RSS

記事一覧

立てよ国民! グンマ海軍を率いてサイタマやトチギを倒すのだ!『最強!グンマ海軍』レビュー

guntitle
知名度が47都道府県の中で最も低く、未開の地「グンマー」としてネットでネタにされ続けてきた群馬県。
すでにApp Storeの中ではグンマーというジャンルができてしまっている中で、最もお気に入りのグンマーゲームを紹介しよう。
厳選グンマー系ゲーム7選。群馬県はすでにジャンルなのだよ!
その名は『最強!グンマ海軍』。海のない国グンマの海軍を率いて、グンマをバカにする他県を攻め落とす浪漫海戦ゲームである。
それにしても、グンマの人々は侵略が好きだな……。

戦術ボードゲーム+戦場アクションの融合『NOBLEMEN: 1896』レビュー

noable-9
スチームパンク技術が発達した仮想の第1次世界大戦時代をモチーフに、スチームパンク技術を融合した世界で、指揮官として部隊に指示を出しつつ自らも銃を取って戦う戦術ゲーム+シューティングアクションが『NOBLEMEN: 1896』だ。
ボード上で戦術を駆使して兵士を動かし、ひとたび敵とぶつかればダイナミックな戦場で銃撃戦を楽しめる。1粒で2度おいしい大作である。
その一方で今作からは完全な基本無料を採用し、ストレス度が高い作品にもなってしまっている。

『Kingdom:New Lands』レビュー - 説明不足が生む神秘性の魅力。建国伝承の世界を体感する戦術ゲーム

kingdomr_4
未開の地に王として降り立ち、悪霊と戦いながら陣地を広げる戦術ゲーム『Kingdom:New Lands』がiOSに登場した。
ドット絵にエフェクトをのせた近代的ピクセルアートだけでなく、タワーディフェンス系の戦術ゲームとしての面白さも持ち合わせており、本作はアートとゲームのバランスが取れた1作だ。
本作の欠点として説明不足からゲーム面の良さに手が届かないことが挙げられる。だが、その説明不足は大きな魅力も生み出しており、コインの裏表の関係になっている。
情報がないことで生まれる面白さもあるのだ。そこで、今回はできる限りネタバレを避けて本作の魅力を紹介する。

『ファイアーエムブレムヒーローズ』レビュー - 任天堂ブランドの光と、奥に抱えた凡庸さの闇

fire07
ファミリーコンピューター時代から延々と続き、近年になって爆発的なヒットを飛ばした戦術シミュレーションゲーム『ファイアーエムブレム(以下、FE)』シリーズ。
その歴代キャラクターが出演するスマホゲームが『ファイアーエムブレムヒーローズ(以下、FEH)』だ。
スーパーマリオラン』に続く任天堂の2作目であり、ゲーム機版を開発するインテリジェントシステムズによる黄金タッグのゲームとあって期待していたのだが…光る点がありつつも、全体としては予想以上に普通のソーシャルゲームで拍子抜けしてしまった。

TRPGのアナログ感とTCGの戦術性と。アナログゲーム好きを狙い撃つ『Loot & Legends』レビュー

soubidesur - 2
『Loot & Legends』は、アナログゲーマーを狙い撃ちにするゲームと言えるだろう。
『マジック・ザ・ギャザリング』のようにカードを組み合わせてキャラクター(デッキ)を作り、ボード上で駆け引きしながら戦うバトルボードゲーム。
そこにTRPG風の演出を組み合わせたのだから、アナログゲーマーが興味を引かれる下地は十分。

そして、実際にプレイしてもやっぱり面白いのであった。

プレイヤーの心が死んでいく…悲しみの戦争SLG『This War of Mine』レビュー

thiswar07 - 1
このゲームはたちが悪い。
極限サバイバルゲームとしてプレイヤーを楽しませ、ハマってきたところで重いテーマの海に沈めるのだ。

戦火に巻き込まれ、2つの勢力がにらみ合う街。
昼間はスナイパーが街を監視し、見つかれば即死。夜になると生き残った市民が街を探索し、ときに物資を巡って争う。
『This War of Mine』は、一般市民の立場から戦争を体験し、終戦まで生き延びるシミュレーションゲームである。

理想の艦隊を作って戦う銀河統一SLG、『Sid Meier's Starships』レビュー。

starships_r1
『Sid Meier's Starships』は、『Civilization』の流れを汲むターン制の戦略シミュレーションゲームだ。
タイトルには『Civilization』を冠していないが、ストーリー的には『Civilization Beyond The Earth』のその後を描いている。

ヘビーな『Civilization』マニアからは「物足りない」という声も上がる本作だが、短時間で終わる(本編比)戦略ゲームとして見れば一定の面白さがあるし、なにより自分だけの艦隊を作る編成システムが楽しい。
「自分だけ」というのはソシャゲ的なヤツではなく、ステルス艦隊でも、ミサイル艦隊でも、好きなように編成し、その艦隊で宇宙を制覇できるのだ!

可愛いだけじゃない。クラクラを細部まで改良した意欲作『リトルノア』レビュー。

littlenoa10
『ブレイブリーデフォルト』のイラストを手がけた吉田昭彦さん、『伝説のオウガバトル』などの音楽を手がけた崎元仁さんを迎えた『クラッシュオブクラン(クラクラ)』系ゲームが出る!
多くのスマホゲーマーの間で話題となった『リトルノア』がついにiOSにやってきた。

「イラストが、ノアちゃんが可愛い」
「同じクラクラなら日本的な見た目の方がいい」

などという意見を事前に聞いていたが、実際にプレイしてみると「ノアちゃん可愛い」程度ではすまなかった。
クラクラに多くの独自改良を加え、要素を付け足し、見た目の変化に負けないほど別のゲームになっていたのだ。

マーセナリーズサーガ3 - 見た目はチープ、しかし中身は骨太の戦記物シミュレーション。

マーセナリーズサーガ3 (itunes 500円 iPhone/iPad対応/GooglePlay)
mase49
『マーセナリーズサーガ3』は、高低差を意識して戦う本格的な戦術ゲームと、本格的な戦記物のストーリーが融合したガラケーの人気ゲームの移植作品だ。
ガラケーからの移植なので見た目のチープだが、戦術ゲーム好きを満足させる骨太のシステムは健在で、ガッツリ遊べる良作である。

Civilization Revolution 2 レビュー - 中毒性の高さは健在。時間泥棒の戦略SLG、再びスマホへ!

Civilization Revolution 2 (itunes 1,500円 iPhone/iPad対応)
civrev_21_1
『Civilization Revolution 2』は、人類の文明を導き、他の文明に打ち勝って世界を統一する戦略シミュレーションの最新作だ。
ただし、今回のゲームは『Civilization Revolution 2』という名前だが、初代の『Civilization Revolution』家庭用版のグラフィックを使って見た目を美しくし、システムをアレンジしたマイナーチェンジ版である。

文明や、テクノロジー、文化遺産に新しいものが加わっているが、基本システムはほぼ同じ。
事前の情報では1時間で遊べると言われていたが、プレイ時間も前作とほぼ同じ。

しかし、元々面白いゲームのマイナーチェンジならやっぱり面白い。
一度始めるとやめられない中毒性の高さも健在で、多くのプレイヤーの時間を奪い去る良作だ。

Great Little War Game 2 レビュー - 1プレイ10分未満。カジュアルで楽しい戦争SLG。

Great Little War Game 2 (itunes 300円 iPhone/iPad対応 / GoogleP
glwg2_01
Great Little War Game 2 は、スマホ向けのファミコンウォーズとも呼ばれる、定番戦術ゲームシリーズの最新作だ。
1作目の Great Little War Game(小さな戦争)が面白くて好評を博し、2作目の Great Big War Game(大きな戦争)では本格的な戦術ゲームにグレードアップ。
3作目の今作は1プレイ10分未満の短いマップで遊ぶ、カジュアルな戦術ゲームへ変化した。

「ヘビーゲームがカジュアルになる」という言葉に良い思い出がないので、発売前は不安だった。
が、いざプレイするとサクサク遊べて「これはこれで面白い」と思わせる、スマホ向け戦術ゲームに仕上がっていた。

METAL SLUG DEFENSE レビュー - メタルスラッグ資産を活かした面白いにゃんこ系戦術ゲーム

METAL SLUG DEFENSE  (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
metal07
アーケードのアクション『METAL SLUG』が、にゃんこ大戦争風(にゃんこがこのジャンルの始祖ではないが、わかりやすいのであえてこう呼ぶ)の1ライン型戦術ゲームになって登場した!

くにおくんTD』の前例があったのでまったく期待していなかったのだが、プレイしてみるとしっかりメタスラな上に面白いゲームに仕上がっていて大満足だ。

FTL: Faster Than Light レビュー - ローグライクの中毒性を持つ戦術シミュレーション。

FTL: Faster Than Light (itunes 1,000円 iPad専用)
ftl4
『FTL: Faster Than Light』は、強大な反乱軍から逃れつつ宇宙を進み、単騎で敵の母艦を叩く戦術シミュレーションだ。
宇宙のマップは毎回ランダムに生成され、戦術ゲーム版のローグライクと言っても差し支えないプレイ感覚。

「難しいけども、ゲームを知るほどに先に進めるゲームが好き」

そんな方にはぜひ、このミッションに挑んでもらいたい。

Hoplite レビュー - 移動を間違えても死、キャラ育成を間違えても死。詰め将棋のような戦術ゲーム。

Hoplite (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
ss3
Hopliteは、モンスターを倒し、ダンジョンの奥へ進んでいくカジュアル戦術ゲームだ。
主人公とモンスターが交互に動くターン性を採用しており、1手1手、詰め将棋のように先を読んで動く戦術性がある。

序盤こそ簡単だが、後半になると難易度は跳ね上がる。
そこで、1フロアに1回だけ主人公にさまざまな能力を与えて強化するか、回復を行える。
長期的な視点で「このフロアでは回復するか、後半を乗り切る力を与えるため強化するか」を選択し、短期的には詰め将棋のようにフロアを攻略する2つの面白さが味わえるゲームだ。

取り返しのつかない死が生む面白さとドラマ『XCOM:Enemy Unknown』

XCOMR: Enemy Unknown 2000円 iPhone/iPadの両方に対応
開発:2K GAMES
評価:3.5(かなり面白い)
xcom0 (5)
エイリアンの謎が解明されていくストーリー
即死もありえる緊張感あふれる戦闘パート
豊富な動きと豪華な演出
iPhone4SやiPad2では落ちるし重くなる
立体的なマップの情報を把握しづらいことがある
難易度が高いので、合わない人もいそう

シンプルに熱い、定規戦のような原始的な楽しさ『フィンガーショットRPG』

フィンガーショットRPG(itunes 85円 iPhone/iPadの両方に対応)
課金:アプリ内通貨(なくても十分プレイ可能)
開発:Magic Cube
評価:3.0(面白い)
fs1-1
シンプルでわかりやすいルールと、多彩な能力をもったキャラクター達。
コストの組み合わせによる、デッキ構築的な楽しみ。
ゲームの進行でデッキ構築の自由度が広がっていく成長の楽しみ。
一回のプレイが軽く、気軽に遊べる。
早送りが無いので、敵の数が多いと結構待たされる。
対戦が一番面白いのに、対戦モードはおまけ程度のつくり。

レビュー:テイルズ オブ ザ ワールド タクティクス ユニオン 良質な戦術SLG。ガチャがなければ最高だった。

テイルズ オブ ザ ワールド タクティクス ユニオン(Ver1.0) 800円 iPhone/iPadの両方に対応
開発:NamcoBandai Games
評価:3.0(面白い)
tail (1)
わかりやすいが、しっかり遊べるシステム
高いクオリティのグラフィックに、基本を抑えた操作
技や魔法を覚えるのがガチャ形式で、通常プレイでは簡単にそろわない

レビュー:Infectonator 世界の人々がゾンビ化するゾンビ化戦術SLG

Infectonator Ver1.0(開発:Armor Games) iPhone/iPadの両方に対応
価格:85円
課金:便利機能・主人公コスチューム(なくても普通に楽しめる)
評価:2.5(価格通りに楽しめる)
inf (1)
人々がゾンビに感染していくのを見ているのが楽しい
1プレイが短いのでハマる
パロディネタ
ゲーム自体は単調

レビュー:拡散性ミリオンアーサー、2ヶ月目の評価

million4
タイトル 拡散性ミリオンアーサー
ジャンル ソーシャルカードバトルゲーム
価格 無料
アプリ内購入 特別通貨購入(ゲーム内入手不可)
日本語対応 あり
販売元:スクエア・エニックス | Version:1.0.1 | GameCenter:なし | 対応機種:iPhone / iPod touch | レビュアー:トシ
評価:2.0(良くはない)
イラスト・音楽の質は高め
一応ソーシャルカードバトルの基本は抑えている
イベントの内容が単調、ルール運用がグダグダ
シナリオ追加が遅い
核となるデッキ構築やルールをなど全体的納得行くものになっていない
オート合成オン・オフさせてください…orz

レビュー:三國志 TOUCH Plus 定番シリーズ…だがおすすめはできない

sangoku05
タイトル 三國志 TOUCH Plus(iPhone版)
三國志 TOUCH Plus for iPad(iPad版)
ジャンル 戦略シミュレーション
価格 1600円/1800円
アプリ内購入 なし
日本語対応 あり
販売元:コーエーテクモ | Version:1.0 / 1.1 | GameCenter:なし | 対応機種:iPhone / iPod touch(iPhone版のみ) / iPad(iPad版のみ) | レビュアー:トシ
評価:2.0(良くはない)
三國志としての基本はできている
最新に直された美しいグラフィック
武将解説やチュートリアルなどおまけ満載
痒いところに手が届かないコマンド
落ちる

レビュー 環境を完全に破壊して敵もろとも滅ぼすをSLG Greed Corp

greedcorp09
タイトル Greed Corp
Greed Corp HD
ジャンル 戦術ボードゲーム
価格 iPhone版 250円 / iPad版250円
アプリ内購入 なし
日本語対応 なし
販売元:Invictus | Version:1.0.1 | GameCenter:独自実績有 | 対応機種:iPhone / iPod touch用 もしくは iPad用 | レビュアー トシ
評価:2.5(価格通り楽しめる)
スピーディな展開
独特のルールで楽しめる陣取り合戦
マルチプレイはバランスが取られていない

レビュー Tactical Warrior

tactical10
タイトル:Tactical Warrior
ジャンル:戦略シミュレーション
価格:250円
アプリ内購入:なし
日本語対応:あり(基本部分のみ、順次対応中)
Retina 対応:あり
レビュアー:トシ
販売元:James Pawliuk | Version:1.2.2 | GameCenter:実績対応 | 対応機種:iPhone / iPod touch

評価:4.0(すごく面白い)
+短時間でサクサク遊べるステージクリア型
+見やすくプレイしやすい。
+キャラクターの育成が面白い
+プレイヤーごとに独自の戦術を試すことができる。
ー日本語が完全ではない

「グラフィックが良ければゲームは面白いか」と言われると、見た目は重要だがそれだけでは面白くない。
逆にゲームの土台さえしっかりしていれば見た目がいまいちでも面白い。
そんな見た目がイマイチでもゲームが面白ければひたすらハマるゲームの見本『Tactical Warrior』を本日は紹介したい。

レビュー:ついにiPhoneにも楽しい現代戦略SLG登場! Great Little War Game

Great Little War Game HD (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
Great Little War Game (itunes 100円)
開発:RUBICON
課金:追加マップ・追加ボイス(なくても十分楽しめる)
評価:3.5(かなり面白い)
ジャンル:戦略シミュレーション
glwg08
ファミコンウォーズのような現代戦略シミュレーション。
iPhoneでは質の高い現代戦略ものが少なかったが、ついに良いものが出てきた。
カジュアルでいつでもどこでも楽しめ、ゲームとしても面白い。
この手のゲームが好きならばおすすめの一作。

レビュー Pocket World At War

pocketworldatwar02
タイトル:Pocket World At War
ディベロッパー:Prolific Games Inc.
プレイ時Version:1.0
ジャンル:戦略シミュレーション
価格:115円
Pocket World At Warの詳細はこちら(itunes)

第二次世界大戦、ノルマンディー上陸作戦からバルジの戦いまでのヨーロッパ戦線をを題材とした戦略シミュレーションゲーム。
連合軍指揮官として部隊を動かし、敵を壊滅させるのが目的。
簡単操作で1ステージ10~15分で終わるが、見た目シンプルさに反してかなり歯ごたえのある戦略シミュレーションになっている。

レビュー VANGUARD STORM

vanguardstorm01
タイトル:VANGUARD STORM
ディベロッパー:SQUARE ENIX
プレイ時Version:1.0.1
ジャンル:バトルSLG
価格:450円
VANGUARD STORMの詳細はこちら(itunes)
体験版VANGUARD STORM Liteの詳細はこちら(itunes)

8×4マスの盤面でで、押し寄せてくる敵を限られた仲間で防衛するゲーム。
ジャンルは違うものの「クリスタルディフェンダーズ」と同じ世界観ということで敵も味方もファイナルファンタジーで見たことあるキャラクターばかり。
気楽に楽しめるパズル風ディフェンスゲーム。

簡易大戦略系ゲーム Assault Commander

assaultCommander02
タイトル:Assault Commander
ディベロッパー:Tamas Pal Varady
プレイ時Version:1.1
ジャンル:戦術SLG
価格:230円
Assault Commanderの詳細はこちら(itunes)
Assault Commander FREEの詳細はこちら(itunes)

戦車・歩兵・戦闘機など近代兵器を駆使しして戦う戦略ゲーム。 ヘクスマップ、陸・海・空の兵器の使い分けと有名戦略シミュレーション、大戦略っぽい雰囲気をもつ。 ただし、全8マップ+対戦専用1マップとボリュームは少なめ。

はまりすぎる戦略SLG Civilization Revolution

civrev05
タイトル:Civilization Revolution
ディベロッパー:2K Games
プレイ時Version:1.6.8
ジャンル:戦略SLG
価格:800円
Civilization Revolutionの詳細はこちら(itunes)
Civilization Revolution Liteの詳細はこちら(itunes)

世界的にヒットした戦略SLGの携帯版。
原始時代から剣と弓矢が火花を散らす中世、戦車が戦う現代まで文明を育て、最終的に世界の頂点に君臨することが目的。
簡略化されたと言っても長い歴史を戦い抜く面白さはそのまま。
iPhoneの戦略SLGでもトップクラスの面白さだ。

戦略SLG Lux touch & Lux DLX

lux01
タイトル:Lux touch/ Lux Delux2
ディベロッパー:Sillysoft Games
プレイ時Version:2.1
ジャンル:戦略シミュレーション
価格:無料/600円/無料
Lux DLX 2の詳細はこちら(itunes)
Lux Touchの詳細はこちら(itunes)
Lux USAの詳細はこちら(itunes)

Lux touch/Lux Dlx 2はRISKと呼ばれる古典戦略ゲームのアプリ。
シンプルな中に戦略SLGの面白さを濃縮した名作をきっちりタッチパネル操作に最適化した好移植。
touchは無料のシンプル版、Dlxは拡張版だが、touchでも十分楽しむことができる。
なお、Lux USAはUSAのマップだけに特化した有料版。
今回はtouchとDLX2についてのみレビューを行う。

名作シミュレーションRPGの移植。シャイニング・フォース 神々の遺産

shiningforce01
タイトル:シャイニング・フォース 神々の遺産
ディベロッパー:SEGA
プレイ時Version:1.0.1
ジャンル:シミュレーションRPG
価格:350円
Shining Forceの詳細はこちら(itunes)

メガドライブでリリースされたシャイニング・フォース~神々の遺産~の移植作品。
戦術シミュレーションゲームのタクティカルバトルにRPGのような街の探索が上手く融合し、優れたバランスと相まってファンが多い名作。

シンプルなルールで高度な戦略が楽しめる陣取りSLG Slay

slay01
タイトル:Slay
ディベロッパー:Sean O'Connor
プレイ時Version:2.3
ジャンル:戦術SLG
価格:450円
Slayの詳細はこちら(itunes)
体験版Slay Liteの詳細はこちら(itunes)

ボードゲームで詰め将棋をするような戦略SLG。
盤面全体を見て長期的な視野に立った戦略と直近の敵とどう戦うかの戦術が楽しめる上、始めるときは手軽。
シンプルなルールで奥深い戦略を楽しむことができる戦略SLGの名作だ。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント