame of Warのコラボ!? 『Final Fantasy XV: A New Empire』事前登録開始。

WS000031
F15のスピンオフ戦略ゲーム『Final Fantasy XV: A New Empire』の事前登録が始まった。
本作は『Game of War』のMachinZoneとのコラボ新作。
先行配信されているニュージーランドでも「このゲームはFF15のGame of Warである」との声が寄せられており、Travian系ゲームをFF15のキャラクターで遊びたいならこのゲームを選べば良さそうだ。ただ、この手のゲームは課金が厳しいので、お財布の中身には気を付けて。
事前登録はこちらからどうぞ → ファイナルファンタジーXV:新たなる王国

『アナザーエデン 時空を超える猫』が5月10日アップデート。新シナリオや新ダンジョンが追加

001
『アナザーエデン 時空を超える猫』が5月10日にアップデートされ、新ダンジョン「ミグランス地下迷宮」と新しい外伝「ふたりの騎士と祈りの魔剣」が追加される。
また、アップデートを記念して5月10日(水)から5月16日(火)までの間、ヤマネコの宅配便で届くクロノスの石が20個から50個に増量される。
また、外伝では新キャラクター「ディアドラ」が登場し、出逢いでは新キャラクター「アナベル」「ネロ」が登場する。

スコアラーは集結せよ。『Missileman EXP チャレンジ』5月13日まで開催中

Missileman
高速スクロールの中で狙い澄ましたミサイルを放つシューティング 『Missileman』で、初となるスコアアタックイベントが開催されている。
その名も「Missileman EXP チャレンジ」。
5月7日~5月13日までの間に、最も多くのEXPを稼いだプレイヤーが勝利となるシンプルなイベントだ。
優勝者には、Missilemanオリジナルグッズが与えられる

第2次世界大戦の戦場を戦闘機で駆けるレース『Sky Gamblers: Races』5月11日リリース

maxresdefault
『Radiation Island』で知られるAtypical Gamesから、空戦シミュレーター『Sky Gamblers』シリーズの新作が発表された。
その名は『Sky Gamblers:Race』。第二次世界大戦のさまざまな戦場を舞台に、20種類の戦闘機が100以上のステージを飛ぶフライト系レースゲームになっているという。
その風景は美しく、飛ぶだけでも満足できそうな気配を感じる。

ローグライクシューティング『Steredenn』が5月11日スマホに。

600x338
PCやゲーム機で好評を博した『Steredenn』が5月11日にスマホにやってくる。
本作はランダム生成されるステージをひたすら進み、ランダムに出現するウェポンを取っては付け替えてたたかうローグライクシューティングだ。
ライフ制で敵が固い洋ゲーシューティングなのだが、やってみると爽快なタイミングもあって意外にも楽しい。
Steam版の評価も288件で「非常に良い」となっている注目作だ。

タイタンフォール、リアルタイム戦術ゲームに。『Titanfall: Assault』事前登録開始

screenshot3
Respawn Entertainmentは『Titanfall』シリーズのスマホ派生作品『Titanfall: Assault』の事前登録を開始した。
本作はNexonとの提携で作られた作品で、Titanfallの世界観を利用したリアルタイム戦術ゲームとなる。
カードを集めてデッキをつくり、タイタンとパロットを組み合わせて出撃させる対戦ゲームになっているとのこと。
最初のスマホ向けタイタンフォール、『Titanfall: Frontline』は開発中止になったが、本作は世界観にも沿っており、なかなか楽しめそうだ。

男子校ノリで騒げ! ゲームを持ち寄って遊ぶイベント『C4 LAN』に行ってきた

c4rrra2-1
ゴールデンウィークに、あまりにも予定がないので浅草橋ヒューリックホールで行われているゲームイベント、C4 LANに行ってきた。
これは、PCだらけの会場にみんなで集まって思い思いに好きなゲームを(自分で買って持ち寄って)プレイするだけのイベントである。
好き勝手にゲームをして楽しいのか……と思ったが、これがもう楽しかった。
もし、5/5に暇を持て余しているなら2,500円の当日チケットで遊びに行ってはどうだろうか。

ガンホー、北米で『Super Senso』をリリース。世界を見据えた対戦戦争ゲーム

screen520x924r
ガンホーは対戦戦術ゲーム『Super Senso』を北米でリリースした。
スーパー戦争の名が示す通り、本作は戦争をモチーフとしたターン性の戦術ゲームである。
ジンガ、スクウェア・エニックス、ソニー、任天堂、RIOT Gamesなど、大手ゲーム会社出身者が集うことで話題になったインディーメーカー(とはいえ、ここまで大手の支援を受ければインディーゲームという規模ではなかろう)Turbo Studiosが制作しており、ガンホーはパブリッシュを担当する。

英語版『モンスターストライク』、8月1日にサービス終了。オンラインマルチ削除からほぼ1年を経て

screen696x696
『モンスターストライク(モンスト)』の英語版が2017年8月1日でサービス終了となることが発表され、海外で話題になっている。
モンストは世界最高の売上を誇るゲームとして海外でも知名度が高いが、「満足の行くレベルでのサービスの継続が困難となってしまった」ため。
実際、USの売上ランキングデータを見ると2014年のリリース時からずっとランキング200位圏外の住人であり、2016年にはオンラインマルチ機能が削除された状態でサービスが続いてきた。
3年近く続けたのは、モンストブランドの意地なのだろう。
今後、2017年6月以降は毎日新しいイベントが行われることが発表されており、最高のエンディングを目指して運営が行われるという。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント