RSS

記事一覧

2014年10月の良作まとめ - 式神の城、The Banner Saga、スマピクなど、おもしろいゲーム大豊作。

2014年10月にでた良作ゲームを、完全まとめ。
『式神の城 iOS』や『GROW CUBE Ω』、『Banner Saga』など、ゲームセンター、Flash、PCの名作が移植されている。
それぞれ、過去にこれらのゲームを楽しんだ方にお勧めしたい。
完全新作では、ジュピター作のピクチャーロジック『スマピク』、アーケードライクなパズルバトル『Swap Heroes』など、やはりおすすめの作品がどっさりだ。

マニアックなところでは、カードの質感が素晴らしい『Card Dungeon』、人気レースの続編『Reckless Racing 3』なども出ている。

ベストゲームや有名ゲームなどは下記で。
2014年10月のiPhoneゲームベスト5
2014年10月のバカゲー、有名ゲームまとめ

注目の作品たち
Swap Heroes (itunes 100円 iPhone/iPad対応)

能力の異なる4人のヒーローの隊列を入れ替え、モンスターを退治していくパズルRPG。
ヒーローの隊列は毎ターン必ず入れ替えなければならず、先々の隊列変更を見据えてリスク管理する本格パズルとなっている。
RPGとはいうものの、セーブも経験値稼ぎもなく、1回のプレイで最初のステージからラストステージまで攻略を目指すアーケード的な展開。
プレイ中に手に入るお金の範囲でキャラクターを強化し、戦況に応じて臨機応変に戦っていくローグライク的な楽しさがある。
難易度は高めだが、プレイヤーが上達して先に進むタイプのゲームらしいゲーム感がたまらない。

2014年10月のiPhoneゲームベスト5 - テラバトル、ケイオス3にghostpia…今月は面白いゲームが多すぎた。

おもしろいゲームが多すぎた2014年10月は、ベスト5の選考も困難を極めた。
『ケイオスリングス3』、『テラバトル』などの注目作品は期待通りに面白かったし、『ghostpia』や『奴は四天王の中で最も金持ち』など、インディーゲームもとてもおもしろい。
おもしろいゲームが多すぎたので、5本に絞れず6位から発表することにした。

いいゲームが多すぎたって事で許して欲しい。
その他のゲームまとめは下記からどうぞ。
2014年10月の良作まとめ
2014年10月のバカゲー、有名ゲームまとめ

6位:テラバトル (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応/GooglePlay)
screen568x568
『ファイナルファンタジー』を作った、坂口さんと植松伸夫さんのタッグ手がける新作。
はさみ将棋のようになっており、8×6マスの盤上に配置された6人のキャラクターを動かし、敵をオセロのように挟んで攻撃して戦うパズルゲームとなっている。
音楽が良くてテンションは上がるし、1回1回のバトルが重く、パズルを考えてプレイするので「ゲームやった感」がある。

紹介記事:テラバトル レビュー - ずっしり重めのパズルRPGに感じるスクウェア味。

2014年10月の人気記事トップ5 - FF7、ケイオスリングス3、テラバトルに実写版ミリオンアーサー。10月はスクエニの月だった…。

先月は、『FINAL FANTASY VII G-BIKE』、『CHAOS RINGS Ⅲ』、『テラバトル』と話題作が盛りだくさん。
ゲームの実写化である『実在性ミリオンアーサー』の話題も盛り上がり、スクウェア・エニックスな1ヶ月であった。

5位:ファイナルファンタジーVII Gバイク、配信開始。
ffbike1
ファイナルファンタジーVII のスピンオフ作品が満を持して登場…と思いきや、アプリの配信トラブルで土がついた状態での配信となった。
ストアに並ぶ、「DLできたけど、メンテナンス中だから★1」というレビューが泣ける…。
ゲーム内容は…プレイして判断してみてください。

2014年9月の新作ゲームまとめ、有名ゲーム、バカゲー編。地球に穴を掘るゲームほりんちゅが良かった。

単純な良作集から漏れた9月のゲームを大紹介。
『FIFA 15』や『FINAL FANTASY Record Keeper』のような有名ゲームや、地球に穴を掘るだけのバカゲー『ザ・ブラジル オラッ!ほりんちゅ』など、今月も色々と出ている。

なお、ベスト5はこちら→2014年9月のiPhoneゲームベスト5
その他の良作はこちら→2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ

注目・有名どころのゲーム
STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム (itunes 3,000円 iPhone/iPad対応)
screen520x924
大ヒットSFアドベンチャー、『Steins;Gate』に登場する9人のキャラクターを主人公にした短編ストーリー集。
本編の主人公視点だけでは見えてこなかった、各キャラクターの悩みや葛藤などが描かれており、『Steins;Gate』の世界をより深く楽しめる作品。
元のゲームのファンならば、この値段でも楽しめるハズ。
逆に、元作品をプレイしたことがなければ本編からどうぞ。

2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ。ドラクエ3からものすごいトレインシミュレーターまで盛りだくさん。

『ドラゴンクエストIII』のような有名作から、街並みをプレイヤーが作れるトレインシミュレーター『Trainz Driver 2 with World Builder』、短く楽しい『秒撃の王国』など、良作まで盛りだくさん。

2014年9月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまった良作を紹介しよう。
なお、ベスト5はこちら→2014年9月のiPhoneゲームベスト5

その他の有名作品などはこちら→2014年9月の新作ゲームまとめ、有名ゲーム、バカゲー編。

注目の作品たち
ドラゴンクエストIII (itunes 無料 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)
※ドラクエ3はポータルアプリ内から購入1,200円で購入
IMG_2922_R
ドラクエの中でも人気が高い、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ』のスマホ版。
初代やIIで乱れていたドット絵はかなり良くなっており、ぱっと見では気にならない。
ガラケー版の移植なので、新職業やキャラクターのカスタム、クリア後のおまけダンジョンが追加され、サクサク進むようにバランス調整もされている。
縦画面の片手持ちで遊びやすく作られており、スマホ版ドラクエ2同様にバーチャルパッドの位置やサイズの調整も可能。
懐かしさを味わう目的のドラクエ2までと異なり、現代のゲーマーにもおすすめできる。

紹介記事:ドラゴンクエスト3 レビュー - 今プレイしても面白い、歴史に残るRPG。

2014年9月のiPhoneゲームベスト5 - 電脳世界を駆け抜けるアクション、『FOTONICA』が最高に気持ちよかった。

2014年9月は、知名度の高い移植作品が多かった。
『Valiant Hearts』、『Goat Simulator』、『FOTONICA』など、いいゲームがたくさん移植されていた。
そのなかでとくに面白かったのは『FOTONICA』である。
スマホに適した内容に加え、PCから追加ステージもあって「完璧以上」の移植で圧倒的に良かった。
また、オリジナルゲームではレトロアクション『Goblin Sword』の完成度が高く、定番アクションと言ってもいいクオリティを見せた。

そんな激戦の中で、ゲームキャストがハマったゲーム5つを紹介しよう。
ベストゲーム5選以外の9月新作まとめはこちらから→2014年9月の新作ゲーム、良作まとめ

5位:Epic Zen Garden (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
screen520x924

ゲームではないが、ゲーマー向けの未来志向な3Dデモアプリ。
iPhone 5s、iPad Air、iPad mini 2 以降の端末かつ、iOS 8 の端末だけが使える「Metal」を利用しており、かつてなく美しい3Dグラフィックを体験できる。
iPhone5s必須のゲームがでるのは1年後になるだろうが、その頃にはこれぐらいの映像が当たり前になる。
未来を見てワクワクできるアプリだ。

関連記事:
iOS 8の新機能、Metalを使った技術デモアプリ、Epic Zen Garden公開。
iOS8で3Dゲームの動作が劇的に向上する可能性あり。Apple新グラフィック技術、Metalを発表。

2014年9月人気記事トップ5 - DownWellにCard Dungeonなどインディーゲーム記事大人気。

9月には iPhone 6 の発売、iOS 8 のリリース、東京ゲームショーなどがあったが、それ以上に勢いがあったのがインディーゲームの記事だった。
流行りものを取り上げるサイトは多いが、ニッチで面白そうなゲームや、儲からなそうなゲームを取り上げるサイトが少なくなってしまった。
そういった流れの中で、ゲーキャスにアクセスが集まっているように感じる。

5位:iOS8用の日本語入力アプリ、ATOK for iOSが超快適。もう標準に戻れない - iPhoneゲーマーな日々
atok_aa07
iOS8 の目玉は、なんと言ってもサードパーティー製のIMEだろう。
日本語入力の定番、『ATOK for iOS』が使えるようになったのげ、ゲーキャスも早速乗りかえた。
文字の予測変換の精度は素晴らしいし、細かい操作は超快適。
ただ、bluetoothキーボードとインライン表示しか対応していないので、用途は限られるし、アプリ側が対応してないこともあるので手放しではおすすめできない。
しかし、やっぱりいいものはいい。

2014年8月人気記事トップ5 - ダーゴンクエストのリリースに日本も海外も大喜び。

2014年8月は思ったよりも事件が多い月となった。
トランスフォーマーの公式ゲームが偽物と疑われ審査で落ちたり、スクエニがドラゴンクエストの綴りを間違えてリリースするなど笑えるものから、アプリが盗まれると言った笑えないことまで様々だ。
それでは5位から発表していこう。

5位:Apple、秀逸アプリとゲーム30本を100円で販売するセールを開始。VVVVVVなど良作をお得に買おう。
screen568x568
Appleが選んだ30本の秀逸アプリの100円セールを伝えた記事がランクイン。
ゲームのラインナップは『VVVVVV 』や『ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン 』、『 Rayman Fiesta Run』などクオリティの高いものが揃っている。
ゲーム以外にも様々な便利アプリが値下げしているのが、ゲームと同じぐらいの質があると考えればハズレアプリはなさそうだ。
9月1日21時の時点ではセールは継続中なので、気になっているものは今のうちに落としておこう。

2014年8月の新作ゲームまとめ、有名メーカー作品など。Tiny Tower Vegasや大航海時代5など有名作続々。

2014年8月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまったゲームたちや、有名作品などを紹介するコーナー。
こちらは有名メーカーの作品や、ややマニアックなゲーム編。

2014年8月のベスト5はこちら→2014年8月のiPhoneゲームベスト5 - 崩壊する宇宙を孤独に飛び続ける浪漫アクション『ALONE...』はやっておくべし!

その他の良作はこちら→2014年8月のゲーム、ベスト5から漏れた良作など。

注目・有名どころのゲーム
Tiny Tower Vegas (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
ss1
巨大なビルをどんどん増築し、住人を増やして稼ぐ『Tiny Tower』シリーズの最新作。
今作では巨大なカジノタワーを建設し、作ったギャンブル施設で遊び、有料アイテムも札束をゲットできる。
ドット絵キャラがコメントを書くBitbookを見たり、個性豊かなキャラクターをコレクションしたりと暇つぶしに最適。
『Tiny Tower』好きはまたハマれるはず。
ただ、日本語に対応していないのが残念。

2014年8月のゲーム、ベスト5から漏れた良作など。乗り物を釣るように操作するレース『Touch Racing 2』が結構いいぞ!

2014年8月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまったゲームたちや、有名作品などを紹介するコーナー。
まずはベスト5から漏れてしまったゲーム、話題作・おすすめゲーム編からどうぞ。

2014年7月のベスト5はこちら→2014年8月のiPhoneゲームベスト5 - 崩壊する宇宙を孤独に飛び続ける浪漫アクション『ALONE...』はやっておくべし!

その他の有名作品などはこちら→2014年8月の新作ゲームまとめ、有名メーカー作品など

ゲーキャスが関わったゲーム
Ninja Smasher! - 忍者アクションRPG! (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
ninja1
タッチ操作で忍者を飛び回らせ、敵を倒しながらマップを探索するアクションアドベンチャー。
今作では次の場所へ進むための装備を探し、だんだんと行動範囲を広げていく『メトロイド』的な冒険が楽しめる。
リリース記念で半額セールを実施しているので、前作にハマった人なら今のうちに購入しておこう。
なお、ゲームキャストもこのゲームの製作に少しだけ関わっている。

紹介記事:ゲームキャストが協力したニンジャアクション、Ninja Smasher!が出ました!

2014年8月のiPhoneゲームベスト5 - 崩壊する宇宙を孤独に飛び続ける浪漫アクション『ALONE...』はやっておくべし!

8月は超話題作の月だった。
ゲーム機で人気を博した『逆転裁判5』や『Bioshock』、スマホゲームとして話題を集めた『Tiny Tower Vegas』や『Swing Copters』など、いろいろな意味での話題作が登場した。
そんな激戦の中で、ゲームキャストがハマったゲーム5つを紹介しよう。
ベストゲーム5選以外のゲームは後ほどまとめを作る予定なので、そちらを参考にして欲しい。

5位:Sentinel 4: Dark Star (itunes 500円 iPhone/iPad対応)

砲台を設置して陣地を築き、押し寄せるエイリアンを撃退するタワーディフェンスゲーム。
ゲートを中心に防衛陣地を作り、破られるたびに後方に陣地を再設営する「撤退戦」を特徴としており、エイリアンに押されながらぎりぎりで撃退する緊張感ある戦いを楽しめる。
今作では敵を倒すと砲台がレベルアップする、砲台を破壊する敵に対策を行が出現を倒すなどなど多くの要素が追加されてより戦術が奥深くなっている。
ただ、複雑なわりに説明が少ないので、シリーズ初プレイの方は前作から遊ぶと良いかも。

紹介記事:Sentinel 4: Dark Star レビュー - ドラマチックな撤退戦タワーディフェンスさらに奥深くなって登場。

ミリオンアーサーの実写化、実は堅実な一手!?斜め上に見える発想の裏を探る。

ma3
2014年8月20日に発表された実写版のミリオンアーサー(以下、MA)、『実在性ミリオンアーサー』は、発表されるや多くのユーザーに「斜め上の発想」などと言われまくっている。
さらに、ニコニコ生放送で「予算は1億以上」と明かしてまた突っ込みを受けているが、真面目に考えてみるとこの企画はかなり「アリ」だ。
実在性MAがユーザーに受け入れられる可能性は高く、さらに昔MAをプレイしていたユーザーの復帰も促せる良い宣伝になるだろう。

以下に、その理由を説明しようと思う。

GooglePlayに『Swing Copters』の偽物を出すとどうなるのか。便乗アプリを出した業者に聞いてみた。

sw
8月21日にリリースされた『Swing Chopters』は、『Flappy Bird』作者の新作として良い意味でも悪い意味でも注目を浴びている。
「悪い意味の注目」というのが、コピー業者、便乗業者による偽物騒動である。
リリース前日から『Swing Chopters』の名をかたった偽物がストアにあふれ、リリース後10時間でコピーゲームのソースコードが販売されるという恐ろしい事態になっている。

詳細はこちら→【異常事態】Swing Coptersのリリース当日から無数のコピーアプリが登場。リリース10時間でソースコードの販売業者も現れる。

では、実際にこれを行っている業者は儲かっているのだろうか?
ゲームキャストでは、実際にGoogle Playに便乗アプリをリリースした業者の1人と接触に成功したので、その話をお伝えしたい。

2014年7月の新作ゲームまとめ 有名メーカーの作品、ややマニアックなゲームなど

2014年7月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまったゲームたちや、有名作品などを紹介するコーナー。
全部見てみると意外な発見があるかも?

2014年7月のベスト5はこちら→2014年7月のスマホゲームベスト5 - 白猫もいいけど、Mad Bulletsも。
その他の良作はこちら→2014年7月、惜しくもベスト5から漏れた良作や話題作編。

その他の注目・有名どころのゲーム
Wizardry Schema(ウィザードリィ スキーマ) (itunes 基本無料)
ss2
3DダンジョンRPG『ウィザードリィ』を、スマホ向け放置系RPGとしてつくったもの。
種族や職業、性格などを決めてキャラを作り、パーティーを組んでダンジョンを探索するゲーム。
探索の方針を決めることはできるが、ダンジョンの探索はオートで行われる。
イラストもストーリーもウィザードリィの空気を大事にしており、ウィザードリィが好きな人が作ったのが分かる。
ゲームは良さそうだが、画面が見づらいのと、通信のせいで画面切り替えのテンポが悪くて大幅に損している。

2014年7月の新作ゲームまとめ 惜しくもベスト5から漏れた良作や話題作編。

2014年7月のゲームで、惜しくもベスト5から漏れてしまったゲームたちや、有名作品などを紹介するコーナー。
まずはベスト5から漏れてしまったゲーム、話題作からどうぞ。

2014年7月のベスト5はこちら→2014年7月のスマホゲームベスト5 - 白猫もいいけど、Mad Bulletsも。
その他の有名作品などはこちら→2014年7月の有名メーカーの作品、ややマニアックなゲームなど

話題になった面白いゲーム
Hellraid: The Escape (itunes 300円 iPhone/iPad対応)
hellraide02
魔術師の牢獄に閉じ込められた主人公が、脱出を試みるダークファンタジーアドベンチャー。
PCやPS4向けに開発されているゲーム『Hellraidのスピンオフとして作られており、ゲーム機のゲームの名に恥じないグラフィックのクオリティが特徴。
陰鬱なダンジョンを全力でグラフィックで表現しており、世界観を感じるだけでも楽しめる。
英語のみだが、謎解き自体は言語に関係なく楽しめる。

紹介記事:Hellraid: The Escape レビュー - 薄暗いダンジョンを全力で描いたダークファンタジー脱出ゲーム。

2014年7月のスマホゲームベスト5 - 白猫もいいけど、Mad Bulletsも遊んでみてね。

7月は『モダンコンバット5』と『白猫プロジェクト』の話題ですべて持って行かれた感がある。
しかし、当たり前ながらその他にも面白いゲームがたくさん出ている。
まだプレイしていないゲームがあれば、ぜひ試して欲しい。

惜しくもベスト5から漏れた良作はこちら→2014年7月、惜しくもベスト5から漏れた良作や話題作編。
その他の有名作品などはこちら→2014年7月の有名メーカーの作品、ややマニアックなゲームなど

5位:道具屋と魔王@ボーシム研 (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
ss1
ドラクエ4のトルネコを切り出してゲーム化したような経営SLG。
仕入れから販売まで道具屋の経営を通じて街を豊かにし、街の人々を従えて舞おうと戦う経営+戦術シミュレーションRPGとなっている。
強盗を撃退したり、街を豊かにする経営パートと、その決算とも言える戦術パートの対比が面白い。
また、独特の粗さというか、企業のゲームにはないような放り投げ感もGOOD。
ただ、操作性に難が残るので5位で。

2014年7月人気記事トップ5 - ガールフレンド(仮)の画像削除問題、上半期ゲームベスト10などが人気。

2014年7月のホットなトピックだらけだった。
『ガールフレンド(仮)』の画像が非表示になったことだろう。
Appleの審査基準が変動している面と、ビジュアル的に衝撃的だったという2つの面から注目を集めたようだ。
また、ゲームキャストの選ぶ上半期スマホゲームベストが月末にリリースしたにもかかわらず、ベスト4に入るなど、管理人としては嬉しい結果となった。
それでは5位から発表していこう。

5位:アラームをセットするだけで遊べるゲーム『dreeps』制作者ミニインタビュー。
dreeps_2
「今、忙しくてゲームを楽しめてない人へ」というキャッチフレーズで開発されている、ゲームのインタビューが5位へ。
『dreeps』は、アラームをセットするだけで遊べる APG(Alarm Playing Game)として開発されているゲーム。
PVのノスタルジックなドット絵、音楽が話題を呼び、国内外から注目を浴びている注目作だ。
開発者は3人の日本人で、ゲームは雰囲気を大事にするために有料での販売を予定してるとのこと。
プレイできる日が楽しみで、ゲーキャスとしても書いていてとてもノリノリの記事だった。

ドラクエ返金問題、Dungeon Keepr炎上事件…ゲームアプリと共に振り返る2014年上半期

2014年上半期のスマホゲームベスト10、そして2014年上半期の良作スマホゲームまとめとゲームをまとめてきたが、最後に2014年上半期の事件などを、ゲームアプリと共に振り返ってみたい。
あなたは、話題になったアプリをどれだけ覚えているだろうか?

2014年1月
ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(返金問題)
dqml6
ダンジョンに挑み、戦闘で繰り返すモンスター育成ゲーム。
かなり簡略化されているが、バトル部分だけはきっちりドラクエ。
魔法や特技を活かし、工夫して戦えるバランスも嬉しいし、普通にプレイしていれば最後まで遊べる仕組みも嬉しい。
というか、ドラクエのモンスターを育てられるだけで楽しい良作。
それが、まさかあんな事件になるとは…。

2014年上半期のスマホゲームまとめ。惜しくもベスト10から漏れた良作たち。

ゲームキャストが選ぶ、2014年上半期のスマホゲームベスト10に続き、あと一歩でベスト10に入らなかった作品や、やや人を選ぶ内容だったりしてベスト10から外れた良作たちを紹介していきたい。
ゲーマー的には、ベスト10よりも面白い掘り出し物があるはずだ。

※ゲームタイトルのリンクはすべてレビュー記事へのリンクとなるので、ゲームが気になったらぜひそちらを見て欲しい。

RPGクリエイター(RPG作成ツール)
rpgtool_01
iPhoneだけで、iPhoneで遊べるRPGを作れるツールアプリ。
バグが多いが、どんどんアップデートで修正されており、まさに成長中のRPG作成ツール。
RPGツクール世代の皆さん、手元のiPhoneで再びRPGを作ってみてはいかが?
なお、RPGツクールの流れを継ぐフリー素材を作っているが、著作権の問題はクリアしているので安心してプレイして欲しい。

アプリリンク:
RPGクリエイター (itunes 基本無料)

白猫プロジェクトは、なぜこんなに楽しいのか全力で考えてみた。

punikon1
『白猫プロジェクト(以下、白猫)』は面白い。
先日書いたインプレッション記事でも、だいぶ褒めたが、なぜこのゲームは面白いのだろうか?

指一本の操作方法【ぷにコン】のおかげかというと、違う。
操作しやすいのはいいことだが、【ぷにコン】のような操作は海外のアクションゲームではすでに採用されており、特別な操作ではない。
これがヒット要因なら、別のゲームだってもっとヒットしていてもいい。

つまり、白猫の面白さは操作方法とは別のところにあるはずだ。
ということで、白猫にハマっている自分が、全力で白猫のいいところを挙げて、なぜ面白いか考えてみた。

ゲームキャストが選ぶ、2014年上半期のスマホゲームベスト10

2014年も半分が終わったが、皆さんはスマホゲームライフを楽しんでいるだろうか。
今年に入ってスマホのゲームの多くで iPhone4s 以上が必須となったことで、携帯ゲーム機並みのゲームグラフィックが普通になった。
また、PCの人気ゲームも移植が容易となり、さまざまなゲームが遊べるようにもなり、ますますスマホゲームは充実している。
そんななかで、ゲームキャストが選んだ2014年上半期のベストゲーム10選をお送りしよう。

※ゲームタイトルのリンクはすべてレビュー記事へのリンクとなるので、ゲームが気になったらぜひそちらを見て欲しい。

▶10位:Trials Go
rexrocket46
荒廃したアメリカ西武風の世界で、切り立った岩場や廃墟をバイクで走り、トリックを決めて走りぬけるスタントアクション。
基本無料でもゲーム内容は本格バイクスタントアクションで、ほとんどの有料バイクスタントアクションの質を凌ぐ。
さらに、ストイックに遊ぶだけになりがちなスタントアクションの欠点も解消されている。
本作は基本無料化の影響で、バイクをパワーアップしながらミッションをこなすバイクRPGのような形になっている。
そのおかげで段階を踏んで遊べるので難易度的に間口が広く、さらにストーリーもあるのでゲームを続けやすい。
今までスタントアクションを敬遠していた方にも遊んでもらいたい1作。

アプリリンク:
Trials Go (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

「今、忙しくてゲームを楽しめてない人へ」、アラームをセットするだけで遊べるゲーム『dreeps』制作者ミニインタビュー。


アラームをセットするだけで遊べるAPG(Alarm Playing Game)という新しさ、暖かみのあるドット絵で、動画が公開するやいなや大きな話題を巻き起こしている『dreeps』。
ゲームキャストの紹介記事(dreeps - RPGを遊ぶ時間のなくなったあなたへ。)にもアクセスが殺到し、海外からも「いつ出るんだ!」と質問が寄せられている。

で、調べてみてびっくり。
このゲームはなんと日本でたった3人で製作されているインディーズゲームだったのだ。
日本語が通じるなら、聞くのも簡単!
ということで、『dreeps』について制作者の1人平岡久典さんにお聞きした。

2014年6月の新作ゲームまとめ 有名ゲーム、がっかりゲーム編 - SNK音ゲーのROF、ゲームロフト版パズドラのDungeon Gemなどいろいろ出てました

おしくも2014年6月のベストゲーム5選から漏れてしまったゲームや話題作などを紹介。
後編の2014年6月の新作まとめ有名ゲーム、注目ゲーム、残念だったゲーム編をお届けする。

前編のおすすめゲーム編はこちらからどうぞ→2014年6月の新作ゲームまとめ 面白かったゲーム編

週間まとめでは紹介しているケムコのRPGなど一部のゲーム外してあるなど、週間まとめよりややざっくりなので、気になる方は記事の末尾にある週間まとめをどうぞ。

その他の注目・有名どころのゲーム
THE RHYTHM OF FIGHTERS (itunes 100円)
pic04_R
キング・オブ・ファイターズやメタルスラッグなど、SNKの曲で遊べるリズムゲーム。
画面中央の円上に出現するマークに合わせ、タイミング良く画面をタッチすると得点が入る仕組みになっている。
格闘ゲームとリズムゲーの融合とされていたが、別々のゲームが勝手に動いている印象でまったく融合していないので、おすすめ度はイマイチ。
SNK好きなら楽しめると思う。

紹介記事:
THE RHYTHM OF FIGHTERS レビュー - SNKの曲を、SNKの過去作のリメイクシステムで、SNKキャラと共に遊べる音ゲー。

2014年6月の新作ゲームまとめ 面白かったゲーム編 - RPGクリエイターやFantasyxRunners2など注目作多数

注目作が数多くリリースされた4月。
おしくも2014年6月のベストゲーム5選から漏れてしまったゲームや話題作などを紹介。
今月も数が多いので、2つにわけてお届けする。
まずは話題になったものや、ゲームキャストのおすすめ編からどうぞ。

有名ゲーム編ははこちらから→2014年6月の新作ゲームまとめ 有名ゲーム、がっかりゲーム編

週間まとめでは紹介しているケムコのRPGなど一部のゲーム外してあるなど、週間まとめよりややざっくりなので、気になる方は記事の末尾にある週間まとめをどうぞ。

話題になった作品
RPGクリエイター (itunes 基本無料)

iPhoneだけで、iPhoneで遊べるRPGを作れるツールアプリ。
RPGツクールの流れを継ぐフリー素材を作っているが、作者さんに確認したところ問題ないものを使っているはず、とのこと。
まだまだバグが多く、共有機能も将来のアップデートで追加予定だが、RPGを作りたい方に。

紹介記事:
iPhoneのRPGを簡単に作れる『RPGクリエイター』で、ツクール世代の血が覚醒するッ!- iPhoneゲーマーな日々

2014年6月のスマホゲームベスト5 - やっぱりWorld of Tanks Blitzは面白かった。

6月は『ドラゴンクエストII』や『World of Tanks Blitz』など大作だけでなく、『生きろ!マンボウ』のような奇作、『VVVVVV』のような小粒な良作も多くリリースされた。
その中からゲームキャストの厳選5作品を紹介する。

ベストゲーム5選以外の6月のゲームについて下記からどうぞ。
おすすめゲーム編はこちら→2014年6月の新作ゲームまとめ 面白かったゲーム編
有名ゲーム編ははこちらから→2014年6月の新作ゲームまとめ 有名ゲーム、がっかりゲーム編

5位:ドラゴンクエストII  (itunes 無料 iPhone/iPad対応/ GooglePlay)※ポータルアプリ内から500円で購入可能
ss3
SFC版ドラゴンクエスト2準拠の移植作。
バトルのバランスが調整されて楽になり、ボスモンスターがベホマを唱えるといった理不尽な点も修正され、ファミコン版と比べてかなりプレイしやすくなっている。
スマホ版初代ドラクエの移植時に指摘されたドット絵の崩れはある程度修正されており、パッドの操作性も向上してプレイしやすくなっている。
元のゲームが古いので敵とのエンカウント率が高かったり、ダンジョンが複雑だったりと、最近のRPGに慣れている人には不満な点もあると思う。
しかし、強くなった実感のあるバランス調整がしっかりしているので、やっぱり楽しい。
ファミコン版のドラクエ2をクリアできなかった方にプレイしてもらいたい移植。

紹介記事:
ドラゴンクエスト2 レビュー - 初代DQの移植を教訓に、懐かしのDQ2を再現。

2014年6月人気記事トップ5 - Appleの審査基準変更に注目が集まる。

先月はAppleのリワード広告の規制強化に関する記事がかなり注目された。
Appleの審査に関しては、今もガールフレンド(仮)が画像非表示になるなど、行く末が注目されている。
ただ、そういったアプリ開発者向けの記事だけでなく、ゲームの記事も人気が高かく、バラエティに富んだ月となった。
それでは、ベスト5を紹介しよう。

5位:TwoDots レビュー - 超人気のオサレパズル続編。演出は強化されたがゲームはパワーダウン。
IMG_0839_R
カラフルなドットを指でなぞって消すだけのシンプルさ、気持ちの良い演出が中毒者を生んだ中毒性が高く大人気となった『Dots』の続編。
今作は、同じステージをプレイしてハイスコアを目指すゲームから、『キャンディクラッシュ』のようなステージクリア型ゲームとなった。
前作に比べて見た目のおしゃれさ、効果音などの演出もパワーアップしているが、ゲーム自体の面白さはダウン。
ステージによっては運が良くないとなかなかクリアできず、理不尽感が出てしまっている。
ただ、それでもそれなり以上に遊べるのは間違いない。
気軽に遊べるゲームとして国内外でかなりの人気を集め、レビュー記事も人気となった。

アプリリンク:
TwoDots (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)

2014年5月ゲームキャスト人気記事 - モンハン、金正恩を抑えて圧倒的勝利!スクストも健闘。

4月の人気記事まとめを数日前に出したばかりと間もないが、ゲームキャストの2014年5月の人気記事まとめを発表していこう。

先月はとにかくゲームの話題で持ちきり!
MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS、金正恩が主人公のゲーム、スクストなどなど、話題に事欠かない月だった。
それでは、ベスト5を紹介しよう。

5位:FINAL FANTASY AGITO インプレッション - 選ばれしプレイヤーしか遊べないFF
ffagito_rrrrr1
FFの中でも異色の作品、FF零式の流れを汲む基本無料ゲーム。
出た当時はゲーマーの注目を浴びていたが…今ではネットウォッチャーの注目を浴びている。

ゲームの面白さとかそれ以前に、ロードの長さ、頻繁さ、混沌を極める運営のために損をしている印象。
課金アイテムを求められるイベント、起動できなくなるバグ、プレイ時間をあざ笑うようなイベントなど、とりあえずアプリ以前に運営が悪い。
悪質と言うより、まったく慣れていないといった印象。
はやく、普通に安心して遊べるようになって欲しい。一応まだログインはしているので待ってます。

2014年5月の新作ゲームまとめ、その他の有名ゲーム、注目ゲーム、そして残念だったゲーム編

新作が多すぎてベスト5、おすすめゲーム編、とこの記事の3記事に分割されてしまった今回の新作まとめ。
それでは、2014年5月の新作まとめ有名ゲーム、注目ゲーム、残念だったゲーム編をお送りしよう。

先月のゲームベスト5はこちら→5月のベストゲーム5選
おすすめ編はこちら→ゲーキャスおすすめゲーム編

まとめはざっくりなので、詳しく知りたい方は記事末尾の週間新作まとめをどうぞ。

その他の注目・有名どころのゲーム
FINAL FANTASY AGITO (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応/Googleplay 基本無料)
ss2
ファイナルファンタジー零式の続編、スタミナ制のソーシャルゲーム。
バトルはターゲットをタッチすると自動で攻撃するFF11などに近い半オートバトル。
通信・ロードが細切れに入るのでキツいが、大勢でプレイしてストーリーを変化させていく昔の「読者参加ゲーム」的な要素を取り入れているソシャゲとしては野心作。
ただ、運営が…。

紹介記事:FINAL FANTASY AGITO インプレッション - 選ばれしプレイヤーしか遊べないFF

2014年5月の新作ゲームまとめ、面白かったゲーム、ゲーキャスおすすめゲーム編

おしくも2014年5月のベストゲーム5選から漏れてしまったゲームや話題作などを紹介する。
今月は死ぬほどタイトルが多かったので、まずは話題作、おすすめゲーム編からお送りしよう。

先月のゲームベスト5はこちら→5月のベストゲーム5選
その他の有名ゲーム、注目ゲームまとめ→有名ゲーム、注目ゲームゲーム編

週間まとめよりややざっくりなので、出た新作を漏らしたくない方は記事の末尾にある週間まとめをどうぞ。

話題になった作品
ファタモルガーナの館 (itunes 700円)

西洋館を舞台とした悲劇と、人と人のわかりあいが語られる名作ビジュアルノベルの移植作。
歌付きのBGMが多用された独自の演出により、ゲーム世界への没入感がとても高い。
重々しいシナリオが続くことに抵抗がなければ試して欲しい作品。

ただし、移植はギリギリでプレイできるかできないかの間。
元が名作なのでやれば良いノベルだが、できればPCで試して欲しい。
一応、アップデートでバグの修正が行われたが、まだまだ改善してほしい点は多い。

関連リンク:ファタモルガーナの館 レビュー - ひどいiPhone移植にも関わらず輝く名作ノベル。
Playism

2014年5月ゲーキャスのベストゲーム5選 - モンハン、テラリア、そしてロマサガ的な空気も感じる Battleheart Legacy が良かった。

今月もまた話題作揃いだった。
FINAL FANTASY AGITO、MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOSなどの大作ソフト、ケロブラスター、やテラリア、ファタモルガーナの館などインディーズ作品どれをとっても話題十分。
その中からゲームキャストの厳選5作品を紹介する。
ベストゲーム5選以外の5月のゲームについては、下記のリンクから確認してほしい。

5月新作まとめ:
面白かったゲーム、ゲーキャスおすすめゲーム編
その他の有名ゲーム、注目ゲーム編

5位:MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS (itunes 1,600円 iPhone/iPad対応)
ss3
グラフィックがPSP版より大幅に向上し、ロード時間が短縮され、wifiオンライン対戦に対応したMHP2G。
ガンスやボウガンなどの一部の武器をを除いて、タッチ操作でもかなり操作しやすく、快適にプレイできる。
ここまでスマホで快適に遊べるとは思っていなかったので、かなり驚かされた。
オンラインでチャットが使いづらいが、それ以外は素晴らしい移植になっている。
分かる人向けの感想で言うと、PS2の頃のモンハンをプレイする感覚でMHP2Gができる。

紹介記事→MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS レビュー - ついに本物のモンハンがiPhoneに。より美しくなったMHP2G。
【動画で検証】iOS版モンハン2Gのコントローラー操作を2種類のコントローラーで検証!
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント