RSS

記事一覧

ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン レビュー - メガドライバー思い出の名作が、3Dになってリメイク。

ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン (itunes 1,000円 iPhone/iPad対応)
micky_06
『ミッキーマウス キャッスル・オブ・イリュージョン』は、魔女にさらわれたミニーを助けるため、ミッキーが不思議な城を冒険するアクションゲームだ。
もともとPS3やXBOX360で販売されていたゲームなので、見た目が美しくとてもディズニーらしいゲームに仕上がっている。

が、それ以上に注目なのは
メガドライブの名作として名高い『
アイラブミッキーマウス ふしぎのお城大冒険』のリメイク作品であること。
価格は iOS のゲームとしては高いが、元メガドライバーならば抑えておきたいゲームだ。

Godfire レビュー - すごいグラフィックだ!で終わったアクション。

Godfire™ (itunes 700円 iPhone/iPad対応)
godfire2
『Godfire』は、ギリシャ神話で人類に味方したプロメテウスの活躍を、美しいグラフィックで描いたバトルアクションゲームだ。
ボクシングの汗臭さまでリアルに再現した『Real Boxing』の VIVID GAMES の新作だけあって、そのグラフィックは素晴らしい。

しかし、ゲームに関しても Real Boxing 同様に大味すぎて微妙となってしまっている。
後述するが、コントローラーがないとイマイチ楽しめないように感じた。

FantasyxRunners2 レビュー - 人気ランゲームに正統進化の2作目登場。かわいいキャラがさらに魅力アップ。

FantasyxRunners2 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
fantasy_r1
かわいいキャラクターが人気を博し、AppStoreの有料ランキングで1位を獲得したランゲーム、FantasyxRunners の続編が登場した。
今作は NEXON からリリースされているが、開発は前作と同じく moonrabbit。

基本無料化してガチャと合成・進化が入ったものの、ゲーム自体はモードが増え、人気だったキャラクターの魅力も増し、トータルで見ると前作より面白いゲームに仕上がっている。


VVVVVV レビュー - テンポ良し、音楽良し、理不尽さ低めの上達感を楽しめるレトロアクション

VVVVVV (itunes 300円 iPhone/iPad対応)
IMG_5314_R
VVVVVVVは、シンプル操作で高難度のステージを進み、何度も死んで覚えてクリアするアクションゲームだ。
2010年にPCで登場し、海外で人気となった由緒正しいアクションゲームなのだが、正直に言うとプレイ前のこのゲームの印象はかなり悪かった。
直線ばかりで角ばったステージ、色の塗り分けも少ないシンプルすぎる見た目。
さらに、操作も左右の移動と上下の重力反転ボタンのみで超シンプル。

海外ではやたら難易度が高く、短時間でプレイできる系のアクションが流行っているので、「ああ、またアイワナ系か」と思っていた。
が、プレイしてみると印象は一変。
軽快な良い音楽にのってテンポ良くプレイでき、ステージは難しくても『アイワナ』系のような理不尽さもなく、楽しく死んで楽しく進めるレトロアクションとして完成されていたのだ。

Rival Knights~最後の騎士~ レビュー - 美しい映像で描かれるカジュアル決闘ゲーム。

Rival Knights~最後の騎士~ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 基本無料)
knight
Rival Knights~最後の騎士~は、美しいグラフィックで騎士の決闘競技を再現したゲームだ。
美しいグラフィックで騎士の決闘というと、Joust Legend を思い浮かべる方も多いと思うが、このゲームは Joust Legend をさらにカジュアルにしてグラフィックを強化した派生ゲームになっている。

カジュアルすぎて物足りない面はあるが、派手な決闘は一見の価値がある。

消滅都市 インプレッション - 脱ポチポチ!Gree渾身のスマホゲーはしっかり遊べるバカゲーだった。

消滅都市 (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
syoumetu16
「ポチポチゲーの時代は終わった!」と宣言して話題になったGREEから、本当にポチポチではない基本無料ゲームが登場した。
開発した Wright Flyer Studios は、GREEの開発スタジオで「ゲームクオリティへのチャレンジをし続けることをポリシーとしている」という会社だ。

その第1弾となるゲーム、消滅都市は2Dのラン系ゲームで戦うバトルゲーム。
パズドラ系の域は出ていないが、それなりに面白く、ストーリーや演出にはこだわりを感じられ、良い意味でGREEらしくない作品だった。

100 Balls レビュー - 1回1回のタップが全てギャンブル。ジレンマ満載のタップアクション。

100 Balls (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
IMG_0218_R
観覧車のように回転しているコップに容器からボールを注ぐだけ。
しかも、コップは回転の末に戻ってきて、また容器に戻ってくるので同じボールをひたすらコップに注ぐことになる。
穴を掘っては自分で埋めるような不毛な作業を楽しむ『100 Balls』というゲームを iPhoneACさんの紹介で知った。

なんだそれは、と思ってプレイしてみると…得点システムが絶妙でとても面白いゲームじゃないか!
ということで、本日は100 Ballsを紹介する。

Shadow Blade レビュー - 海外風のクールなニンジャアクション。

Shadow Blade (200円 itunes iPhone/iPad対応)
ninja10
横スクロールのステージで、高速で走って壁から壁へ飛び移り、背後から忍び寄って敵を一撃で葬り去る。
そして、ステージのクリア画面では血塗られた刀と味噌汁が表示され、なぜか日本を強調する。
『Shadow Blade』は微妙に間違った日本表現とニンジャが融合した「海外の忍者ゲーム」だ。

ケロブラスター レビュー - 上達するから楽しい。丁寧に作り上げた古典的アクション

ケロブラスター (itunes 500円)
kero_1
『洞窟物語』で世界に名を轟かせた開発室ピクセルから、『ケロブラスター』がついに発売された!
今作はサラリーマンのカエルが転送機のメンテナンスのため、4つのショットを使い分けて黒いモノを倒していく横スクロールアクションゲームだ。

このゲームを一言で言うならば「恐ろしく丁寧に作られたゲーム」だろう。
昔ながらの「プレイして覚えて、上達して乗り越える」楽しさが誰でも味わえるように、恐ろしく丁寧に作られているのだ。

MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS レビュー - ついに本物のモンハンがiPhoneに。より美しくなったMHP2G。

MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd G for iOS (itunes 1,600円 iPhone/iPad対応)
monhan__r1
国民的アクションゲームといわれる、モンスターハンター(モンハン)シリーズ。
その中でも完成度が高く、モンハン人気の起爆剤になった『モンスターハンターポータブル 2nd G(以下、MHP2G)』がiOSに登場した。

しかも、ゲームを完全移植しているだけでなく、グラフィックが高画質になり、別にオプション機器がなくともオンライン協力プレイが可能な超パワーアップ移植。
タッチパネルでもほぼ問題なく操作可能で、「これで1600円は安い!」と言える豪華移植だ。

Last Inua - An Arctic Adventure - 美しい音楽にのせてイヌイット神話の世界を旅する…素材を生かし切れなかったゲー。

Last Inua - An Arctic Adventure (itunes 400円 iPhone/iPad対応)
inu_06
『Last Inua - An Arctic Adventure』は、雪が吹きすさぶ世界で、悪霊から逃げる親子を描いたアクションアドベンチャーだ。
イヌイット民族の神話をベースにしており、公開から独特のビジュアルと素晴らしい雰囲気に注目が集まっていたが…素晴らしい素材を生かし切れなかった感のあるゲームだった。

Wayward Souls - ランダム生成のダンジョンを攻略する聖剣伝説風アクション。アクション好き必携。

Wayward Souls (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
wayward02
Wayward Souls は、ランダム生成されるダンジョンを攻略する『聖剣伝説風』のアクションゲームだ。

ただし、聖剣伝説風なのはアクションのシステムだけ。ゲームの中身は死にながら上達してステージを攻略する、昔ながらの骨太アクションに仕上がっている。
そして、そのバランス調整は限りなく丁寧。プレイのたびに上達を実感できるので、難しいのに「もう1回やれば進めそう!」と続けてしまい、手が離せなくなる麻薬のようなゲームだ。

BlackMoor レビュー - 魔界村からドンキーコングまでパロディだらけの闇鍋アクション

Blackmoor™ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
black_m1
『BlackMoor』は、パロディ満載アクションでレトロゲーマーをわかせたアクションRPG、『Maximus』の続編だ。

前作の奥行きのある2Dゲームからジャンプ+横スクロールのアクションに変化し、ゲームのパロディ成分が超パワーアップ。
システム変更をいかして『大魔界村』や『ドンキーコング』など似たゲームをパロディしまくり、前作以上に(良い意味で)酷いゲームになっている。
プレイ感覚は『ガーディアンヒーローズ』亜種。まさに、横スクロールアクションの闇鍋的なゲームである。

アメイジング・スパイダーマン2 レビュー - 前作と同じシステム、しかしゲームは薄くなった。

アメイジング・スパイダーマン2 (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
spider07
ゲームロフトのスパイダーマンはお値段よりも面白い。
そのお約束が崩れるときがきてしまった。そう、この『アメイジング・スパイダーマン2』によってだ。

普通に面白いので500円と言われれば、その価値はある。
しかし、前作『アメインジング・スパイダーマン』のグラフィックやイベントを流用・強化しつつ、さまざまな点で少しずつ改悪しているので、前作を知っていると「なんだこれは!」となってしまうゲームだ。

Wind-up Knight 2(ねじ巻きナイト2)レビュー - 人気の死にゲーが正統進化して登場

Wind-up Knight 2 (itunes 体験無料 iPhone/iPad対応 / GooglePlay 体験無料)
neji01
『Wind-up Knight 2(ねじ巻きナイト2)』は、おもちゃの騎士が、お姫様を助けるためにひたすら走る横スクロールのラン系アクションだ。
前作は美しいグラフィックと、見た目と設定に似合わぬやり応えで人気となり、100万DL以上を記録している。

今作はグラフィックを強化し、新しい仕掛けを追加したパワーアップ版なので前作のファンには間違いなくおすすめだ。
しかし、新要素には悪いところもあり、「万人におすすめできる」ほどパワーアップしきれなかった感もある惜しいゲームになってしまっている。

Flappy Golf レビュー - 見た目はFlappy Bird、中身はオリジナルの面白アクション

Flappy Golf (itunes 無料 iPhone/iPad対応)
flappygolf1
日に$50,000も稼ぎながら、配信停止となった大人気ゲーム『Flappy Bird』。
シンプルなゲームだったため、見た目だけ変えたコピーアプリが次々と登場し、最盛期には24分に1本コピーアプリがストアに登場する「コピー祭り」の様相を呈していた。

そんなAppStoreを皮肉って出てきたのが本日紹介する『Flappy Golf』だ。
見た目と操作方法は『Flappy Bird』に近いが、ゲームはまったく別物の面白いゴルフ。

「パロディならこうやれよ」という作者の声が聞こえてきそうなゲームになっている。

さるぴょん レビュー - かわいくて楽しいジャンプゲー。コナミなのに買い切り・課金なし!

さるぴょん! (itunes 100円)
sarupyon3
ソーシャルゲームで大ヒットを飛ばし、パワプロに課金を導入して話題になったあのコナミから、完全買い切りの面白いゲームが登場した。
サルが「伝説のバナナ」を目指して上へジャンプし続ける、『さるぴょん』だ。

サルのキャラクターが生き生きと動き、ゲームも丁寧な作りで「アーケードのコナミ」を思い出す良作だ。

Miss Claire Garden レビュー - 野菜を持ち上げて敵を倒す、懐かしのあのゲームを思い出すアクション

Miss Claire Garden (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
ss4
Miss Claire Garden は野菜を持ち上げて頭上に抱え、野菜を投げつけて敵を倒す横スクロールアクションゲームだ。
オールドゲーマーならアレを想像すると思う…そう、夢工場ドキドキパニック(別名、マリオUSA)だ。

クソゲーの多い日にリリースされていたので、「これもパクリか」と積みゲーに入っていたのだが、先日コントローラーに対応したので試してみると…おお、よくできてる!
野菜を持ち上げるまでは夢工場と同じだが、野菜それぞれに特殊能力があり、使い分けて進む丁寧なオリジナルアクションだったのだ。
パクリだと思っていてごめん。

Spider: The Secret of Bryce Manor レビュー - 蜘蛛の目から見た人間の屋敷を見るアクションアドベンチャー。

Spider: The Secret of Bryce Manor (itunes 200円 / GooglePlay 197円)
Spider: The Secret of Bryce Manor HD(itunes 200円 iPad専用)
sanngokusi7
『Spider: The Secret of Bryce Manor』は、人間の屋敷に迷い込んだ蜘蛛を操作して虫を補食するアクションアドベンチャーだ。

特に蜘蛛視点から描かれる屋敷の描写が秀逸で、屋敷には人が住んでいるとも、長いあいだ放置されているとも感じる、ミステリアスな雰囲気が漂っている。
一体、この屋敷にどのような人間がすんでいるのだろうか?

小気味よい蜘蛛のアクションが面白いだけでなく、屋敷に対して好奇心をかき立てられ、一気にプレイしてクリアさせられてしまった。
IGF2009を始め数々の賞を受賞しており、プレイしてみると「ああ、これなら!」と納得させられるおすすめゲームだ。

Devious Dungeonレビュー - アクションが苦手な人でも楽しめる、カジュアルなアクションゲーム

Devious Dungeon (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
devious35
Devious Dungeon はダンジョンに巣食うモンスターを倒し、最終ステージにいるドラゴンを倒す横スクロールのアクションゲームだ。

冒険するダンジョンはランダムに生成され、一定数のステージをクリアするたびにボスが登場する。
雑魚戦ではダメージを喰らわないように丁寧に立ち回り、ボス戦では簡単なパターンを見切ってのバトルが楽しめるカジュアルなアクションゲームだ。

開発の Ravenous Games はこのタイプのアクションゲームを多数リリースしており、多少の当たり外れはあるが、楽しめるものが多い。
今作は課金システムはあるが、追加課金なしでもクリアまで気持ちよく遊べる調整になっている。

聖剣伝説 Rise of Mana - 聖剣味健在!スクウェア・エニックスの今後に期待が持てるゲーム。

seiken_01
聖剣伝説の最新作は、なんと基本無料のスマホゲーだった!
聖剣伝説というと、最近は振るわないイメージがあったし、基本無料になると聞いて期待半分・恐れ半分だったが…結果から言うと、聖剣伝説の雰囲気を踏襲し、「ちゃんと聖剣している」ゲームが出てきた。

最近、スクウェア・エニックスのスマホゲームをイマイチと感じていたが、そういったイメージを払拭する1作だ。

Catch-22 レビュー - 幻想的な惑星で、ひたすら自分と戦い続けるアクション。

Catch-22 (itunes 100円 iPhone/iPad対応)
catch4
Catch-22 は、惑星を回り続ける青と緑の球体を操作し、衝突しないようにするアクションゲームだ。

敵も障害物もなく、ただ、同じ惑星を回るだけ。
ひたすら画面タッチしてジャンプし、同じ惑星でコインを取るだけだが、これがハマる。

そして、コインを取り終えると自分が操作した球体がそのまま自分に襲いかかる「直前の自分を避けながら移動する」アクションが熱いゲームだ。
また、球体の美しい軌跡を見つつ、神秘的なBGMを聞いているだけで引き込まれる世界観も素晴らしい。

GUNS N' SOULS レビュー - ラン系ゲームとソーシャルカードが絶妙に絡まり合ってお互いの長所を潰し合っている!

GUNS N' SOULS (itunes 基本無料)
run_n_gun10
スクウェア・エニックスと、『God Eater 2』など制作したシフトが手を組み、カードでデッキを組んで戦う『Temple Run』系ゲームを作る!
どんな化学変化が起きるかと期待されたが、結果は大失敗。

ランゲームのアクションと、ソーシャルゲーム的なカード育成を合成した結果、お互いの長所をつぶしたゲームができあがってしまった。
ここまではっきり失敗とわかるゲームは珍しい。

NBA Rush レビュー - 宇宙人が攻めてきた!?よろしい、ならばNBAオールスターチームで迎撃だ。

NBA Rush (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
nbarush10
いったい、アメリカの方々はNBAバスケ選手をなんだと思っているか。
せっかく実名選手でチームを組めるNBA公認ゲームが出たと思ったら、彼らの役目はダンクでエイリアンを迎撃し、地球を守ることであった。

ディグディグ レビュー - 穴を掘っているだけ、なのにやめられない麻薬ゲー。

ディグディグ (itunes 基本無料 iPhone/iPad対応)
digdig17
ひたすら穴を掘って宝を集めるだけなのに、なぜか後を引いてやめられない。
とにかく掘っているだけで気持ちいいゲームが 3rdkind からリリースされてしまった。

「しまった、」というのは本当にやめられなくて湯水のように時間が過ぎるから。
ピッケルで「カツン、カツン」とブロックを砕く音も、爆弾を爆発させて「ドカン!」と大穴を開ける作業も、全てが気持ちいい。
これはやばい。中毒だ。

エターニティーウォーリアー3 レビュー - アクション重視のハック&スラッシュ。凶悪な課金バランスをアクションでねじ伏せるのが楽しい。

エターニティーウォーリアー3 (itunes 基本無料 iPhone/iPad両対応)
eternity3 (2)
ダンジョンに挑んで敵を倒してレベルアップし、装備を手に入れていくディアブロ系のハック&スラッシュアクション、『エターニティーウォーリアー』シリーズの3作目が登場した。

キビキビとした動きと爽快な演出はパワーアップしており、プレイヤーの職業も増えてバリエーションが広がり、アクション面は前作以上に良くなった。
が、協力プレイが廃止されて完全に1人用ゲームになったため、ゲームをプレイ感覚は全く別物。

前作まではひたすら協力プレイで突き進むRPGのような部分が強かったが、今作の面白さは1対1で敵と対峙し、ボスの攻撃パターンを見切って戦う昔のアーケードアクションのような楽しさだ。

基本無料のインフレバランスを、アクションゲームの見切りでねじ伏せる。
おそらく開発者が意図した楽しみ方ではないと思うが、そんなゲームになっている。

キングハント(KingHunt) レビュー - Fruit Ninja系を最新の技術で作るとこうなる。次世代スライスアクション登場。

キングハント(KingHunt) (itunes 300円 iPhone/iPad両対応)
screen568x568
指を刀に見立て、次々と画面に出現するフルーツを切っていく爽快スライスアクション Fruit Ninja
これをモデルに最新の演出を取り入れて【次世代スライスアクション】として作られたのが今日紹介する『キングハント』だ。

【次世代】とは Fruit Ninja に対して大胆な発言だが、プレイしてみて納得。
最新の技術で作られたスライスアクションは、 Fruit Ninja よりも確かに爽快だった。

The Snowman and The Snowdog Game - iPhoneってすごい。スノーマンの絵本の世界を完全再現したゲーム。

The Snowman and The Snowdog Game (基本無料 itunes iPhone/iPad対応)
snowman05
えっ、こんなスゴイものがiPhoneでできるの…!?
ゲームキャストで紹介するすごいゲームは モダンコンバット とか、Assasin's Creed Pirates とか、ちょっと殺伐とした物が多いが、今回はちょっと違う。
ファンタジックな世界観をもつ、世界で人気なスノーマンのゲームだ。

これからのクリスマスシーズンに、お子さんのいる方に、そしてiPhoneでできるゲームの可能性を見たい方に。
絵本の世界そのものの、このゲームに触れてみて欲しい。

Savant - Ascent - ハードルを乗り越えろ!乗り越えたさきが楽しいアクションSTG

SAVANT Ascent (itunes 200円 iPhone/iPad対応)
開発:D-Pad Studio
評価:
3.0(面白い)
ss2
派手な演出で敵を破壊する無双感
ギリギリで避けてコンボをつなげる爽快感
iPhoneの画面では小さすぎて楽しみきれない
一度プレイを始めたらタスクを落とさないとコンフィングやモードチェンジができない
追記(2014年1月):英語版の配信が終了し、日本語版に切り替わっている

レビュー: Assassin's Creed Pirates - 最高に美しい海、船、そしてフツーのゲーム。

Assassin's Creed Pirates (itunes 500円 iPhone/iPad対応)
開発:Ubisoft
評価:2.5(価格通りに楽しめる)
assasin1
美しい海と船、最高品質のグラフィック
カリブ海の船乗り気分を体験できる
ゲームが簡易で物足りない
凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション
記事検索
最新記事
最新コメント