RSS

記事一覧

『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』レビュー - ガチャ運いらず、スタミナもフレンドなしの1人用ソシャゲ。でも、面白い

dffr_2
ファイナルファンタジーシリーズのキャラが集結し、光と闇の陣営に分かれて戦う対戦アクションゲーム『ディシディアファイナルファンタジー』。
そのスマホ版が『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』である。
本作の発表時、PSP版をやり込んだ筆者は落胆した。というのも、元々がアクションゲームなのに「コマンドバトルRPG」になっていたからだ。

アクションのないディシディアなんて考えられない。さすがスクエニ、原作システムのコアなファンを裏切ることだけは定評があるッ!
…などと思ってリリース当日を迎えたら、意外に良くできていて「あ、これもアリだわ」と手のひらを返してしまったのであった。

『RogueMon』レビュー - 共食い、生贄、なんでもありなブラックポケモン系RPG

roguemonr_3
なに、ポケモンが大好きで、ちょっと変わったポケモン系RPGを探しているとな。
よろしい、ならば『Rogue Mon』だ。
本作をポケモンで例えるなら、旅立ちのときにヒトカゲを選んだ瞬間、選ばれなかったゼニガメがサトシに襲いかかってきて、返り討ちにしたヒトカゲは死体をむさぼり食ってパワーアップする感じのポケモン系ゲーム。
ただし、単に色物で終わらず、ゲーム自体も楽しい作り込まれた奇ゲーである。

『星の数だけ物語』レビュー - これが価格崩壊か…5時間に凝縮された王道RPGが広告なし無料

hosinokazu
人間の数だけ人生があり、人生の数だけ物語がある。星の数ほどある物語がここに1つ…そう、『星の数だけ物語』だ。
本作は、トータルバランスに優れた王道RPGである。
適度に歯ごたえのあるバトル、バトルのたびにキャラクターが強くなる喜び、個性的なキャラクターたちによる意外な(だけど、王道な)ストーリー。
総プレイ時間は5時間程度で、その中に上記の3要素をギュッと詰め込んだ良作だ。しかも、無料で広告なし。価格崩壊を起こしているレベルの作品なので、ぜひ1度遊んで欲しい。

Wizの魂とスマホの手軽さをここに。迷宮に潜り、古代の覇王を倒すRPG『Buriedbornes』レビュー

buriedborn01
もっとも ふるく いまわしい よげんは げんじつのものと なった。
これは "しせるものども -Buriedbornes-" たちの おわりも すくいもない たたかい。
『ウィザードリィ』に強く影響を受けた世界観と演出を持ち、スマホらしく何度も気軽に遊べるダンジョン探索RPGが登場した。『Buriedbornes』である。
ランダム生成の簡易ダンジョンをひたすら進み、装備を探し、キャラクターのスキルを組み立てて立ち回る楽しさ。そして、ときおり理不尽な暴力で死ぬバランス。
どこか懐かしい感覚で何度も遊べるゲームなので、見た目にぴんときたら、ぜひ遊んで欲しい1作だ。

心も体も失った男が、鎧に宿って戦うアクションRPG。『心鎧リコレクト』レビュー

rikorekuto05
心も体も失い、鎧だけになって動く男が記憶を求めてさまようアクションRPG。それが、『心鎧リコレクト』だ。
モンスターのドットを削り取り、砕てゆく爽快感抜群のアクションバトル。後半に行くにつれて引き込まれ、最後に少しホロリとくるストーリー。広告付きのゲームながら、あまりストレスのない作り。
完成度が高く、とても面白い。誰が作ったのかとみてみると、開発したのは日本の個人開発スタジオInitiaSnow……って、日本人か!
先日の『Time Locker』といい、2016年の日本のスマホインディーは豊作のようだ。

これがスクエニのApple Watch専用RPG? 『COSMOS RINGS』レビュー

IMG_6816_Fotor_Collage
「Apple Watchを遊び尽くす」そんな合い言葉の元、スクウェア・エニックスから発売されたApple Watch専用RPGが『COSMOS RINGS(コスモスリングス)』だ。
単に珍しいだけでなく、『ケイオスリングス』スタッフが参加していることもあり多くのプレイヤーが注目していた本作の内容は……あまり芳しいとは言えない。
少なくとも、このゲームのためにApple Watchを準備するのは、やめておいた方が良いだろう。

悪夢の世界と、希望にすがる少女と、絶望のRPG。『Severed』レビュー

serverdrrrrrrr_1
隻腕の少女が、失われた家族を求めて悪夢のような世界を旅するRPG、『Severed』が、日本語に対応してスマホにに登場した。
少しグロテスクな世界観、不安をかき立てる音楽、絶望を伴う不穏なストーリー(そして、アクションバトルも)はプレイヤーを捕らえて放さない。
すでに海外のPS Vitaで人気を博したゲームだが、もともとスマホ向けに開発されていたゲームなので、操作性も良好。
iOSのゲーマーなら、手を出してみるべきゲームである。

『ポケモンGO』がAppStoreランキング不正を一掃。ヒットしすぎてランキング操作が難しくなったため

image-66
『ポケモンGO』のヒットは、AppStoreにも大きな影響を与えていた。
日本のAppStoreは、「リワード広告(報酬を与えてアプリをインストールさせる広告、Appleは禁止している)」によって、不正にランキング操作されている。だから、AppStoreのランキングは実情をあまり反映していない。

しかし、『ポケモンGO』の大ヒットによってその状況に変化が起きた。
今、広告を出しても『ポケモンGO』やその周辺アプリ(マップや攻略系アプリ)に上位を取られてしまうため、リワード広告を出しても効果が薄い。
そのため一斉にリワード広告が引き上げられ、不正操作されていたランキングが正常になったのだ。

僕らの夢は、現実になった。歩いて探しに行くRPG『ポケモンGO』レビュー

pokego05
「ポケモン、ゲットだぜ!」
という言葉もまだない昔。私は、近所の小学生Aくんに「お兄さん、通信ケーブル持ってるんでしょ、ポケモンやろうよ!」と誘われて『ポケットモンスター赤』を始めた。
そして、Aくんに公園に呼び出されて驚いた。みんな、ゲームボーイで遊んでいるじゃないか。
当時、小学生達は「お外で遊びなさい」と言われて、外にポケモンを持って集まっていたのだ。そして、私の持ってきた通信ケーブルを使って、みんながポケモンの交換を始めた。
当時は他のプレイヤーと一緒にできるRPGが少なかったため、そこには未知の興奮があった。それが、私の『ポケモン』原体験だ。

そして、『ポケモンGO』は、その面白さを大きく進化させた、初めてのポケモンである。ヒットしないはずがない。

マップを自由に歩けるInfinity Bladeを目指して…『Dawnbringer』レビュー

dawnbringer-2
『Subway Surfer』などカジュアルゲームでヒットを飛ばしたKilooから、なんとゲーマー向けにアクションRPGが登場した。その名は『Dawnbringer』。

プレイしてみた感想は「惜しい」の一言。
フィールドを自由に歩ける『Infinity Blade』を基本無料でやろうとかなり頑張っているのだが、肝心な場所のツメが甘く、作業感が出てしまっている。
それでも、日本では見ないタイプの基本無料RPGなので、紹介しておこう。

ハック&スラッシュRPGとクッキークリッカー系が見事に融合。『Nonstop Knight』レビュー

none06
最初は弱い状態からはじまり、すごい勢いでゲーム内の数値が上昇する「インフレゲーム」。
『クッキークリッカー』に端を発し、『Tap Titan』でいったん極まり、現在は『War Tortoise』のように他ジャンルと組み合わせた発展系まで生まれ、App Storeでもホットなジャンルである。

そこで今、最も注目されているゲームが『ディアブロ』系のハック&スラッシュRPGとインフレを融合した『Nonstop Knight』だ。
リリース4日で200万DL以上を記録した超大物である。

まさに『白猫』の次のゲーム。時代をとらえたアクションRPG『ドラゴンプロジェクト』レビュー

dragon09
『白猫プロジェクト』に続くプロジェクトシリーズ(猫シリーズではなく、プロジェクトシリーズだったのが驚きである)の最新作『ドラゴンプロジェク(ドラプロ)』。
その見た目と、モンスターを狩って装備を作るというゲーム内容から、コロプラ版の『モンスターハンターエクスプロア(以下、エクスプロア)』と注目されていたが……実際にプレイした感想は、かなり異なった。
ドラプロはモンハンに強く影響を受けているが、それだけじゃない。『白猫』の次を見据えた新作だ。

究極のアクションRPGは嘘。ただし、宝探しは楽しい。『サムライ・ライジング』レビュー

samurai-7
スクエニによる、和風世界観の「究極の」アクションRPG!
課金に関係なくランダムドロップの強力アイテムを誰でも集められる。ハック&スラッシュの面白さをプレイヤーの手に!
そんな宣伝文句と共に発売されたゲームが『サムライ・ライジング』だ。
実際に遊んでみると、その宣伝文句は、半分正しく、半分不正解であった。

もはや、突っ込みどころしかない。ネタ系クッキークリッカー『サムライ地獄』レビュー

samurai01
突っ込みどころしかない。ネタゲーと、クッキークリッカー系ゲームを融合したゲームが登場した。
本作は、戦場で死んだサムライが、よみがえるために亡者の首を切りって地獄を進み、仏に直訴してよみがえろうとする(殺しまくって仏に直訴するって、大丈夫か)道中を描く作品。

正式名称は『サムライ地獄 - 無料で落ち武者の首刈り放題ゲーム -』。
果たして、「落ち武者の首狩り放題」という単語に、普通の人が魅力を感じるのか。
そう思ってDLした方は、もう作者の術宙にハマっている。なんせ、起動したらもっとツッコむ羽目になるからだ。

今この一瞬だけでいい。燃え上がれ、おっさん達の小宇宙! 『聖闘士星矢 ゾディアック ブレイブ』レビュー

seiyar
「1度見たゲーム内容は、ゲーマーには2度と通じん!」とか、かっこよく言ってみたかった。
大人気漫画の『聖闘士星矢』が、どこにでもあるソシャゲのシステムを流用し、スマホで不死鳥のように蘇った結果……ハマってしまったのだ。
仕方ない。筆者は、若い頃に『聖闘士星矢』ごっこで遊んだだけでは飽き足らず、CG映画版の『聖闘士星矢』、果ては『セインティア翔』にまで手を出してしまう星矢狂だからだ。

名作だから面白いけど、ベタ移植すぎる。『Ys Chronicles II』レビュー

ys-11
往年の名作の中でも、シリーズの基礎を作った『イース』の初期2作品目が、ついにスマホに移植された。
原作がリリースされた1988年、振り向くヒロインのアニメーションに何人のプレイヤーたちが撃沈されたことか……(※当時のPC性能ではキャラがアニメーションするだけですごかった)。

おっと、話がそれそうになったが、PSP版『イースI・II クロニクルズ』を分割してスマホ移植した後編の作品である。
なので、前作『イースIクロニクルズ』から見るとマイナーチェンジ程度の差しかない。続き物として、安心して遊んで欲しい……と言いたかったが、前作より幾分辛い点をつけなければならないようだ。

誠実で愛にあふれるリメイク。スマホ版『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』レビュー

rager_9
あなたが往年の聖剣伝説プレイヤーなら、スマホ版『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』を遊ぶことで「ゲームボーイで遊んでいたあの頃」を思い出すことだろう。
本作は、オリジナルの『聖剣伝説』を強くリスペクトし、誠実に作られたリメイクである。

筆者は、初代聖剣伝説好きを自認しているが、このゲームの開発者には、自分を超える聖剣伝説愛を感じる。それほどよくできたリメイクなのだ。

ポケモンのモンスターが、もし人間だったら。ブラックユーモア満載のアンチポケモン『Pocket Mortys』レビュー

pocketmorty_18
『ポケモン』を遊んだことがある皆さんに朗報だ。
App Storeに初代ポケモンのような、それでいてまったく異なる後味のゲームがやってきた。
『Poket Mortys』は、マッドサイエンティストのおじいさんが、自らの孫を集め、訓練し、戦わせる奇妙なポケモンである。

だが、奇妙なだけではない。ポケモンや王道RPGへのアンチテーゼに満ちた、大人のための「ブラックなポケモン」なのである。

これが…暇つぶし…だと? 始めたら止まらない『ひまつぶフロンティア』レビュー

himatubu
自らを暇つぶしと割り切り、空いた時間を楽しく潰すことに集中したゲーム「ひまつぶシリーズ」というゲームシリーズがある。
『ひまつぶフロンティア』はその最新作で、画面を連打して一本道を進むだけ……なのに、キャラクター育成が楽しくてやめられない。

暇つぶしのはずが、楽しすぎてほかのゲームが手につかなくなっては、本末転倒ではないか。
何が言いたいかというと、このゲームは面白いってことだ。

シリーズの終焉…無残なオープンワールドRPG『Aralon: Forge and Flame』レビュー

applesatt - 1
「スマホで、こんなに面白いオープンワールドRPGが遊べるのか!」
2011年、Crescent Moon Gamesから『Aralon:Sword and Shadow HD』がリリースされると、コアなスマホゲーマーたちは驚き、熱狂的にこのゲームを遊びこんだ。
本作は、そんな偉大なゲームの続編であり、オープンワールドRPG好きの希望の星であった。

が、その期待は見るも無惨に打ち砕かれてしまった。

クリスタルは再び輝き始めた。RPGを取り戻したFF、『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』レビュー

ffbe
ストーリーがあって、自由に移動できる町やダンジョンがあって、隠し通路を探して、順番に装備を買い換えてパワーアップしていって……。
ソーシャルゲーム全盛の時代になってから、失われていた「昔ながらのRPGらしさ」。

しかし、『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS(FFBE)』は、それらをすべて復活させた。
単にFFブランドで人気ゲームの真似をしたのではなく、「もし、昔ながらのFFを基本無料にしたら?」を実現した意欲作である。

バトルだるい。でもストーリーは見たい。『Fate/Grand Order』レビュー

fategorrr - 2
どんな望みも叶えるという「聖杯」を巡り、7人の魔術師たちが歴史上の英雄を召還して戦うビジュアルノベル『Fate』シリーズの完全新作がスマホに。
『Fate/Grando Order』は、基本無料ながらオリジナル作者の奈須きのこさんがシナリオを監修し、総文字数は100万(小説5〜6冊分)。

ただ、プレイしてみるとソシャゲはストーリーを邪魔することを再確認させられてしまった。

美しい未来都市の最後とその謎を追う物語。『Transistor』レビュー

transistor_rrrrr - 1
オープンワールド系のRPGが流行する現在、「一本道のRPG」とは悪い意味で使われることが多い気がする。
しかし、一本道だからこそ素晴らしいゲームもある。
『Transistor』は一本道であることを逆手に取り、最高のタイミングで音楽とストーリーと舞台演出を見せつけ、巧みにプレイヤーをゲーム世界に引きずり込むゲームだ。

ストーリー、やり込み、演出、3拍子揃ったRPG『ドラゴンクエストVI 幻の大地』レビュー

dq - 2_Fotor_Collage
天空シリーズの最終作『ドラゴンクエスト6 幻の大地』がついにiOSに登場した。
2つの世界を行き来する緻密なストーリー、上級職をマスターしてキャラクターを育てるやり込み要素が人気を博してか、本作はドラクエシリーズでも上位の人気を誇る作品だ。

本作はそのDS版の移植となるが、やっぱり良作の移植は楽しい。
ドラクエのスマホ移植もすでに7作目になるためか移植の安定感もあり、RPGを探しているならオススメできる1作となっている。


革新的な美しさと、基本無料なシステムと。『メビウスファイナルファンタジー』レビュー。

ff3 - 2_Fotor_Collage
声を大にして言いたい。
『メビウスファイナルファンタジー(メビウスFF)』こそ、スマホにやってきた真のファイナルファンタジーである、と。

誰もに共通する思いではないのを承知で書くが、子供のころ、FFといえば「すごいもの」だった。
グラフィック、演出、ゲーム内容、どこかしらに「初体験」のチャレンジがあって、感動しながらプレイしていたものだ。
そして、その「すごい」といえるFFが、ついにスマホにやってきたのだ(※AGITOもすごいが、すごくなる前にロード時間で力尽きた)。

パーティーを強化するか、先に進むか…時間と戦うローグライクRPG『Crowntakers』レビュー

cav05
反乱軍に囚われた王を救い出すローグライクRPG、『Crowntakers』がPCからiOSにやってきた。

とある国の侯爵が反乱を起こし、王を捕らえ、国を掌握しつつある。
確かに王は捕らえられた。
しかし、反乱軍の態勢が整っていない今なら、少人数の奇襲で王を救い出せるかもしれない……あなたは仲間を集め、装備を強化し、迅速に敵ののど元に迫らなければならない。

……どこかで聞いたような設定と思ったあなたは正しい。
このゲームは『FTL』に影響を受けて作られた、ファンタジー版『FTL』とでも言うべき1作だ。
ただし、単なる猿まねではなく、プレイして見るときっちりオリジナル作品に仕上がっている。

優しさと懐かしさのRPG、『イースIクロニクルズ』レビュー。

ys_rr1
JRPGと呼ばれるジャンルを確立した立役者の1人、『イース』がスマホにやってきた。
今でこそ「RPGなんて誰でもクリアできる」と言われるが、初代イースが発売された1987年、PC向けRPGの難易度はとても高く、選ばれた人間だけがクリアできるゲームだった。

そこに「頑張ってやればみんなクリアできるRPG」を提唱し、「ゲームは優しさの時代へ」というキャッチコピーで登場したのが『イース』だ。
これは難しいRPGに飽きたプレイヤーたちに受け入れられ、以後RPGの難易度は下がっていく……。

本作は、そんな『イース』をリメイクしたPSP『イースI&IIクロニクル』から『イースI』部分を抜き出したものである。
イースファンにお勧めなのはもちろんだが、RPGの歴史的にも遊ぶ価値がある1作だ。

ウィズローグ、「ウィズらしさ」に苦しむハック&スラッシュゲーム。

wizrogue__2
3DダンジョンRPG『ウィザードリィ』に『ローグ』の要素を合体させた期待作、『ウィズローグ』がついにiOSに登場した。
先行配信のAndroid版の評価は最悪だったので期待していなかったが……iOS版配信とともに大幅にアップデートされ、十分遊べるハック&スラッシュゲームに仕上がっていた。

現在のバージョンは悪評だらけの先行版とはまったく違うゲームなので、食わず嫌いせずにぜひ遊んで欲しい。

ケムコのRPG新世代『聖戦クロニクル』レビュー。もう、安いだけのRPGじゃない。

seisen_1
ガラケー時代、高い技術力で「すごいビジュアル」のRPGを連発していたゲームメーカーがあった。
そう、ケムコとHit-Pointの最強タッグである。

単に絵がきれいなだけでなく、巨大モンスターがアニメーションする衝撃は超ガラケー級。
RPG好きのガラケー民は公式サイト「ケムコ帝国」に集い、ケムコ様から新しいRPGを授けられるのを待っていた……そんな時代が本当にあったのだ。

そして、ときは流れてスマホ時代。
ハードが進化してもケムコのRPGはガラケー時代とあまり変わらず、「どこか安っぽいRPG」を量産するメーカーに変化していた。
だが、それも今日までだ。
この『聖戦クロニクル』は、ケムコとHit-Pointのタッグにが送り出す新世代RPGである。

オールドゲーマーへのラブレター。ゲームの歴史をたどるRPG『Evoland』レビュー

evo
ゲームの歴史に沿ってシステムが進化していくユニークなゲームがスマホに登場した。
『Evoland』は、モノクロのドット絵アクションから始まり、色がつき、描写が細かくなり、最終的にフル3DRPGまで進化する「進化するゲーム」である。

古いゲームシステムを順にたどっていく様子はゲーマーの記憶を呼び起こし、強烈な「懐かしさ」を引き出す。
「ゲームが進化する」新しいコンセプトと裏腹の強烈な懐古ゲーム。
それが『Evoland』である。
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新コメント