RSS

記事一覧

Swing Copters レビュー - まさに最終鬼畜兵器。Flappy Birds作者の新作は、戦慄の超高難易度ゲー。

Swing Copters (itunes 無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)
chopper1
あまりの難しさに「このクソゲーがッ!」といいながら全世界が熱狂し、ハマりまくったゲーム『Flappy Bird』。
そのヒットぶりもさることながら、1日に○$もの稼ぎをたたき出しているヒットの絶頂期に「もう耐えられない」とAppStoreからアプリを消して伝説となったあのゲームの作者が、ついに新作をリリースした!
それがこの、『swing copters』である。

そして、驚いたことにこのゲームは『Flappy Bird』より難しい、超鬼畜ゲームであった。 このゲームは、上に飛び続けるキャラクターを操作して障害物を避けるアクションゲームだ。

キュートランスフォーマー帰ってきたコンボイの謎 レビュー - 本当は面白かったコンボイの謎。

キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)
IMG_2411_R
先日、『キュートランスフォーマー帰ってきたコンボイの謎』について「コンボイの謎よりさらにクソゲー」と書いた。
何度も死んで挑む死にゲーなのにスタミナ制を採用しており、『トランスフォーマーコンボイの謎』のように何度も連続で挑む遊び方ができず、満足に遊べなかったからだ。

だが、自分のiPhoneには今だ『キュートランスフォーマー帰ってきたコンボイの謎』がインストールされており、毎日起動されている。
もう認めよう、自分は帰ってきたコンボイの謎にハマっている。
このゲームは面白い。
しかし、同時に「本当はもっと面白くなれた」ゲームでもあると思っている。

そこで、今日は改めてこのゲームを紹介しよう。

Traps n' Gemstones - 気分はインディージョンズ、お手軽に冒険の空気を楽しめるアクションアドベンチャー

Traps n' Gemstones (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
IMG_2041_R
『Traps n' Gemstones』は、ピラミッドを冒険する2Dアクションアドベンチャーだ。
なんといってもユニークなのは、映画「インディージョーンズ」のような冒険感を味あわせることに主眼をおき、ハードなアクションを廃して雰囲気作りにを重視している点。
ときにムチで蛇やミイラを倒し、転がってくる巨石から逃げるなど、プレイヤーがアクションゲームとして操作してゲームは進むが、アクションは簡単なので誰でも遊べる。
しかし、冒険感がきっちり出ているので楽しい。

そんな「冒険を味わうためのゲーム」だ。

ピコットキングダム レビュー - 光るものはあるが、画面が見づらくてイマイチ

ピコットキングダム (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
pikotto_02
『ピコットキングダム』は、コロコロとかわいい見た目の【ココロイド】を操作して戦う横スクロールアクションゲームだ。
このゲームは、ゲームアーツとハンゲームが PS Vita でリリースした『ピコットナイト』を、スマホ向けに直して親会社のガンホー名義でリリースしたものとなる。

2頭身キャラのデザインと世界観が魅力的で、かつセガサターンの名作『グランディア』スタッフが作るゲームと言うことで期待していたが、現段階ではちょっと厳しいゲームと言わざるを得ない。

THE RHYTHM OF FIGHTERS レビュー - SNKの曲を、SNKの過去作のリメイクシステムで、SNKキャラと共に遊べる音ゲー。

THE RHYTHM OF FIGHTERS (itunes 100円 / GooglePlay)
rof_1
SNKの楽曲を使って、SNKの音ゲー『Cool Cool Toon』を超簡略化したシステムで、『King of Fighters』のキャラクターたちが戦う。
『THE RHYTHM OF FIGHTERS』は、まさにSNKづくしのリズムゲームだ。

音ゲーとしてみると質に疑問が残るが、SNK好きならば買って損はない。

Godfire レビュー - すごいグラフィックだ!で終わったアクション。

Godfire™ (itunes 700円 iPhone/iPad対応)
godfire2
『Godfire』は、ギリシャ神話で人類に味方したプロメテウスの活躍を、美しいグラフィックで描いたバトルアクションゲームだ。
ボクシングの汗臭さまでリアルに再現した『Real Boxing』の VIVID GAMES の新作だけあって、そのグラフィックは素晴らしい。

しかし、ゲームに関しても Real Boxing 同様に大味すぎて微妙となってしまっている。
後述するが、コントローラーがないとイマイチ楽しめないように感じた。

RPG バンドオブモンスターズ レビュー - モンスター育成に重点を置いた変化球ケムコRPG

RPG バンドオブモンスターズ (itunes 800円 iPhone/iPad対応)
band42
『バンドオブモンスターズ』は、ガラケーの人気RPG『魔笛物語』をスマホ向けにリメイクした作品だ。
制作は『マシンナイト』や『幻想クロニクル』などのケムコ人気作を担当した HitPoint だが、これまでのRPGとやや毛色が異なる。

これまでのRPGでは固定のキャラを育成していたが、今作の主人公は魔物を音楽で操る能力を持ち、モンスターを捕らえて育成し、戦わせる育成RPGになっているのだ。

戦国ブレード レビュー - 懐かしのSTG、スマホへ。キャラは削られたが、テンポ良いゲームは健在。

戦国ブレード (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 基本無料)
sengokublade_02
1996年に発売され、個性豊かなキャラクターたちの掛け合いと、テンポ良く楽しめることで人気を博した『戦国ブレード』がスマホに登場した。
リリースしたのは韓国のMOBIRIXというメーカーで、ストアの説明文の日本語が怪しいのでイリーガル感あふれている。
しかし、海外版の戦国ブレードを基本無料にして正式にアレンジ移植した作品で、無料としては遊べるゲームだ。

Rival Knights~最後の騎士~ レビュー - 美しい映像で描かれるカジュアル決闘ゲーム。

Rival Knights~最後の騎士~ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 基本無料)
knight
Rival Knights~最後の騎士~は、美しいグラフィックで騎士の決闘競技を再現したゲームだ。
美しいグラフィックで騎士の決闘というと、Joust Legend を思い浮かべる方も多いと思うが、このゲームは Joust Legend をさらにカジュアルにしてグラフィックを強化した派生ゲームになっている。

カジュアルすぎて物足りない面はあるが、派手な決闘は一見の価値がある。

TwoDots レビュー - 超人気のオサレパズル続編。演出は強化されたがゲームはパワーダウン。

TwoDots (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
IMG_0839_R
カラフルなドットとドットを指でなぞって消すだけなのに楽しい。
正体不明の中毒感でリリースされて1週間で100万DLを突破し、20カ国でランキング1位を獲得したゲーム『Dots』に続編が登場した。
その名も『Two Dots』。

『Dots Two』ではなく、『Two Dots』というオシャレさがなんともこのゲームらしい。

Frederic - Evil Strikes Back - ショパンvs実在有名ミュージシャン…のパチモノな音ゲー。

Frederic - Evil Strikes Back (itunes 400円 iPhone/iPad対応)
frederic04
ショパンが手からビームを出して戦うリズムゲーム、Frederic にまさかの続編が出た!
残念ながら、Frederic - Evil Strikes Back ではショパンビームはなくなったが、代わりに対戦相手がはっちゃけている。

ライバルたちはほぼ全員有名ミュージシャンのパチモノ。
リズムゲームで戦うときの曲もそのミュージシャンを意識して作られたパロディー曲。
相変わらず徹頭徹尾バカゲーである。

スマッシュピンポン レビュー - 意表を突く魔球をスマッシュで返す卓球ゲーム

スマッシュピンポン (itunes 無料 / GooglePlay 無料)
smash_pin1
先日、究極的にリアルな卓球ゲーム Table Touch Tennis を紹介したので、今回は必殺技が炸裂するお手軽卓球ゲーム、スマッシュピンポンを紹介しよう。
このゲームは、ライバルの打つ魔球をスマッシュで跳ね返し、球をぶつけて倒す卓球ゲームである。

ONE PIECE トレジャークルーズ レビュー - シンプルなタイミングバトル+豪華なワンピース演出でファン満足のキャラゲー

ONE PIECE トレジャークルーズ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
onepiece_
バンダイナムコから、人気の海賊漫画『ONE PIECE(ワンピース)』の基本無料ゲームが登場した。
開発は『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』で勢いに乗るドリコム。

これまでのワンピースソーシャルゲームがポチポチゲーだったのに対して、今回はかなり演出の凝ったゲームになっており、
シンプルなタイミングバトルながら、多くのワンピースファンが満足できそうなゲームに仕上がっている。

Last Inua - An Arctic Adventure - 美しい音楽にのせてイヌイット神話の世界を旅する…素材を生かし切れなかったゲー。

Last Inua - An Arctic Adventure (itunes 400円 iPhone/iPad対応)
inu_06
『Last Inua - An Arctic Adventure』は、雪が吹きすさぶ世界で、悪霊から逃げる親子を描いたアクションアドベンチャーだ。
イヌイット民族の神話をベースにしており、公開から独特のビジュアルと素晴らしい雰囲気に注目が集まっていたが…素晴らしい素材を生かし切れなかった感のあるゲームだった。

TOYOTA ハイブリッドサムライ - 世界を滅ぼそうとする車公害(たぶん)を、エコパワーで消し去れッ!トヨタ公式のバカゲー登場。

TOYOTA ハイブリッドサムライ (itunes 無料)
hybrid___1
あの車メーカー「トヨタ」から、車による公害(推測)で滅びかけている世界を、ハイブリッドエンジンのエコパワーで救うアクションゲームが登場した!
その名も『ハイブリッドサムライ』。

「また企業の適当な宣伝アプリか」と思ってはいけない。
無駄に気合いの入ったイラスト、グラフィックの全力投球なバカゲーである。
さあ、君もエコの力を爆発させて公害を消し去れ!

アメイジング・スパイダーマン2 レビュー - 前作と同じシステム、しかしゲームは薄くなった。

アメイジング・スパイダーマン2 (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
spider07
ゲームロフトのスパイダーマンはお値段よりも面白い。
そのお約束が崩れるときがきてしまった。そう、この『アメイジング・スパイダーマン2』によってだ。

普通に面白いので500円と言われれば、その価値はある。
しかし、前作『アメインジング・スパイダーマン』のグラフィックやイベントを流用・強化しつつ、さまざまな点で少しずつ改悪しているので、前作を知っていると「なんだこれは!」となってしまうゲームだ。

Wind-up Knight 2(ねじ巻きナイト2)レビュー - 人気の死にゲーが正統進化して登場

Wind-up Knight 2 (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 体験無料)
neji01
『Wind-up Knight 2(ねじ巻きナイト2)』は、おもちゃの騎士が、お姫様を助けるためにひたすら走る横スクロールのラン系アクションだ。
前作は美しいグラフィックと、見た目と設定に似合わぬやり応えで人気となり、100万DL以上を記録している。

今作はグラフィックを強化し、新しい仕掛けを追加したパワーアップ版なので前作のファンには間違いなくおすすめだ。
しかし、新要素には悪いところもあり、「万人におすすめできる」ほどパワーアップしきれなかった感もある惜しいゲームになってしまっている。

伝説の壷 (Pot of Legend) - ヒーロー達が冒険に出ず、家でツボを割り続けるゲーム。

伝説の壷 (Pot of Legend) (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 無料)
ss1
ツボが湧き出し続ける、伝説の屋敷にたどりついたヒーローたち。
屋敷についたヒーロー達がやることはただ1つ!
…屋敷のツボを片っ端から壊すことであった。

『伝説の壺(Pot of Legend)』は、屋敷の中でヒーローがツボを割りまくるクッキークリッカー系のインフレ系ゲームである。

Nerdy Workout レビュー - オタクが命がけでトレーニングする奇ゲー

Nerdy Workout (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
nearworking_1
貧弱なオタクともなれば、ダンベルを持ち上げるだけで超大変だ。
そんなダンベル運動の大変さを教えてくれるゲームが Nerdy Workout(オタクのトレーニング)である。

Darkstone レビュー - 懐かしのディアブロ系ゲームが、昔のままのバランスで基本無料化。

Darkstone (ダークストーン) (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 基本無料)
darkstone_12
Darkstone は、2人の冒険者を操作してダンジョンを探索し、暗黒の魔術師 Draak を倒すディアブロ系のアクションRPGだ。

元のゲームは1999年にPCでリリースされており、2Dだった初代ディアブロに対してフル3Dで拡大・縮小・回転できる新鮮さと、ランダムに出現するクエストなど独自の要素を盛り込んで一定の支持を得ていた。

スマホ版は基本無料だが、広告が出るだけでバランスは当時のまま。
オンライン要素こそないが、十分楽しめる内容になっている。

学園ハンサム Revolution レビュー - 全ハンサマーに捧ぐ。さらに混沌とした外伝登場。

学園ハンサム Revolution (itunes 300円 iPhone/iPad対応)
gakuhan2
BLゲーなのにキャラクターが誰もかっこよくない。
BLゲーなのに台詞が棒読み。
そんな異色のギャグBLアドベンチャー『学園ハンサム』の外伝がスマホにもやってきた!

ちなみに、前作をやってないプレイヤーは一切面白くないので、原作のレビューを見てからこの続きを読んで欲しい。
学園ハンサム - お前はアゴで人を殺したことがあるか…?俺はある。狂気のBLゲーが登場! :iPhone奇ゲー録第8回

Lost Yeti レビュー - アーケードチックなプレイ感のかわいいパズル

Lost Yeti (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
lostyeti350
アイスクリームを食べるのに夢中になって、はぐれしまったイエティが仲間を探して歩き回るかわいいパズルが登場した。

見た目はかわいいが、パズルは本物。
短いステージをテンポよくクリアしていく、アーケード時代のゲームのような味わいのアクションパズルだ。

Block Fortress War レビュー - ブロックで陣地を作り、戦うリアルタイム戦術ゲーム。

bfw 437
ブロックを積み重ね、積み木遊びのように作った要塞が動き出すゲーム Block Fortress に、スピンオフゲームが登場した。
その名も Block Fortress War。

指揮官ユニットを操作し、ブロックで陣地を作りながら敵陣を攻め落とすリアルタイム戦術ゲームだ。

Mines of Mars - プレイ時間のほとんど孤独に地下を掘るだけ!でもやめられない不思議なSFアドベンチャー

Mines of Mars (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
mine 417
Mines of Marsは、火星の鉱床をひたすら掘り進み、SFアクションアドベンチャーだ。
主人公は荒涼とした火星に1人で放り出され、イリジウムを探して進むなかで知られざる文明の遺跡を掘り返してしまう…という、王道SFの雰囲気は秀逸。

プレイ時間の多くがブロックを掘る作業に費やされてしまい、すごく面白いわけではない。
しかし、その雰囲気に釣られてプレイしてしまう。
不思議な魅力のあるゲームだ。

God of Light レビュー - 暗闇を静かな光で照らす幻想的反射パズル

God of Light (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
light 386
暗い空間を光で照らし、世界から闇を取り去っていくファンタジックな反射パズルゲームが登場した。

ゲーム内容は、光線を鏡に反射させてゴール地点に誘導するごく普通の反射パズルだ。
しかし、光が闇を照らす表現が美しく、手探りで光をつなげ、照らしていくことで少しずつステージが明るくなっていく様子がとても美しい。

モンスターストライク レビュー - パズドラ並の面白さだが、ミクシィの運営姿勢に疑問あり。

モンスターストライク (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
monst_11
パズドラが出てから約2年。
ようやく、ゲーム部分の仕組みでパズドラ並みの面白さを秘めていると思えるソーシャルゲームが登場した。
その名はモンスターストライク。

発売時点から面白さはわかっていたが、ゲームキャストとしては見過ごせない問題があり、紹介しないでここまできてしまった。
が、本日3月1日からテレビCMも始まり、問題点が見過ごせない状況になったと感じているので本日、ここで紹介することとした。

「やっぱりあいつ勇者やめるって」 レビュー - やさぐれた勇者が、勇者をやめるために逃げ出すネタ脱出ゲーム

脱出ゲーム「やっぱりあいつ勇者やめるって」 (itunes 無料)
IMG_8636
RPGの勇者が魔王退治を放棄し、勇者をやめるために街を脱出する設定で話題になった脱出ゲーム『あいつ勇者やめるって』の続編が登場した。

前作はドラクエ風の街を歩き、やさぐれきったセリフを吐く勇者の様子が楽しく、見ているだけで面白いゲームだった。

Hoplite レビュー - 移動を間違えても死、キャラ育成を間違えても死。詰め将棋のような戦術ゲーム。

Hoplite (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
ss3
Hopliteは、モンスターを倒し、ダンジョンの奥へ進んでいくカジュアル戦術ゲームだ。
主人公とモンスターが交互に動くターン性を採用しており、1手1手、詰め将棋のように先を読んで動く戦術性がある。

序盤こそ簡単だが、後半になると難易度は跳ね上がる。
そこで、1フロアに1回だけ主人公にさまざまな能力を与えて強化するか、回復を行える。
長期的な視点で「このフロアでは回復するか、後半を乗り切る力を与えるため強化するか」を選択し、短期的には詰め将棋のようにフロアを攻略する2つの面白さが味わえるゲームだ。

ネコ脱出 レビュー - 気まぐれなネコを出口に導く、かわいいパズルゲーム。

ネコ脱出 (itunes 無料)
neko6
ネコアップの Tamago Loop から新作が登場した。
今回はネコを部屋から脱出させるかわいいパズルゲーム。

ハードなゲーマーを引きつける新しさはないが、いわゆる「脱出ゲーム」の一種として、誰でも楽しめるものになっている。

みんなでビシバシ レビュー - アーケードの定番対戦ゲームがiPhoneに登場。しかし、友達との直接対戦はなし。

みんなでビシバシ (itunes 基本無料)
bisibasi13
ゲーム好きも、そうでない人も一緒に盛り上がれるアーケードのパーティーゲーム、『ビシバシチャンプ』シリーズがiPhoneにやってきた。
『ビシバシチャンプ』シリーズは、巨大なボタンを叩くだけの直感的な操作、反射神経や瞬間判断力がものを言うシンプルなミニゲームで成績を競う対戦ゲームだ。

本作はシリーズ最新作の『ザ★ビシバシ』から9つのゲームを移植し、ミニゲームの面白さはそのままにスマホ向けのアレンジを加えた内容になっている。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント