RSS

記事一覧

なぜ、ガチャから排出されるキャラクターの性能表記が必要なのか

この記事を書くか書くまいか悩んだのだが、「ゲーム側が情報を開示し、できる限りプレイヤーが保護されるべき」というゲームキャストの姿勢から、この記事を書いておく。

この記事を書くきっかけになったのは、『ファイアーエムブレムヒーローズ(以下、FEヒーローズ)』の敵キャラクターと味方キャラクターに性能差があり、しかもガチャ画面でそれに関する表記がないという情報を得たからだ。
例えば、Aという敵キャラクターが「遠距離反撃」のスキルを持っていたとして、それが強力だからAが欲しいと思ったとする。しかし、Aをガチャで手に入れても性能が異なり「遠距離反撃」は覚えない。そういった誤解がごく一部で起きている。

それに対して「敵が仲間になったときは性能が違って当たり前」とか「育てるのも楽しみの1つだから、明示の必要はない」という反応を返すプレイヤーがいる。だが、この考え方はアイテム課金方式ゲームのプレイヤーをおびやかす危険ものだと思うので、そのことを伝えたい。

2017年1月のベストゲーム5選 - 破滅的な中毒性のSTG『Missileman』、ゲーム画面を破いてしまう驚きのパズルなど

今月のゲームも面白かった!
ということで、2017年1月のベスト5を発表しよう。気になるゲームがあれば、ぜひチェックして欲しい。
また、記事の最後にプレゼントのお知らせもあるので、ぜひ最後まで確認を。

1位:破滅的な中毒性。上手くなるほど気持ちよくなるシューティング
missile02
高速スクロールする背景をバックに、1発1発、敵を狙い澄ましてミサイルを撃ち、撃破するシューティング。
敵を撃破すると主人公が成長し、メイン攻撃・援護攻撃・防御の3種類の能力を選んで伸ばせる成長要素を特徴としており、どの能力を伸ばしても強力なスキルが得られるので、毎プレイ何を育てるか悩んでしまうほど成長が楽しい。
自然とプレイが上達するステージ構成も秀逸で、気づくと上達していてゲームにはまってしまっている。
最初から難しいのに、2面以降は地形も凶悪になって「なんだよこれ!」と悪態をついたのも今は良い思い出。
仕事が出来ないぐらい面白くで、アンインストールしたのに翌日気づいたらまたインストールされていた。それぐらい中毒性高い。
このゲームは絶対やって欲しい。
アプリ:Missileman (itunes 360円 iPhone/iPad対応)

2017年1月の人気記事ベスト5-2016年の面白いゲームを一気に振り返る、FGOの課金トラブル問題が注目を集める

hosi01
2017年1月の記事の中でも、人気を博した記事をアクセス順に5つ紹介する。
果たして、みんなが見た記事は面白いゲームのレビューなのか、ソシャゲにもの申す的な記事なのか。
チェックしていない記事があれば、この機会に見て欲しい。

知られざるガチャの仕組み。『ファイアーエムブレムヒーローズ』の天井付きガチャは、特別ではない

WS000037
『ファイアーエムブレムヒーローズ(以下、FEH)』のガチャシステムには、最高レア度のキャラクターが出ずにはずれ続けると一定の回数で天井がやってきて、必ず★5が出る仕組みが搭載されている。
これについて、「もっとはやっても構わんよ」とTwitterで書いたところ思いのほか多くの反応があり、これに対して「さすが任天堂!」などという誤解を含む反応も多くて驚いた。
せっかくガチャの天井が注目されている機会でもあるし、別途ガチャの記事を書くつもりでコツコツと調べておいた裏話と合わせて「天井があるから任天堂だけが良心的」という誤解を解いておきたい。

【検証】2016年に期待していたゲームは、本当に面白かったのか。

2017年、期待のスマホゲーム13選を書いたところで、昨年期待作として挙げたゲームが面白かったのか検証していきたい。
これで、ゲーキャスの目の確かさがわかるのだ。
2015年の期待作検証記事では、かなりのゲームが良い感じであった。
果たして、2016年は…というと、ああ、うん。そもそも6作品で出てすらいなかった。

良かったゲーム
ありません。本当に、節穴eyesで申しわけありませんでした。

そこそこだったゲーム
Eisenhorn: Xenos - 美しいグラフィックのアクションアドベンチャー
sc552x414
ウォーハンマー40,000の世界観を使ったアクションアドベンチャー。
グラフィックの美しさは折り紙つき。そして、それが良く動くのが魅力だ。
実際にプレイしてみて、確かに期待通りのグラフィック。ときにバトルし、潜み、駆けぬけ、とイベントも豊富だった。
だが、人物以外の描写が味気なく、全体としてみると普通。ただ、期待には応えた。
ストーリーについて行けるのであれば、かなり楽しめるとは思うのだが…。
アプリ:Eisenhorn: XENOS (itunes 720円 iPhone/iPad対応)

2017年、期待のスマホゲーム13選 - 性能の進化は面白さも進化させる

毎年恒例、2017年に遊びたい期待作たち。
2016年までに発表されたなかでも、とくに心待ちにしている作品をリストアップしてみた。
ゲームは遊ぶだけでも面白いが、期待して待つのもまた楽しい。皆さんも、この記事を見てゲーキャスのワクワクを共有してくれると嬉しい。
昨年の期待作たちはこちら → 2016年期待のスマホゲーム10選

PS3クラスの映像美で、父と子と1匹の犬の旅を描くスマホゲーム『Widower's Sky』
pic23
家を探してさまざまな世界を旅する父と息子の2人、そして1匹の犬を描くサバイバルアドベンチャー。
2016年リリース予定だったが、クオリティアップのため作業中。
このグラフィックだけで買いたくなる。

ゲームキャストの2016年のゲームベスト17。これを遊ばずに、何を遊ぶ?

2016年のゲームで、一番面白いゲームはなんだ!?
そんなのは人によって異なる。が、少なくともゲームキャストのベストは出せる。
ということで、ゲームキャストが選ぶ2016年のゲームベスト17をお送りしよう。
選定基準としては「プレイして楽しかった」・「オリジナリティが高い」など。どこかで見たようなゲームは、面白くても端っこにポイ、だ。
なお、『ポケモンGO』だけは2回データが消えた関係でまともにプレイできなかったので選外とした。

17位:リアルな鯉をスマホで育てる My Koi
screen480x480
オリジナルの色・鱗・柄を設定し、ものすごくリアルな鯉を飼って育てられるアプリ。
画像の通り、リアルさは驚くばかり。たくさん育てて魚群を眺めるもよし、大きく育てて眺めるもよし。
癒し系のゲーム。このゲームを紹介したかったので、ベスト17という中途半端な数になってしまった…それぐらい好き。
アプリ:My Koi (itunes 240円 iPhone/iPad対応)

アプリゲットが選ぶ2016年のベストゲームはこれ! 『シャドウバース』 - アプリゲットムラサキさん寄稿

ゲームキャストがアプリゲット読者に、アプリゲットがゲームキャスト読者にお勧めゲームを紹介する「ゲームキャスト・アプリゲットが選ぶ2016年もっと知られていいおすすめゲーム」第4弾。
アプリゲットが選ぶ2016年ベストゲームは、『シャドウバース』だ。

良い点
美麗グラフィックで、カードのイラストもアニメーションするものがあったり、見た目も工夫されている!

悪い点
完全なカードゲームなので、カードRPG感覚では遊べない。戦略性を持って挑む必要があるぞ!

ストーリストーリーを楽しみつつレアカードをゲット!ノベルで進む純粋なカードゲーム登場!
「シャドウバース (Shadowverse)」は、フルボイスのノベルでストーリーが進行する純粋なカードゲーム。
便宜上のカードではなく、遊戯王やマジック・ザ・ギャザリングのようなカードでモンスターを召還するタイプの純粋な戦略型。
リーダーキャラクターによって特性が変わり、戦略性も大きく変わるシステムで、更にゲーム中にカードを進化させるコトが勝利のカギになる。
グラフィックも美麗なだけでなく、カード内のイラストがアニメーションしていたり、ノベルがフルボイスの上にキャラも動いていたり、惹き込まれる演出だ。

12月28日、第三弾カードパック・遂にバハムート降臨が追加された。今なら全ユーザーにカードパックチケット10枚プレゼントされるぞ!
10410_screen_1
▲アンタップアップキープドロー!この呪文みたいな言葉の意味わるかな?w

これを知っていれば通!? みんなに知って欲しい2016年のゲームまとめ、マイナーメジャー編

これを知っていれば、ややゲームに詳しいと言える。
もっと人に知られていいと思う2016年のゲーム企画に寄せられたゲームの中でも、マイナーメジャー系のゲーム(※主観で選定)を集めてみた。
ゲーム名にリンクがあるものは詳細紹介記事へ、価格に→があるものは、記事執筆時点でセール中のもの。

Super Cat Tales (itunes 無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)

ss1
ネコが主人公の横スクロールアクションゲーム。Twitterのコメントがすべて。
個人的には、昨年のベスト横スクロールアクションかな。

みんなに知って欲しい2016年のゲームまとめ、その1。やったことなければすぐ遊べ、鉄板ゲーム編

2016年のスマホゲームで、これをチェックしていないのはもったいない!
もっと人に知られていいと思う2016年のゲーム企画に寄せられたゲームの中でも、鉄板と言えるゲームをまず紹介したい。
詳しい紹介記事があるものは、ゲーム名にリンクを貼っておいたので、詳細を見たい方は合わせてどうぞ。

Buriedbornes (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)
buriedborn01
ランダム生成の簡易ダンジョンをひたすら進み、装備を探し、キャラクターのスキルを組み立てて立ち回るローグライク風のダンジョンRPG。
どこか懐かしい感覚で何度も遊べるゲームでおすすめ。

もしや最高傑作!?あのバカゲー・マエストロ、ハップさんの新作は、なんと脱出ゲーム! - アプリゲット高野京介さん寄稿

ゲームキャストがアプリゲット読者に、アプリゲットがゲームキャスト読者にお勧めゲームを紹介する「ゲームキャスト・アプリゲットが選ぶ2016年もっと知られていいおすすめゲーム」第3弾。
馬鹿ゲー部門は、『ママにゲーム隠された』だ。

良い点

脱出ゲームにおいて「ミスしたときの反応」がここまで気持ちいいことがあっただろうか。あと感動のラスト。
   
悪い点
不満じゃないけど一気にクリアしちゃったのがもったいないくらいの完成度。もっとやりたい。

シュール&ポップなバカゲー、そして予想を超える完成度の脱出ゲーム!
10632_screen_1
▲アイテムを使いゲームを探す。ちゃんと「脱出ゲーム」してる!マジ感激。

「ママにゲーム隠された」は、シュールかつセンスフルな演出が光りまくるフルボイス脱出ゲーム
ママに隠されたゲームを探しだす、センチメンタル過剰な脱出ゲームだ。

「東京デッドボール」 「トースト少女」 「こんなフリーキックはいやだ」

などを次々とねじ込んでくるバカゲー・マエストロ、ハップさんの新作とあっちゃ、このバカゲーハンター高野、ぶち上がるしかないぜ。

というか今回めっちゃくちゃクオリティも高くゲームとして面白い。
もしやハップさん、最高傑作か!?

【名作保証】欧米で超人気の格闘育成シミュレーションが日本上陸したぞー! - アプリゲット高野京介さん寄稿

ゲームキャストがアプリゲット読者に、アプリゲットがゲームキャスト読者にお勧めゲームを紹介する「ゲームキャスト・アプリゲットが選ぶ2016年もっと知られていいおすすめゲーム」第2弾。
有料ゲーム部門は、『Punch Club』!これ、ゲーキャスも大好きなヤツです。

最強の格闘家を目指すスーファミ風のボクシング育成シミュレーション!
Punch Club(パンチクラブ)は、名作

そして、ボクサーを育成する、アウトロー・シミュレーションなのだ。

殺された格闘家の息子は、アルバイトをしたり、ジムで鍛錬をしながら、犯人への復讐を誓う…。



まずはスーファミ風のグラフィックとメロディアスなBGMに一瞬で奪われるだろう。

ロッキー風のメインテーマだけでも聞いてみて欲しい。



そして、自由度の高い育成とストーリー重視の演出は、敷居はやや高いが、ガチでぶちあがることうけあいだ。



待望の日本語化、ハイパー嬉しい。これは最高だヨ!


良い点

スーパーファミコン風のグラフィックもBGMも小ネタの数々もいちいち、全部、最高ッ!!

   
悪い点
バトルとか移動はややテンポが悪いとも思うわん。

Punch club逕サ蜒十10111_screen_1
▲育成シミュレーションながら、ストーリー重視なのも見逃せない!

『アビスリウム』 美しい3D空間でアクアリウムを創ろう。深海をたくさんの生き物で賑やかにする育成クリッカー - アプリゲット、ノスミスさんの寄稿

ゲームキャストがアプリゲット読者に、アプリゲットがゲームキャスト読者にお勧めゲームを紹介する「ゲームキャスト・アプリゲットが選ぶ2016年もっと知られていいおすすめゲーム」第1弾。
無料ゲーム部門は、『アビスリウム』です。どうぞ。

68014一言でいうと、クリッカー+アクアリウムという希少でステキな育成ゲー!

『アビスリウム(Abyssrium)』は、暗くて寂しい深海の中、巨大な喋るサンゴ岩に友達を作ってあげる育成シミュレーション。
ゲームとしてはタップや放置で得られるポイント効率をドンドン上げていくクリッカー系の育成ゲー。
ただ、増やしていく友達は魚"や"サンゴ礁"。美しい3Dグラフィックで漂う姿は神秘的。360度好きに眺める事も可能で、ずっと見ていたくなる。

種類も小型魚の他にマンボウ・イルカ・巨大クジラと豊富で、徐々に賑やかになっていく様子は「自分で創る深海アクアリウム」。
高いクオリティと独自性を持っていて、優しい空間に心癒されること間違いナシな作品だ。

良い点

深海が好き。巨大生物が好き。育てるのが好き。優しい空間が好き。センスが好き。
   
悪い点
起動時に固まるパターンあり。そうなった人は一回アプリ落として即立ち直してみて。

スーパーマリオランの★1レビューにこじつけて、学生や若いゲーマーが不当にけなされていると思う

 super-mario-run-first-day-hero
「★1レビューがつくのは、任天堂の責任である」という話は、スーパマリオランのレビュー記事で書いた。
これに関して、任天堂には同情の余地はない。2012年に、ソーシャルゲームの出現によって現れた新しい価値観という記事を書いたとき、すでに体験課金を周知せずにリリースすることは問題となっていた。
2012年に問題化した事件を、今さらなぞったのは任天堂の勉強不足である。
DeNAと提携し、スマホのノウハウを教えてもらうのではなかったのだろうか。それとも、DeNAにそんなノウハウはなかったのか。

それを明確に語ったが、ネットにはびこるもう1つの誤解を解いておきたい。
それは、「若いゲーマーは物に対して対価を払う気持ちがない」という誤解だ。

スマホ有料ゲームは死んだのか? 海外のインディー開発者9人が意見を述べる

Pocket Gamerにて「有料ゲームは死んだのか?」という衝撃的な……そして、日本では5年前に見たタイトルの記事が掲載され、それに対してインディーゲーム開発者9人が回答している。
title
▲タイトル画像は、日本のやれてる有料ゲーム代表として『Ace of Seafood』さん

日本では少なくなりすぎた有料ゲームだが、海外ではまだ良作がかなり出る。この回答は、有料ゲームファンには気になるところではないだろうか。
『Smashhit』や『Wayward Soul』など、有名ゲームの開発者も回答しているので、粗く日本語にしてみた。全文を見たい方は、元記事をどうぞ。
Are paid apps dead or is there still life in premium for indies? | Pocket Gamer.biz | PGbiz

カオスサーガなど前座! 久々にひどい中華ゲーを見つけたので紹介する - ゲーム日記

tyuuka-8
中国のゲームは、他のゲームのデータやキャラクターを流用している物がとても多い。
DMMの『カオスサーガ』が開始26時間でサービス終了となったが、アプリ市場はそれ以上の無法地帯。
今日は、そんな著作権侵害ゲームアプリの中でも、久々に見つけたやばいアプリをちょっぴり紹介しよう。
いやー、中国は広いなー(棒読み)

デジゲー博2016のまとめ。サンマを焼くゲームから、超弩級シューティングまで

インディー・同人ゲームの展示・頒布のイベント「デジゲー博2016」。せっかく記事を書いたので、イベントの感想も書いておきたい。
結論から言うと、「最高」って感じだった。
手で七輪をぱたぱたして魚やハマグリを焼くゲームとか、Appleの認証を避けて動くコントローラーとか、アホなものがたくさんあって見ていてとても楽しかった。
dejige_5

癌と戦う親子の物語『That Dragon, Cancer』レビュー、スキムスなど良作大量セール中 - 昨日のゲームニュースまとめ

『逆転裁判4』スマホ版今冬リリース決定。王泥喜法介がスマホでみぬく!

結末がわかるからこそ心を打つ。幼子の死を看取るアドベンチャー『That Dragon, Cancer』レビュー
joel-1 

日本語に再び対応した『スキタイのムスメ』が120円、その他おすすめ10作以上の大セール - 10月12日の値下げゲーム

好きなゲームを応援したければ「これ、おもしれぇ!」とTwitterで叫べば良いという話 - スマホゲーム日記

20140318000059
インターネットは悪意を増幅するとか言われているが、善意も増幅する。
Twitterでゲームの紹介記事をツイートしたり、自分の言葉で面白さを語るだけで、あなたが好きなゲームはヒットするかもしれない。
それを、『セブンズストーリー』というゲームが証明したのだ。

誰が、なぜ遊ぶのか?『ポケモンGO』プレイヤー100人にアンケートを採った結果、ポケモンGOのすごさが見えてきた

itige--2
空前の大ヒットとなっている『ポケモンGO』だが、実際はどんなプレイヤーが遊んでいるのだろうか?
そして、何を面白いと思って遊んでいるのだろうか?

ブームの内側に切り込むため、7月23日から7月24日にかけて上野公園の噴水広場周辺でプレイヤー100人にアンケート(視界に入ったプレイヤーに無作為に聞く)を取ってみた結果……『ポケモンGO』のすごさが改めて分かった。

『ドラゴンクエスト』が出た頃の小学生の話。ドラクエ30周年を記念して

dqdqicona2
ドラクエ30周年、おめでとうございます。
少し遅くなってしまったが、この節目に小学生だった自分とドラクエの出会い、その周囲でドラクエが広がっていった様子を記事にしておきたい。
当時の空気感を、この記事から少しでも感じてもらえれば幸いだ。

JOGAのガチャガイドライン、有名無実となるか。ガンホーとmixiはガチャで確率表示なし

2016年4月から新しいガイドラインを施行し、説明会を開いて「オンラインゲーム安心宣言」をしたはずの業界団体JOGA(日本オンラインゲーム協会)。
元々、抜け道だらけの規約しかなかったので有名無実と言われていたものの、この4月からは何かが変わると期待されていた……が、JOGAは何もできていないようだ。

説明会から時間がたっても、JOGAその会員の筆頭とも言えるガンホーとmixiは、ガイドラインの穴とも言える文面を利用し、ガチャアイテムの排出確率を表示していないのだ。

「表記ミスで能力が間違ってました」はもうダメ? 景品表示法の改正がソシャゲの得意技を封じるか

ソーシャルゲームに、1つ波がやってくる。
消費者庁が、新しい景品表示法を規則を2016年4月1日に施行することを明らかにし、それに関する資料を公開したからだ。

ネット上などでは『グランブルーファンタジー』などの炎上によって「新しいガチャ規制」がきた、と騒がれているが、それは正しくない。
実は、この改正は元々2015年11月に「食品偽装問題」に対応するために行われたものだからだ。
しかし、だからといってソーシャルゲームは無関係ではない。とばっちりで大きな影響を受けそうなのだ。

検証:2015年に期待度が高かったゲームは、本当に面白かったのか。

2016年、期待のスマホゲーム10選と書いてみたものの、そもそも昨年ゲームキャストが期待していたゲームは面白かったのだろうか?
実は、見当違いなゲームばかりを勧めていたりしないのだろうか?
2015年期待のゲームが、実際どれだけ面白かったのか、今振り返ってみた。

Down Well(日本のインディー期待の星!)
screen568x568
深い井戸を、下に弾を放つ「ガンブーツ」を駆使して下っていく下スクロールアクション。
そもそも世界的に注目が高かったが、実際にリリースされた製品版は、期待以上の面白さだった。
ギリギリのタイミングで下に向かって弾を打ち、浮力を獲得するチキンレースのようなスリル。
まったくカジュアル感のない難しさが、そのスリルを補強していた。

2016年、期待のスマホゲーム10選。スマホは、またゲーム機に近づいた

2016年は、このゲームを遊びたい!
2015年にリリースされなかった期待作をここに集めてみた。
ゲームは遊ぶだけでも面白いが、期待して待つのもまた楽しい。皆さんも、この記事を見てゲーキャスのワクワクを共有してくれると嬉しい。
なお、2015年期待のゲームこちら

魔王さまのゲーム(仮) - ドット絵が素晴らしいランゲーム
maousama2
魔王さまの司令を受けた配下の2人組(日本のゲーム開発者2人)が、仕事をしながら作っているインディーゲームだ。
このゲームの詳細は、まだ明かされていない。
わかっていることは、多くのキャラクターが登場すること、ランゲームであること、その2つ。

あの手この手でAppleを騙す。リワード広告が中国違法コピー業者の小遣い稼ぎに

tyugoku
アプリを不法にコピーする中国業者が、Appleの審査をかいくぐり、リワード広告アプリをリリースしていることアップトーキョーの記事で明らかになった。
「おこづかいアプリ」が、中国業者のお小遣い稼ぎに使われていたわけだ。

日本で現在配信されている『超絶高還元!即交換で小遣い稼ぐならマネーの城』は、どう見てもAppleの審査を通ることができない名称・スクリーンショット。
どうやって、このアプリを通したのだろうか……?

Appleベストに選ばれると、本当にいいことがあるのか?『スバラシティ』で受賞したクワキさんに聞く

applebest_1
先日、2015年版のApple ベストゲーム(iPhoneはこちら / iPadはこちら)が発表された。
こういった賞はさまざまなところで取り上げられているが、実際に受賞した開発者はその恩恵を受けているのだろうか?
受けているとしたら、どのぐらい?

スバラシティ』で受賞したクワキさんが、飲み会の席でたまたま横にいたので聞いてみた。


iOSで成功した有料ゲーム開発者、Android版リリース後4時間でクラックされ、基本無料に移行

laserCash
2015年は、年初から『Monument Valley』などの違法コピー問題を取り扱ったが、年末もこの話題でなのか。

「基本無料ゲームは、害悪だ。我々は、基本無料ゲームを作ることはない」
そう語っていたインディーゲームメーカーLaser Dogが、信念を曲げて有料ゲームを基本無料ゲーム化する決断を下すことになっていしまった。

彼らのゲームの品質に問題があったのだろうか?
いや、違う。『HoPiKo』も『ALONE...』も、コアゲーマー向けだが、素晴らしいゲームである。
Androidの違法コピーの多さに、Androidで有料ゲームを貫くことを諦めたのだ。

Apple 2015年のiPadベストゲームに『Vainglory 』、最も革新的ゲームに『Her Story』を選出

WS000024
Apple が選出した2015年のベストゲーム、iPad編を紹介する。
iPhoneと多く重複しているので、重複しているアプリの解説は簡易になっている。
それでは、選出された iPad ゲームを見ていこう。

iPhoneのベストゲームはこちら → Apple 2015年のiPhoneベストゲームは『Lara Croft GO』、最も革新的ゲームは『Dark Echo』

Apple 2015年のiPhoneベストゲームは『Lara Croft GO』、最も革新的ゲームは『Dark Echo』

WS000024
Apple が2015年のベストゲームを発表した。
Appleの選出は「独自性」「芸術性」「iOSの独自機能を使ったゲーム」が選ばれる傾向にあり、「売れたゲーム」を重視するGoogleに対して、Appleは「今年発売された中で俺が好きなゲーム」という性格の選出になる。

それでは、選出された iPhone ゲームを見ていこう。
なお、2014年のベストゲームはこちらをどうぞ→Apple Best 2014
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント