RSS

記事一覧

エクスタシスの18禁表示に鼻血ブシャー!! - ゲーキャス人気記事トップ5、2015年2月版

恒例、2015年2月の人気記事ベスト5。
今月はゲーム新作の話題やら人気ゲームレビューやら、ゲームの話題だけがランクイン!
これはこれで珍しい。

5位:ウィズローグ、「ウィズらしさ」に苦しむハック&スラッシュゲーム。
wizrogue__2
ウィザードリィ+ローグでウィズローグ。
課金演出が目立ちすぎるせいで、ウィザードリィファンからそっぽを向かれ、トルネコのようなローグを期待していたプレイヤーからはそっぽを向かれ、厳しさを乗り越えるゲームなので今どきのソシャゲプレイヤーからはそっぽを向かれ……。
しかし、「ウィザードリィっぽいRPG」としてみると、パーティーを育てるハック&スラッシュゲームとして楽しく遊べる。
今どき珍しい硬派な作りなので、先入観を捨てて遊んで欲しいゲームだと思う。

2015年1月のバカゲー、有名ゲームまとめ - 超一発ネタ、殴れメロスが登場。

2015年1月のバカゲー枠は『殴れメロス』のみ。
もっと、バカゲーを……!
有名ゲー枠では、『スピン&ダウン 〜クレイジースタント〜』、『プロレスラーをつくろう! THE GOLDEN HOUR』は結構気に入っている。
アイドルクロニクル 』も好きだが、絶対人には勧めない。

バカゲー
殴れメロス (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss1
走れメロスを題材にしたネタノベルアドベンチャー。
王様やセリヌンを殴ってベストエンドにたどり着け……ってこれでいいのか。
一発ネタ。

2015年1月の良作スマホゲーまとめ - 頭脳パズルQがイチオシ。

1月は「これはすごい!」という作品と、「小粒だけど良い!」という作品がたくさんでている。
結果として『Q.』や『Combo Quest』などはベスト5を逃しているが、いつもならベスト5入りしている内容だ。
ぜひ遊んで欲しい。
それでは、2015年1月にでた良作ゲームを紹介しよう(タイトルのリンクは紹介記事へ)。

注目のゲーム
Q. (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
screen568x568
シンプルかつ頭をひねる問題が100問以上収録された物理パズルゲーム。
想像力を刺激されるパズルもあり、パズルが好きなら試して損なし。

2015年1月のiPhoneゲームベスト5 - Radiation IslandとサバイバールPG、生存ゲームがワンツーフィニッシュ。

例年1月は落ち着くものだが、今年は衝撃的なゲームがリリースされる月となった。
1位、2位のゲームはプレイ必須のおすすめ度だ。

5位:Skyward (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
IMG_4271
マーカーと床が重なった瞬間に画面をタップし、Monument Valley風のブロック建築の上を歩き続けるタイミングアクション。
だまし絵的な要素はないが、適度な難易度とハイスコアを出すたびに新しい建物のパーツが増えるやり込み要素のおかげで純粋にゲームにハマる。

最先端のスマホゲーム、Radiation Islandにアクセス殺到。 - ゲーキャス人気記事トップ5、2015年1月版

恒例、2015年1月の人気記事ベスト5。
今月はゲームの環境の問題から、面白いゲームの話題まで、多岐にわたる記事がランクインしている。

5位:スマホゲームの深刻な違法コピー問題。コピーされすぎて有料ゲーム販売から撤退するメーカーも。
aaaab
AppStoreの違法コピー問題の記事。何度か取り上げたものをまとめて見た。
「違法コピーするプレイヤーは、コピーできなければ買わない」という意見には同意するが、ゲームキャストは「違法コピーが蔓延しすぎると、正規品を買うプレイヤーが減っていく」と思っているので、各プラットフォームにはできるだけ違法コピーと戦って欲しいと思っている。
EUのクーリングオフ制度の不備もあって、買い切りゲームはさんざんである……。
AppStoreの不備。EUのアプリ14日間クーリングオフ制度、早速問題に。

RPG好きに捧ぐ。ゲーキャスの選ぶ2014年スマホRPGベスト3。

やっと2014年の気になっていたゲームを遊び終えたので、2014年のベストゲームを発表していきたい。
最初に発表するのは、2014年のゲーキャス的ベストRPG。
選考基準はスマホならではのゲーム内容やオリジナルの新作という点を重視し、移植物と英語力が必要なものは評価を少し落として考えている。

ゲームタイトルにリンクがあるものは、すべて紹介記事へ。

3位:The Shadow Sun (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
ss5
エキゾチックな雰囲気のマップ、作り込まれた効果音でプレイヤーを引き込む魅力的な世界観を持つRPG。
クリアまで6時間と短めだがイベントの分岐が多く、同じイベントでも交渉で切り抜けたり、バトルしたりとクリア方法を変えて繰り返し遊べるリプレイ性が高さが魅力。
洋物RPGの中でトップクラスの完成度を誇る。
AralonやRavenSwordをプレイする程度の英語力は必要だが、4位に位置づけられる。
記事執筆時点で100円セールしているので、ぜひ試して欲しい。

2014年、ゲームキャストの人気レビュー記事ベスト10。UTSUWA大人気と意外な1位。

2014年、ゲームキャストのレビュー、紹介記事で最もアクセスが高かった10記事を紹介したい。
ゲーキャスが「これが良かった!」と言うのはいつものこと。
しかし、これならゲーキャス読者が選んだ紹介記事は気になっているものがわかる!

10位:UTSUWAをキメろ!実写版ミリオンアーサーの中毒性がひどい
ma1
いきなりゲームではないが、ソーシャルゲーム『拡散性ミリオンアーサー』実写版を紹介した記事が10位に。
ドラマからいきなり歌に入る展開、二度見(番組を見れば一発で意味がわかる)からの謎の次回予告など奇抜な面白さの番組で、視聴することを「キメる」とも言われるほど中毒性が高い。
ミリオンアーサープレイヤーが多いゲームキャストという土壌、さらに放送前から面白そうと押しまくっていたことから、UTSUWA者の心をつかんで10位に。
なお、第1話はニコニコ動画でキメられる→実在性ミリオンアーサー第1話

Dive inやソシャゲの裏側など、多彩な記事が人気に - ゲーキャス人気記事トップ5、2014年12月

2015年に突入したが、2014年末を振り返ってみたい。
2014年12月はなかなか多様な記事がそれぞれに人気を集めた月だった。

5位:スクエニ、FF13などをスマホで遊べるサービス『Dive in』開始。十分遊べるどころか未来を感じる完成度。
divein_rr07
クラウドゲームサービス、Dive inの感想記事。
やはり、みんな新しいものは気になるのか。スゴくよくできていたので、将来が楽しみという内容。
回線状況がスゴく良くなければいけないが、将来的には「ゆっくり遊ぶRPGはクラウドでいいじゃん」となるかもしれない可能性を感じた。
現状、案内がわかりづらいなどの問題点はあるが、2015年に期待したいサービス。

2015年、期待のスマホゲーム10選。発売が待ちきれないゲームばかり!

2015年は、このゲームを遊びたい!2014年に発表されて、リリースされなかった期待作をここに集めてみた。
ゲームは遊ぶだけでも面白いが、期待して待つときもまた楽しいもの。皆さんも、この記事を見てゲーキャスのワクワクを共有してくれると嬉しい。

The Wild(1人用DayZ風サバイバルアクション)
hosiigame1
DayZにあこがれて制作中のリアル系サバイバルゲームと紹介した、1人用のサバイバルクラフトアクション。
iPhone5以上推奨のグラフィックは美しく、雰囲気バッチリ。
たき火での調理や基地の作成、武器や道具の製作などワクワクするクラフト要素満載で、ゾンビのAIも凝っているのだとか。
当初は昨年の発売予定だったが、βテストを繰り返して完成度を高めている段階。新しい要素が実装され、ゲーム自体は完成が近づいているらしいので2015年こそプレイしたい!
公式サイト:http://thewildgame.weebly.com/

尖りすぎ、一発ネタ過ぎ。2014年iOSインディーゲームベストから漏れた作品集。

2014年のベストiOSインディーゲーム(日本)から漏れた良作たちを一挙紹介。
一発ネタ過ぎてベストに入れられなかったり、個性が強すぎるゲームたちも……。
意外に、漏れたゲームの方が好きな方もいるかも!?

まだベスト10をチェックしていない方はこちらへ→2014年、日本のiOSインディーゲームベスト10。君はもうこのゲームを遊んだか!?

サッカーアルティメイタム
soccurult_
筋肉むきむきの親父が戦うサッカー……放置系ゲーム。
ワールドカップ便乗系のゲームだったが、意外にもおバカ度は突き抜けて高かった。
好きだけど、ベスト10には入らないな、ということで選外へ。

アプリ:サッカーアルティメイタム (itunes 無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)

2014年、日本のiOSインディーゲームベスト10。君はもうこのゲームを遊んだか!?

indiee
2014年は、インディーゲームが認知された年だった。
インディーゲームの魅力は、大手企業からは出てこないようなゲームが出てくるところだろう。
ネタやストーリーのきわどいゲームが遊べたり、ニッチすぎるゲームだったり、時流に乗っていないけど面白いレトロ調ゲームだったり。
大手の大作もいいが、こういったゲームもまた面白い。

そんなインディーゲームの中から、とくに2014年に出た日本のものを10作品ピックアップしてみた。
なお、ゲーキャスでは「独立系で小規模開発している人々・会社」をインディーと定義している。

2014年12月のバカゲー、有名ゲームまとめ - ウンチを売ってウンチの生産速度を上げる…まさにクソゲー、変異体カモノハシ登場。

バカゲー枠、『Platypus Evolution - 変異体カモノハシ』、『Zoo Turn』のインパクトは一見の価値あり。
『空の浮動産/再装版』、『Game of Thrones - A Telltale Games Series 』、『Tales from the Borderlands』など、アドベンチャー系の有名作も注目だ。

その他のベストゲームや良作ゲームなどは下記で。
2014年12月のiPhoneゲームベスト5
2014年12月の良作まとめ

バカゲー
Platypus Evolution - 変異体カモノハシ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
ss1
カモノハシのウンチを売って金を稼ぐ放置系ゲーム…まさにクソゲーである。
しかも、インフレが楽しくて意外に楽しめる。
ついに、海外にもアルパカにいさん系の流れがきたか…。

2014年12月の良作まとめ - ドランシアやパワプロなど面白作品あり。

2014年12月にでた良作ゲームまとめ。
ゲーキャスが関わったアクション、『ドランシア』。こいつはオールドアクションが好きならたまらないと思うのでぜひ。
また、サクセスが楽しい『実況パワフルプロ野球』、さらに爽快になったキャンディクラッシュ系『土竜』と、その他にも面白いゲームがかなり出ている。

ベストゲームや有名ゲームなどは下記で。
2014年12月のiPhoneゲームベスト5
2014年12月のバカゲー、有名ゲームまとめ

ゲームキャストイチオシのゲーム
ドランシア (itunes 無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)gamedransia1
左右移動とジャンプを駆使して、体当たりで敵を倒しまくるシンプルな(でも難易度が高い)アクション。
最近流行の「プレイし続ければ難易度が下がって楽になる」要素なしの、純粋なアクション。
美しいドット絵、レトロな音楽、やり込むほどスコアが上がるゲームになっているのでぜひ遊んで見て欲しい。
ゲームキャストもテストプレイヤーとしてバランス調整や、細かい点の調整に参加した。

2014年12月のiPhoneゲームベスト5 - テラリアな面白さのSLG、クラフトザワールドが激ハマる。

12月は、PCの人気ゲームが日本語で移植され、ゲームマニアたちを沸かせた。
『Papers,Please!』、『Craft the World』、どちらも好移植で、ゲーム好きなら迷わずおすすめだ。
惜しくもやベスト5入りを逃した良作、有名ゲームなどは下記で。
2014年12月の良作まとめ
2014年12月のバカゲー、有名ゲームまとめ

5位:Seabeard (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
screen640x640
朽ち果てた国を再建するアドベンチャー+街作り系のゲーム。
釣りをしたり、船に乗ったりと多様なミニゲームをこなして資材を集める作業系ゲーム。
日本語対応な上に、動物の森を思わせるビジュアルとほのぼの感はとてもいい。
しかし、ゲームの進行がものすごく遅いのでそこに耐えられるかどうかがハマる境目。

Apple 2014年のベストiPadゲームを発表。ベストiPadアプリはMonument Valley。

38
Apple が選出した2014年のベストゲーム、iPad編を紹介する。
iPhoneと多く重複しているので、重複しているアプリの解説は簡易になっている。
それでは、選出された iPad ゲームを見ていこう。

iPhoneのベストゲームはこちら → Apple 2014年のベストiPhoneゲームを発表。最優秀ゲームはThrees!

Apple 2014年のベストiPhoneゲームを発表。最優秀ゲームはThrees!

38
Apple が2014年のベストゲームを発表した。
先日もGoogle選出の2014年最も注目されたゲームアプリ30本を紹介したが、Appleの選出は「独自性」「芸術性」「iOSの独自機能を使ったゲーム」が選ばれる傾向にあり、Googleが「今年売れたゲーム」ならば、Appleは「今年発売された中で俺が好きなゲーム」という性格の選出になる。

それでは、選出された iPhone ゲームを見ていこう。
なお、2013年のベストゲームはこちらをどうぞ→Apple Best 2013

2014年11月のバカゲー、有名ゲームまとめ - 猫の胴体を伸ばすだけ。のびねこの気持ち悪さにハマる。

バカゲーはのびねこ。とにかく、のびねこで。
有名どころでは『なめこのおさんぽ』、『Football Manager Handheld™ 2015』、『ファミスタ ドリームマッチ 』などが出ている。

ベストゲームや良作ゲームなどは下記で。
2014年11月のiPhoneゲームベスト5
2014年11月の良作まとめ

バカゲー
のびねこ (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
nobineko_r_03
上スワイプでひたすら空に向かってねこを伸ばし、空に浮いている障害物を破壊するアクション。
マンホールから顔を出したネコが東京タワーを越えて伸びていく様子はインパクトがある。
それだけ。でも、それでいい。
ネコの狂気を感じろ。広告はあるがプレイ中は出ない。
紹介記事:猫の胴体を伸ばす作業が楽しい!けど15秒で飽きる特濃ゲーム『のびねこ』にハマる - iPhoneゲーマーな日々

2014年11月の良作まとめ - ネコアップDX、ひっぱらナイト、全米(以下略)など日本の良作多め。

2014年11月にでた良作ゲームまとめ。
定番アクションシリーズ最高傑作『ネコアップDX』、簡単操作でアーケードな緊張感のアクション『ひっぱらナイト』、簡易RPG『全米(以下略』など、お金パズル『MON€¥$! -マネーズ!-』など、日本の開発者による良作が多かった。
海外作品で言うと、ディフェンスゲーム『Day of the Viking』、スタイリッシュパズル『Zengrams』がおすすめ。

ベストゲームや有名ゲームなどは下記で。
2014年11月のiPhoneゲームベスト5
2014年11月のバカゲー、有名ゲームまとめ

注目の作品たち
ネコアップDX (itunes 基本無料)
nekoupdx01
UFOを操作してネコを持ち上げ、空に連れ去るネコ誘拐アクション。
ネコがギリギリで持ち上げられそうで持ち上がらない、伝統のアクションはそのままに操作性が向上し、ステージも爽快感がある作りになってシリーズ中過去最高に面白い。
やり込めばやり込むほどスコアが上がる奥の深さも健在。
ジャジーなBGM、かわいいネコの仕草など演出も良く、文句なしにおすすめ。

紹介記事:ネコアップDX レビュー - シンプルだけど奥が深い。名作アクションがさらに面白くなって登場。

2014年11月の人気記事トップ5 - うんコレ無双と思いきや、面白いゲームの記事は読まれていた!?

先月は、『うんコレ』の話題が注目を浴びまくって信じられないアクセスを記録した。
が、その下でゲーム系の記事が堅実にランクイン。
『CHAOS RINGS III』は本当に面白いから、今からでもぜひ!

5位:伝説が蘇る夜さ……スクエニの新作は、レーシングラグーンで確定か?カウントダウンサイトの「ラグーン語」が進化。
racingragon1
『レーシングラグーン』らしきもののカウントダウンサイトの記事が5位に。
実際は『レーシングラグーン』と『疾走ヤンキー魂』のコラボであった。
個人的には、久々にラグーン語が見られて満足だったのだが…正直、このコラボで喜んだ人はごくわずかだったと思う。
……冷めちまったこの時代に……アツいのはラグーン語のCOMMENT SPACE……。

2014年11月のiPhoneゲームベスト5 - ソリティ馬、時間泥棒すぎて1位に。

さすが年末!
奇跡のように豊作だった2014年10月のベスト5にはかなわないものの、11月も面白いゲームが盛りだくさん。
プラモシミュレーター『Monzo』や漫画パズル『FRAMED』など、ユニークかつ面白いものが多くて大満足の一ヶ月だった。

惜しくもやベスト5入りを逃した良作、有名ゲームなどは下記で。
2014年11月の良作まとめ
2014年11月のバカゲー、有名ゲームまとめ

5位:Monzo (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
ss2
3Dのミニチュアを作り上げるプラモシミュレーター。
簡易に組めるので、カジュアルプラモといった感じか。
デジタルなので何度も塗り直したり、質感を変えたりと色々試せるのが嬉しい。
完成させて眺め、ニンマリするためのアプリ。
ゲーキャスは満足しすぎて重課金してしまった。→プラモを組み立てるアプリにはまり、重課金生活する。
スポーツカーのプラモのみ無料で試せるので、気になったらぜひ試して欲しい。
※現段階では端末を引き継ぐときに課金アイテムが引き継がれないバグがあるそうなので注意。

紹介記事:Monzo レビュー - スマホでつくる大人のプラモ。デジタルなのに驚きの物感。

実在性ミリオンアーサーを全話無料でキメられるのは今日まで!+おまけ

ma1
皆さんはもう、UTSUWAをキメただろうか?
「UTSUWAをキメる」とは、『実在性ミリオンアーサー』を見る、という意味だ。
一度はまるとやめられない、麻薬のような魅力からこの言葉が生まれた。
詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ→UTSUWAをキメろ!実写版ミリオンアーサーの中毒性がひどい。

この番組は、現在ニコニコ動画で全話無料放映されている。だが、11月7日を過ぎると1〜4話までと、最新話しか見られない。
今から見れば、まだ全話見られる。

1回10分なので、合わなければ1話見て即座にやめられる。だから、まずはニコニコ動画で1話を見て欲しい。
たった10分だから!→実在性ミリオンアーサー第1話(ニコニコ動画)

2014年10月のバカゲー、有名ゲームまとめ - FF7 G-BIKEや、三国志英歌、百万歳のババァなどが出ました。

『Final Fantasy VII G-Bike』、『三国志英歌』、『アトリエクエスト』など、有名メーカーの作品が次々と残念な姿を見せた10月。
ただ、「最初はダメかと思ったけど、やり込むと味が…」というゲームもあり、『Puzzle to the Center of the Earth』などは今後評価が変わりそうだ。
バカゲー枠は『100万歳のババァ』で。

その他のゲームまとめは下記からどうぞ。
2014年10月のiPhoneゲームベスト5
2014年10月の良作まとめ

バカゲー
100万歳のババア (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
ss3
100万歳のババアを若返らせ、ぴちぴちのお姉さんにするゲーム。
タッチでババアと遊んだり、ババァにトレーニングを積ませて若返らせよう。
変化までの時間が長すぎて心が折れそう。
だけど、コンセプトは好き。
広告はあるがプレイに支障はない。

2014年10月の良作まとめ - 式神の城、The Banner Saga、スマピクなど、おもしろいゲーム大豊作。

2014年10月にでた良作ゲームを、完全まとめ。
『式神の城 iOS』や『GROW CUBE Ω』、『Banner Saga』など、ゲームセンター、Flash、PCの名作が移植されている。
それぞれ、過去にこれらのゲームを楽しんだ方にお勧めしたい。
完全新作では、ジュピター作のピクチャーロジック『スマピク』、アーケードライクなパズルバトル『Swap Heroes』など、やはりおすすめの作品がどっさりだ。

マニアックなところでは、カードの質感が素晴らしい『Card Dungeon』、人気レースの続編『Reckless Racing 3』なども出ている。

ベストゲームや有名ゲームなどは下記で。
2014年10月のiPhoneゲームベスト5
2014年10月のバカゲー、有名ゲームまとめ

注目の作品たち
Swap Heroes (itunes 100円 iPhone/iPad対応)

能力の異なる4人のヒーローの隊列を入れ替え、モンスターを退治していくパズルRPG。
ヒーローの隊列は毎ターン必ず入れ替えなければならず、先々の隊列変更を見据えてリスク管理する本格パズルとなっている。
RPGとはいうものの、セーブも経験値稼ぎもなく、1回のプレイで最初のステージからラストステージまで攻略を目指すアーケード的な展開。
プレイ中に手に入るお金の範囲でキャラクターを強化し、戦況に応じて臨機応変に戦っていくローグライク的な楽しさがある。
難易度は高めだが、プレイヤーが上達して先に進むタイプのゲームらしいゲーム感がたまらない。

2014年10月のiPhoneゲームベスト5 - テラバトル、ケイオス3にghostpia…今月は面白いゲームが多すぎた。

おもしろいゲームが多すぎた2014年10月は、ベスト5の選考も困難を極めた。
『ケイオスリングス3』、『テラバトル』などの注目作品は期待通りに面白かったし、『ghostpia』や『奴は四天王の中で最も金持ち』など、インディーゲームもとてもおもしろい。
おもしろいゲームが多すぎたので、5本に絞れず6位から発表することにした。

いいゲームが多すぎたって事で許して欲しい。
その他のゲームまとめは下記からどうぞ。
2014年10月の良作まとめ
2014年10月のバカゲー、有名ゲームまとめ

6位:テラバトル (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)
screen568x568
『ファイナルファンタジー』を作った、坂口さんと植松伸夫さんのタッグ手がける新作。
はさみ将棋のようになっており、8×6マスの盤上に配置された6人のキャラクターを動かし、敵をオセロのように挟んで攻撃して戦うパズルゲームとなっている。
音楽が良くてテンションは上がるし、1回1回のバトルが重く、パズルを考えてプレイするので「ゲームやった感」がある。

紹介記事:テラバトル レビュー - ずっしり重めのパズルRPGに感じるスクウェア味。

2014年10月の人気記事トップ5 - FF7、ケイオスリングス3、テラバトルに実写版ミリオンアーサー。10月はスクエニの月だった…。

先月は、『FINAL FANTASY VII G-BIKE』、『CHAOS RINGS Ⅲ』、『テラバトル』と話題作が盛りだくさん。
ゲームの実写化である『実在性ミリオンアーサー』の話題も盛り上がり、スクウェア・エニックスな1ヶ月であった。

5位:ファイナルファンタジーVII Gバイク、配信開始。
ffbike1
ファイナルファンタジーVII のスピンオフ作品が満を持して登場…と思いきや、アプリの配信トラブルで土がついた状態での配信となった。
ストアに並ぶ、「DLできたけど、メンテナンス中だから★1」というレビューが泣ける…。
ゲーム内容は…プレイして判断してみてください。

2014年9月の新作ゲームまとめ、有名ゲーム、バカゲー編。地球に穴を掘るゲームほりんちゅが良かった。

単純な良作集から漏れた9月のゲームを大紹介。
『FIFA 15』や『FINAL FANTASY Record Keeper』のような有名ゲームや、地球に穴を掘るだけのバカゲー『ザ・ブラジル オラッ!ほりんちゅ』など、今月も色々と出ている。

なお、ベスト5はこちら→2014年9月のiPhoneゲームベスト5
その他の良作はこちら→2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ

注目・有名どころのゲーム
STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (itunes 3,000円 iPhone/iPad対応)
screen520x924
大ヒットSFアドベンチャー、『Steins;Gate』に登場する9人のキャラクターを主人公にした短編ストーリー集。
本編の主人公視点だけでは見えてこなかった、各キャラクターの悩みや葛藤などが描かれており、『Steins;Gate』の世界をより深く楽しめる作品。
元のゲームのファンならば、この値段でも楽しめるハズ。
逆に、元作品をプレイしたことがなければ本編からどうぞ。

2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ。ドラクエ3からものすごいトレインシミュレーターまで盛りだくさん。

『ドラゴンクエストIII』のような有名作から、街並みをプレイヤーが作れるトレインシミュレーター『Trainz Driver 2 with World Builder』、短く楽しい『秒撃の王国』など、良作まで盛りだくさん。

2014年9月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまった良作を紹介しよう。
なお、ベスト5はこちら→2014年9月のiPhoneゲームベスト5

その他の有名作品などはこちら→2014年9月の新作ゲームまとめ、有名ゲーム、バカゲー編。

注目の作品たち
ドラゴンクエストIII (itunes 無料 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
※ドラクエ3はポータルアプリ内から購入1,200円で購入
IMG_2922_R
ドラクエの中でも人気が高い、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』のスマホ版。
初代やIIで乱れていたドット絵はかなり良くなっており、ぱっと見では気にならない。
ガラケー版の移植なので、新職業やキャラクターのカスタム、クリア後のおまけダンジョンが追加され、サクサク進むようにバランス調整もされている。
縦画面の片手持ちで遊びやすく作られており、スマホ版ドラクエ2同様にバーチャルパッドの位置やサイズの調整も可能。
懐かしさを味わう目的のドラクエ2までと異なり、現代のゲーマーにもおすすめできる。

紹介記事:ドラゴンクエスト3 レビュー - 今プレイしても面白い、歴史に残るRPG。

2014年9月のiPhoneゲームベスト5 - 電脳世界を駆け抜けるアクション、『FOTONICA』が最高に気持ちよかった。

2014年9月は、知名度の高い移植作品が多かった。
『Valiant Hearts』、『Goat Simulator』、『FOTONICA』など、いいゲームがたくさん移植されていた。
そのなかでとくに面白かったのは『FOTONICA』である。
スマホに適した内容に加え、PCから追加ステージもあって「完璧以上」の移植で圧倒的に良かった。
また、オリジナルゲームではレトロアクション『Goblin Sword』の完成度が高く、定番アクションと言ってもいいクオリティを見せた。

そんな激戦の中で、ゲームキャストがハマったゲーム5つを紹介しよう。
ベストゲーム5選以外の9月新作まとめはこちらから→2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ

5位:Epic Zen Garden (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
screen520x924

ゲームではないが、ゲーマー向けの未来志向な3Dデモアプリ。
iPhone 5s、iPad Air、iPad mini 2 以降の端末かつ、iOS 8 の端末だけが使える「Metal」を利用しており、かつてなく美しい3Dグラフィックを体験できる。
iPhone5s必須のゲームがでるのは1年後になるだろうが、その頃にはこれぐらいの映像が当たり前になる。
未来を見てワクワクできるアプリだ。

関連記事:
iOS 8の新機能、Metalを使った技術デモアプリ、Epic Zen Garden公開。
iOS8で3Dゲームの動作が劇的に向上する可能性あり。Apple新グラフィック技術、Metalを発表。

2014年9月人気記事トップ5 - DownWellにCard Dungeonなどインディーゲーム記事大人気。

9月には iPhone 6 の発売、iOS 8 のリリース、東京ゲームショーなどがあったが、それ以上に勢いがあったのがインディーゲームの記事だった。
流行りものを取り上げるサイトは多いが、ニッチで面白そうなゲームや、儲からなそうなゲームを取り上げるサイトが少なくなってしまった。
そういった流れの中で、ゲーキャスにアクセスが集まっているように感じる。

5位:iOS8用の日本語入力アプリ、ATOK for iOSが超快適。もう標準に戻れない - iPhoneゲーマーな日々
atok_aa07
iOS8 の目玉は、なんと言ってもサードパーティー製のIMEだろう。
日本語入力の定番、『ATOK for iOS』が使えるようになったのげ、ゲーキャスも早速乗りかえた。
文字の予測変換の精度は素晴らしいし、細かい操作は超快適。
ただ、bluetoothキーボードとインライン表示しか対応していないので、用途は限られるし、アプリ側が対応してないこともあるので手放しではおすすめできない。
しかし、やっぱりいいものはいい。

2014年8月人気記事トップ5 - ダーゴンクエストのリリースに日本も海外も大喜び。

2014年8月は思ったよりも事件が多い月となった。
トランスフォーマーの公式ゲームが偽物と疑われ審査で落ちたり、スクエニがドラゴンクエストの綴りを間違えてリリースするなど笑えるものから、アプリが盗まれると言った笑えないことまで様々だ。
それでは5位から発表していこう。

5位:Apple、秀逸アプリとゲーム30本を100円で販売するセールを開始。VVVVVVなど良作をお得に買おう。
screen568x568
Appleが選んだ30本の秀逸アプリの100円セールを伝えた記事がランクイン。
ゲームのラインナップは『VVVVVV 』や『ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン 』、『 Rayman Fiesta Run』などクオリティの高いものが揃っている。
ゲーム以外にも様々な便利アプリが値下げしているのが、ゲームと同じぐらいの質があると考えればハズレアプリはなさそうだ。
9月1日21時の時点ではセールは継続中なので、気になっているものは今のうちに落としておこう。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント