RSS

記事一覧

まだ誰も知らないロードラ最新情報をお届け!ロードラ1周年イベント「生でいろいろ直撃インタビュー!」は10月27日20時から!

rodo
10月27日に行うロードラ1周年記念イベント【生でいろいろ直撃インタビュー!】ニコ生イベント、「横山P、宮内Dに質問」コーナーへの大量の質問ありがとうございました。
さてさて、ようやく皆さんに詳細をお伝えできます!

現代西洋ホラーFPS『Indigo Lake』と『バットマン:アーカム・ビギンズ』が配信開始。

Indigo Lake (itunes 170円 iPhone/iPad対応)

2日前に紹介したホラーアドベンチャー『Indigo Lake』が配信を開始。

ホラーFPSといえばゾンビやクリーチャーものが多いが、本作は幽霊が登場する現代西洋が舞台となっている。

自殺者が多発したIndigo Lakeを調査し、レポートを作成する前に消えてしまったエヴェレット博士。
彼を探して事件の原因を究明するべく、湖に向かう…。

プレイヤーは夜の野外を車に乗って移動し廃屋などを調査していく。
突如巻き起こるポルターガイスト現象や、風の音とも幽霊の声ともわからない不安を掻き立てる音が恐怖を演出しておりホラーアドベンチャーが好きな人なら楽しめそうな雰囲気がある。

広いマップを乗り物に乗って移動し、事件の謎に迫る重要なアイテムを探していく内容ということで、ゲームに慣れていない人にはどこにいけばいいかわからないといったこともあるかもしれない。

Appleよりアプリ開発者に値上げ通達。App Storeのゲームの値段がついに上がる模様。

craft_hero5s
9to5Macの記事によれば日本のApp Store・Mac App Store での値上げを実施するとアプリ開発者に通達があったとのこと。

値上げの理由は為替レートの影響ということで85円の最低価格が100円に変更されると思われるが、具体的な値上げ幅については明かされていない。

値上げの時期については本日10月17日ということだが、今のところ変更はされていない。
ただ、アメリカの時間で考えると数時間後ということで、もうまもなく価格が改訂される可能性もある。
購入予定のゲームがあるなら今のうちに購入しておこう。

関連リンク:
9to5Mac

Bug Heroes 2 - 戦術ディフェンスアクションの名作に続編が発表!

a
先日『Block Fortress War』を発表したばかりのFoursaken Mediaから、あの名作の続編『Bug Heroes 2』が開発中であると発表された。

前作の『Bug Heroes』は日本では馴染みが薄いかもしれないが、ゲーキャスでも4.0を出している超面白いゲーム。
虫のヒーローを操り、攻め寄せる敵をひたすら倒していく防衛アクションゲームで、プレイヤーの戦術次第で生き延びる時間が全く変わる絶妙なバランスがたまらない。

なぜ、続編ゲーばかりを作らないのかとFoursaken Mediaが聞かれたとき、「お金を得たいならBug Heroesの続編だけを作っていればいい、だが我々はそれ以外のゲームも作りたい」と言わせたほどのヒット作だ。

Angry Birds GO! - おなじみの鳥達のカートレース…あれ、これはかなり面白そうだぞ!?

ar1
ROVIOの最新作『Angry Birds GO!』の動画が公式サイトにて公開された。

今回は『Angry Birds』でお馴染みのキャラクターたちがカートに乗ったレースゲームとなる。
『Angry Birds』シリーズらしい、コミカルな雰囲気を生かしたマリオカート的なゲームのようだ。

Block Fortress War - Foursaken Media新作、要塞建築ゲーのスピンオフが発表!

cg2a
Monster Adventure』をリリースしたばかりのForsaken Mediaから、ブロックを積み上げて要塞を作り上げる『Block Fortress』のスピンオフ『Block Fortress War』が開発中であると発表された。

今作はリアルタイム戦術ゲームとMOBAの要素、そしてブロックを積み上げて建築する要素が融合したゲーム。
1人用とオンラインでの対戦モードを備えており、いつも通り1人でも遊べるが、Foursaken Mediaのゲームでは珍しく対戦を全面に出したものになっているようだ。

iPodゲーマーに朗報!ELECOM公式ページで、新型iPodが間もなく発売と予告される

elecom
iPodゲーマーに朗報だ。
どうやらAppleは新型のiPod touchを近日発売予定らしい。
というのも、ELECOMのホームページにてiPod touchの新型発売が近いことが予告されたのだ。

ソフトバンク、『Clash of Clans』のSuper Cell買収。ガンホーと合わせて国内外のトップゲームメーカーを手中に。

ソフトバンクは本日、海外で人気を誇るスマホゲームのトップメーカー、Super Cellの議決権付株式の51%を総額15.3億米ドル(約1,515 億円 ※1 )で取得したことを発表した。
出資比率はソフトバンク80%、ガンホー20%。

Super Cellは『Clash of Clans』が137カ国、『Hay Day』が96カ国で1位を獲得し、文句なしのスマホゲームの横綱。
ソフトバンクは米国での携帯電話会社Splint Nextelを買収したあとのコンテンツ強化の策としてSupercellとガンホーを生かしていく考え。
ガンホーはガンホーでSuper Cellの力でさらに海外展開を推し進めていくのだろう。

セガのノアパスが国内のスマホゲームプラットフォームを席巻しつつあるなかで、ソフトバンクとガンホーの選択は海外市場だった。
まさか、こんなことが裏で進んでいたとは…!

この買収でなにが起きるのか。
今後の動きから目が離せない。

関連リンク:
ソフバンクのプレスリリース

INDIGO LAKE - 西洋現代ホラーを楽しめるFPSが10月17日リリース予定

indi2
夏も過ぎたというのに、ホラーゲームの話が最近多い気もするがホラーFPS『INDIGO LAKE』のリリースが10月17日に決定したとのこと。

自殺者が多発した湖を調査し、レポートを作成する前に消えてしまったエヴェレット博士。
あなたは親友である彼を探して事件の原因を究明するべく、湖に向かう…。

正統派の西洋現代ホラーの展開で、AppStoreにあまりないタイプのホラーが楽しめそうだ。

FIST OF AWESOME - 動物たちから世界を取り戻せ!木こりが素手で動物と戦うシュールなアクションが配信開始!

FIST OF AWESOME (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

動物たちに支配された世界で、家を焼かれた木こりが動物たちに戦いを挑む!
木こりが素手で不思議な動物と戦うゲームと紹介した、『FIST OF AWESOME』がついに配信開始だッ!

動物が支配している世界なのに建物や看板などが人間くささに溢れており、「動物が人間だったらこうなるのかも」と笑いながら納得できてしまう世界観はさすが。

すっとぼけたビジュアル以外にも素手で戦う木こりや動物の動きもツッコミどころがあって面白いぞ。
ゲームはレトロゲーム『ダブルドラゴン』のような横スクロールのアクションで操作性も問題なし。
ちょっとプレイした感じではアクションが好きじゃなくても雰囲気だけで充分に楽しめそうなので是非プレイしてみてほしい!

アプリリンク:
FIST OF AWESOME (itunes 無料 iPhone/iPad対応)

関連リンク:
『FIST OF AWESOME』木こりが素手で不思議な動物と戦うゲームが近日リリース

FF7のモバイル版を出すには数年待つ必要がある…スクエニのプロデューサー時田氏が語る

ff7
Shacknewsのインタビューによると、海外のインタビューにてモバイル版ファイナルファンタジーシリーズのプロデューサー時田氏が「FF7のモバイル移植は数年は無理」と語ったとのこと。

理由は2GBのアプリ容量制限で、PC版のFF7が3GBだったことを考えるとそれだけで1GBオーバーしてしまうというのが理由。
Retina解像度に合わせたデータを詰め込んだらもっと大きなものになる可能性があるので、こればかりは仕方ないところか。

Appleには128GBモデルのiPhoneを早く出し、アプリ容量の制限をもっと大きくしてもらいたいところだ。

Batman: Arkham Origins - PC/家庭用版に続きモバイル版が発表。


10月25日にPC/家庭用ゲーム機でリリース予定の『Batman: Arkham Origins』が、iOSでも今冬リリースされることが発表され、動画が同時に公開された。

このゲームは「Arkham」の前の時代を描いたもので、バットマンの姿となって活動し始めたブルース・ウェインが成長していく様子が描かれるという。
動画を見る限り、画面をタッチ・スワイプして戦うバトルアクションになっているようだが、ストーリーの方もバットマンファンとしては期待したいところ。

それにしても、スマホでも十分に説得力のある映像表現ができるようになったこともあり、ゲーム内容によっては家庭用と同時に出すことも不可能ではなくなってきたように思える。
スマホの進化は本当にすごい。

Forgotten Memorries - 開発開始から4周年のホラーアドベンチャーがそろそろ出るかも…?

for1 (1)
ハイクオリティなホラーアドベンチャーとして注目を浴びつつ全然出ない…そんな『Forgotten Memories』にようやく動きがあるようだ。

iOSで5月発売予定とお伝えしてからすでに半年以上…開発中と言われてからすでに4年以上!
ついにAppleに無料体験版の申請を出し、トラブルがあるものの今月中には出せそうという報告があった。
また、キャラクターの情報や最新のスクリーンショットも公開され、「お、そろそろ出るか?」という空気を出している。

TINY DEATH STAR - デススター建築ゲーのプレイ動画公開


デス・スターを育てるスター・ウォーズコラボゲームが近日リリースと以前お伝えしたが、その動画が公開された。
ゲーム内容はいつもながらのTiny Towerのようだが、スター・ウォーズの世界観でできるだけで嬉しいという人はかなりいそう。

GooglePlayでは日本以外でもうリリースされているので、iOSでのリリースも間近だろう。
楽しみに待ちたい。

Device6 - Simogo新作のアドベンチャーが10月17日にリリース


『Bumpy Road』や『Year Walk』など、独特のアーティスティックなゲームを作り続けるメーカーSimogo。
ついにその新作『Device 6』のリリース日が発表され、その紹介動画が公開された。
相変わらず印象的な演出と、独特の雰囲気が保たれており、Simogoファンにはたまらない内容になっていそう。

リリースは10月17日。
今回はゲームと文学の混合したアドベンチャーと以前紹介したが、テキストを読む要素がどれぐらいゲーム中に含まれていかで楽しめるプレイヤー層が変わりそうだが…雰囲気に関しては今回も期待して良さそうだ。


関連リンク:
device 6公式

アプリリンク:
Year Walk(itunes 350円 iPhone/iPadの両方に対応)
Year Walk Companion(itunes 無料 iPhone/iPadの両方に対応)

攻略リンク:
Year Walk攻略

Joe Dever's Lone Wolf - ゲームブック?ゲーム?かつてない豪華ゲームブックアプリの最新動画が公開


以前紹介した90年代のゲームブック『ローンウルフ』のリメイクとして開発されている新作Joe Dever's Lone Wolfの最新動画が公開された。

ゲームブックでは想像で補完していた部分をゲームアプリとなったことで、緊張感のある場面がプレイできる豪華なゲームブックとして進化したものとなっている。

スマホでドラゴンクエストVIIIが滑らかに動く!スマホ端末でのプレイ動画公開。


本日行われたNTTドコモの冬春モデル新商品・新サービス発表会にて、ドコモとドラゴンクエストのコラボスマホ“SH-01F DRAGON QUEST”が展示され、端末発売時にはスマホ版『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』がプリインストールされることが発表された。

会場では展示された端末を使用してドラクエVIIIを実際にプレイできたということで、YouTube上に動画がアップされている。

スクエニの最新作は事前登録で“しまぱん”がもらえる!?拡散性MAの岩野さん最新作『オカルトメイデン』事前登録スタート


『拡散性ミリオンアーサー』のプロデューサーである岩野さんが手がける新作『オカルトメイデン』の事前登録が開始されている。

ミリオンアーサーはラノベ「とある魔術の禁書目録」の作者である鎌池和馬さんを採用し、豪華イラストレーター陣によるカードを揃えて徹底的に豪華に作ったスクエニの強みを生かしたポチポチゲーだった。
今作はさらにそれを押し進め、まさに他にない横綱相撲の布陣にしあげている。

iOS版ファイナルファンタジーVIは2Dリメイクで今冬リリース予定、モバイル向けの調整も行われる模様。

ffvi
Kotakuの記事にて、スマホ版FFシリーズのプロデューサー、時田貴司氏がファイナルファンタジーVIについて語っている。

それによると、スマホ版のFF6はただの移植ではなく、FF6を元にリメイクされたものになるとのこと。
グラフイックについては2Dのままで、スマホ版FF5のようにより解像度が上がったものになり、戦闘システムについてもリメイクが入る。
以前のFF6はレベルアップ作業が必要だったが、それが必要なくなるような調整も行っているとのこと。
スマホでカジュアルにプレイできるよう配慮されたつくりになるようだ。

また、FF7以降のリメイクについてKotakuが尋ねたところ
「スクウェア・エニックスの内部にもFF7のファンがいます。6までの移植がうまくいけば、いつかFF7についてもやってみたいですね。」
という意味の発言をした模様。

スマホ版FF6の配信時期は今冬。
『FINAL FANTASY IV THE AFTER YEARS-月の帰還』 の後のリリースになるとのこと。
ドラクエの移植やFFアギトなども配信される予定となっているということで今冬はスクウェア・エニックスの話題がつきない。

関連リンク:
レビュー:『FINAL FANTASY V』 名作がスマホ向けにきっちりリメイク。スマホFF史上最高作品。
Kotaku

ガンホーの新作、ディバインゲートがついにきたぞー!

ディバインゲート (itunes 基本無料)
screen568x568
ガンホーの新作RPGディバインゲートのiOS版が本日こっそりリリースされていたぞ!
今回はスタイリッシュなパネルRPGとのこと。
TGS2013ではパズドラ系に見えたが、ガンホーということで何かはあるはず…。
とりあえずプレイして面白かったらまた別に書いてみたい。

アプリリンク:
ディバインゲート (itunes 基本無料)

関連記事:
『ディバインゲート』はストーリー+スピード風バトルのパズドラ系、進撃の巨人ともコラボか? - ゲーキャスのTGS2013 その5

【速報】Monster Adventures - Block Fortressのメーカー最新作が配信開始!

Monster Adventures (ituens 170円 iPhone/iPad対応)
screen568x568
Foursaken Mediaの最新作ローグライク+アクションの『Monster Adventure』が配信開始!
今回はひたすらに闘いつつ、より強いモンスターに進化していくアクションアドベンチャー。

Foursakenは『Block Fortress』や『Heroes and Castles』などの面白いゲームをリリースしており、今作も発売前から期待している人は多いはず!
まだプレイしていないが、できるだけ早くプレイしてレビュー・攻略したい。

アプリリンク:
Monster Adventures (ituens 170円 iPhone/iPad対応)

【速報】PS VitaからテイルズオブハーツR がiOSへ!1週間限定53%オフで配信

テイルズ オブ ハーツ R (itunes 1,800円 iPhone/iPad対応)
screen568x568
まさか!
PS Vitaで出た、ゲーム専用機のテイルズオブシリーズ最新作『テイルズ オブ ハーツ R』が突然のリリース。
定価3800のところ、リリースから1週間だけ1800円でリリースとのこと。
これは…やってみるしかないのか!
iPhoneでは戦闘操作が少し窮屈だが、iPadであればかなり楽しめる感じ。

基本無料の『テイルズオブファンタジア』、ゲーム機価格の『テイルズオブハーツR』、そして基本無料の『テイルズオブリンク』、なんだかバンダイナムコの壮大な実験のようにも見える。

なお、このゲームは公式にiOS7には対応していないので、DLする前にiOSのバージョンを確認しておいて欲しい。
一応、ゲームキャストではiPhone5でiOS7で最初のバトルと村に着くまでプレイできることを確認したが、その先でプレイできなくなる可能性もある。

アプリリンク:
テイルズ オブ ハーツ R (itunes 1,800円 iPhone/iPad対応)

Monster 500 -ホラー版マリオカート!? モンスターが活躍する豪快なレースゲームが10月14日配信予定

mudai4
Pocket Gamerの記事にてコミカルホラーレースゲーム『Monster 500』が10月14日にリリースすることが明かされた。

ゲームタイトルの「Monster」の名の通り、ゲーム中でレースを繰り広げるのはフランケンシュタインにヴァンパイアといった様々なモンスターが登場する。
基本的にはマリオカートのようなゲームに見えるが、フランケンシュタインであれば大きな車を投げて妨害するなどより豪快になっており、動画からはかなり面白そう印象を受ける。

モバゲーから本格RPG登場となるか、マジック&カノン(RPG)が配信開始。

マジック&カノン (RPG) (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
ss4
以前にお伝えしたDeNAの新作RPG『マジック&カノン』が配信を開始。

制作しているのはスクエニの大作RPGを担当しているメディアビジョン。
広大なマップを自由に探索することができ、バトルも普通のRPGと同じくコマンド選択式のターン制バトルを採用している。
モバゲーのゲームというよりも、家庭用のメーカーがスマホ向けに作ったRPGという雰囲気でゲームキャストでも注目していた作品だ。

動物たちが文明を持った不思議な世界を舞台に繰り広げられるストーリーにはエンディングも用意されており、基本無料ゲームとしては珍しく区切りが用意されているようだ。

果たしてモバゲーのイメージを変えることができるか、自分も早速プレイしてみたい。

関連リンク:
モバゲーに本当に本格RPGが!?『マジック&カノン』のプロモーション動画が公開!
マジック&カノン: ケイオスリングスの開発会社の新作RPGが可愛くて面白そう
マジック&カノン公式

Mimpi - 絵本のような世界を旅するかわいい犬のパズルアドベンチャーが来週リリース予定

wan1
絵本を思わせる雰囲気のステージで白い犬“Mimpi”を導くパズルアクションがCrescent Moonから来週リリースされる。

『Mimpi』は雲や木の枝など、ステージ上にある様々なものを動かしてMimpiを危険から守ったり、足場を作って守っていくパズルアドベンチャー。
絵本…それも触って遊べる仕掛け絵本のような雰囲気が気になったので紹介したい。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト -スマホ向けドラゴンクエストシリーズ最新作が開発中

dqsinn
本日、スクエア・エニックスはドラゴンクエストシリーズ最新作『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』を開発していることを発表した。

先ほど紹介したドラクエシリーズのスマホ版サイトと同様にこちらの公式サイトも公開されている。
今のところサイトで明かされている情報は“スーパーライトRPG”というジャンルのみ…。

サイトを訪れるとドラクエシリーズの戦闘の効果音が流れるぐらいで、ジャンルと合わせて考えると簡易バトルとモンスター育成を交互に行うだけのゲームではないかと予想される。

正直、こちらにはあまり期待できそうもないがFFシリーズ最新作AGITOもスマホでリリース予定ということで、スクエニは完全にスマホに力を注いでいく方向に動いているようだ。

関連リンク:
【画像あり】ドラゴンクエストシリーズがスマホで楽しめる!ドラクエ1〜8までが今冬より配信予定と発表!
今回はループものの世界!? ファイナルファンタジーアギト の動画が公開。
スマホ版ドラゴンクエスト公式サイト
スクエアエニックス公式

【画像あり】ドラゴンクエストシリーズがスマホで楽しめる!ドラクエ1〜8までが今冬より配信予定と発表!

dq1
本日、スクエア・エニックスの人気RPGドラゴンクエスト1~8までがスマホでリリースされることが明かされた。

リメイクなのかベタ移植となるのか、詳細は明かされていないが公式サイトも既にオープンしており今冬より順次リリースされていくとのこと。

Prestige -ハリーポッター好き注目、魔法学校を経営するシミュレーションが開発中。

maho3
映画『ハリーポッター』の“ホグワーツ”のような魔法学校を運営してみたい…。
今日紹介する『Prestige』はそんな夢を叶える魔法学校経営シミュレーションとして、近日リリースを目指して開発されているゲーム。

Pandemic: The Board Game - これでボードを持ち歩かないでいい!?あの協力ゲームがついに日本でリリース

Pandemic: The Board Game (itunes 600円 iPad専用)
ss3
協力型ボードゲームのパンデミックをiPadで完全移植。
スタンダードルールのみで、1人用か、パス&プレイ(1台のiPadを使用しての対戦)のみに対応しているが、とりあえずiPad1台でサイコロを積んだりせずに遊べるパンデミックという意味で価値があると思う。
税金問題でくるとか来ないとかいろいろ言われていたが、やっと出た!

アプリリンク:
Pandemic: The Board Game (itunes 600円 iPad専用)

関連リンク:
Pandemic the Board Game、税金問題を解決!日本配信は間近
iPad版のPandemic the Board Game 、日本でリリースされないのは税金の問題

Dark Frontier - 「助けてくれー!」闇の軍勢から冒険者の酒場を守るディフェンスゲームが近日配信予定

dark2
『Dark Frontie』冒険者が集う酒場を、モンスターから守るディフェンスゲーム。
酒場に助けを求めて駆け込んでいる男を、冒険者たちが一斉に振り返ってみる。
ゲームのタイトル画像からして懐かしいファンタジーの匂い。
「こいつ、わかっているな」感がただよう作品だ。



凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント