RSS

記事一覧

『Death Road to Canada』、Appleに提出。来週リリースを計画中

deathroad_1
ゾンビの氾濫するアメリカからカナダを目指して脱出するアクションアドベンチャー、『Death Road to Canada』のiOS版が、遂にAppleに提出されたことがRocketCat GamesのKepaさんのコメントで明かされた。
順調にいけば、リリースは来週になるとのこと。ちょうど、Appleのインディーゲーム週間のラストだろうか。
楽しみだ。

関連リンク:
Touch Arcade - View Single Post - Death Road to Canada

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 剣劇絢爛』配信開始。るろ剣のスラッシュアクション

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 剣劇絢爛 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc552x414
ジャンプマンガ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のアクションゲーム、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 剣劇絢爛』が配信となった。
本作は基本無料だがソーシャルRPGではなく、なんとアクションゲーム。
スマホの性能向上で、こういった原作付きゲームも美しく表現できるようになったのだろう。なんともいい時代だ。
面白いのかどうか、それはプレイしてまた感想は書きたい。

ロードラ、終了直前ニコ生決定。3月22日21時より、宮内Dが配信

WS000112
4年4カ月のサービスを、ついに終了することとなった『ロード・トゥ・ドラゴン』。
3月27日のラストクエスト実装を前にして、アクワイア社長の遠藤さんと宮内D、結さんなどを迎えた公式ニコ生が配信されることとなった。
場所は、アクワイア社内に突然出現したお茶の間居酒屋「あくわいにゃ」。当日は、ほろ酔いテンションでいろいろ進行するという。



このボールがカップに入れば、俺は死んでもいい…! 異色のアクションゴルフ『Golf Zero』リリース

WS000226
『Super Meet Boy』のようなアクションゲームと、ゴルフを合体させたまったく新しいゲーム!
それが、『Golf Zero』である。
本作は、横スクロールアクションのようにステージを縦横無尽に移動し、グリーン側で(空中可)ショットを撃ってホールインワンを決めるアクションゲームとなっている。
なお、主人公が死んでもホールインワンできればそれで円満クリア。クレイジーなゴルフゲームだ。

TRPGに紙とペンはもういらない。ダンジョンズ&ドラゴンズ公式アプリ『D&D Beyond』発表

WS000111
もう、テーブルトークRPGに紙とペンは必要ない。2017年3月13日、テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」第5版のサポートアプリ『D&D Beyond』が発表された。
テーブルトークRPGとは、『ファイナルファンタジー』などのコンピューターRPGの元祖になったゲームで、紙と鉛筆にキャラクターデータを記し、ボードゲームのように進むアナログRPGである。
これまで紙やペン、大きなルールブックが必要になることがプレイを妨げることもあった。だが、D&D Beyondはそういった面倒をまとめて引き受けてくれるようだ。

ビーワークス『なめこの巣』をリリース。なめこと一緒に巣作りするゲーム

なめこの巣 (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
sc1024x768
あのなめこの最新作がアプリにやってきた。
ビーワークスは、『なめこの巣』をリリースした。本作は、人気キャラクターのなめこの巣をつくって大きくするゲーム。
昔のなめこは原木から生まれていた気がするが、数年の間に文明を築いてしまったようだ。
個人的にはなめこが好きだが、育成はちょっと飽きていた。今までとは異なるアプリなので、また楽しくプレイできるのが嬉しい。んふんふ。



ミリオンアーサー岩野Pの新作『ましろウィッチ』発表。魔法少女と魔女の戦いを描いたダークファンタジー

img_ss1
スクウェア・エニックスは、「魔女と魔法少女しか出てこない」ダークファンタジーRPG『ましろウィッチ』の動画を公開した。
本作は、ミリオンアーサーの岩野Pがリリースするターン制RPG。
崩壊してゆく世界を救うため、六姫と呼ばれる魔女と、プレイヤーが操る魔法少女たちが戦うゲームになっているという。

『ホワイトデイ:学校という名の迷宮』、完全日本語対応でリリース。高品質な近代東洋ホラー

wd1
韓国ホラーゲームの雄、『ホワイトデイ:学校という名の迷宮』が日本向けにリメイクされてリリースとなった。
本作は2001年に韓国でリリースされたホラーゲームのリメイク版で、グラフィックが向上しているほか、日本向けに声優を起用して日本語吹き替えを行った完全日本語対応版。
2016年にもスマホで配信はされていたが、それよりも一歩進んだリメイク作品となる。
ホワイトデーをテーマとした学園ホラーは、日本人にもなじみ深く、そして恐ろしい。ちょっとした恋愛要素もあり、てんこ盛りの作品となっている。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』発表。本家バンダイのアイマスが音ゲーになるか!?

WS000221
バンダイナムコゲームスは、『アイドルマスター ミリオンライブ』の新作アプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の動画を公開した。
ミリオンライブは、バンダイナムコが運営する本家アイドルマスターのキャラクターたちが登場するアイドルマスターのソーシャルゲーム。
先行してシンデレラガールズがMobageで運営されていたため、本家アイドルが登場するにもかかわらずソーシャルゲームでは後発でいまいち目立っていなかった。
が、このアプリの映像クオリティがあれば、勢いを盛り返すかもしれない。

『ロード・トゥ・ドラゴン』、4月24日サービス終了。最後に特別なラストクエスト実装も発表

WS000110
『ロード・トゥ・ドラゴン』が4月24日をもってサービス終了となることが発表された。
2012年11月にiOS版のサービスが始まってから実に4年以上。今更ながら、筆者も年を取るわけだ…と実感してしまった。

『アカとブルー』高速道路と地下鉄で戦う最新動画公開。相変わらず圧倒的物量…!

a2b_top
怒涛の物量で攻めてくる弾幕シューティング『アカとブルー』の最新動画が公開された。
本作は、元CAVE社のKRMさんこと、木村 浩之さんが率いるタノシマスの弾幕。
弾幕シューティングであると同時に、敵を次々と倒して爆発させる爽快感、画面を埋め尽くすスコアアイテムの怒涛の物量が気持さで注目されている作品である。
まずは論より証拠。動画を見てその面白さを確認してもらいたい。

米Apple「インディーゲームの12日間」開催。名作から見逃しがちな良作まで44作品のリストまとめ

WS000214
米国Appleにより、、3月9日から3月20日まで「インディーゲームを祝う12日間」イベントが行われている。
すでに、USのApp Storeはインディーゲーム一色で、「革新的なゲーム」や「素晴らしいサウンド」など5部門で多くのゲームが表彰されている。
また、この期間に偉大なインディーゲームが次々リリースされる。すでに『Kingdom : The New Lands』や『Mushroom 11』がリリースされたが、まだまだ素晴らしいゲームが出るという。

今回、日本のApp Storeではインディーイベントが行われていないので、今回のイベントで米国Appleが特別に表彰しているインディーゲームをまとめてみた。
印象的なゲームが多いので、気になったらぜひ遊んで欲しい。

現実世界に漂う電波人間を捕まえるAR-RPG『New 電波人間のRPG』、iOSで配信開始

screen696x696
スマホ向けRPG「New 電波人間のRPG」のiOS版がついに配信となった。
本作は現実世界に漂う「電波人間」をスマホのカメラを通して探し出し、仲間にして冒険するRPG。
3DSで人気を博し、3作続いたシリーズの最新作となる。
もともとがスマホゲームのような形態のゲームだっただけに、スマホに場所を移しても変わらぬ面白さが期待だろう。
最近、注目の新作が多すぎてプレイが追いつかないが、いったんダウンロードして電波人間だけハントしまくっておくのもいいかもしれない。

アプリリンク:
New 電波人間のRPG (itunes 無料 iPhone/iPad対応)



スカイリムのカードゲーム、 『The Elder Scrolls: Legends』、iPadで3月23日iPadに登場

WS000071
オープンワールドRPG『The Elder Scrolls』シリーズの世界観を使った対戦カードゲーム 『The Elder Scrolls: Legends』がついにリリースされる。
iPadでは3月23日、Androidでは4月4日。
本作は場にカードを出し、相手のヒーローの体力を削る『Hearthstone』ライクなゲームになっているが、場が中央を境に2つに区切られており、それをにらんだ攻防があるらしい。
新しいカードゲームを探している方、エルダースクロールズシリーズが好きな方は遊んでみよう。

カプコン、スマホ逆転裁判123HD、4、5を一斉セール開始。123HDは名作なのでこの機会にどうぞ

弁護士となって裁判に臨み、証拠品や証言のムジュンを見つけて依頼人の無罪を勝ち取る推理アドベンチャー『逆転裁判』シリーズ。
このiOS版、Android版がスプリングセールで3月17日11:59まで格安となっている。この機会を逃さずに買っておこう。

逆転裁判123HD (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss3
逆転裁判シリーズの基礎。今となっては見た目は古いが、その秀逸なシナリオは色あせない。
3作揃っての「全タイトル一括購入」が1,800円→1,200円。
どれか1つだけ選ぶなら、迷わずこれを。

カプコン、『1942 モバイル』配信開始。ロックマンの反省を活かした遊びやすさ

1942 モバイル (itunes 120円 iPhone/iPad対応)
sc1024x768
カプコンは『1942 モバイル』の配信を開始した。
本作は1984年にカプコンが発売した縦スクロールのシューティングゲーム。第2次世界大戦をモチーフにしており、ミッドウェイ海戦から沖縄までの全42ステージを戦うゲームとなっている。
カジュアルとオリジナルの2つの難易度を備え、操作には相対タッチ移動を採用しており、スマホでも遊びやすい。
また、オプションで移動速度を変更することでオリジナルに近い移動速度も実現可能。画面下に指の置き場があり、画面を隠さずにプレイもできる。
『ロックマン モバイル』を見て不安に思っていたが、これなら十分遊べそうだ。なお、ランキング登録にはGoogle Playアカウントが必要でこの点だけはどうにかしていただきたい。


人類が消えた廃墟を謎の粘菌になって探索する『Mushroom 11』、iOSに登場

screen520x924
人類が消え、荒れ果てた廃墟に出現した「緑の粘菌」。
この粘菌を押し出すように、触って、こすって、ぬるぬると動かしてステージを進む2Dアクション『Mushroom 11』のスマホ版が登した。
ゲーキャスは2016年にTokyo Game Showにて触ったが、独特の動きを見せる粘菌を操作する体験は独特で、かつその世界観は興味深く、非常に印象に残ったゲームの1つだ。

美しいドット絵の建国物語。『Kingdom: New Lands』、iOS版ついにリリース

sc552x414
美しいドット絵のフィールド、左右に移動して指示を出すだけで戦術ゲームと建国ゲームの両方を楽しめるお手軽さ。
gamescom 2015のインディー最優秀賞を受賞した横スクロール建国SLG『Kingdom: New Lands』がついにiOSでリリースされた。
本作は王になって馬で国を駆け回って市民に指示を出して国を大きくするゲームで、リアルタイムSLGとタワーディフェンス要素を複合したプレイを楽しめる。
すでにPCで高い評価を受けており、面白さは折り紙付き。ドッド絵の空気感が気に入った方は、試してみる価値がありそうだ。
価格に尻込みする方は、後ほど評価予定なのでお待ちを。

アプリリンク:
Kingdom: New Lands (itunes 1,200円 iPhone/iPad対応)

2年後のiPhoneはVRや機械学習に対応か。Appleが採用するPowerVRの最新モデル発表

macgpic-1489010328-31470343998493-sc-jpt
英Imagination Technologiesは8日(現地時間)、次世代のPowerVRアーキテクチャ「Furian」を発表した。
PowerVRとは、iPhoneの映像処理に使われているチップであり、この新世代の発表は将来iPhoneに搭載されるテクノロジーの発表とほぼ同義だ。
そして、Mac Rumorsが確認したところ、Furianは将来のiPhoneが4K解像度のゲームやAR、機械学習(ニュートラルネットワーク)に対応する基盤となるとのこと。
どうやら、次世代iPhoneは

古き良き3DダンジョンRPG。『The Deep Paths』リリース

tdp_ios_3
『ダンジョンマスター』など、90年代の3DダンジョンRPGを意識したゲーム、『The Deep Paths』がついにiOSリリースとなった。
本作はグリッドベース(マス目)で区切られたダンジョンを探索する古き良きダンジョンゲーム。
バトルはリアルタイムだが、食料管理の必要はない。ダンマス世代はゆっくり昔を懐かしみつつ遊ぼう。

硬質でスタイリッシュな空気感で迫る音ゲー『Arcaea(アーケア)』リリース。

sc552x414
硬質でスタイリッシュな空気感の新作スマホリズムゲーム『Arcaea(アーケア)』が2017年3月9日本日リリースとなった。
本作はなんと、現在完全無料。ゲームプレイで手に入る「カケラ」で開放する曲も含め、11曲が遊べる。
上段と下段を使い分けるプレイに最初戸惑うが、その内容はいたって普通の製品レベル。
今後、有料で追加楽曲パックが配信されることになっているので、それまでお試しもかねて遊んでみるといいだろう。

アプリリンク:
Arcaea (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

エターナルフォースブリザード!入力した文字がオリジナル魔法になるローグライク『魔法の女子高生』iOSに登場

sc1024x768
魔法使いの女子高生がランダム生成の迷宮を進むローグライクゲーム、『魔法の女子高生』にiOS版が登場した。
本作の特徴は、プレイヤーが適当に入力した文字からオリジナルの魔法を作り、ダンジョンで使えること。
「ファイアスマッシュ」なら炎の魔法、「アイスアロー」なら氷の魔法というように、プレイヤーが名前を付けると世界に1つだけのオリジナル魔法ができあがる。
名前は適当でも意外にきっちりした魔法になるし、「ホーリーダークファイア」なんて中二病な名前をつくれば多数の属性の魔法を作ることも可能。ただし、効果が強くなりすぎると消費MPが増え、実用的ではなくなってしまうという仕組みだ。
先行しているSteam版の評価は「好評」。何度かバージョンアップして問題も解消されているので、ゲーム内容については心配しないでも済みそうだ。
ゲームキャストでも、早めにプレイして感想を出したい。

アプリリンク:
魔法の女子高生 (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / Sthttp://store.steampowered.com/app/555630/?l=japaneseeam)

『Missileman』、Android進出。生死ギリギリの狭間で遊ぶから楽しいシューティング

missile02
ゲームキャストが「2017年1月のベストゲーム」に選出したミサイルシューティング『Missileman』がついにAndroidに進出した。
本作の面白さは、その難易度とそれを乗り越えた先の気持ちよさにある。
最初は、難しくてすぐ倒れてしまう。しかし、上達するとゲーム中にレベルアップする速度が上がり、ある地点から敵を倒しまくるコンボゲームに変化する(そして、気を抜くとやっぱりすぐ倒れる)。
自機の成長が敵の強さを追い越したとき、新しい景色が見える気持ちよさは何物にも代えがたい。
Android派の皆さんにも、ぜひその面白さを味わってほしい。もちろん、iOSでも買えるのでまだ試していない方は今からどうぞ。

アプリリンク:
Missileman (itunes 360円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

殺人も血しぶきもない明るいFPS、『Smash Anarchy』近日リリース

1
FPSと言うと、銃を撃ちまくって、血みどろになって、人を殺すゲームが多く、合わないプレイヤーも多いことだろう。
だが、そんなプレイヤーでもプレイできる(はず)のゲームが明るいFPS『Smash Anarchy』なら遊べるはず。
本作は中の代わりに果物を発射し、ファンシーなモンスターを倒すFPSである。

モータースポーツをすべてをここに結集。『Grid Autosports』、iOSに全部入りで今春登場予定

1920x1080
2014年にゲーム機で人気を博したCodemastersのレースゲーム『Grid Autosports』が、iOSにこの春やってくる。
本作は 「モータースポーツをすべてを詰め込む」というコンセプトで、イギリスの老舗モータースポーツ誌「AUTOSPORT」が完全監修したことで話題になったリアル系のレースシミュレーションゲーム。
美しいグラフィックはもとより、プロドライバーとして様々な依頼を受けて走り、稼ぎ、成長するキャリアモードも話題となった1作である。

"重層"ランゲーム、『Fordite(フォーダイト)』のスマホ版開発中。Global Game Jamでピックアップされた日本新鋭の期待作

clear
1月22日、たった3日でゲームを開発するイベントGlobal Game Jam Osaka 2017 in Daitouで、1つの素晴らしい作品が生まれた。
障害物を避けながら円形のコースを走り、美しい模様を作る「スタイリッシュアクションアーティスティックゲーム」の『Fordite』である。
序盤のプレイが終盤まで影響し続ける重層的なゲームプレイ、最後にアートが出来上がる達成感を併せ持ち、その完成度の高さは、マイナー作品ながら業界人の間(ゲームキャストもその1人だ)で注目されたほどである。
そのForditeがスマホ移植中であると、製作者のTwitterで明かされた。

オープンワールドの大航海RPG『TEMPEST』スマホ版発表。PCゲームのように美しい海で船団を作り、貿易し、略奪しよう

1920x1080
PCで配信されているオープンワールド海洋RPG『TEMPEST』のスマホ版が正式告知され、βテストが開始となった。
本作は広い海で船団を指揮し、交易して資金を稼ぎ、さまざまな勢力と海戦で戦い、ときに海に生息する巨大生物と戦うゲーム。
そして、見ての通り(画像はPC版のものだが…)美しいグラフィックも売りとしている。

海外ゲーマーも身体は闘争を求める…アーマードコアの影響を受けた対戦ロボゲーム『ExoGears 2』の動画公開

exogear-1
ゲーム開発者向けのイベントGDCにて、興味深いロボットアクションゲームが展示されている。
その名は、『ExoGears 2』。サンフランシスコに拠点を構えるZombot Studioの作品であり、『Dark Souls』、『ガンダムvs』シリーズ、『アーマードコア』、『メックウォーリアー』などにインスパイアされ、それらの要素をスマホに落とし込んだゲームになっているという。
確かに、見た目はスマホ向けのアーマードコア。グラフィックも素晴らしい。これは期待の作品になりそうだ。

The Roomシリーズ最新作『The Room:Old Sin』発表。2017年末発売予定

theroomold
美しい箱の謎を解き続けるアドベンチャー『The Room』シリーズ。
その最新作『The Room:Old Sin』の存在が明かされ、Fireproof GamesのTwitterにてキービジュアルが公開された。
Old Sin(古き罪)の名から類推するに、The Roomの秘密に迫るストーリーが明かされるのだろう。
The Room』初期2作では美しさを進化させ、『The Room Three』では多彩な場所を移動する要素やマルチエンディング要素が加わり、本作ではどのようなアイデアが増えるのだろうか。
期待は高まるばかりだ。

位置ゲー要素を組み込んだ対戦格闘カードゲーム『Aftershock』、3月リリース

aftershock01
どこか懐かしいデザインのパワードスーツが戦う格闘ゲーム風の対戦カードゲーム『Aftershock』が3月にリリースされる。
カードを出して、それに応じてパワードスーツが動いて、カードゲーム的なバトルが格闘ゲームのような演出で展開される…という点では『Yomi』というゲームを思い出すが、本作はユニークな位置ゲームになっているという。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント